サザエのお裾分け 〜大雑把な旧約聖書の内容〜

世界人口の半分以上が旧約聖書を信仰しています。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、という世界三大宗教の中で、どのような違いがあるのかをちょっとだけお裾分け。ついでに大雑把な内容も呟いてみたものの…さすがの39巻。長いです!
イスラム教 タルムード キリスト教 旧約聖書 律法 ユダヤ教 トーラー
1
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
聖書の学びをしていると、時々耳にする言葉のなかに、「七十人訳」「セプトアンギュンタ」があります。どちらも【旧約聖書】のことですが、ヘブル語ではなく、ギリシャ語に訳された旧約聖書のことです。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
あれ!? ユダヤ人の聖書なのに、何故にギリシャ語訳?と思われるかもしれませんね。BC606~586年にかけてバビロニヤに包囲され、ユダヤ人の多くはバビロンへ捕囚の民となったり、エジプトに移り住んだりしました。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
BC3世紀頃、エジプトのアレクサンドリアには多くのユダヤ人が住んでいました。彼らは、当時の世界語であったギリシャ語を話していたため、ヘブル語の聖書を理解出来なくなっていました。BC250年頃まずモーセ五書が、その後百年位かけて残りの書がギリシャ語に翻訳されました。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
【七十人訳】エジプトの王プトレマイオスニ世が建てた王立図書館にユダヤの「律法」を納めるため、ユダヤから72人の長老を呼んで翻訳させたところから付けられたことばです。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
【旧約聖書の区分】1)モーセ五書ー創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
2)歴史書ーa) 部族政治の期間…ヨシュア記、士師記、ルツ記。b) 王朝の興起と没落…サムエル記第一、第二、列王記第一、第二、歴代誌第一、第二。c) 捕囚からの帰還…エズラ記、ネヘミヤ記、エステル記。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
3)聖文書ーヨブ記、詩篇、箴言、伝道者の書、雅歌。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
4)預言書ー a)大預言書…イザヤ書、エレミヤ書、哀歌、エゼキエル書、ダニエル書。b)小預言書…ホセア書、ヨエル書、アモス書、オバテヤ書、ヨナ書、ミカ書、ナホム書、ハバクク書、ゼパニヤ書、ハガイ書、ゼカリヤ書、マラキ書。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
【ユダヤ人が使うヘブル語聖書の区分】1)トーラー…律法ー創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
2)ネビイーム…預言書。a) 前預言書ーヨシュア記、士師記、サムエル記、列王記。b) 後預言書ーイザヤ書、エレミヤ書、エゼキエル書、十二預言書(キリスト教でいう小預言書)
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
3)ケスビーム…諸書(聖文書)ーお祭りの時に読む。フォークダンスで有名な「マイムマイム」は水乞いの歌でここからです。a) 詩歌ー詩篇、箴言、ヨブ記。b) メギロテ…巻物。雅歌、ルツ記、哀歌、伝道者の書、エステル記。c) 歴史書ーダニエル書、エズラ・ネヘミヤ記、歴代誌。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
さてさて、旧約聖書を教典としているのは、カトリックやプロテスタントと言われるキリスト教だけではありません。区分こそ違えど、ユダヤ教も教典としています。ユダヤ教の場合、聖書=ヘブル語聖書(旧約聖書)を正典として、口伝律法とその諸解釈であるタルムードを教典としています。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
旧約聖書は、イスラム教とも関係が深いのです。イスラム教と旧約聖書、ユダヤ人と旧約聖書の関係とキリスト教が教典とする旧・新約聖書の終末の預言を抜きに昨今の中東情勢、世界情勢を正しく理解することはできないのです。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
イスラム教徒は原本では、旧約聖書を教典として信じるけれども、現在ある書物としては唯一コーランだけを教典としているのです。イスラム教の預言者マホメットの教えは、旧約聖書と福音書の思想とメッカにあった聖石信仰を結びつけたものです。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
その上に、コーランが乗っています。マホメットは、アブラハムのエジプロ人のそばめであるハガルの子イシュマエルの子孫だと主張しています。コーランによれば、メッカのカーバ神殿は、アブラハムとその子イシュマエルが建設したことになっていますーコーラン2:125~127。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
こういう理由で、ユダヤ人とイスラム教徒であるアラブ人との関係は、アブラハムの正妻サラから出たイサクの子孫とそばめであるハガルの子孫イシュマエルの子孫という「血肉の争い」、
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
イスラエルのあの土地はAD70~1948年まで住んでいたパレスチナ人のものか、四千年前に神がアブラハムになされた約束、三千年前のダビデ王による遷都によるユダヤ人のものかという「土地争い」
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
ユダヤ教の神、イスラム教のアッラー、キリスト教のメシヤという「エルサレム帰属問題」が深く絡み合った問題なのです。このことを抜きにして、中東問題を正しく理解することは不可能です。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
難しい話はこの辺にして、大雑把に旧約聖書のご紹介をしてみますか。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
【創世記】1)世界の始まりと諸民族の起源ー1~11章。 2)アブラハムの選びと族長たちの信仰ー12~50章。   神が結ばれた八つの契約のうち、1)エデン契約、2)アダム契約、3)ノア契約、4)アブラハム契約 の四つが創世記に記されています。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
【出エジプト記】1)あがないのわざとしてのエジプト脱出ー1~18章。 2)シナイ山での契約ー19~24章。 3)幕屋の建設ー25~40章。 十戒は、奴隷生活からの解放と同時に、神の民としての生き方の指針を示したものです。この神との契約が基礎となって、イスラエルの歴史が展開します。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
この契約が、5)モーセ契約 です。律法は全部で613あり、365の禁止命令と248の積極的な命令があります。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
【レビ記】1)聖なる神との交わりを行なうための犠牲ー1~17章。 捧げ物は五種類。a)全焼のいけにえ。 b)穀物の捧げ物。 c)和解のいけにえ。 d) 罪のためのいけにえ。 e)罪過のためのいけにえ。 *a~c)は自発的、d~e)は強制的な捧げ物。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
2)聖なる神との交わりの歩みをするための分離ー18~27章。  ほかには、祭司制度、聖なる民に関する諸規定等も記されています。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
【民数記】1)シナイからカデシュ・バルネアへ(出エジプトを経験した古い世代)ー1~14章。 2)38年間の荒野放浪中の出来事(過渡的時代)ー15~20章。 3)カデシュからモアブへ(二世、新しい世代)ー21~36章。 *中心的出来事は、カデシュ・バルネアにおける民の不信仰。
残りを読む(81)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする