求めていたのは和解ではなく拒絶~普通学校で虐められた聴覚障害者が読んだ聲の形~

※まとめ主は聴覚障害を持っており、子供の頃はその事で虐められましたので、トラウマ発動100%なまとめになっていることをご理解ください
いじめ こえのかたち 聲の形 コメント欄が本番
kurage313 234132view 256コメント
361
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 氷椿@魔女見習い @icy_camellia 2013-02-21 08:44:00
    読んでないけども。いじめられた側のカタストロフィとして、いじめた側がせめて二次元の中だけでも凄惨な最後遂げて欲しい、ってのはわかる すごくわかる。
  • 氷椿@魔女見習い @icy_camellia 2013-02-21 08:44:58
    あ、えと、その「聾の形」は読んでないよって意味
  • やらかど@やらか堂 @yarakado 2013-02-21 08:46:10
    あのもはやいい子ちゃんさ加減は旧態依然とした「障害者は天使」な感覚が伺えるよなあ。単に作劇的な力量不足なだけという可能性はあるにしろ。
  • やらかど@やらか堂 @yarakado 2013-02-21 08:48:19
    ブルースワットの脚本家だったか、車椅子の悪役を却下されて「障害者には犯罪を犯す権利もないのか!」と憤った話を思い出すなど。
  • 氷椿@魔女見習い @icy_camellia 2013-02-21 08:49:54
    なんか違和感あるとおもったら ○カタルシス ×カタストロフィ   すみませ・・!orz
  • やらかど@やらか堂 @yarakado 2013-02-21 08:55:35
    まあこの漫画の聾はあくまでいじめの対象とされうる異質なものの理由付けのためでしかなくて、本題は大人のクズさといじめのターゲット変更の課程かなあという気はする。
  • くらげ(暗黒面) @kurage313 2013-02-21 08:57:32
    あ、漫画そのものの評価としては実に興味深く色々考えさせられるので、機会があれば一読あれ。決してマンガそのものをdisっているわけではないんですよw
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-21 09:29:24
    唐突に宇宙からの怪音波が地球上に流れて、クラスメイト全員憤死してヒロインだけが生き残り、補聴器捨てられたおかげだ、主人公君ありがとう…ってラストがよかたよ
  • やらかど@やらか堂 @yarakado 2013-02-21 09:41:59
    クラスメイトと教師を一人残さず斬り殺してエルガストルムに逃げ延びるエンディングだともっと良かった(待て)
  • 言葉使い @tennteke 2013-02-21 09:44:14
    マンガ読んでないけど、悪い方の意味の「子供向けマンガ」という言葉が頭をよぎった。「子供を馬鹿にするな、子供にも善し悪しは解る!」が、このマンガ・聴者には通用しているのかな。>>少年誌に求めちゃダメww
  • arabiannightbreed @a_nightbreed 2013-02-21 09:48:47
    まとめの中で言及があったギャングスタについてのまとめはこちら/『GANGSTA.』の手話表現について http://togetter.com/li/439522
  • nekosencho @Neko_Sencho 2013-02-21 09:55:40
    これだけ話題になる作品、作者はどういう取材をしたんだろうか? おいらは周囲に聴覚障害者いなかったので補聴器壊されるその他フィクションだろうと読んでたんだけど、けっこうリアルにあるようだしねここ見てると。
  • nekosencho @Neko_Sencho 2013-02-21 09:58:59
    「○○な人は心がきれい」は、あの長さで物語を終わらせるには仕方ないよ。障害者に限らずスポーツマンでも釣り人でも不良や珍走団でも、短編マンガの報われるキャラは心がきれいなんだ。
  • くらげ(暗黒面) @kurage313 2013-02-21 10:25:52
    少年漫画の範疇というかテンプレート的にあのラストはありだしその視点から見ればかなり際どいところに踏み込んだのは間違いないわけで。その上で色々考えたってことで漫画そのものはすごく良かったよ。衝撃的とは思わなかったけど話題になるも納得です
  • やらかど@やらか堂 @yarakado 2013-02-21 10:43:57
    19歳のときの作品だそうだしデビュー作だし少年漫画として考えると荒っぽいけど決して悪くはないと思うんだけど、読者はともかく編集者が衝撃作とか噴きあがっちゃうのはどうなのよという気はする。
  • A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2013-02-21 10:57:33
    yarakado リライトだそうですよ。オリジナルは別マガに載ったそうで。編集者が舞い上がっちゃうのはどうよてのは同意。中二病発症してる時に谷崎の春琴抄なと読んどらんのかと。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-21 10:58:04
    「歌いたいor歌いたくない→歌えるようになりたい」のほかに「私なりの歌い方をする」で前列で手話パフォーマンス、という分岐をしたらどうなったか。同じやはり異質な存在としてウザがられて虐められるか展開は変わらず、読者もタフさに対して同様の印象を持つような気がするんだよな…やっぱり同じことができないといけないのか/同じことをしてようやく、参加したことになるのか…いろいろ考えさせられるという意味でも、面白く読めました。
  • ぼんど@C92新刊委託中 @bonjindragon 2013-02-21 11:00:14
    ここ突っ込むと物語そのものが破綻しちゃうんだけど、なぜ西宮の両親は「普通の学校」に進ませようと思ったのだろうか?ドラマティックな構成にするためのデフォルメか、それとも「学校のいじめにおける戦犯は大人」ということを言いたかったのか、ハンディのある子供を敢えて厳しい環境に置く意図が省略されていたのがひたすら気になった。
  • 維新兵庫助 @hyougo_ishin 2013-02-21 11:12:58
    聾の形の感想を色んな所で見るが、解釈が足りないと思う。 主人公はただのお調子者で、嫌な空気に敏感なだけ。悪い事をしてる意識はない。クラスに笑いを起こすのを役割と思ってる。だから、自分のやった事を隠さない。 それに引き換え、他のクラスの奴等は、自分達が悪い事をしてる意識がある。だから、必死で隠す。果たして、実際にイジメを始めたのは石田なのか? 俺は学級委員が影の支配者のように感じる。一見、親切なように見えるが、随所で不敵な笑みを浮かべている。
  • 維新兵庫助 @hyougo_ishin 2013-02-21 11:13:46
    池に落ちたノートを見てほしい。ノートには悪口が書かれている。ノートを最初に書いたのは誰か?学級委員の川井だ。 また、ヒロインが傷ついているのはどこか?石田と接している時、ヒロインは戸惑っているが、傷ついていない。傷つけているのは他のクラスのやつや先生である。 だから、ヒロインは主人公とは友達になろうとしているのだ。クラスのやつらは分からないように嫌がらせをする。石田は、自分に素直な感情をぶつけているだけなのだ。ただ、お調子者で、不器用なだけ。
  • A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2013-02-21 11:19:04
    bonjindragon ”あり得る”設定だそうです。今、海月氏がオレ相手に解説中。
  • ひなたぬき@小動物 @Day_of_Hinata 2013-02-21 11:23:00
    この作品は読んでないんだけど、まとめ読んでてよく友人が「戦争物なのに女子供が全く死なず最後はハッピーエンドっていうのが納得いかん」って愚痴ってるんだけど、その気持ちが何となくわかったような気がした
  • くらげ(暗黒面) @kurage313 2013-02-21 11:26:12
    bonjindragon 普通学校に通う聴覚障害者のほうが多いので違和感は感じませんでしたが、なぜどこから転校してきたのか、その時はどうしてたかが気になって仕方がありません。
  • くらげ(暗黒面) @kurage313 2013-02-21 11:27:31
    hyougo_ishin べつに石田が悪いとかそーゆー話しではないのですが(;´Д`)あと、こえのかたちです。ろうのかたちではありません。
  • あれくしゃー@秋ゲムマでます @Aleksherr 2013-02-21 11:50:36
    「障碍者は善人であるべき」な意識は多分ヘレン・ケラーを源泉として続いてきてるんだろうなぁ。私も高校の時の同級生に全聾の友人がいたから、あんまり他人事じゃない……|・ω・`)
  • reesia @reesia_T 2013-02-21 12:29:50
    漫画は読んでないけど、一番のクズは普通学級に無理矢理障害児を入れる親だと思うわ。普通のガキを相手にするだけでも心労が半端無いのに障害児のケアまでしろなんて教師の領分を越えてる。適当な場所があるならそういう場所に入れるべき。多くの成功談があって、それを夢見て押し込むバカな親が一番悪い。宣伝される成功談の影には世に出ないだけで同じだけの失敗談があるのに。 でも養護学級、養護学校でもいじめは起きるけどな!
  • 海人(Kaito)@やる気なし症候群 @kait_atc 2013-02-21 13:02:18
    正直思うのはどういう風に接していいのか分からない…。 初めに聞けばいいのか?それも躊躇してしまう…。普通というのも難しいし…
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-21 13:26:25
    文字で起こす、音によるアナウンスは視覚に入って注意を向ける等の手間は多少なり増えるだろうけど、聴覚障害のみであればそこまで困難なんだろうか?って気はするけどなあ。どうしたらいいか本人にいってもらえるとありがたいですけどね。昔ネットで知り合った人が「自分はもののけなので」ってずっと言っていて、何かと思いつつ実際あったら聴覚障害を持っていたことを思いだした。その時は短い時間だったけど筆談したなあ。自分も(聞こえるけど)厨二病的にもののけですよって返せばよかったなと今思う。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-21 13:29:29
    まぁ、バカな親バカな親ゆーなや…何か事件事故起こった時に、必ずバカ親呼ばわりしてレッテル貼りたがるやついるけど、人の親なんて基本我が子の事となればみんな馬鹿だよ。そんなの昔っから変わらないと思うけどなあ
  • arabiannightbreed @a_nightbreed 2013-02-21 13:31:06
    座頭市「イヤな渡世でござんすねぇ」
  • へすた! @Hesta 2013-02-21 14:19:42
    マンガは読んでないけどこのまとめ読んで、中学時代嫌な奴らにメガネ(度がヒドくてガラス製だった)パキパキ割られてたこと思い出してなんとも言えない気分になった
  • 松本孝行 @outroad 2013-02-21 14:51:19
    確かに、障害者=弱者、いい人、被害者側みたいな考え方が世間にはあるなと思う。友人は車椅子の押し方が下手と障害者からバカにされたことがあると言っていたのを思い出した。障害と人格はイコールじゃないよね。
  • arabiannightbreed @a_nightbreed 2013-02-21 15:09:35
    微妙に話題が関連している/義足のランナー、オスカー・ピストリウスの逮捕に思う http://togetter.com/li/459767
  • kumonopanya @kumonopanya 2013-02-21 15:17:36
    井上雄彦のリアルとか、他の障がい者を描いた漫画を見ると、親が、障がい者の子供を健常者と同じ学校の通わせたいのは日本が学歴社会だからで、親はビルの清掃員、学歴の大切さが嫌というほど身にしみている、だから多少無理(まわりから見たらかなり無理)でも健常者と同じ学校の通わせたいのは、親の愛ではないのか? 親目線からの意見がなくて、障がい者自身の目線からの意見ばかりなのかな。
  • 紙魚 @silver_fishes 2013-02-21 15:22:09
    ああ、ノートの悪口があっても「大勢のクズ」が守られるように水に沈めたんだ。クズどもが責任も取らされず報いも受けないのは「全員改心とかさすがにご都合主義じみてるから」とかじゃなく、完全にそうなるべく仕込んであるからなんだ。そりゃすげえ。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-21 15:36:10
    学歴云々の前に、「障害者用の社会」なんてものはこの世にないからね。健常者児童にとっても、障害者児童にとっても、教室は社会の縮図。多少無理でもかなり無理でも、最終的に生きていく場所は同じところなんだよね。先天性のものか、後天的なものかによっても親の障害に対する認識はずいぶん違うだろうな
  • Taro @oki_taro 2013-02-21 15:37:51
    先生のクズっぷりが素晴らしい。
  • びんぼっちゃま @binbo_cb1300st 2013-02-21 15:49:56
    ろう学校の教育内容ってどうなの?高卒で就職前提?それとも大学受験にも対応できる?知的障害が無ければ学歴を得させたい気持ちはわかる。そのために普通学校に行かせようとするのも。
  • たいにゃん @Tainyan_collins 2013-02-21 16:03:17
    読んでみたくなりちょっと探してみました。個人ブログの紹介記事なのであくまで参考までに http://yamakamu.com/lite/archives/3702516.html
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-21 16:09:35
    まあ、音楽会から排除しようとした担任と、支援校あるやん的なご意見は発想としては同じくなのであんまり先生のことクズクズ言わんといてあげて?
  • 小島愚鳩 @KojimaGubato 2013-02-21 16:37:09
    汚いというか、障害者が殺人鬼になるという今までなかった障害者の描き方をしている映画で「おそいひと」http://osoihito.jp/というのがあるので、興味のある方は是非。
  • sisya_ws @sisya_ws 2013-02-21 16:49:30
    この手のテーマ物の漫画読んでもにょもにょする理由が少しわかった。「知ってもらう」事で話が終わってしまって、現実の絶望感も少なからず盛り込んでいるにも関わらず、物語的ななんらかのカタルシスがないまま終わっているから、結局漫画本体ですら腫れ物扱いになっていて、期待したほど漫画として書く意味が感じられないからだ。
  • 草壁。 @ta2_1976 2013-02-21 16:56:15
    マガジン立ち読みしつつも、これ読んでないんだけどさ。(ぱらっと見てトラウマ来そうで排除した)これあれだよ、後半は平野耕太先生にリライトしてもらおうぜ。カタルシスバリバリで。
  • ぼんじゅ〜る・伝説の美少女 @France_syoin 2013-02-21 17:01:26
    どんな話か知らんが、一番のクズは主役の両親だがなww
  • amainu👊💥 @amainu_dog 2013-02-21 17:06:28
    手話の唐突さに関しては、西宮が「周りに遠慮をしているから」と考えてみたらどうでしょうか?周りの人にも覚えてもらいたいけど「面倒くさがりそう」「自分のために覚えてもらうのは申し訳ない」といった考え方があったのではないでしょうか。そうすれば納得いく部分が多くあると思います、個人的に。私も同じような経験がありますので……。
  • 雪見猫 @yukimineko 2013-02-21 17:07:36
    「小学時代の記憶がないくらいに恨んでる。」というところがよく分かる。私もいじめられたせいかあまり記憶がない。
  • hehehoge @hehehoge 2013-02-21 17:12:00
    あの話の大人がクズで少数派な社会ならまだ救いがあるけど、実際はあれが普通の人でしょう。安易に切断せず自らの鏡だと考えるべきだろうね。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-21 17:18:07
    障害児の就学問題については、先天的なものならそれこそ幼稚園就園以前、早けりゃ1歳半検診あたりから親は意識し始める問題で、地域の児童福祉課や教育委員会と面談重ねて同じ障害の先輩保護者に意見伺ったりしてずっと障害の程度と本人の身辺自立も考慮してリサーチを重ねて決める。学歴云々、なんて短絡的なものではないよ。幾ら学歴積んでも会社で折れたら終わりだし。最終的に育みたいのは「自己決定に基づいて生きていく力」。普通校が上位で支援校は下部、なんていう印象を持たれがちだけどそれもオカシイよね。
  • 維新兵庫助 @hyougo_ishin 2013-02-21 17:33:23
    kurage313 失礼しました。見慣れない漢字なので、「聾」で、こえと読むのかと勘違いしてました。正しくは聲なんですね。
  • ROBA @vjroba 2013-02-21 17:38:34
    自分の苦しみを美談なんかに纏められてたまるか、という気持ちはわかる気がする。
  • たくみ @bigjoe_uri 2013-02-21 18:25:53
    こういう作品に1当事者が自分の思うことを書いて、それを見ることが出来るってのがネットの良いとこだと感じるなぁ。どうしてもメディアが入るときれいにまとめちゃうからね。
  • @meltyblue 2013-02-21 18:30:27
    カタルシス感じたいというのはわからんでもないけど、その結末だと、ジャンルが変わってくるんじゃないかな。あと、漫画賞に応募する短編として話をまとめる以上、ある程度の都合のよさはどうしても必要で、それがヒロインのキャラクターっていうだけの話じゃないかと。障害者だろうが運動音痴なドジっこだろうが愛人の子供だろうが、ヒロインの性格は大きく変わらないと思う。
  • 樽キャノン・T @tarucanon 2013-02-21 18:37:13
    私も生まれつき両耳が聞こえません。親の願望で無理やり普通の学校に通わさせられて登校拒否したりとか色々ありました。今はスコですg自分の経験をもとに聴覚障害者を題材にした創作小説をpixivに投稿したりしています。正直、稚拙極まりない作ですが。 本題。補聴器というものがピンと来ない人もいるでしょうから、カタログ的なのをこちらに。http://www.rion.co.jp/asp/product/communication/
  • のりしあん @noricyan2 2013-02-21 18:39:19
    こういう作品には、違和感を感じる展開すら許されていないのが、まだまだこの分野の未成熟さなんだろうね。
  • くらげ(暗黒面) @kurage313 2013-02-21 18:48:49
    ろう学校の是非についてはこちらをご参照くださいませ http://togetter.com/li/459948
  • 高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2013-02-21 18:54:25
    ”クラス全員がバス事故で死ぬくらいでないと納得行かない部分はあるよねw ”まとめ人は平松伸二先生だけ読んでおけばいいと思う
  • 聖夜 @say_ya 2013-02-21 19:31:05
    「読んでないけど」でハイライトするとこのまとめの意味がよくわかります。現実世界には因果関係はあっても因果応報は存在しないのです。
  • 氷椿@魔女見習い @icy_camellia 2013-02-21 19:37:04
    あーん、「読んでないけど」っていうのなんか誤解されてるんだろうか、読む気はあるけど、いじめられた側だから海月さんと同じように(既に)トラウマ発動100%なわけでして、ここから推察するにっていう部分があるわけでして、他にも自分も障害者としての観点から云々っていう部分はあるんだけどそゆのは自分昔は健常だと思ってたからよくわからんのでコメントはしないことにしたのだ
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-21 19:52:45
    障害者、あるいはいじめあった人って二次障害の問題が付いて回るけど、この漫画は現実離れした強靭なイジメ耐性を付与してスルーしちゃってる。再会した時どちらか(あるいはどちらも)イジメのトラウマを克服できないで拒絶するようなラストで〆るというのもアリかな
  • まんねん @manyear 2013-02-21 20:20:38
    違和感の元に気づいたかも。このお話、聴覚障害者の読者がいることを想定してないっぽい。聴覚障害者を持った女の子の話という触れ込みなのに。どこまでも非聴覚障害者向けのストリー展開なんだ。
  • 権力の狗 @daken3gou 2013-02-21 20:23:54
    yambsa そのオチだと逆に漫画としての面白みが無いからそもそも雑誌に掲載されないと思うの。この漫画の面白さって、ボーイミーツガールものとしての王道ど真ん中なストーリー展開かましてるところだし。
  • まんねん @manyear 2013-02-21 20:25:23
    主人公が、周りの雰囲気に乗せられて舞い上がるも、あるきっかけで一転して孤立するも、自分の努力で救済を見出す。それはある意味少年漫画の王道かもだけど、少年漫画の王道なら、いじめの影の主導権をとっていた女子生徒達に大して何らかのカタルシスがあってしかるべきだし、第一、主人公が経験した苦しみと同等かそれ以上の苦しみを、主人公でない女の子がすでに体現しちゃってて、しかもその女の子に対しては苦しみの救済が基本何らとられていない。
  • まんねん @manyear 2013-02-21 20:26:17
    そして、女の子の側に、ラストで主人公への拒絶すら許されない展開にしちゃってて、ストーリーの都合という無言の圧力が発生しちゃってる。女の子が、脇役以前の、舞台装置の一種と化してしまった感はある。 徹底的に主人公の男の子に共感する人向けに作られてて、女の子に共感する人を切り捨てた作りになってるんだ。
  • 権力の狗 @daken3gou 2013-02-21 20:31:41
    んで、編集部が問題作だと感じたのは聾唖という障害とイジメをテーマにしたせいで誰かのトラウマを抉ることが確実だと思われたからじゃないかな?
  • 地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2013-02-21 20:48:54
    おい、早くコラでコブラが現れていじめっ子やクソの担任をサイコガンでぶちのめす奴はよ
  • A君(24) @yukikazemaru 2013-02-21 20:51:06
    むしろ、聲の形で感動できた人はどう感動できたのか教えてほしい、嫌味抜きで <<いじめっ子がいじめられっ子に転落したのに、まともに高校進学できたところだな。
  • A君(24) @yukikazemaru 2013-02-21 20:53:55
    結局のところ、ひどい健常者と良い子な障害者という構図はお腹いっぱいなんですよ!ギャングスタみたいに惨殺するろうとかが俺はもっと見たいんです!です! <<ああ。それじゃ商売にならないからじゃないかなあ。
  • 権力の狗 @daken3gou 2013-02-21 21:11:08
    manyear この漫画のカタルシスは、主人公がヒロインを理解したときにはヒロインが居なくなっていて謝罪すら出来ないやるせなさと、少年が自分の努力によってやるせなさを解消するところにあるんだ。そこが腑に落ちないという人も居るだろうが、まぁ、その辺は好みの問題だね。
  • 順三朗 @junzabroP 2013-02-21 21:16:56
    ラストの展開がご都合主義だと言っている人たちがいるが、この作品は『聾の形』ではなく『聲の形~』だからこれでいいのである。それから、商業作品なんだから買って読んでから批評しよう。読まずに批評するのは無責任だ。
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013-02-21 21:30:01
    読んだ。評価が難しい。考察してから書く事にするよ。
  • 順三朗 @junzabroP 2013-02-21 21:36:18
    それはノートに書かれた文字であり、心ないクラスメイトたちの伝わらない悪口であり、ホワイトボードに書かれた提案であり、ヒロインと主人公の手話である。
  • 丸千田 明治 @multidamaging 2013-02-21 21:49:15
    自分はいじめられた!って人には響かないかもしれないけど、(当時は気付いていなかったとしても)いじめる側、いじめを無視する側に立った事がある人には凄く響くはず。ラストシーンの様な事は現実世界には絶対にないから。漫画の中だけでも、それが起こって良かった。この漫画のポイントは障害者どうこうというより、いじめっ子の心理だと思う。
  • nekosencho @Neko_Sencho 2013-02-21 21:49:24
    この「まとめ」を読んで、あれがよく出来たマンガで編集さんが大騒ぎするのも当然の作品だと確信した。これだけ多くの人の心に賛否それぞれあるだろうけどひっかかったってのは、それはものすごいことだよ
  • 岡一輝 @okaikki 2013-02-21 21:57:50
    次は、ヒロインがすンごいデブで、それが原因でイジメられる『肥の形』というお話はどうだろうか?
  • K3 @K3flick 2013-02-21 22:05:01
    読んだ感想としては、同和授業で見るビデオに構成が近いなあってことだった。 過去の体験と立場で受け取り方がかなり変わってしまうけど、マガジン読者層の中高生には訴えるものがあるいい作品じゃないかなと思うよ。
  • さわK@神浜探検隊 @chiqfudoki 2013-02-21 22:17:05
    @kurage313 きこえの教室の若い女性がかなり頭でっかちでアレに見えたんですが(アイツが事態を悪化させているように見えました)、いかがなのでしょう?
  • さわK@神浜探検隊 @chiqfudoki 2013-02-21 22:18:39
    @kurage313 あのヒロイン化け物ですよね。どんな状況下でも絶対に成功して名前をなすタイプだと思います。人間ができすぎてて明確な欠点が殆どない。
  • 弥拓 @ComEntaku 2013-02-21 22:40:00
    @kurage313 確かにラストシーンの先が見たい漫画だった 道中はただただ気分悪いだけだったけど
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-21 22:41:57
    この漫画、一歩間違うとDV加害者の夫(主人公)を庇うDV被害者の妻(聾のヒロイン)という解釈が成り立つよね。聾のヒロインの心理、葛藤、驚異的ないじめ耐性の源泉といった深層部分を描写してないから、そこをヒロインの視点でもっと描写してれば少しは印象変わったかも。
  • よしの @yoshinoiroha 2013-02-21 22:49:48
    人間のずるさや汚さをきちんと描けて、フィクションの中でくらい救いのある終わらせ方が出来る19歳、という時点で、大今先生は凄い新人さんだったと思う。描写はかなり辛いところもあるし完全なご都合主義(虐めた奴が全員痛い目を見る)でもなくて、綺麗な落としどころじゃないかな。マルドゥックやこれ以外にも、もっと沢山の作品を読んでみたい。
  • へぼやま @heboya 2013-02-21 22:58:55
    『聲の形』読んだ。これ、「いじめられている聾唖の女の子の話 『ではない』」というのが、ポイントなんだと思う。つまり、作者はおそらく意図的に、「いじめていてる少年の話」として描いている。だから、ある意味「いじめられている炉会うの女の子側」に寄り添った目線で見れば、「ご都合主義のハッピーエンド」に見える。
  • へぼやま @heboya 2013-02-21 23:01:40
    これは物語として、作劇としての難しい点で、「いじめられている聾唖の女の子の話」とした場合、現実的にその間口は狭くなる。読者の多くは、「いじめられている聾唖の女の子、『ではない』」から。読者の多くは、「いじめていたせ少年」や、「それをはやしていた同級生」や、「傍観していた無数の誰か」や、「厄介ごとととしか受け止めない担任」側の人間だから。
  • プー太郎 @ryouhei4649 2013-02-21 23:02:35
    個人的には障害者を出汁に使った漫画にしか見えなかったな。いや別に出汁に使ってもいいんだけど、主人公が最後唐突に手話覚えたり(ページ的な問題もあるかもしらんが)、なんと言うか児童教育向けのビデオドラマのテンプレート過ぎて違和感しかない・・・。まあこういう感想しか出てこないのは俺の心が腐ってるからなんだろうな。
  • へぼやま @heboya 2013-02-21 23:04:11
    つまり、あえて残酷な言い方をすれば、このお話は、「いじめられていたあなた」に向けられては描かれていない。「いじめていた、或いは、それを傍観していたあなた」へ向けられたお話。そしてそういう「無自覚な多数派」に届けるためには、「いじめっ子たちが報いを受ける」話にはできない。あの少年を軸として、「いじめをやめる勇気を持とう」というメッセージをこめることになる。
  • へぼやま @heboya 2013-02-21 23:06:57
    なので、「ご都合主義的ハッピーエンド」に、「する必要」がある。いじめをする側に対して、「お前たちは報いを受けるべきだ」というメッセージは、残念ながら基本的に届かないからだ。聾唖の少女の内面が徹底的に描かれずに進むのも、このため。「いじめる側である『あなた』が、『歩み寄って、声を聞くこと』が大切だ」という話だからだ。
  • プー太郎 @ryouhei4649 2013-02-21 23:18:24
    ああ、なんとなく違和感が分かった気がする。この漫画には強者が弱者に対して歩み寄って「やろう」っていう雰囲気が内包されてるからか。いじめてた人間が過去を振り返って、あそこではいじめずに手を差し伸べてやっていればよかったと、ドヤ顔で言うのに似ている、そりゃ個人的には受け入れる気にはならない。だからまとめ主も和解じゃなく、拒絶して欲しいって言ってるんだな。どうもこの手の漫画が受け入れられないのは、意識的なのか無意識的なのか作者の弱者(この漫画の場合は聾唖)への見下しが入ってる気がするからなんだよなあ。
  • 神條遼@銀河レベル級に超ラッキースター @kamijo_haruka 2013-02-21 23:23:56
    何かねぇ。違和感がたっぷり。健常者の『障害者は「体」が不自由な分「心」が豊かである(あらねばならない)』って『ステレオタイプな障害者観』も透けて見えてたような気がする。ただ、西宮のあの態度には合点は行くけどね。虐められてると『自分が悪いからだ』って『自分に責任を帰結しちゃうタイプの子』って確実にいるのよ。……実は私も昔そうだったんだけどね。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-21 23:31:33
    まとめを見ていると、「障害者はいじめられてもけなげに耐える」「どれだけいじめても(傍観しても)最後はハッピーエンドだから安心」って話になってないかどんどん不安になってきたから読むか・・・
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013-02-22 00:03:55
    ひとまず、難しいけど、ちょっとだけ書いてみる。 確かに、これ耳の聞こえが悪い少女の物語ではない。 それを目撃し、何かを感じて、何かを体験(ここで少女との同体験に繋がる)し、行動した少年の物語だね。
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013-02-22 00:06:22
    ある意味、少女は自分の「怒り」を隠して、行動しているようにも見える。(ただし、これは少年との間で爆発を一回みせる) そういう意味では、唯一本音を見せたのかな? 少年に。 
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013-02-22 00:09:40
    うーむ。難しいな。ひとまず、ラストは、会話という形で、少年が再会としての回答をしたように見えた。(ただ、手話は唐突なんだよな。まあ、読み切りだから、色々ページ数が足りなくて、仕方ないのかも。)
  • ピコメン @picopicomen 2013-02-22 00:16:31
    救われる話が嫌いというのは、実際に救われてる(た)人がいたら許せないということなんだろうか。
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013-02-22 00:16:41
    そうか。違和感というか勘違いし易いけど、これ、耳の聞こえが悪い人の心理は基本的に書いていないんだ。 少年の側の見え方しか書いていない。 だから、ある意味、ステレオタイプの障害者に見えちゃう。
  • ピコメン @picopicomen 2013-02-22 00:18:47
    少年マガジン掲載ということもあって勢いよくパラパラと読んでしまえるんだけど、一コマ一コマをじっくりと読むと違う解釈が見えてくるから何度か読むと良い・・・と思うんだけど、ただ、これを何度も読むにはそれなりの心構えや精神力が必要だというところが難しいね。
  • kkazhiro @kkazhiro 2013-02-22 00:31:41
    いじめが自分自身に向いて最下層の立場になったから、かつての最下層に対して同じ立場としての共感を持つようになったとしか見えないので。このラストは無邪気なハッピーエンドでも上からの施しでもない、という感想でした。単に立場が変わったから行動も変わったにすぎない男の子と、そんな共感でも受け入れざるをえない女の子、という図式は、とてもハッピーエンドとは思えないとも。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-22 00:32:10
    picopicomen 個人的には「全員もしくはほとんどが救われている」と錯覚されて、自己満足だけで何一つ変わらないのがイヤですね。
  • へぼやま @heboya 2013-02-22 00:34:05
    rt_luckdragon そう。「本当のところ彼女が何を考えているか」は、一切描写されない。それは読者が、そして主人公の少年が、「声にならない声を聞く」ように、読み取らないといけない、という構成になっている。
  • unusefu1 @unusefu1 2013-02-22 00:39:16
    親がクズだなんて漫画のくせに現実的すぎるだろ。
  • へぼやま @heboya 2013-02-22 00:39:50
    ちょっと他と絡める話。「異質と感じる何かを恐れ、それを迫害しようとする心理、構造」という点を中心にすれは、また別の社会的な問題にもコミットするテーマで、例えば今だと、コレ。>朝鮮学校「無償化」除外問題Q&A 金明秀  http://webronza.asahi.com/synodos/2012051100001.html
  • うにら @riafeed 2013-02-22 00:57:53
    障害者は物語の中ではいい人じゃないと健常者が助けようという気をなくして困るからだろうなあ
  • kanitama7000 @kanitama7000 2013-02-22 01:24:53
    とりあえずヒロインをああいう可憐な美少女じゃなくてもっさいブスにすべきだったと思うんですよ。あの漫画ナイズされたビジュアルが空々しい嘘っぽさの元凶だと思います。
  • 紙魚 @silver_fishes 2013-02-22 01:40:35
    “んで、編集部が問題作だと感じたのは聾唖という障害とイジメをテーマにしたせいで誰かのトラウマを抉ることが確実だと思われたからじゃないかな?”それで法務部と弁護士交えて相談するかなあ。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-22 02:21:41
    picopicomen (ハンデ背負ってる障碍者のくせにこれっぽちも歪んでないだなんて)「癪に障るんだよ」みたいなことを言ってる人達は、いったいどんな善人だったら許すんでしょうねぇ・・・
  • 北大 輝 @honda_sado 2013-02-22 02:25:02
    身体障害者として迫害された者としては、理想論の空々しさを感じる。青年誌向け漫画なら違う結末でもいいんだろうけど少年誌向け漫画の限界というところか。ただ、この作品聾唖者の性別が男だったら恐らくここまで受けなかっただろうな…
  • 権力の狗 @daken3gou 2013-02-22 02:29:57
    silver_fishes 雑誌編集の経験が無いから説得力ないかもだけど、それが必要と判断すればやるでしょう。人権団体とモンスター障害者ってキチガイじみてておっかないもの。
  • へぼやま @heboya 2013-02-22 03:21:42
    「けなげで心のきれいな美少女という記号」は、実際物語の推進力としてものすごく強い。障害者とかいじめられているという設定でなくとも、不細工なヒロインで物語を成立させられる作家はそうはいないもんです。 新井英樹くらいですよ。『キーチ』のみさととか。>とりあえずヒロインをああいう可憐な美少女じゃなくてもっさいブスにすべきだったと思うん
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-22 03:22:53
    違和感…ねぇ。つまり、こんな筈があるわけが無いと言って何かしらケチをつけ批判するのは、作品で描かれた人物像への拒否反応、あるいは、物語に触れ向き合ったことで暴かれてしまった自分の姿への拒絶反応、ではないかと。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-22 03:23:06
    バッサリ言えば、歪まない芯の強さや、不器用でもぶつかっていくことを止めない前向きさ、に対する劣等感、見て見ぬフリや、人のせいにすることで、責任を逃れようとする情けない自分への劣等感、に対するイイワケ、ということ。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-22 03:25:54
    漫画だからこそのグッドエンドなんだから、こんな風になったらいいな、こんなこともおこるのかな(おきたらいいな)、でいいじゃんよ。なんて思う余裕も無いのかしら、と感じてしまったわけで。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-22 03:42:54
    (自分の経験に照らし合わせて物語や登場人物に共感できる/できないな、という「感想」に対してケチをつけているつもりは全くありませんので。そこはむしろスルーしていただかないと、あ、図星だったんかな、となります故ご注意ください。)
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013-02-22 05:04:37
    さて。この漫画の一番の問題点としては、これを読んだだけで、耳の聞こえない人を分かったつもりの自分に満足してしまう事なのではないか、と思った。(単に手話を習ってみよう、とか。)
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013-02-22 05:07:44
    実際には耳の聞こえない人、聞こえ難い人には、漫画では見えない悩み、トラウマ、苦しみ、そして現実に住むことの「楽しみ」さえある(普通に暮らしているんだから。)。
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013-02-22 05:10:04
    そこに踏み出し、実際のリアルな聾唖者と会話して欲しいな(手話でなくても筆談だって良いよ。)。 そこまで行って、はじめて、この漫画が意味を持つ。(自己満足では意味はあまりない。)
  • luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013-02-22 05:12:05
    漫画ではあまり彼女の内面の描写がないのは、作品が「知ろうとしてくれ」というメッセージを発していると受け取りました。私は。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-22 07:48:44
    なるほど、「自分の姿への拒絶反応を感じて苦しむ余裕がない人は認められない」てことなんですねえ。なるほど、あなたもお仲間のようだ。namihei_twit
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-22 07:55:03
    美少女、わかりやすい弱者設定(勧善懲悪)、少年の変化(=成長?)っていうのは”少年漫画”の記号として抑えている。つまり、これは聾唖やいじめがメインテーマではなく、それらを彩るための”飾り”と認識。メインでないものが一部トラウマをもつの人にのみ強烈に印象付けられ、その他大勢がトラウマを刺激されたとする人の気持ちを理解できないのであれば、それは社会全体としては平和な証拠なのかもしれないな。トラウマをもつ人は、その中で生き抜いて行くのみ。結論「いいマンガ」なのでしょう。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-22 08:11:38
    歪まない芯の強さ! 不器用でもぶつかっていくことを止めない前向きさ! マッチョすなあ(笑)それを現実解としてしまいかねない危うさと強要される息苦しさを野暮を承知で言ってると思うんや…
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-22 08:17:31
    nyamuresuka 私は違うぞ、だなんて思ってもないし言ってもいない。それを含めて自分であることを私は自覚していますし受け止めてますから、「~」てことなんですねえ、と言われても、何がどう、なるほど、なのか。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-22 08:21:23
    namihei_twit えっ感想だからスルーしていいんですよ?
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-22 08:22:53
    yambsa 歪まない芯の強さ! 不器用でもぶつかっていくことを止めない前向きさ! マッチョすなあ(笑)←おお、すげえ正しい少年漫画だ・・・なるほど、少年漫画なんだな。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-22 08:46:37
    少年漫画の登場人物に、敗北感を感じたっていいでしょうに。相手は、主人公属性、ヒロイン属性ですよ、つまり理想の塊です。敵わなくてたって当然です。認めちゃえばいいじゃないですか。それを踏まえて、減らず口を叩いて斜に構える自分が格好いいと思えば、そうすればいいし、素直に憧れてこうなりたいな、って思うのも勝手だし。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-22 09:47:01
    いやいや、「歪まない芯の強さ」←二次障害は深刻な現実問題です。「不器用でもぶつかっていくことを止めない前向きさ」←止めるも何も最後一回だけですやん。「見て見ぬフリや、人のせいにすることで、責任を逃れようとする」←実際誰も責任とってませんやん。言い訳、じゃなくて全部善人に背負わせて棚上げされてることに対しての違和感ですよ?
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-22 09:48:41
    所詮フィクションなんだから、理想をまんま受け入れて美談として消化しろ、という結論ありきでちゃんと読んでませんやんか…
  • やらかど@やらか堂 @yarakado 2013-02-22 10:14:34
    ファンタジーはファンタジーでかまわないしいいと思うけど、あのラストへ至るまでの演出や描写の積み重ねが納得できるレベルにいたってないからもにょもにょしてる人が多いのだと思。
  • 北大 輝 @honda_sado 2013-02-22 11:08:12
    namihei_twit 成る程、広報漫画だと見るから事実との乖離があるのであって『作者と編集部とその他その障害に関わっていない人とが求める理想像』としてなら納得出来ますね、偽善と欺瞞の結晶として。いきなり現れて悪代官とっちめてその後の施政方針おざなりにして旅立つ水戸黄門と同じフィクションと考えれば確かに納得。
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-22 11:33:40
    このまとめのタイトルでは「和解ではなく拒絶」ってなってるけど、ぎりぎり譲歩できるラインは「和解ではなく前向きに保留(不信感あるが反省も感じるので和解を検討する)」というあたりかなと勝手に思ってる。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-22 11:34:37
    実際誰も責任追及されないケースがほとんどでそれが事実で現実だからリアルなんですよ。ただ、トラブルとしてリアルなのにどこかで理想的美談とすり替わってしまう不思議。作者がミスディレクションしてるというより、影より光だけ見ていたい読者が多いんだろう
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-22 11:37:15
    編集者が「いじめと障害者を題材にした問題作」と吹聴して客寄せしときながら、たった1回の謝罪で問題が解決したかのようにみせかけるエンドにがっかりした人は多いと思うよ。問題作としていかにもリアルにみせといて最後の最後でファンタジーじゃ肩すかしもいいところってね。
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-22 11:40:05
    わざわざ問題作って宣伝しときながら「これは少年漫画なんです」という枠組みに押し込めなきゃ気が済まない人ってなんなのだろうか。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-22 11:47:30
    身障者に対する恒常的な加害が回復されず改善も対策もされないまま、泣き寝入って転校したあとも次の標的が生産されるというお話のどこに目指すべき理想を見出したのか、不思議。(漫画が悪いというわけではないですよ)社会的な回復は見込めないから、個人的に魂の救済をして強く生きてねという切ない話じゃないですか
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-22 11:58:30
    いじめ問題を解決する手法で、加害者が反省してもすぐに謝罪させないってのがあるのよね。謝罪することですっきりして反省を忘れてしまうからというのが主な理由。加害者と被害者の両方を経験した主人公だからといっても、被害者にとっては「たった1回の謝罪」なんですよ。この落差は大きすぎる。これで和解が成立なんてありえねー。
  • none @naminosadarou 2013-02-22 11:58:44
    『聲の形』最大の問題点は最後のページだ。なんだあれは。まるで将来ふたりが青春セックスする展望が見えてくるかのようなあの希望に満ちた光で照らされているカットは何だ。お互い頬染めてんじゃねーよ!
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-22 12:11:59
    あのエンディングをみて一般人は「あのカップルはきっと幸せになる」とか感じちゃうんだろうなぁ。福祉屋的には「あのカップルはDV夫婦が離縁と復縁を繰り返す事案のようにならないか」と心配します。わかってもらえるかな…。
  • ナイアル @nyal013 2013-02-22 12:25:19
    いじめられっ子が「元」いじめっ子に謝られたときに考えるのはさ。「ああ、この人は『謝って許される』ことで自分の良心を落着させたいんだなあ」とか「謝っても許さないとかいうと『こっちは謝ってるのに』って自分がまた悪者にされるんだろうなあ」とか「こいつ一人に謝られてもなあ」とか、そういうことで。「いいよ、許すよ」って言葉に込められてるのは「許し」じゃなくて「諦観」だよね。
  • ナイアル @nyal013 2013-02-22 12:27:29
    少年漫画として少年にとって「許された」物語でも、少女にとって「あきらめた」物語としちゃえばいいんじゃないの。何度も謝られたりするのもめんどくさいし。「僕も苦労したんですよ」とか言われたらグーで殴る。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-22 12:35:49
    主人公とヒロインはすれ違っていただけ。それまでは理解できていなかったことを気付き、考え方や行動が変わったことで、互いの関係も未来も(過去も)変わる、ってのは少年漫画という補正着色を差し引いても有ると思う。第一、イジメの根っこは、徒党にまぎれ安堵を得るために、除け者を作りだそうとする弱さや、見て見ぬフリをして事なかれを決め込み、変わること変えること波風が立つことを恐れる弱さの方にあるんじゃないのか。
  • ピコメン @picopicomen 2013-02-22 12:58:38
    あの終わり方が納得できないっていう人からしてみたら、子供の頃に他の子供に暴力をふるったことがあったり、イジメに荷担したことがあったら、それは永遠に許されず幸せになってはならないから罪を一生悔いて生きてなさいってことですかね。どんな形であっても手を取り合えたとしても、それはウソでしかない?
  • none @naminosadarou 2013-02-22 13:02:26
    「死のうが生きようがどうなろうと勝手だが、(被害者に)簡単に許してもらえると思うな」ではないですかね。私はお手軽過ぎると思いました。 picopicomen
  • ナイアル @nyal013 2013-02-22 13:11:52
    picopicomen いじめられたトラウマは一生ついて回ります。自分が「外の人間」「いじめられても仕方のない人間」「価値のない人間」ではないかという恐怖をずっと抱えることになるんです。それを「許してくれ」と言われてたやすく許せる人がいると思いますか?
  • ナイアル @nyal013 2013-02-22 13:20:05
    「だからお前も苦しめ死ね」と言ってしまえば、それは自分が「いじめる側の人間」になるというだけのことだし。その「許さなければ」「でも許せない」の間で引き裂かれそうになって、何とか折り合いをつけてるわけで。幸せ?なればいいんじゃないですか?人なんて誰しも小さな罪悪感は抱えて生きてるわけだし。その罪悪感を「謝罪」という形でこっちに押し付けるなっつってるだけで。
  • なが @k_watarase 2013-02-22 13:37:18
    きちんと司法の場で裁くべき 暴行、傷害、器物損壊、強盗、窃盗、監禁、恐喝 というそれぞれ罪状があるわけですし 罰されることで傷が癒えるわけではないが報いをうけるのは当然のこと 漫画は良質なものだったと思いました
  • Noodle. @Noodle1002 2013-02-22 13:47:21
    表では許すポーズを取らざるを得ないっていうのは、それもまた辛い話だよなぁ。
  • ナイアル @nyal013 2013-02-22 13:50:22
    少年漫画の文法としてはいいと思いますよ。「ハッピーエンド」の要請の中でその辺を延々描かれてもしんどいだけですし。「(大仰にぶち上げるほど)テーマとしてこなれていたのか?」という点に疑問は残りますが。
  • ポポイ @popoi 2013-02-22 13:51:44
    不快感を持つ人は、西宮さんと言う聾唖者にして差別被害者が、描かれざる所で如何な事を考えていたのか、推察してみるとよいのだな。感情任せに否定していないで。 #聲の形
  • ポポイ @popoi 2013-02-22 13:55:27
    不満は、作品の欠陥ではなく、受け手の欠陥故かも知れない。「 #おおかみこどもの雨と雪 」に対する #東城和実 の様に、なw #聲の形
  • 白眼 @tomohaiku 2013-02-22 14:23:55
    加害者が「同じ立場まで堕ちて初めて」彼女の気持ちが理解出来たとする時点で、障害を持つ主人公が「唯の虐められっ子」と同一視されているのでは。補聴器を使った描写は加害者に現実を突き付けるものなのに、次元の異なるマイノリティを一括りにし、小学生を都合良く無邪気に描き、典型的な大人を典型的に悪人として配置する。
  • 白眼 @tomohaiku 2013-02-22 14:24:05
    それではこの程度の「綺麗」な内容しか書けない。作者の技量は測り兼ねるが、抑々この題材で読み切りの形態はそぐわないだろう。かと言って、連載すれば正しく描けるとも思えない。それ程「唯の虐められっ子」では無く障害者を描くのは難しい、としか。
  • アナちゃん @sprGK 2013-02-22 14:29:14
    かつて、いじめられたことを口外さえできない人もいるんだけれどね。例えそれがどれだけアホな内容であったとしても、意気揚々と他人の感想をシバいてまわる「元・いじめられっ子」とは一体何だろうか。
  • トミロウ @tommy_kntm 2013-02-22 16:18:24
    漫画の文法を分かっていない人が大勢コメントしてて、そりゃー客観的に見たら、難癖つけたくなるなと。これ主人公(石田)の語りで始まっていて、彼の視点が中心。主人公の心の成長を描いた作品。んでリアルはこんなに綺麗事で終わるわけはないし、そうしないことができるのがフィクションの良さである。
  • Dolphin Wars @thedolphinwars 2013-02-22 16:30:11
    くらげさんをはじめ、補聴器を壊された人たちが納得できないのは当然だね。はるか古代のマンガで「愛と誠」というのがあったが、愛は単なる美人のお嬢様というだけの存在だった。個性を持たない作者に都合の良い「かわいい聴覚障害者」という存在に違和感を持つ人が多いのは当然だろう。編集部の盛り上げ方というより、「煽り」も疑問。
  • nekosencho @Neko_Sencho 2013-02-22 16:50:42
    すげえ簡単に言うとさ、いじめられてる人が悪くなければ悪くないほど、いじめってのが悪いことだってわかってもらいやすいわけよ。リアルさでは落ちるだろうけど主題ははっきりする。逆に言ってこれが悪い奴だったり、仕返ししまくりだったら、いじめじゃなく子供のケンカに思えちゃうよね?
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-22 17:23:47
    とすると、主人公視点じゃなくてヒロイン視点でもう一つ描いてくれたら補完されるんかな
  • SiON.k【音楽潜伏者拡散構成員】 @SiON_k 2013-02-22 17:26:22
    個人的には、硝子と主人公が互いの感情を爆発させ合うシーンの、硝子の顔が忘れられない。あの1コマのお蔭で、最後のシーンも割と素直に読めた気がする。
  • ピコメン @picopicomen 2013-02-22 17:47:10
    ガチの殴り合いをしてるシーンがあるのに、おとなしいヒロインって評価されてるのがよくわかんない。ヒロインが池に落とされたノートを拾わないっていう描写もあるのに感情が描かれていないっていうのも違う気がする。言葉を発していないからマンガの文法として表現してないと捉えられてる?
  • 北大 輝 @honda_sado 2013-02-22 17:48:59
    まぁ【よくある『鶏集団ストレステスト』のストレス源を障碍者に置き換えて考えてみたら】という作品なのは分かった。
  • 白眼 @tomohaiku 2013-02-22 17:55:17
    あ、編集部の宣伝コメントだけど。ヒロインの障害が幾つかのテーマの為のギミックに過ぎないとか、構造が単調だとかを理解しながら、作者の気概と少年漫画としての娯楽性の方を尊重して何とか読切に仕上がりました、みたいな苦労話だったら納得。
  • 白眼 @tomohaiku 2013-02-22 17:56:24
    でも実際は作中での障害者の扱いや、漫画に描くことそのものへの批判を危惧して、掲載を悩みましたって告白でしょ?その次元で不安を持つのは、編集部自ら内容に自信が無いんだと言ってるようなもん。
  • 遊藍 @ainiasobu 2013-02-22 19:02:27
    『聾の形』の主人公は別に天使として描かれているわけじゃないと思う。どうせ、そう描くはずっていう偏見が読みを歪めてないだろうか?少年が苛ついている先はなんなのか、周囲の思いややり方はどうなのか、少女の思いはどこにあるのか。 そもそも、聾の形ってタイトルは何を意味してるのだろう?
  • 遊藍 @ainiasobu 2013-02-22 19:02:30
    これって答えが出せない、場面場面でいろんな読みができる、そういう意味でいい作品だと思う。そういう意味で、少女の内面が表に書かれないっていうトコロが良さの大きな部分だと思う。少女に天使を見てる人は、この行動をそう解釈してるだけなんだよね
  • へぼやま @heboya 2013-02-22 20:07:14
    「聾唖やいじめがメインテーマとなっていない(のはよろしくない)」論は、「聾唖やいじめを扱うのであれば、それをメインテーマにしなければならない」という論に繋がる。けれどもそういう「べき論」は、表現の幅を狭め、「聾唖やいじめというモチーフを扱うこと自体の忌避」に繋がる。
  • へぼやま @heboya 2013-02-22 20:10:07
    日本の、漫画映画ドラマなどの一般的な娯楽メディアや表現の中で、「マイノリティを扱うことそれ自体が忌避されている現状」ってのは、僕はあんま良くないと思っている。例えば、アメリカのドラマ『glee』では、堂々たるミュージカルコメディながら、人種差別や障害者、同性愛、未婚の母などの社会的問題を話しに織り込んで成立させている。
  • へぼやま @heboya 2013-02-22 20:12:09
    それはつまり、「われわれの生活の一部」として、それらを扱っているということ。しかし日本では多くの場合、それらを扱うときは、「それらをメインテーマとした重苦しい話」か、「感動話」に仕立てないといけない、という風潮がある。言い換えれば、「われわれの生活の一部から切り離された、特別な枠内での話」としてしか扱えない。
  • へぼやま @heboya 2013-02-22 20:15:05
    『聲の形』の、この描き方ですら、「問題作」「衝撃作」として扱われなければならない、というのも、その表れだと思う。突き詰めれば、こういうテーマ、こういうモチーフを扱った話が、「問題作」「衝撃作」としてではなく、「当たり前に描かれる社会」にまで、まだ日本は至れて居ない、ということだと思う。
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-22 20:26:44
    heboya 【衝撃作】 週刊少年マガジン(12号)の特別読切「聲の形」(こえのかたち)は必読です。とにかく凄い作品です http://togetter.com/li/459336 ←このまとめで@betsumagaが発売前に煽ってなければどんだけ幸せだったろうなぁ。いろんな意味で。
  • へぼやま @heboya 2013-02-22 20:30:10
    koba_ani_ff14 とはいえ、そーゆー過剰な煽りをしないと耳目にとまりにくい現状、ってのもあるので、まあなんともにんとも、ではあります。編集部としては、現状これを載せる以上、「大反響という結果」を出さなければ、ますますこういうテーマをやりにくくなるというジレンマもあるのでは。
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-22 20:38:49
    heboya 正直、そこは煽り抜きで自信を持って出してほしかったなぁとも思ってます。この漫画、最後の1ページを除けば100点だと思うので。最後の1ページが玉虫色の解決(不信と希望が交錯し、解決しそうだけどまだ保留)ならば120点だったと思う。
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-22 20:42:41
    玉虫色の解決の一例:ヒロインは主人公の手を握り返そうと見せかけたが、手を払いのけいったん拒絶→しかし主人公の手に自分の携帯電話のメアドを書いた紙を握らせ、笑顔で逃げるように去って行った。
  • 白眼 @tomohaiku 2013-02-22 21:26:42
    heboya 確かに表現の幅は広い方が良いですが、障害者を記号として描くとインパクトがデカ過ぎて、視聴者への「問いかけ」の意味が薄れてしまうのが心配。そう意図してヒロインの思考を描写しなかったのだとしても、漫画という極端な表現が求められる媒体を上手く活用した、と言っていいものかと。
  • 大歓喜帝は三日三晩眠れない @FromShinsekai 2013-02-22 21:28:14
    それはそうですけど、それならわざわざ聾唖者にスポットを当てる必要があったのか?という突込みが必ず来るように思うのですが・・・>「聾唖やいじめがメインテーマとなっていない(のはよろしくない)」論
  • 大歓喜帝は三日三晩眠れない @FromShinsekai 2013-02-22 21:34:38
    heboya これは○浦さんなどでも突っ込まれていることではありますが、 @ryouhei4649さんもおっしゃっているようにいじめにあった当事者達からすれば「障害者を出汁に使った漫画」に見えてしまうでしょう。
  • へぼやま @heboya 2013-02-22 22:28:31
    FromShinsekai まさにそれこそが、日本の表現分野における閉塞感であり、そういったマイノリティを、「われわれの生活の外の問題」としている意識の現われかと。>それならわざわざ聾唖者にスポットを当てる必要があったのか?
  • 白眼 @tomohaiku 2013-02-22 22:44:40
    FromShinsekai そうですよね。この読切が加害者を主人公とする分には何の問題も無い訳で、テーマを導く手段として「虐めに代わって障害を扱う」理由が欲しい。現状では、作者と編集の難しい社会問題を扱ったという利己心が先行していて、読者に「考えさせる」にはやや単調だと感じます。第一虐めがメインテーマ?でないのはどの作品も同じでしょう。衝撃的で他の?テーマを有する漫画といえば、ビタミンを思い出します。http://amzn.to/Yr2Qtn
  • 白眼 @tomohaiku 2013-02-22 23:01:31
    heboya これは読切ですよね?マイノリティを「われわれの生活の一部の問題」として扱うには余りに尺が短すぎます。件のドラマ『glee』は存じ上げませんが、連載するにしても、特別で忌避すべき問題が日常に溶け込む様を追っていくのが「日本に合っている」と思います。閉塞感に慣らされた読者にとって、最初からアメリカの「進んだ」雰囲気の方が違和感があるでしょう。
  • ピコメン @picopicomen 2013-02-22 23:13:47
    「問題作」という言い方は煽ったようにもみえるでしょうが、「談社の法務部、弁護士、そして日本ろうあ協会さんに作品をお見せし、協議を重ね、お墨付きをいただきました」ということからも、事前に根回しをしているということを暗に表しているのかと。根回ししてあるから掲載作に対して「障害者差別だ」といった勘違いな意見を抑えているのかなと。こういう予防線を張っておかないと炎上する時代だというのはtogetterを観ている人ならわかると思いますw。それから障害者をマンガで扱っていいかの議論へと進めるわけで。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-22 23:16:58
    読んだ。予測していたとおり少年漫画で、予想以上にボーイミーツガール漫画になっていた。先にも書いたけど、これは「いじめ」「障害者」ってのはそのありきたりなボーイミーツガールを飾る素材に選ばれただけで、そこにはなんら”深い”意味はもっていない。ただ宣伝しまくった編集者にとってはそこが「刺激的」で「魅力的」に見えたというのは確かだと思う。
  • へぼやま @heboya 2013-02-22 23:17:29
    tomohaiku そういうことが、「この作品の是非」を論ずる基準となってしまうこと、を僕は言ってます。マイノリティや障害と言うモチーフを、「短編だからこういう描き方にすべきではない」とか、「日本的なやり方ではない」ということ自体が、この作品の是非以前の、「閉塞感」である、ということです。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-22 23:18:45
    編集部が弁護士や全日本ろうあ連盟とどういった議論を交わしていたのかわからないが、「差別って訴えられたりしませんかね?」が朱だったのではないかと思う。連盟からもらったという「お墨付き」て何に対してどんな糸のものだったのだろう。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-22 23:23:04
    これから先は完全な妄想だけど、これって作者の意図していたエンディングだったのだろうか。あまりに小学時代と5年後のくだりが乖離している気がした。商業ベースの作品は担当者と話し合って作り上げていく。デビュー前でも才能ありとなれば担当がついて一緒にデビューを目指したりもする。もしかして作者はもっと違うエンディングを用意していたけれど、「これじゃ載せられない、受け入れられない」いわれて少年誌が大好きボーイミーツガールに落とし込んだんじゃないかとかふと思ってしまった。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-22 23:25:18
    自分からするとこの「聲の形」って漫画は、編集者という存在を考えさせられる問題作だなーというところに落ち着いた。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-22 23:27:19
    nyamuresuka 誤字)朱だったのでは→主だったのでは どんな糸のもの→どんな意図のもの
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-23 00:19:13
    heboya ”「べき論」は、表現の幅を狭め、「聾唖やいじめというモチーフを扱うこと自体の忌避」に繋がる。”←これを一番やったのは、ほかならぬ編集部だと読んだ今は確信している。それを過剰しに過ぎたため、まるでいじめや聾唖をメインテーマにしているかのような広告になってしまったのが今回であり、それが問題であり、それだけが問題ともいえる。本当に前煽りがなければ、もしかしたらすんなりとマンガ業界になじんだ作品だったかもしれないのに、一体編集者とはなんなのか。
  • ぼんど@C92新刊委託中 @bonjindragon 2013-02-23 00:29:10
    AerospaceCadet 遅レス申し訳ありません。ここの書き込みを見る限り、決して現実離れしている話ではないようですね。そもそも監修つけて情報集めた上で綿密に構成しているはずなので、現実とあまりにもかけ離れた脚本は書けませんよね。「なんでろう学校なりなんなり通わないの?有り得なくね?」ということが言いたかったわけではないのですが、俺の書き込みはちょっと短絡的だったかもしれません。
  • 白眼 @tomohaiku 2013-02-23 00:44:04
    heboya ブログで通して貴方の意見を拝見しましたが、「無自覚な多数派」にメッセージを届くように意図して書かれたのが、その「閉塞感」なのでは?ご都合主義ハッピーエンドに仕立てたのは「いじめる側である『あなた』が、『歩み寄って、声を聞くこと』が大切だ」と気づかせるため。
  • A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2013-02-23 00:44:14
    bonjindragon http://togetter.com/li/459948 よろしければこれもどうぞ。経験者によるろう学校の内情のお話です。
  • 白眼 @tomohaiku 2013-02-23 00:45:19
    その前提として、大多数の潜在的な加害者に問題を認識させるために「閉塞感」を描くしかなかった、必要悪だったと貴方自身が仰ってる。それなのに「聾唖やいじめというモチーフを扱うこと自体の忌避」に繋がると、「差別を差別だと認知する初歩」を否定する意味が分かりません。
  • ぼんど@C92新刊委託中 @bonjindragon 2013-02-23 00:56:36
    kurage313 遅レス申し訳ありません。転校前はどうしていたのか気にはなりますね。今にして考えると脚本としてのそういった部分のデフォルメや、西宮の内面をあまり前面に押し出さない淡々としたキャラ描写により、感情移入を難しくさせる=読み手(健常者)との決定的な確執、言い方が悪いかもしれませんがやはり異質な存在である、というものを表現したかったのではと思います。そうなれば自然と読み手の感情は大多数が自分と同じである健常者のクラスメイトに向く。だからこそ、彼らの言動が深く心に刺さるのかもしれません。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-23 01:07:21
    bonjindragon 横ですみません。この作品は「監修つけて情報集めた上で綿密に構成している」ものなのですか?
  • ぼんど@C92新刊委託中 @bonjindragon 2013-02-23 01:14:07
    AerospaceCadet ありがとうございます。参考にさせて頂きます。
  • ぼんど@C92新刊委託中 @bonjindragon 2013-02-23 01:21:14
    nyamuresuka マガジン本誌カラーページ右下に「監修:全日本ろうあ連盟」と記載されています。またマガジン編集部(@betumaga)さんのツイートにも「協議を重ね、お墨付きをいただいた」という旨のツイートがあります。あくまで想像の域を出ないのですが、そういった事実があった、と考えてもおかしくはないと思います。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-23 01:54:36
    bonjindragon そこから推測されたのですね。ただ、以下のツイートを見るに制作そのものには、ほぼ関わっていないように思います。この場合の監修は最終確認といったところでしょうか。 https://twitter.com/betsumaga/status/304182006282084352 https://twitter.com/betsumaga/status/304185022645149697
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-23 01:57:08
    ↑二番目『最も手放しで絶賛してくれたのが全日本ろうあ連盟さんであることをお伝えしておきます。「何も変えないでいい。ありがとうございます」とおっしゃっていただきました。』これは読み落としたなあ。そんなに大喜びな理由とかを聞くのは野暮なんだろうな。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-23 02:36:53
    もひとつ、どうやら元になった作品はもっとページが多かった様子。もしかしたらそっちはもっと違う印象を持つかもしれない。ただ、本誌(?)連載開始への布石として掲載できなかった幻の作品を減ページしてまで描きおろし、無理に宣伝したやり方がよかったのか全然わからない。作家は悪くないとおもう、編集部が理解不能。ソロソロキエマス
  • へぼやま @heboya 2013-02-23 02:43:15
    tomohaiku あの、あなたが今言っているのは、「作中世界で描かれている閉塞感」って話ですね? 僕が言っているのは、「作品の中に、聾唖などのマイノリティを描くということそれ自体に対する、『日本社会の中にある』閉塞感」です。
  • 七七四未満六四以上 @zy773 2013-02-23 04:03:11
    これから読む。 上で書かれてるようにハッピーエンドが安易過ぎるって意見は良く分かるけど、 これ以上の水準を望むとマンガとして成立しなくなるのでは……? 少年マンガだし尚の事
  • tweet ☯️ meme @_Eugene___ 2013-02-23 08:24:37
    おっさんが読んでいる少年誌。小学校時代は少年マガジンで。きつい表現はヤンマガで。ろう者の登場人物をいろいろ出せばいい。手術で聞こえるようになってしまった人との葛藤とかも。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-23 09:55:27
    漫画を読んだ時よりも、漫画の反響を読んでいる時の方が夢中になっている自分が居るw。もっとたくさんの人がこの漫画を読んで、もっとたくさんの人がもにもょにょするべき。そしてもっとたくさんの人の感じ方、受け止め方をきいてみたい。
  • 維新兵庫助 @hyougo_ishin 2013-02-23 10:20:50
    何がそんなに気に食わないんだろね。主人公が犯罪者として、捕まれば良かったの?他の登場人物も捕まり、障害者を守るために監視カメラで逐次監視する社会になりましたとか?それで、ビクビクしながら障害者を優しく助けるようなフリをする薄っぺらい世界にしたら良いの?お互い殴りあうほど、感情をぶつけ合わないと人間は分かりあえないよ。それって、美談でも何でもなく現実だろ。
  • 維新兵庫助 @hyougo_ishin 2013-02-23 11:06:01
    理解がないところから、分かりあえる事はないという方が偏見じゃないのかね。理解してる人は、最初から理解があるという方が、現実的ではないと思うんだが。
  • へたれパンダ @kokoron10 2013-02-23 11:12:13
    漫画では現実に負けて心が歪んだ人間を書いても意味がないので僕は本作の展開を支持します。少年漫画誌では現実に負けないヒーローが求められるもんですしね。
  • 維新兵庫助 @hyougo_ishin 2013-02-23 11:15:13
    又は、分かりあえないという結末にしたら、何の問題提起にもならないじゃん。結論出てるじゃん。それで良いの? 分かりあえるはずがない。悪かったやつが改心する事が許せない。そういう意見にみえる。
  • 維新兵庫助 @hyougo_ishin 2013-02-23 11:24:14
    あー、なるほど。障害者側ってそういう事か。西宮さんが、一度グレて、そこから立ち直り和解する展開が欲しかったって事か。分からなくはないけど、作品で伝えたい事がブレる気がする。
  • 維新兵庫助 @hyougo_ishin 2013-02-23 11:31:52
    それに、西宮さんが良い奴すぎるってのは主人公自身が感じ、苛立ち、代弁してくれてるじゃん。主人公が、人間がそんなに我慢出来るはずがない。もっと感情だせ!っと言ってるじゃん。これで、西宮さんは感情をぶつけて発散する事を覚えたのでは?やはり、良く練られた作品だと思うんだが。
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-23 11:58:40
    いじめ問題ってね、「加害者を反省させる」のは簡単なの。ちょい難しいのは「反省を持続させる」「謝罪させる」こと。そして極めて困難なのは「暴力の恐怖を克服し和解する」こと。この物語のラストが非常に稀な美談とわかる人なら問題ないけど、和解が簡単と勘違いする輩が一定数出るのがちょっと困るのよ。
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-23 12:04:45
    手話シーンで主人公が友達になりたいと意思表示した後で、最後のページでヒロインが手を強く握り返すその間に、「暴力の恐怖を克服し和解する」ことが難しいという葛藤を1~2ページでも描写してれば、いじめ被害者も納得のハッピーエンドだったかもしれんね。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-23 13:21:03
    ヒロインが暴力に恐怖を感じている描写は(補聴器高額商品を取り上げられた際に青ざめてはいますけど)何処にも無かったように思います。「いじめられる要因を持ち、いじめの標的となること」と、「いじめ被害者になる(いじめられっ子になる)こと」には、何か他の要素が絡んでいるのではないんじゃなかろうか、と。
  • こばぁにっち(▼w▼) @koba_ani_ff14 2013-02-23 13:46:52
    漫画で描かれてる表層だけ読み取って深層を知った気になってる人がたくさんいるな。まとめ主さんの別のまとめ→ http://togetter.com/li/460669 を見ても、「この漫画には描かれてない関係のない話」と言って見て見ぬふりするんだろうねぇ。きっと。
  • ポポイ @popoi 2013-02-23 16:36:28
    深読みしてみる。西宮さんは、いじめ加害者全員の告発は行わなかった。後半、主人公を、或る意味、見殺しにした。彼を、底辺に叩き落す事を、積極的に望んだのでは? その結果が、あの終わり方。
  • ポポイ @popoi 2013-02-23 16:48:59
    西宮さんにとって、主人公以外のクラスメートや担任教師は、憎悪する価値すら無い存在であったのだ。 #差別 #漫画 #いじめ #障害者 #聲の形
  • たちがみ @tachigamiSama 2013-02-23 19:02:10
    「俺が何年も感じていた怒りや絶望その他諸々の想いを、たかが漫画を読んだくらいで理解した風なこといってんじゃねぇよ、くそが」ってことなら分かるような
  • 地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2013-02-23 19:07:23
    車椅子の悪役で何故かハゲのテレパスが脳裏に浮かんだけど、一応あいつ正義側だったわ
  • 大歓喜帝は三日三晩眠れない @FromShinsekai 2013-02-23 20:11:23
    tachigamiSama『「俺が何年も感じていた怒りや絶望その他諸々の想いを~』 実際にそういう様なツイートが見られたり、アフィリエイトブログや編集部が抽出してますからねえ・・・@nyamuresukaさんの言うとおり無理やりな宣伝の仕方をしている編集部さんのやり方は理解できませんね・・・
  • 佐倉美穂 @kedamono 2013-02-23 20:13:56
    やっと読んだ『聲の形』。作品としてはとても良く(悪く言えば小賢しく)まとまっている。これがトラウマ発動という人がいるといういじめの現実を知ることができたのが良かったかな。
  • 赤いよ @akaiyo 2013-02-24 05:59:14
    いじめが認識されると一番悪い人を決める議論がよくはじまる。しかし実際はAタイプのいじめをする人、Bタイプのいじめをする人、Cタイプのいじめをする人など複数の人がいる。そのような人たちは風向きが変わると一番悪い人に責任を全ておしつけ、その人に対するいじめを開始する。
  • 赤いよ @akaiyo 2013-02-24 05:59:55
    なぜならその人に嫌がらせをすればするほど正義の側に近づけるから。反撃されても「あの人にこんな酷いことされた」と言えば同情してもらえる楽勝モードだから。
  • 赤いよ @akaiyo 2013-02-24 06:00:15
    この漫画が聾唖の西宮ではなく、実は石田を軸にして動かしてるおかげで「一番悪い人」以外の「優しくいじめてくるタイプの人」の存在を世の中に知らせてる。大津の事件で同級生達が「なぜ止められなかったのかと悔やむ」なんて証言してるみたいだけどあの中にも島田や学級長たちがいるはず。
  • くらげ(暗黒面) @kurage313 2013-02-25 18:19:48
    今、南武線でこれのまとめをipadを読んでいる君!隣にいるのは俺の彼女だ!
  • biwa @kojirou24 2013-02-25 22:58:49
    この漫画は読むべきなんていう宣伝方法が読む側に余計な心構えをさせてしまった気がする
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-25 23:17:20
    https://twitter.com/betsumaga/status/305571925093142528 この作品、連載する可能性も十分あるみたいですね。
  • ベキベッキー @nyamuresuka 2013-02-25 23:24:29
    連載するならば再会した後ではないかとおもうけれど、それでようやく作者の本心と編集部の度量、読者の器もがわかるのかもしれないなあ。ジブンハヨマナイケド
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-26 06:32:45
    世の中には「許す」ことが意味を持たない人と人のこじれがある。それは「許せない」のでもないし「許さない」のでもない。許すことそのものが虚しい、許すことが意味を失う、そういうこじれがある。それは「和解」などいらない。「拒絶」こそが救いなんだ。言ってることがまるでわからない人は幸せだ。人間関係は「許すか許さないしかない」=「許される」と思ってるんだから
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-26 06:44:50
    heboya それはアメリカがキリスト教圏で、日本には日本社会の伝統的なモラルの形があるからだよ。日本社会は同質性をこそ重んじる。異質はそれだけで「罪」で隔離対象だ。そのような「罪人」が社会に溶けこむには善良が最低の要件なんだ。こういうことをいうと左翼がかった人間は日本社会の悪い点だ改めろというだろうが、一方でそういう同質性を重んじる社会であることで、僕らがはるかにより多くの恩恵を受けていることもまた事実。つまりそれは善悪や先進性の問題でなく、この国の社会の形、選択であるにすぎないよ
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-26 09:18:37
    同質性を重んじる日本の社会性には同意するが、それはあくまでも「自分の行動を選択する際に相手や周囲の考えも疎かにしない」ということであって、「自分と意見を違えていても相手を尊重できる」つまり「異質な物も受け入れられる」寛容さがそこには確かに存在しているはずなんだ。だから、異質なものを排除しようとするのは同質性を重んじているから、と結論付けてしまうのは短慮早計。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-26 09:18:45
    『異質であることを「罪」だと思い込まされる』のは、『異質なものを「悪」と呼ぶ』誰かが居るからに他ならない。理解できないものを恐れ、対処できないものから逃避する心が、それを異質なものとみなす。理解しようとしないからいつまでたってももそれは異質なものとして不安を掻き立てる。不安から逃れ、安堵を求めるために同意を求める。異質なものを攻撃するのはこういった、自分の不安を解消してくれる誰かを得続けるために、同じであることを強要する。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-26 09:36:17
    こういった、自分の不安を解消してくれる誰かを得続けるために、他人に自分と同じであることを強要する人間によるものである。理解を深めれば、自分にとって異質なものではなくなり、怯える必要も拒絶する必要も無ければ、むやみに攻撃する必要など何処にも無いわけで。同質性を強制することと同質性を尊重することは、重んじる意味が全く違う。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-26 11:09:21
    連載に臨んで、作品を汚す・汚さないなんて話が出ちゃうのか
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-26 11:49:54
    namihei_twit そもそもここでいう異質とは意見が違うなんてレベルの話ではないよ。日本社会が異質を受け入れる寛容さを示す最低要件が「善良さ」。あるいは友好的であること。これはマレビト論と通底する話だよ。恐怖や不安も含めて、異質なものは絶対的に異質と認識されるだけなんだよ
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-26 11:52:20
    日本人はそれが優良で有意と認めた時にしか異質な者を認めないし、認めたとしても同じ人の同胞として受け入れはしない。人ではないもの、あるいは神として受け入れるだけ。その異質性は理解によって乗り越えることなど絶対に出来ないんだよ。だって「違う」のは「決して消えない厳然たる事実」なんだから。その思想性こそが同質性を重んじてきた日本人のリアリズムなんだよ。同質性を尊重するっていうのはそういうことだ。強制など誰もしてない。ただリアリストなだけなんだよ
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-26 12:02:01
    namihei_twit もう一点いうと、同質性を求める日本社会はそのような異質な罪人を「むやみに攻撃」などしないよ。それは少数の話で、大勢はただ「違うという事実」に基いて「排外」するだけ。この排外をイコール攻撃とするのは、それこそ論理の飛躍だ。日本社会はただ「住み分けようとする」だけなんだ。つまり無視、無関心、無干渉。事なかれを望む。ただし、その「罪人」が秩序を乱した時に初めてコミュニティを上げて総攻撃するし、そこには一切の慈悲もない。だからこそ異端な罪人は善良に描かれるんだよ
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-26 12:19:20
    namihei_twit あなたのレスの何がズレてるかというと、日本「社会」の異質に対する反応を、個人レベルの不安や恐怖の次元にすり替え矮小化して捉えていることだよ。共同体、コミュニティという観点が抜け落ちてる。同質性を重んじるのはコミュニティの利益、ひいてはそこに属する個人の利益を踏まえた話。また、これを攻撃するのはそれはそれで日本社会特有の美点、利点を損なう話だ。最初にいったように、同質性を重んじることが多くの恩恵を我々にもたらしているのもまた事実なのだからね
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-26 14:37:32
    直接対話しなくてもネットで検索すればある程度の知識と情報が入手できるようになった今って素晴らしい。
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-26 16:18:16
    「理解が相違を乗り越えられる」という絶望的に誤った愚かな幻想がある限り苦痛はなくならないよ。違うものは断じて違う。「相違の事実」はそのままに全肯定すべきもの。できるのはせいぜい協調まで。それも互いにあるいはいずれかが苦痛を伴うものだ。仲間や同胞には決してなれない。我々はだから住み分けてきた。なぜ住み分けようとしないのかね。まさに求めているのは「拒絶」なんだよ。拒絶こそ平安なんだ
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-26 18:27:36
    少年漫画の文法じゃ障害もいじめも、等しく「試練」
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-27 10:23:55
    ephemerawww 拒絶こそ平安なんだ、というけれど、その拒絶が、人に苦痛を与えてはいないかい?そうやって人から受ける拒絶によって苦痛を与えられているんじゃないのかい?そんなものは、偽りの、かりそめの平穏にしか見えないけれど、そんなものが望みかい?そんな負の連鎖を甘んじて受けるのかい?
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-27 10:26:27
    誰もが等しく、他人にとって異質で違うものであり、誰もが自分と同じようにそれを認めることに怯え苦しみ叫んでいるのだとしたら?そこに同質性を見出せる程に、自分自身や周りを取り巻く人々を理解をすることで、相違を受け入れて(相違ごと飲み込んで)しまえば、同じ険しき道を進む仲間であり同胞と成り得るんだけどな。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-27 10:40:40
    拒絶を否定してるわけじゃない。通った道だから。ただ、拒絶し続けるのは辛く苦しいことだったし、何より自分を自分で苦しめてるんだよってこと、とか、そこはゴールじゃなくて通過点だよ、その急勾配を過ぎた先には穏やかな道があるよ、っていうのを、今はわかんなくてもいいから、知っていて欲しい、欲しかった。ということ。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-27 12:49:55
    @namihei_twit 持論を補強するための根拠の無い修辞が多すぎではないですかね。苦痛|偽り|かりそめ|負の連鎖etc。@ephemerawww 「相違の事実」はそのままに全肯定すべきもの←せめて受容ぐらいにしておいて欲しい
  • ざの人 @zairo21 2013-02-27 17:32:30
    転んだことのない人に 転んだ人の痛みはわからない の 一つの深い考察の形だと思ったまとめ ハッピーエンドが理想だけど、実際の多くのケースは酷い怨恨が残るというケース。
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-27 17:57:55
    namihei_twit いろいろ無駄な言葉を並べてるけど、どう読んでもあなたは単に、他人の存在に依存したいだけだわ。だから拒絶をポジティブに捉えられない。その利点を認められないんだよ。それにまた個人の話に引き戻してる。なぜ共同体の話ができないんだ? 個人でそれだけ葛藤するなら、まして共同体ではトラブルを生むということは安易に想像できるだろ。相違が克服できないのは現実なんだよ。いくら屁理屈を並べても無駄。空虚な理想論に染まり過ぎだろうよ
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-27 18:00:35
    yambsa 全肯定しないからトラブルが発生するのだとしか思えないんだけど。半端な希望は絶望よりたちが悪いものだよ
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-27 19:06:33
    疑問文の形をとった否定の連打、まさに同調圧力の言語翻訳を見ちゃうとそりゃ半端な希望はタチが悪いとあらためて思いますけどね。
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-27 21:11:05
    音楽会の採点、障害者だからと交渉することも出来たでしょう。でもそれはヒロインの「評価される権利」を奪うということです。トラブルを忌避することのみの対応は、ノーマライゼーションとは真逆の解決方法です。勿論現実解としてアリですが、
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-27 21:19:07
    事なかれ主義に陥る問題もあります。身体的に違っていても、同じく扱われる権利がある。だから受容と置き換えたいんですよ
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-28 01:07:04
    yambsa ご指摘は素直に受け止めさせていただきます。m(_ _)m せめて受容ぐらいに、には同意。 ephemerawww 確かに「拒絶」という言葉(単語)に過敏になっていた感はあったかもです。以後自重しますが、ご指摘のお礼と言っては何ですが、私から見れば、あなたの方こそ拒絶に固執し過ぎではありませんか?
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-28 01:23:30
    共同体の話ができないんじゃなく、していないからです。共同体を乱すのは大抵、自分を客観的に見ることのできない人、自分と他人の区別ができない人、相違を理解できていない人、です。共同体としてのルールを先に持ち出して個を殺すのは、個の集まりである共同体をも殺すことに繋がります。共同体に参加し共同体を形成できる個々について話しています。
  • なみへい @namihei_twit 2013-02-28 01:52:51
    個人が先か、共同体(集団)が先かは、言い争っても意味が無い(どちらも不可欠で、互いが互いの成熟を促す要素であり、片方だけでは成り立たない)ので、特にこだわるつもりはありません。ただ、矮小化だ、屁理屈だ、空虚な理想論だ、等と言われれば言われるほど、拒絶を正当化したいだけだろ、と言い返しもしたくなるわけで。
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-28 07:35:09
    namihei_twit つまりあなたの発言は社会の話をしている自分に絡んでくるべき発言じゃないわけで。ひとついうなら、共同体と個は相互依存関係です。そして共同体とは実態であると同時に概念です。共同体を乱すのは常に、そういう共同体に自分が依存して生きているという事実認識を持たない、そのような共同体のもたらす恩恵に対する感謝を持たない人間ですよ
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-28 07:48:43
    namihei_twit 拒絶に固執しているのではなく、すでに言ったように排外こそ日本社会の伝統的な異質への対処の姿勢であり、結果として、互いにとって平穏で賢明だという指摘です。相違を理解するということは、やはり相違は相違であるという現実を認識することでしかありえません。それを知ったところで、それは克服ではないんですよ
  • ephemera @ephemerawww 2013-02-28 08:01:58
    yambsa しかし、そういう協調の試みが軋轢を生むのも現実ですね。「互いにあるいはいずれかが苦痛を伴う」上に成り立っていることです。誰かがそれに責任を取るなら構いませんが、一般化して押し付けるべきこととは思いません
  • YAMBSA @yambsa 2013-02-28 13:02:01
    「互いにあるいはいずれかが苦痛を伴う」←責任は自分(当事者)が取るにきまってるじゃないですか。それを否定してしまうと障害者には実質的な自由が無いということになりますよ。@ephemerawww さんのご意見は個人の心の在り様としてアリだと思うし、処世の心構えとしては尊重します。
  • EUCO @aukoeuco 2013-04-14 22:52:12
    別冊少年マガジン版=オリジナル版『聲の形』のラストのほうがちゃんと謝罪シーンあるだけマシに思える良作です。週刊少年マガジン版=リメイク版は正直劣化を招いています。オリジナル版の存在を忘れないでください。
  • みなつ @minatsu7172 2013-12-08 14:02:09
    やっとコミックスを読んで、ここにたどり着きました。正直1巻まるまる虐めの話で当事者の方がトラウマ発動されないか不安になりましたが、一緒に読んだ友人は「少年漫画のお約束でしょ」と流していました。やはりトラウマ発動させてしまっていたのですね。お疲れ様です。労ってあげてください。私は主人公が恨みを抱えていて、再会後復讐及び障害者支援活動を企てるストーリーがいいと言ったのですが、どうやら掲載誌的にそうもいかないみたいですね。どうやら2巻以降あるみたいですので、注視していきたいと思います。
  • 言葉使い @tennteke 2016-07-25 22:26:44
    このマンガ「聲の形」、今はどんなふうに読まれているんだろう?
  • bluechildren @33e2LtLPp72mRCo 2017-05-11 04:25:34
    障害者を完全に馬鹿にしたクソ映画で観客動員数一位取れて良かったですね(^ω^)

カテゴリーからまとめを探す

最近人気のカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする