#TPP から #同人誌 を守る事の難しさ。 #二次創作 に未来はあるのか?

2012年3月に安倍総理が関税撤廃の例外が認められれば、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加するとの報道が出ました。 このTPPには、著作権侵害の非親告罪化や法定賠償金制度の導入が盛り込まれており、もしこれらの制度が日本に導入されると、著作者のお目こぼしで生き延びてきた、二次創作同人誌は駆逐されるといわれています。 そこで漫画家の赤松健さんが、同人誌を守るためにいくつかの提案をされて続きを読む2012年3月に安倍総理が関税撤廃の例外が認められれば、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加するとの報道が出ました。 このTPPには、著作権侵害の非親告罪化や法定賠償金制度の導入が盛り込まれており、もしこれらの制度が日本に導入されると、著作者のお目こぼしで生き延びてきた、二次創作同人誌は駆逐されるといわれています。 そこで漫画家の赤松健さんが、同人誌を守るためにいくつかの提案をされていましたが……。 そこから派生した議論まとめです。 資料”クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)とは” http://creativecommons.jp/licenses/ ”コミケ・同人誌が潰れてしまう?「TPPの知的財産権と協議の透明性を考えるフォーラム(thinkTPPIP)」公開シンポに行ってきた” http://www.wildhawkfield.com/2012/12/tppthinktppip.html?m=1 "TPPで日本の著作権法はどう変わる?――保護期間延長、非親告罪化、匂いや音の特許まで" http://news.nicovideo.jp/watch/nw478208
即売会 同人誌 二次創作 著作権 赤松健 表現規制 TPP コミケ 知的財産
tk_takamura 18873view 10コメント
68
ログインして広告を非表示にする
  • 2012年3月に安倍総理が、「聖域」容認ならTPPへの交渉参加を表明するようです。

    【TPP】「聖域」容認なら交渉参加=TPP、来月にも安倍首相表明
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013021300860

    安倍晋三首相は、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加について、一部品目に関税を残す「聖域」が容認される場合、3月にも交渉参加を表明する意向を固めた。
    首相は来週の日米首脳会談で、日本の交渉参加に当たり、関税撤廃の例外が認められる方向となるかどうか、オバマ大統領の見解を踏まえた上で、最終判断する考えだ。

    自民党は先の衆院選で、TPPに関し「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、交渉参加に反対する」と公約。
    首相は政権復帰後もこの立場を堅持する一方、国会答弁では「(オバマ大統領との会談で)聖域なき関税撤廃を前提にしているか、私自身が確認する」との意向を示している。
    (時事通信 2012年2月13日)

  • TPPに参加すると、著作権非親告罪が導入され、二次創作は描けなくなると指摘されています。

    TPP参加でコスプレや二次創作が罪に問われる可能性
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw142747

     弁護士で日本大学芸術学部客員教授の福井健策氏によると、現在の日本の法律では、著作権法に抵触した場合「最高で懲役10年または1000千万円以下の罰金」などの罰則が課される。ただし、現在は「親告罪」であるため、著作権者(権利者)などが告訴しない限り、違反者が起訴・処罰されることはない。

     だが、今回のTPP参加交渉にあたって、アメリカは日本に著作権法を非親告罪化することを求めるとみられる。仮に日本で著作権法が非親告罪化されると、コミックマーケットにおける同人誌の販売などが摘発される恐れがある。
    (中略)
     仮に著作権法が非親告罪化されると、摘発の是非は警察が判断することになる。
    このことについてメディアアーティストの八谷和彦氏は、「(著作権法が)非親告罪化したら、警察が摘発の判断をすることになるのが怖い。"エロ"とかが入っているものは、途端に厳しくなるのでは。コスプレも警察が『ダメ』と判断すれば、摘発される可能性がある」と述べ、非親告罪化は「危険」とした。

    (ニコニコニュース(オリジナル):記事一覧 2011年11月9日(水)12時54分配信)

  • TPP、著作権問題続報。アメリカから非親告罪化、画像やテキストの全著作物の私的ダウンロードを罰則化の要求出る!

    [IT・Web] [インターネット] 75078 view 63 users 72 4097
     同人誌などの二次創作が危機的状況になる、TPPでの著作権問題の続報です。  アメリカから私的ダウンロード違法化を全..  続きを読む

    #TPP から誰も守ろうとしない #二次創作 09年の予言「#コミケ は表現規制反対に本格参戦し抵抗運動をしない限り..

    [サブカルチャー] [マンガ] 16658 view 5 users 14 426
    TPPの知財問題がクローズUPされつつあるなか、実は同人などの二次創作を守れる人は、誰もいなかったというお話のまとめ..  続きを読む

  • そこで漫画家の赤松健さんは、TPPから同人誌を守るために2次創作向け新ライセンスを提案していました・・・が。

    赤松健さん流「TPP対策」・2次創作向け新ライセンス提案、次回作は「エロ同人・アニメ化フリー」に?
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1212/13/news055.html

     漫画家の赤松健さんは12月12日、作家が2次創作同人誌を公式に認めるための新ライセンスを、クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCJP)に提案した。日本がTPPに参加し、米国が求めている知財条項が導入された場合にも、漫画用の2次創作文化を絶やさないための提案。CCJPがサポートを表明すれば、講談社で執筆予定の次回作に新ライセンスを採用するという。

     TPP交渉の公開を求める「TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム」のキックオフイベントで披露した。既存のCCライセンスはデッドコピーが前提で、漫画の2次創作には使いづらいため、日本で普及していないと指摘。デッドコピーや原作からの切り貼りを禁止した新ライセンスを提案する。

     新ライセンスは許諾内容・範囲に応じて3段階を提案している。

    ・デッドコピーや原作からの切り貼りでなければ、2次創作同人誌を勝手に作ってもうけてもOK。ただしエロ(性行為)描写はダメ(レベル3)
    ・エロでも何でも、2次創作同人誌はすべてOK、ただし紙やデータを使った静止画のみ(レベル2)
    ・アニメ化や実写ドラマ化、ゲーム化など、勝手にマルチメディア展開をしてもOK。ただし、作者が次回作を制止できる(レベル1)
    (IT mediaニュース 2012年12月13日 )

  • 赤松健@UQホルダーTVアニメ10月開始 @KenAkamatsu 2013-02-10 21:45:55
    何らかの意思表示システム(例えば新型CCマーク)を使って、TPPからコミケを守るっていう手は、やはり無理っぽい感じ。現場の方々と面会して、改めてそう思った。
  • 赤松健@UQホルダーTVアニメ10月開始 @KenAkamatsu 2013-02-10 21:49:41
    コミケはWFと違って一日版権も無理だろうし、やはり「その時」が来るまで動かないのが、最も適切な方法のような気がする。(来ないかもしれないわけだから)
  • 甲賀志 @hiroujin 2013-02-13 10:34:40
    前RT 赤松氏のツイートが切ないなあ。何があったんだろ。ただ同人で1日版権は確かに無理だ。在庫を必ず抱える事になるから、大赤字確定。 オフセットなんてとても作れない。
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-13 10:39:15
    @hiroujin なにも、同人誌はパロディなど二次創作ばかりではないわけですし……。ただ、パロディ規定が法制化され、パロディが法律で認められると同時に、「元著作者の了承を契約にて得ること」を条件にされると、東方とかは壊滅しますね。二次創作容認作品も抹殺というところが怖い。
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-13 11:05:36
    一日版権については、米澤氏が御存命の頃にも検討されたことはあったはず。でも、事務処理が現実的ではないという最大の問題がクリアできないんだよね。コミケ実行委員会が死ぬほどがんばっても、版権元も膨大な版権処理をすることになるわけで……検閲になるとかいうのは横に置いとくとしても、ね。
  • ex_hmmt @ex_hmmt 2013-02-13 11:19:24
    @Whoraibow @hiroujin 赤松氏が何を持って「CC的なものでは無理」と言ってるのかは気になる。「元著作者から個別に了承を得なければならない」なんて妙な規定になると、同人誌どころかオープンソース界隈が日本では壊滅しかねん気が。多分そういう事じゃないんだろうけど。
  • 甲賀志 @hiroujin 2013-02-13 11:44:57
    @ex_hmmt @Whoraibow 「CC的なものが難しい」要因のひとつに、同人の在庫の問題と、同人誌業界側が業界団体を持たないために出版やアニメ、ゲーム業界と包括的な一括契約ができない事。また個々の作者や作品が二次創作を可とするのが、確認する手間が非常にかかる事も大きいかと
  • 甲賀志 @hiroujin 2013-02-13 11:47:59
    @ex_hmmt @Whoraibow あと確かに同人は何も二次創作ばかりではありませんが、全体に占める割合が非常に高いのもまた事実です。一次創作だけでは、同人誌という市場の維持は到底不可能でしょう。また一次創作の多くは、コストのかかる同人誌を避け、ネット流通が主流になっています
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-13 11:52:36
    @hiroujin @ex_hmmt 個人的には、膨れ上がりすぎた参加者数をリセットするために、二次創作にかなりのハードルがあってもいいんじゃないかとも思っています。ですが、これはコミケ側も版権元も、手間が膨大になるので現実的ではないんですよね。在庫とかまったく別の問題で。
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-13 11:54:35
    @hiroujin @ex_hmmt ただ、故・米澤氏と短いながらも直接お話をした時に強く感じたのが、「できるだけありのままに」という信念でした。あれをするな、これをするなと言いたくない。全てを許容したいという印象を受け、胸にずしんときました。
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-13 11:57:28
    @hiroujin @ex_hmmt 「CC的なものが難しい」というのは、版権元の都合でしょう。細かくコントロールしたいが事務処理は面倒なので、同人は相手にしたくないというのが版権元の本音でしょうから。CC なら、簡単な条件を守ればかなり自由にいろいろとできますので。
  • 甲賀志 @hiroujin 2013-02-13 12:30:02
    @Whoraibow @ex_hmmt 確かに日本マンガ学会シンポジウム『マンガと同人誌』の第二部『二次創作の可能性と課題』でも角川の井上社長が、版権コントロールの難しさを指摘していました。コミケ参加全サークルが版権料一律5千円払っても、桁が足りずにボランティアになってしまうと。
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-13 12:33:45
    @hiroujin @ex_hmmt 版権元の事務処理費もそうなんですが、見本が最大の鬼門です。量を考えると、数ヶ月前に見本を提出しないといけない。版権にOKを出すことは権利者として責任が生じることでもあるので、露骨なエロパロとか許可できないわけですよ。どっちにとっても負担激増。
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-13 12:36:34
    @hiroujin @ex_hmmt だから、というわけでもないんですが、小学館と講談社は「頒布会での頒布は黙認。同人ショップでの販売は許可しない」という姿勢のようですね。コミケに企業出店してきているのも、その現れの一つかと。こういう形も、一つのあり方ではあると思います。
  • 甲賀志 @hiroujin 2013-02-13 13:21:54
    @Whoraibow @ex_hmmt ただTPPがくると黙認という形は取れなくなりますね。赤松氏がCCなどで奔走してるのも、そこにありますし。同人誌が増える事が、著作者の利益になるというシステムを構築しないと、厳しいでしょう。
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-13 13:31:16
    @hiroujin @ex_hmmt はい。TPP はアメリカ型の契約社会の到来でもあるわけで、そこにはイエスかノーかの二択しかない。同人誌が生き残るためには契約をして「ビジネス化」するしか道が残されなくなる可能性もあります。でも、それは同人誌じゃないですよね? 商業誌です。
  • ex_hmmt @ex_hmmt 2013-02-13 13:34:44
    @Whoraibow @hiroujin ま、ちょっと弱いですけど「フェアユース」ってのをなんとかするって道もなくはないとは思いますが、やっぱ難しいかなー。同人誌の場合、どうしても「頒布」と言いながら販売してるのもあって、厳しいとこはありますね。
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-13 13:38:15
    @ex_hmmt @hiroujin あー、フェアユース。はいはい。絶対に日本では認められません(嘲笑)。アメリカが認めたくない、TPP にも死んでも入れないのがフェアユース。今、アメリカ本国ですら、フェアユースの範囲を巡って水面下で派手な銃撃戦やっているくらいですから。
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-13 13:46:16
    @ex_hmmt @hiroujin それに、恐らくアメリカのフェアユースの考え方では同人誌に於ける二次創作はカバーできません。多くの二次創作は、安易なパロディ(というより剽窃)ですから。そこに高い創造性や批評などが含まれているかとか、そんなの誰が判断するんだーっ! ってことで。
  • ex_hmmt @ex_hmmt 2013-02-13 13:47:44
    @Whoraibow @hiroujin とはいえ、アメリカは少なくとも国内じゃ、フェアユースの維持は行われるだろう事は想像に難くない。まぁそこをTPPに含めないのはまったく同意だけど。で、アメリカで維持できてるもんであるなら国内でも取り入れても「理論上は」問題ない。
  • 甲賀志 @hiroujin 2013-02-13 13:48:48
    @ex_hmmt @Whoraibow フェアユースですが、当の同人誌業界が全くまとまらず、何処にも推進する勢力がありません、対して映画業界はフェアユース導入に反対しています。現状では無理ですね。

コメント

  • ○○もへじ @marumarumoheji 2013-02-14 23:13:11
    創作性を伴わない侵害(単純コピーなど)は非親告罪にして、創作性を伴う侵害はこれまで通り親告罪として扱う。創作性を認めるは都度裁判で決める。あたりが落としどころじゃないかしらん。
  • SAS @SASNIKU 2013-02-14 23:42:13
    CCライセンス的なものについて、版権元が歩み寄ってもコミケ準備会はそれを無視せざるを得ない(何かを主張することが出来ない)というのは、どのような事情があってそうなってしまうのでしょうか。
  • 高村武義 @tk_takamura 2013-02-15 00:22:06
    あくまで私見だけど、コミケは最大手とはいえ、同人即売会の一即売会。そこに同人誌業界全体に渡る問題の交渉事を持ち込まれても、全体の代表でもなんでもないので、答える事も要求する事もできない。本来ならそうした役割は、全国同人誌即売会連絡会が負うべき事なんだけど、ここは連絡会という事で業界団体として機能していない。結果、同人誌全体の問題に関しては、誰も責任を取らないという状況に陥っている。
  • ふーらいぼー @Whoraibow 2013-02-15 00:24:41
    赤松氏のお返事によりますと、コミケが多様性を維持するためには、版権側が歩み寄ってきても無視せざるをえない(受け入れる≒コントロールされるということだから)だろうということのようです。
  • 高村武義 @tk_takamura 2013-02-15 00:29:59
    あと一言に版権側と言っても、出版社やアニメ制作会社、ゲーム会社、そしてそれらのスポンサー(例えばガンダムならバンダイ)といろいろとある訳で、それら異業種間の調整や合意はどうするんだろう?
  • 有象むぞう @_Jackknife 2013-02-15 03:25:14
    日本式グレールールを前提とし、ルールを策定する側に立とうとせず、テクニカル論で回避しようとしている限り、潰される。自分が有利になる様に業界ルールを変えるのが基本的な企業戦略。日本人はルールに合わせようとしてしまう段階で負けてる。どうすれば良いかなんて決まってる、「企業連合」作って政治家にロビイング。文化破壊という認識を政治家は持ってない。市場の相関関係を知らないから。と考えます。
  • 松前漬 @matsumaeduke787 2013-02-15 05:33:27
    著作権法の非親告罪化=警察の胸先三寸でシロクロが決まる。ある政策Aに反対するそこそこ有名なBがいるとする。政策Aを推し進める政治家の一人CがBの住所の所轄の警察関係者Dと結託していたら、Cらは著作権法違反をでっち上げてBを捕まえるだろう。たとえBが何も悪いことをしていなくても。Bは冤罪であっても社会的ダメージを必ず受ける。つまり、人権委員会設置法案と似たような言論弾圧が起こりうる。批評ができなくなる=民主主義の崩壊。同人誌の問題だけでは済まされない。 #TPP
  • サイレントトラベラー @slpolient 2013-02-15 07:28:39
    以前、拡大準備集会の場でコミケ準備会に赤松提案について質問したことがありますが、その案には批判的な回答でした。 http://togetter.com/li/227257
  • サイレントトラベラー @slpolient 2013-02-15 07:38:25
    少なくとも理屈の上は権利者と話が付けば解決しうる二次創作の問題よりも、盗作、パクリの問題の方が厄介な気が私はするような… その点について、福井健策弁護士に聞いてみましたが、残念ながら回答をいただくことはできませんでした。
  • サイレントトラベラー @slpolient 2013-02-15 08:29:00
    そういえば、パロディ規定がどうなったかなんて、最近は全く聞かないな…

カテゴリーからまとめを探す

「ジェンダー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする