7
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyohttp://t.co/hnAIX1hP
拡大
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】子育てや転勤など時間や場所の制限がある中でオフィスを持たずに全員在宅勤務で運営しているマドレボニータ事務局。ITツールを活用し意思疎通やスピーディな業務を可能にするクラウド事務局のしくみをお伝えします
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「NPO法人マドレボニータの北澤です。よろしくお願い致します。マドレボニータは、全国で、産後の女性のケアを行っています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】cf.NPO法人マドレボニータ http://t.co/BX96HPlK
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「今は、主に会員業務や、マドレ基金を主に担当しています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】cf.マドレ基金 http://t.co/xOeGl4Lq
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「スタッフは基本的にボランティアから事務局スタッフへとなっていただいています。それは活動への深い共感・コミットメント意識を持っていることを重視しています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「北海道から沖縄までスタッフがいますが、オフィスを持っていません。登記は代表の自宅で行っています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「オフィスを持たないというのは、みなさん気になるかと思いますが、いいことが多いです。通勤時間の短縮や、時間に融通が利くなどですね。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「SkypeやSNS,メールを活用したり、モバイル環境を用意し、時には場所を変えて仕事をすることで、気分を変えたりしています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「ワークシェアリングのメリットとしては、こどもの成長に合わせて働き方を変えられます。リスク管理の観点からは、オーバーワークの防止などがあります。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「モチベーションの視点からは、お互いを助け合うスピリットや、ワークとライフの相乗効果などがあります。また、居住地の変化に柔軟に対応出来るので、パートナーの転勤などにも素早く対応出来ます。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「有給スタッフ9人で業務と時間を分担しています。SNSやGoogleドライブ、Dropboxなどのクラウドを活用してやっています。オフィスもお金もないので、ツールを使い倒してやっています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「プロジェクト毎にメーリングリストを分けるなどし、情報共有を徹底しています。日々、メーリングリストが増えていきます。全員で情報を共有していることで、団体の信頼性が向上します。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「朝にタイムスケジュールと優先事項を確認のメールを送り、そこに雑談をつける余裕を設けています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「夕方には、仲間へのコメント、スケジュール確認の共有や業務の振り返り、次回のタスク確認するメールを送っています。そこに、本日のKUFU(工夫)を加えています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「雑談には、普段は離れていますので、顔を合わせにくいので、意識的に雑談の共有を行っています。そこから新しいアイディアが生まれたりもします。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「夕方に送るKUFU(工夫)ですが、単調になりそうな在宅勤務の中で日々創意工夫を持って取り組んでいます。毎月それを表彰することで、業務の質とモチベーションの向上になっています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「MTG開催にあたってはスケジュールが合わなかったり、時間がかかったりと課題があります。web上とリアルでの打ち合わせを併用してやっています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「円滑なスケジュールを行うために、年間スケジュールを年初に設定したり、Googleカレンダーを使ったり、定例ミーティングでないときはSkypeチャットやFBグループを活用しています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「話し合いに時間がかかり、グダグダになるのは、どうしても避けなければならないので、事前に議題を共有し、事前にアジェンダ設定し、タイマーを使っています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「欠席者の意見が反映されないという問題も想定されます。これは事前に議案共有することで、事前に意見を言うことができるようにしています。欠席者の疎外感を作らないようにするのを大事にしています。」
乾 晃久 Teruhisa Inui @i6261t
【多様な働き方・離れた場所で運営できる「クラウド事務局」 #npoTokyo 】 北澤「MTG中から議事録を作成し、メーリングリストで即日共有し、Googleドライブでアーカイブしています。そうすることで 欠席者への共有も素早く行われます。」
残りを読む(12)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする