2013年2月19日

「ドル支配」の世界秩序が壊れる

世界の基軸通貨ドルが支配してきた世界秩序が崩壊しようとしている。シェールガス革命により、アメリカはこれまで維持してきた「ドルでしか石油を買えない」構造を維持する必要がなくなったからだ。これから世界は、極めて流動的な時代を迎える。
2
shinshinohara @ShinShinohara

「シェールガス革命」はなんらエネルギー問題を解決する技術ではない。にもかかわらず、シェールガス革命は世界の統治構造を大きく変化させる契機となるだろう。アメリカは「世界の警察」の役割を終え、自国の利益をこれまで以上に最優先するようになるだろう。

2013-02-19 02:11:35
shinshinohara @ShinShinohara

なぜアメリカはこれまで、「世界の警察」という、割に合わない仕事を引き受けてきたのだろうか?実は世界秩序を維持する上で、大きなメリットがあり、アメリカの国益にもかなったからだ。それは、「石油兌換紙幣としてのドル」である。

2013-02-19 02:13:01
shinshinohara @ShinShinohara

かつてドルは金(ゴールド)と交換することを約束することで勝ちを保証していた、「兌換紙幣」だった。だが、1971年8月15日、ニクソンショックが起きる。ドルは金との交換ができなくなり、不換紙幣になった。この時点でドルは紙切れになるはずだったが、価値が保たれた。なぜか?

2013-02-19 02:15:09
shinshinohara @ShinShinohara

このとき、キッシンジャーという男がとてつもない世界秩序を作り上げた。「世界中どこに行っても、ドルでしか石油を買えない」という仕組みだ。アメリカ嫌いのはずの中東に行っても、円やユーロなど、別の通貨では石油が買えなかった。ドルでしか石油が買えなかった。

2013-02-19 02:17:07
shinshinohara @ShinShinohara

石油がほしい国は、どうにかしてドルを入手しなければならない。ドルを得るには、アメリカに商品を輸出してドル札を手に入れなければならない。こうして、アメリカはドル札を印刷するだけで世界中の商品を手に入れられるようになった。「石油はドルでしか買えない」構造がこれを可能にした。

2013-02-19 02:18:54
shinshinohara @ShinShinohara

なぜ中東は、ドルでしか石油を売らなかったのか?サウジやイスラエルに強大な軍事力を配置し、文句が言えなかったためだ。アメリカは「世界の警察」になる。その見返りとして、石油はドルでしか買えない。ドルを手に入れたい国は、アメリカに商品を売る。こうして経済が回る世界秩序が続いた。

2013-02-19 02:21:28
shinshinohara @ShinShinohara

しかしイラク戦争以降、この仕組みにガタがきた。クウェートやイラクなどがドル以外での通貨での石油販売をもくろむようになった。もしさらに他の石油産出国でドル以外での石油販売の動きが広がれば、「ドルでしか石油が買えない」構造が変わってしまう。世界秩序が崩壊の危機にあった。

2013-02-19 02:23:10
shinshinohara @ShinShinohara

さりとて、アメリカも石油なしには国が成り立たなくなってしまう。なんとしても「ドルでしか石油が買えない」構造を維持したいアメリカは、ドル以外の貨幣でも石油を売ろうとしたフセイン大統領(イラク)を抹殺することにした。これがイラク戦争である。

2013-02-19 02:24:19
shinshinohara @ShinShinohara

しかしアフガニスタンやイラクの内戦が泥沼化するに至り「ドルでしか石油を買えない」構造を維持するにも、あまりにコストがかかりすぎるようになった。そろそろ別の世界秩序に移行させたい。そのためには、アメリカが必要とする石油をどうにかして手に入れなければならない。それがシェール革命だ。

2013-02-19 02:25:58
shinshinohara @ShinShinohara

シェールガス革命は、「地中からガスや石油を搾り取る」技術のことでしかなく、これを始めるようになったら枯渇の始まりでもある。なんら、革命でも何でもないが、世界秩序を変えるのには、アメリカにとって十分価値があった。中東に頼らずとも石油が当面手に入れられるのだから。

2013-02-19 02:27:50
shinshinohara @ShinShinohara

「世界の警察」をアメリカが努めてきたのは中東から石油を手に入れるためだった。だがシェールガス革命によってそれもどうでも良くなった。もはやアメリカは「世界の警察」を演じる気はない。さらに、「ドルでしか石油を買えない」構造を維持する必要もなくなってしまった。世界秩序が崩壊しっつある。

2013-02-19 02:29:55
shinshinohara @ShinShinohara

これまで世界各国は、石油を買うためにドルを手に入れようとしてきた。しかし石油がドル以外の通過でも変えるように今後はなっていくだろう。すると、誰もドルをほしがらなくなり、ドルの価値の下落が続くことになるだろう。アメリカは石油も食糧もあるので、ドルが下落しても痛くもかゆくもない。

2013-02-19 02:31:17
shinshinohara @ShinShinohara

一番困るのは日本だ。ドル建ての外貨を100兆円以上も積み上げてきたが、ドルの価値は今後下落するであろうし、アメリカは日本のために警察の役割を果たす気も失せてきている。日本は、世界秩序の変化の中で、立ち位置を新たに探り直さなければならなくなっている。

2013-02-19 02:32:32
shinshinohara @ShinShinohara

アメリカは自国の利益をこれまで以上に優先して考え、世界秩序にあまり責任を持とうとしない国になっていく。その中で日本は、アメリカに頼りたくても頼れなくなっていく。そんな世界秩序の中で、日本は迷走しかねない。大きな変化のうねりの中に私たちはいることを、自覚しなければならない。

2013-02-19 02:34:31

コメント

順三朗 @junzabroP 2013年2月19日
非常に説得力のある指摘。いずれアメリカは新モンロー主義を標榜し、アメリカの放置によって世界各地で戦争が始まるだろう。エネルギーは経済のみならず国防の話題である。
0
@rbmio 2013年2月19日
どんだけ周回遅れの経済知識だよ
0