朝日「「ソースコード」と呼ばれる遠隔操作ウイルスのプログラム」の読み方

「ソースコードと呼ばれるウイルス」というつもりではないんじゃないかな、という説。悪文だという評価は皆さん一致のようですが。
29

 

リンク 朝日新聞デジタル 猫と映像、特定の鍵 PC遠隔操作、現実世界の物証追跡 パソコン遠隔操作事件で、4人を誤認逮捕する失態を演じた警察が、30歳の男の逮捕に踏み切った。きっかけは、ネット空間を出た男が現実世界に残した足跡。真犯人を名乗るメールを何度となく送りつけ、進まぬ捜査

ログインすると読める部分

首輪に仕込まれたメモリーカードには、「ソースコード」と呼ばれる遠隔操作ウイルスのプログラムが記録されていた。アルファベットや数字の文字列だ。

 

リンク NAVER まとめ 【遠隔操作】ソースコードというウイルスに慌てふためくtwitter民 - NAVER まとめ 「朝日新聞によると、"首輪に仕込まれたメモリーカードには、「ソースコード」と呼ばれる遠隔操作ウイルスのプログラムが記録されていた"らしい。」藤牧さんのツイートに...

 

Head @head_s

あんまりあれだから、多少くだんの新聞記事を弁護してあげると、「"『ソースコード』と呼ばれる遠隔操作ウイルス" のプログラム」ではなくて、「『ソースコード』と呼ばれる(遠隔操作ウイルスの)プログラム」のつもりなんだろうなあ。実行形式とソースの関係はまだわからずプログラムと呼んで。

2013-02-11 13:48:15
Head @head_s

問題は「あんたそれソースコードの意味を取り違えているか、わかってたとしても丁寧に解説し過ぎて誤解を呼んでるよ」って、できれば事前に教えてあげるようなパイプが欲しいよね。それこそわかんなければtwitterとかで聴くとかさ。そういうリテラシーがあればそもそもこういう記事は出無いか。

2013-02-11 13:55:44
Head @head_s

マスコミ各社をバカにしているだけではそろそろ、というか今に始まった訳じゃなけど、実害があるので、それが影響力を持っている間はソフトウエアとかネットワークについて啓蒙したほうがいいんじゃないか。

2013-02-11 14:08:01
Head @head_s

右京さんなら「ひとついいですか。ソースコードとはウイルスのことですか」とあの鑑識のオタクっぽいひとに質問して「全然ちがいます。ところで僕は今ラブライブでは海未ちゃんが好きで」などと解説してもらい、事態を今頃かなり正確に把握していると思う。

2013-02-11 14:10:39
かみ かずしげ @kami_kazushige

ふむ。朝日新聞はウイルスのソースコードが入っていたと言いたかったのだな。

2013-02-11 15:24:57
かみ かずしげ @kami_kazushige

@head_s 校閲とかいう記事をチェックする部署に詳しい人を入れて、ネット犯罪などに関する記事をチェックさせるだけなら簡単にできるでしょうね。

2013-02-11 16:24:49
Head @head_s

@kami_kazushige でも実際は記事の方針などもあって無理なんでしょうね。

2013-02-11 16:25:26
かみ かずしげ @kami_kazushige

つい、数十人規模の会社勤務の経験だけで簡単だと思ってしまったけれども、新聞社などという大企業では難しいのかもしれません。 http://t.co/CeEZveQq http://t.co/yUi8Cc3A (それにしても一人ぐらいどうにかならないものだろうか…)

2013-02-11 16:42:47
かみ かずしげ @kami_kazushige

@head_s 校閲では今回の用語レベルのミスは防げるけれども、それ以上の「これだけで犯人と断定するのは早計だ」とかいうようなことは、もっと上の方で判断するんでしょうから、難しそうですね。

2013-02-11 16:52:28
九曜 @navagraha_

朝日新聞朝刊(20130211/北海道)、1面。「首輪に取り付けられていたメモリーカードには、遠隔操作ウイルスのプログラムも記録されており、」……これだと特におかしくない気がするな。 http://t.co/bhYcqKzN

2013-02-11 16:38:18
拡大
九曜 @navagraha_

朝日新聞朝刊(20130211/北海道)、31面。これが問題の部分か。『首輪に仕込まれたメモリーカードには、「ソースコード」と呼ばれる遠隔操作ウイルスのプログラムが記録されていた。アルファベットや数字の文字列だ。』……あー、うーん…… http://t.co/CDXjxept

2013-02-11 16:42:43
拡大
九曜 @navagraha_

文言の順番とか、言葉の選択とかが……確かにこれはちょっとだな。

2013-02-11 16:44:47
九曜 @navagraha_

多分だけど、この31面記事でも『メモリーカードには、遠隔操作ウイルスのプログラムが記録されていた。』ということを元々は書きたかったんじゃないのかね。それだと1面記事とも統一感がある。ところが「ソースコード」という語句を入れ込もうとした結果、かかりが妙なことになったのではないか。

2013-02-11 16:49:14
九曜 @navagraha_

まあ、じゃあ私が何とかしろと言われたらなかなか上手くは書けないけども。『首輪に仕込まれたメモリーカードには、遠隔操作ウイルスの「ソースコード(いわゆる"プログラム")」が記録されていた。』くらいしかできないな。これでもあんまりスッキリはしない。

2013-02-11 16:53:42
九曜 @navagraha_

ええと、もとの文は、『「ソースコード」と呼ばれるプログラム(遠隔操作ウイルスのプログラム)』と読めないこともないけど、 《『「ソースコード」と呼ばれる遠隔操作ウイルス』のプログラム》とも読める状態なのがまずい……

2013-02-11 16:58:24
九曜 @navagraha_

また前者だとしても、ウイルスの名前が「ソースコード」である、という印象を受ける人がいそうだ。語句のかかりの関係は難しいな……

2013-02-11 17:00:09
菊池雅志 @MasashiKikuchi

さっきノリで茶化した件。原文を見ると、ちょっと言い回しが〝新聞調〟だけど、朝日の記者は「ソースコード」の意味を理解してると思う。摘まみ食い批判はあかん。 @navagraha_ 朝日新聞朝刊(20130211/北海道)、31面。… http://t.co/iolzK1ON

2013-02-11 18:19:29
拡大
KTG @DJ_KTG

コンピュータどうこう以前に「Aと呼ばれるBのC」形式は常にまぎらわしい。まぎらわしい文が出てくると、読み手は「事実関係と照合して、それに合致しない読み方を排除する」ことで乗り切るしかなくなる。この読み方の欠点は、「読み手が知らないことについての記述には適用できない」ところにある。

2013-02-11 18:25:57
KTG @DJ_KTG

まぎらわしい文章に出くわした時に、「既知の事実関係に合致しない読み方を排除する」ことに慣れすぎてしまうと、読み手は「仮定の文章」あるいは「新事実についての文章」を読めなくなってしまう。そもそも新聞とは、「新しいことを知るために読むもの」なので、新聞にこういうことをやられると困る。

2013-02-11 18:35:34
残りを読む(1)

コメント

luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年2月11日
百聞は一見にしかず。例えば C# なら、ここら辺を見てね。これがソースコード。 > http://www110.kir.jp/csharp/chip0185.html
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年2月11日
まあ、文中のソースコードがコンパイル前(実行型形式 exe とか。)のプログラムコードを示しているのであれば、特に問題ないような。ところで、IT系を知らないと、コンパイルにも説明が必要になってしまうね。
1
どりドリ@ピコリーノ @d_doridori 2013年2月11日
本当に遠隔操作ウイルスのプログラムが「ソースコード」という名前でメモリカードの中には「ソースコード.exe」というファイルが入っていたら大笑いなのだが
5
☢️山下238☣️男だが子宮頚がんワクチン打ったよ @Yamashita238 2013年2月11日
C9 ←これであいつら中国あたりに帰っちまいそうな気がする。
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年2月11日
相変わらずだな、朝日。15年前くらいにメモリの容量について1KBは1000バイトって解説に書いてたのでツッコンだことがあるけどさ
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年2月11日
簡単に正確に書くなら「ウィルスとみられるプログラムのソースコード」と書けばいいだけなのにね
1
アカさん @aka_san0 2013年2月11日
ぱそこんなんてほとんど触らない(触れない)ジジババからすりゃ、ソースといえばトンカツにかける液体だし、ウィルスといえば身体を蝕む病原体。しかもそんな層が新聞のメイン購読者だったりするわけだ。で、その人らに限られた文字数でどう言えば伝わるか?と考えた結果、こういう文章になったんだと思う。基礎知識が不足している相手に対しては、正しく書くこと=正しく伝わること、とは限らない。
2
大山椒魚(平常運転中) @beszamel 2013年2月12日
マスコミの場合は、そもそも自分達が無知であるという認識が不足しているから、ろくに確認することなく定義済み用語を用いる傾向がある。いまだに「バールのようなモノ」から成長していない。 自分達が知らないモノは全て「特殊」という評価を付ける。実際にはその辺りのホームセンターでも購入できるありふれているものであっても。 編集の責任者が低レベル化していることが最大の問題なのだろう。
5
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年2月12日
aka_san0 解説は本文に含める必要はなくて、本文は簡潔に正確に書き、用語の解説は別に欄を分けて書くのが一般的でしょ、新聞では。それに、記者の用語の理解そのものが正しくないのだから、書き方の問題でもないですよ。
4
ephemera @ephemerawww 2013年2月12日
要するに現代知識に追いついていない頭の古い記者を一線で使っているダメマスゴミだってことだね。こんなヘボ記者が馬鹿みたいな年収を稼いでいるんだから苦笑するしかない
1
Nicholai MARO @MAROCKs 2013年2月12日
@head_s 「それ」も違うと。「遠隔操作ウイルスのプログラムの「ソースコード」」でしょ。(^_^;)
0
Nicholai MARO @MAROCKs 2013年2月12日
朝日の当該記事は朝日デジタルでも読めます。(^_-) http://t.co/EwWCPOAk
0
あるぺ☆ @alpe_terashima 2013年2月12日
非常にまぎらわしい文章なだけで間違いは言っていないのに、朝日というだけで叩いている単細胞が、このコメント中にも若干見られる。
4
寺谷(テラノ) @teratani_tsuyos 2013年2月12日
マスメディアでミスリードを招く文章を掲載するのは短順に問題ではないの? 推敲してこれだったの?「相手に考えを伝える能力」に乏しい記者ですね。
2
アカさん @aka_san0 2013年2月12日
grayengineer 仰るとおり新聞の用語解説は通常別欄ですが、本記事の場合、必死に記事内での説明を試みてるんですよね。「アルファベットや数字の文字列だ」に至っては、日本語を「平仮名・片仮名・漢字からなる文字列だ」と言うに等しい愚かさですが、やはりこの記事、(記者が分かってるか分かってないかはともかく)分かってない人向けに書かれた文ですよ。
3
杢丸 @mokumaru_NOP 2013年2月12日
技術的知識はさておき、大前提として問題となっている曖昧な文は校閲でチェックされるべきもの/仕様書レビューなら間違いなくツッコミ食らう文章だ
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年2月12日
間違ってない?言葉として「ソースコードというプログラム」は間違いですよ。「キャッチボールという野球」とか「六法全書という法律」とかと同じような間違いです。
14
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年2月12日
ソースコードというのはプログラムをプログラミング言語の仕様と規約に従って記述したもの、ですから。そこが理解できていないから「ソースコードというプログラム」という書き方になっているわけで、理解も正しくないし表現としても正しくないです
7
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年2月12日
aka_san0 いや、それはわかりますよ。だけど「そうでなければならない必然性はないと思う」ということです。もっと他に書きようがいくらでもあるかと。記者の文章力も理解力も疑問符がつくのは致し方ないところです、これは
4
寺谷(テラノ) @teratani_tsuyos 2013年2月12日
分からない人に向けた文章であるということは良いとしても、間違った知識を伝えることはメディアのやることではない。
6
nanno(一般男性) @nanno2009 2013年2月12日
直後の「一連の事件でPCがかんせんしたウイルスには、数種類のソースコードが確認されていた。」という文もイマイチ意味不明なので、やはり理解してないと思う。
3
kartis56 @kartis56 2013年2月12日
ソースコードがウイルスだったんなら、そこら中のプログラムにバグが有るのも仕方ないよね。
0
kartis56 @kartis56 2013年2月12日
alpe_terashima 紛らわしいのではなくて、単に言葉を間違っているのです。今後この記事のせいで、一般の人がソースコードをウイルスのことだと誤解しかねない。
3
kartis56 @kartis56 2013年2月12日
首輪に仕込まれたメモリーカードには、遠隔操作ウイルスのプログラムの「ソースコード」(注1)と呼ばれるものが記録されていた。 とかそんなふうに書くべき。
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2013年2月12日
「アルファベットや数字の文字列だ」という文章にもなんかムズムズするなぁ。これ、記者の言いたいことはここに書き込んでるみんなはわかるだろうが、ソースコードなんて言葉に縁のない人にはどう伝わるのか聞いてみたいものです。
1
九堂フレア @ooblog 2013年2月12日
C♯で思い出した。「犯人は「Cシャープ(音楽記号)」というプログラミング言語を利用してウイルスを作成」http://p.tl/AOLe 
0
HeppokoEther @HeppokoEther 2013年2月12日
元々IT用語の「ウイルス」の意味としてプログラムであることは既に含まれているので、「ウイルスのプログラム」と書いた時点でもやっとする。
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年2月12日
C# とかくと、じゃあ C♭ もあるのか、という笑い話とか、ソース(Source)を、ウスターソースのことと話す笑い話とか。ちなみに、やっぱりソースコードは C# だったのかな?
0
Ikunao Sugiyama @Dursan 2013年2月12日
んーと、こういう紛らわしい表現は文章のプロとしてどうなの?
1
taka(維新は要らない) @smoketree1 2013年2月12日
この記事の書き方が不正確であることは確かでしょう。ただ、この記事に限らず、記者が理解せずに書いていると思われる科学記事は山ほどあります。そもそも、この記事を揶揄している中のどれだけの人が、「ソースコードというプログラム」という書き方自体が間違いだと理解できているのでしょうか。むしろ、大半の人は“「ソースコード」と呼ばれる遠隔操作ウイルス”と切り取られた情報だけを鵜呑みにして、批判しているように思えます。
1
Nicholai MARO @MAROCKs 2013年2月12日
C9って、C E G のトライアドにmin7thにあたるB♭と9thにあたるDをテンションで加える。(^_^;)おしゃれな響きを持つコードだよね。(^_^;)
0
trois saisons @teens58 2013年2月12日
書いた人物の理解が足りている/足りていないというのも問題のひとつだが、容易に誤解を生むような文章が掲載されてしまう新聞に信用はあるのか。既に述べられているが校閲の働きを疑う。
3
hamp@横浜山中 @32hamp 2013年2月12日
そもそも「ソースコード」って単語を使う意義があるのか?この記事? 警察発表にあったからムリクリ入れました感が凄いんだが。 適切な取捨選択が出来てない時点で、記者は理解はしてないんじゃ無いかと推測できるなぁ。
1
夢乃 @iamdreamers 2013年2月12日
素人が生半可な知識で書くと誤解を与えてしまう例と思う(ニュース記事に多いなぁ。性質上、仕方ないか。仕方ないとも言ってられないんだけど)。きちんと理解して、理解したことだけを書けば解りやすくなるんだけどなぁ・・・(私も注意しないと)
3
Sim @tamashirosama 2013年2月12日
わかりやすく書いたって、間違っていたら意味が無い。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2013年2月12日
普通に「プログラム」あるいは「ソフト」でいい気がするんだよな、どうしてもソースコードと言いたければ「プログラムの原版のようなもの」でさ。
0
杢丸 @mokumaru_NOP 2013年2月12日
原版と言うより「原稿・原文」ですね、そして機械の認識できる言葉に翻訳するのがコンパイル(一般向けだとこのくらいかなぁ)
1
充満黒萬獣 @MyMassGuilt 2013年2月12日
「一連の事件でPCが感染したウイルスには、数種類のソースコードが確認されていた。」事実関係としてはこっちの方が気になる。感染先にソースコードまで入り込むって普通にあることなの?
3
K-san @k3akinori 2013年2月12日
「首輪に仕込まれたメモリーカードには、遠隔操作ウイルスのプログラムが、『ソースコード』と呼ばれる英数字の文字列の形式で記録されていた。」かな。
0
kartis56 @kartis56 2013年2月12日
もう少し書くと、「ソースコードと呼ばれる」のがウイルスなのかプログラムなのかの修飾関係も紛らわしいけど、プログラムに係るのが正しい解釈だとする。そうすると「ソースコードと呼ぶプログラム」という事になるけこれも誤りなんだよね。そこを記者が理解してない。
0
kartis56 @kartis56 2013年2月12日
Aを元にしたBの、Aが見つかったなのに、卵と呼ぶ卵焼きが見つかったみたいな表現になってる。見つかったのは卵焼きじゃなくて、元になった卵でしょ。
2
あるぺ☆ @alpe_terashima 2013年2月12日
kartis56 いやだから、そう思われるまぎらわしい文章って事でしょ。
0
あるぺ☆ @alpe_terashima 2013年2月12日
要するに、『「ソースコード」と呼ばれるプログラム(の一形態)が記録されていた。』だろ。一応ソースコードは原始プログラムだから。『遠隔操作ウイルスの』という文字が間に入って、『一形態』の説明が無いからややこしくなっている。
0
間中瑠玖 @ManakaELK 2013年2月12日
「分からない人に分かりやすく書く」と「間違ったことを書く」は別物ですね。以前togetterで『まだ習わない範囲だから、小学生にはとりあえず嘘を教える(中高で正解を習うから)』というまとめがありましたね。これ並に問題がある
0
wm1nkanj1nno @wm1nkanj1nno 2013年2月12日
一般人向けには「ソースコード」=「プログラムの設計図」というたとえが一番理解しやすい気がする。
0
どりドリ@ピコリーノ @d_doridori 2013年2月12日
alpe_terashima 『非常にまぎらわしい文章なだけで間違いは言っていない』それが一番の問題では?朝日かどうか、記者にITの知識があるかなんて瑣末な話。読者に誤解されるような文章を新聞に載せているからまずい。
0
どりドリ@ピコリーノ @d_doridori 2013年2月12日
(多少なりともITを理解してなければ理解される記事は書けないとは思うが)
0
neologcutter @neologcuter 2013年2月12日
①理系の知識を得るために記者全員が勉強する。②適当に書きなぐってあとの時間は記者クラブででダベる。…①②どちらがラクかという事を考えてみればわかる。
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年2月12日
MyMassGuilt 推測するに、いくつかのバージョン違いのバイナリが発見されていた、ということだろうと。つまりソースコードは全然関係ないんですけど
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年2月12日
>一応ソースコードは原始プログラムだから< んー、それは違うなぁ。ソースコードはプログラムではないですね。一部の特殊なスクリプト言語の場合を除けば、ですが
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年2月12日
プログラム、というのは、基本的にはそれだけで独立して(依存するOSやライブラリなどは別として)動作するものを指すので、ソースコードの段階ではそれはプログラムではないんですよ。
1
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年2月12日
まあ、こんなふうに細かく説明してもまだ理解できない人もいるわけだから、今回の朝日の記事のような書き方で普通の人が正しく理解できるとは到底思えないんですよね。
1
HeppokoEther @HeppokoEther 2013年2月12日
「プログラム」は「ソースコード」や「実行体」よりも一段階抽象的な概念を指す場合が多くない?
0
undo(時は来た。それだけだ) @tolucky774 2013年2月12日
alpe_terashima こんな解説書いたら毎日だろうが、読売だろうが、サンケイだろうが叩かれるよ。理系文系以前の問題。まさにググレカスとしか
0
undo(時は来た。それだけだ) @tolucky774 2013年2月12日
ソースコード=ウイルスなら、初心者向けプログラム解説書に必ずというほど載っている「Hello World!」という言葉を表示させるだけのプログラムのソースコードもウイルスなんかいな?と
0
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年2月12日
あんまり悪文すぎて、まず擁護してしまうという。逆釣り? にしても酷いなぁ。
0
kartis56 @kartis56 2013年2月13日
alpe_terashima それならそのように省略せずに書けばよかったわけです。修飾語を積み重ねた、誤読を誘うような文章は朝日新聞だからこそ相応しくないのでは。
0
充満黒萬獣 @MyMassGuilt 2013年2月13日
grayengineer やっぱりそうですかねえ。そうすると、感染先から発見された数バージョンのウイルスの、ソースコードがメモリーカードに入ってた、ってことかな。凄い物的証拠じゃん!変な文章の所為でわかんなかったよ!
0