10周年のSPコンテンツ!
10
@suiseigirl
大学生高尾と同棲して、夜遅くまでベッドでイチャついて「も、和成っ、何回する…のっ」って訴えたら「いーじゃん、明日休講だろ?そーれーにーまだお前も足りないだろ♡」って舌ペロってされて続行とか… #黒バスプラス
@suiseigirl
【青峰】「あーあ…、振られちゃったかぁ」「わりぃ…」「大輝が謝ることなんてないよ」大学の入学式を目前に控えて高校の時の淡い恋心に別れを告げる。(結局叶わなかったなぁ…)それでもあの日々は私の中でかけがえのないものだった。「3年間、毎日好きだったよ」笑顔で明日へ進む #黒バスプラス
@suiseigirl
【氷室】「昨日どこ行ってたの?」へ?昨日?買い物だけど「ふーん…」なによー「ねぇ、」?「やっぱり一緒に住まない?君が側に居ないと心配で不安なんだ」え、っ。「決まりだね?」え、ちょっ、待って! #黒バスプラス
@suiseigirl
病んでる氷室。ぽちゃん、と虚しい音が響いて私の携帯が沈む。「辰也くん何でっ」彼の行動の真意が解らなくて問い詰める。「何でって、解らない?」辰也くんが近づいて私の顔を撫でて、「だって俺がいつも一緒に居ればこんな物必要ないよね?」彼の笑顔はいつもと変わらず綺麗だった #黒バスプラス
@suiseigirl
大輝とする時自分だと思えない声が出て恥ずかしくなる。「ひゃ、あ!…だい、きっ」「っ、あんま煽ん、な…!」お互いに余裕なんて無い。顔を見られたくなくて手で隠すと「こっち見ろ」って手がどけられて。いつもバカな癖にこんな時だけ真剣な顔、ズルい(獣みたいな目に捕らわれる) #黒バスプラス
@suiseigirl
【青峰】「青峰、今日は練習出なよ」「気が向いたらな」俺の好きな女は絶対に俺のモノになることはない女で。「あ、征十郎」「今日は一緒に帰るか?」「ふふ、いいよ」あの2人を見る度に抱けないからこそ、届かないからこそ最高の女だって思い知らされる(あー、やっぱ適わねぇわ) #黒バスプラス
@suiseigirl
「和成、寝れなーい」『じゃあ和くんがお話ししてやろう』「やったぁ!」和成はこんな時間に電話を掛けても嫌そうにせず付き合ってくれる『なぁ、やっぱりさ…』「え?」『一緒に住まねぇ?』こんな関係の大学生高尾とその彼女。『そしたらお前も寝れるっしょー』なんて、笑いながら #黒バスプラス
@suiseigirl
今吉さんに目隠しされて「先輩っ、これ取ってお願いっ、」私の願いは先輩の耳に届いているのか、ベッドが音を立てた。「ひっ、ぁ!」触れられた感覚がして身体が跳ねる。「…ちょっと触っただけやのに濡れてんで?もっと触ったらどうなってまうんやろなー」耳元で先輩が愉しげに笑った #黒バスプラス
@suiseigirl
「大輝好き、です」「…は?」「…なーんちゃって!嘘です!」「チッ、なんだよてめぇ」本当に告白出来る勇気なんて無くてエイプリルフールを言い訳に少しだけ気持ちを伝える。「お前後で覚えてろよ」「なにーこわっ!」今は少し嬉しそうな大輝の顔を見れただけで満足だよ #黒バスプラス
@suiseigirl
黄瀬くんとセフレ。「涼太ー」「なんスか?」「…好き」「…え?」そんな困った顔させたかった訳じゃなくて「…今日は何日でしょうか」「え?今日…あ!エイプリルフールっスか!もうビックリしたっス!」「あははごめんごめん」本当はこっちが嘘なのにそれも伝えられない。 #黒バスプラス
@suiseigirl
翔一先輩に良い子って言われたくて、一生懸命先輩のモノを咥える「ひもひいーへふか?」「っ、ああ、うまいで…っ」気持ちよさそうなのが分かって嬉しい。「あかん、出るっ、」「…んっ!」吐き出された物を飲み込んで向き直ると「っ、良い子やな」「へへ、先輩ごほーび下さい?」 #夜だから許して
@suiseigirl
今吉先輩に挿入されるの焦らされたい。入るか入らないかな感じで入り口で動かれて「入ってまいそうやな」「せんぱ、っ、いじわるしな、いでっ…!」って言ったら「欲しいんやったらちゃんと言えるやんな?」って執着プレイ #夜だから許して
@suiseigirl
【氷室】左手に光る指輪を撫でながら彼女の寝顔を見つめる「…ん、辰也…?」「おはよう」朝が来ても隣に居るのが幸せで、つい確かめてしまう。「本当にオレの物になったんだね」「いきなりどうしたの?辰也」何でもないよ、そう答えると不思議そうな彼女に「愛してるよ」そう伝えた #黒バスプラス
@suiseigirl
「もう別れよう?」そう告げると涼太はひどく哀しそうな顔をした。「何でっスか?」(そんなの涼太が一番分かってる癖に…)「他の女の子と居るところもう見たくないの」「そんなの遊びで、一番はあんたっスよ」薬指の指輪があの幸せな日々を想い出させて今日も彼から離れられないまま #黒バスプラス
@suiseigirl
【高尾】(あ、また…)廊下の隅で女の子とキスする高尾を見つけてしまった。相手が去ったのを見て声を掛ける「あんたってほんと最低」「あ、見てたの?最低ってひでーな」けらけら笑う高尾を睨み付けた。「こえー」「女の敵」「ヤキモチ?」「うるさい」この気持ちもバレてるなんて #黒バスプラス
@suiseigirl
今日行った和食のお店がすごく敷居高い感じだったんで赤司くんで妄想「征十郎、こんなお店緊張する」「気楽にしていればいいさ。…まぁ、いずれ僕の奥さんになった時の為に慣れておいた方がいいけどね」みたいなお坊ちゃま赤司くん #黒バスプラス
@suiseigirl
東京秋田の遠恋「辰也っ!久し振り!」「久し振りだね」3ヶ月振りに逢う辰也は前より格好良くなったみたいで見惚れてしまった。「じゃあ行こうか」「行くところ決まってるの?」そう問うと辰也は屈んで私の耳元で「早く君を抱きたいんだ、久し振りに愛させて」顔が熱くなるのを感じた #黒バスプラス
@suiseigirl
「あなたと征十郎さんでは釣り合わないのはお分かりよね?」「…はい」「征十郎さんの未来の為にも別れて頂けますよね」「、はい…」こんな形で別れるなんて思わなかった。でも征十郎の為とか家柄なんて建て前で本当は(貴方の傍に居られるほど自分に自信が無いの)征十郎ごめんなさい #黒バスプラス
@suiseigirl
トイレから戻るとそこには氷室さんしか居なくて。「?皆は?」「なんか皆明日早いから帰るって」「え、なにそれひどい」「とりあえず飲む?」笑顔につられてしばらく飲んでると突然「…実は皆に協力してもらったんだ」「?」「はは、君と2人になりたかったって事、好きだよ」「え」 #黒バスプラス
@suiseigirl
「いらっしゃいませ!あ、こんばんは」「おう」色黒の彼は殆ど毎日うちの店に来ては雑誌や飲み物を買っていく。「…私今日でここ辞めるんですよね」「…は?マジで?」「マジです、今後もご贔屓にお願いします」そう言うと彼は真面目な顔で「お前が居ねぇならここ来る意味ねーよ」 #黒バスプラス
@suiseigirl
バイトの送別会にて、「今日で終わりか〜」「はい、今吉さんお世話になりました」バイト先の今吉さんに恋をしていたけど結局想いを伝えられなかった。「なぁ、」「はい?」「もう一緒に働けんけど、また逢えるやろ?」そう言った今吉さんの言葉の意味を理解するのはあと5秒後 #黒バスプラス
@suiseigirl
日向くんにいきなり「順平好きだよ」って言って「ば!お前、外でそういう事言うな、ぼけ!」って困らせたい。「だって好きなんだもん!」「〜っ、だから!」「あ、じゅんぺー顔真っ赤!」「もう黙ってろ、ダァホ!」「照れてる!」みたいなヘタレ日向さんとバカップル #黒バスプラス
@suiseigirl
高尾くんに嫌いって言ったら「…は?お前それ本気?」嘘だよ、って言おうとしたらキスされて「…俺はお前の事愛してきたつもりだけど何が足りないワケ?他に好きな男でも出来た?言っとくけど離すつもりねーから」キレてる高尾くんにちょっと乱暴に抱かれてキスマーク付けられまくる #黒バスプラス
@suiseigirl
青峰くんに抱かれてる時に焦らされて意地悪な事言われたから「っばか、だいききらいっ、!ばかっ、」ってぽろぽろ泣いたら真剣な顔で「…わりぃ、イジメ過ぎた。お前見てると抑えらんねーんだわ」って謝られて「でも嫌いってのは嘘だろ?お前俺の事大好きだもんな?」ってにやり #黒バスプラス
@suiseigirl
「あの、いつも買われてる雑貨は何に使っていらっしゃるんですか…?」「ラッキーアイテムなのだよ」(あ、もしかして…!)「おは朝ですか?」「……!!おは朝を知っているのか?」「ええ、家族が良く見てて」「そうか、…ではこれをやるのだよ」「?」「今日の貴方のラッキーアイテムなのだよ」
残りを読む(245)

コメント

@suiseigirl 2013年3月13日
まとめを更新しました。 #黒バスプラス