2013年2月22日

大野更紗さん主催、第三回「うちゅうじんの集い」

大野更紗さん主催の「うちゅうじんの集い -vol.3- 真冬の総展望、2013」を、まとめてみました。 中継ツイートは、大野さんのアカウント(@wsary)より、イベント会場にて河村さんが代理ツイート ※すみません、記録として勝手にまとめましたが、差支えがあればおっしゃってください(@yomunavi 中の人K 続きを読む
0
Saori Watanabe @wsary

つたない代打で申し訳ありませんでした。(河村) ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 21:00:59
Saori Watanabe @wsary

先ほど古屋さんが言及された報告はこちら→【プレスリリース】新レポート「世界自然エネルギー未来白書2013」を発表 | ISEP 環境エネルギー政策研究所 http://t.co/RLJSuKrf

2013-02-17 20:54:46
Saori Watanabe @wsary

大野:本当はもっと時間を一人ひとりにかけたいけれど、あえて十人であつまりました。来年は個々人がまたどういうものをもちよってくるか、その風景を見てみたいと思います。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:54:08
Saori Watanabe @wsary

大野:すこしばらつきはあるが、ほぼ同世代、自分たちの社会を自分たちで何とかするしかないという気持ちが日々強くなっています。来年まで無事であればまた、来年お会いしたい。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:53:36
Saori Watanabe @wsary

大野:古い言葉ですが、連帯という言葉がある。まったくやっていることが異なる10人ですが、とりあえずこの社会にクラッシュしていきたいという決意表明だったのではないか。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:52:30
Saori Watanabe @wsary

熊谷:一歩を踏み出す。言葉とか概念、がどんなに現実をゆがめていくか、人々の意識を制度づけていくかということが今日言いたかったこと。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:51:11
Saori Watanabe @wsary

荒木:同じだけど違う、違うけど同じという微妙な距離感を表す言葉が今の社会にはない。それをつくる仕事をしていきたい。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:50:57
Saori Watanabe @wsary

荒木:自分が黙ってしまう時、誰かも黙っているかもしれない。病名をつけるのは便利だが、人々の距離を生み出す。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:50:42
Saori Watanabe @wsary

荒井:言い方は難しいが、愚痴ぽっくなったり弱音を言うことは必要だと思う。同じようにつらい人がいるということで、連帯の可能性が生まれるかもしれない。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:47:23
Saori Watanabe @wsary

荒井:ことばを創る。都内の医療系ののアトリエに通っている。概して弱音を吐くのが苦手な人が多い気がする。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:45:46
Saori Watanabe @wsary

藍原:共振がつよくなればなるほど、それを分断するという動きもあるようだ。情報を伝える仕事をすることでみんなの希望がつながるようにしていけると思う。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:45:23
Saori Watanabe @wsary

藍原:災害地の支援者の支援の問題がある。自閉症や障害者の支援が問題になっている。行政の担当者が当事者や家族の話を聞きに行っても、その時間帯によって評価が分かれるということがある。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:43:00
Saori Watanabe @wsary

藍原:話を聞いているうちに、今まで何をしてきたのかと言われた。原稿を書いてきたというと、私の話を書いてくださいと言われた。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:42:36
Saori Watanabe @wsary

藍原:ますます共振する世界へ。シンクロニシシティの体験。とにかく人に会おう、被災地にいる人の話を聞こうと思った。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:42:19
Saori Watanabe @wsary

大野:社会は変わる。困っている量は一定(GDK)どういうセクターでもそれを支えている人が生まれてきているので、それを伝えていく年にしたい。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:41:14
Saori Watanabe @wsary

古屋:原発の方がリスクが高いというのが世界では当たり前の考え方。国レベルではなかなか大変だが地方レベルではいろいろ実現している。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:35:33
Saori Watanabe @wsary

佐藤:切り下げる余裕はもうないので福祉国家を考えるということだと思います。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:32:04
Saori Watanabe @wsary

古屋:時代遅れをアップデートする。まだ、ロハスなイメージがあるが、それは国際的には時代遅れです。自然エネルギーは技術の問題ではなく、何を希望するかの問題。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:30:17
Saori Watanabe @wsary

川村:社会的弱者に対する攻撃が激しくなっている。ブラック企業の場合、他に就職先がない若い人にとってはいじめとか虐待に近い、社会問題をお前が悪いと個人化している。それに抵抗していきたい。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:27:47
Saori Watanabe @wsary

柳本:持ち場でハッスル、大逆転、政権交代も影響を与えてきているが、それはしっかり考えていく必要がある。それとは別に、ひきこもり10年という人がいるので一緒に何とか床屋に行きたいと思っている ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:24:50
Saori Watanabe @wsary

赤木:大西さんも苦しいがもやいも苦しい。大西:毎年2000万赤字があります。大野:もやいが赤字というのは本当に大変な問題です。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:21:40
Saori Watanabe @wsary

大西:「生きぬきたい」わたし自身の生活が分からないというのは赤木さんと同じ。生活保護の切り下げもあるが、参院選もあるので、考えてゆきたい。 大野:支援者がこういう状態ですからね(笑) ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:19:42
Saori Watanabe @wsary

赤木:たいしたことは書かない。つだマガとかにはどうしても書けない。もっと別のことを考えています。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:17:55
Saori Watanabe @wsary

総展望・赤木:メルマガはじめます。あまりにも仕事がなかったり、リスクが大きい。国民どころか、俺の生活が第一。自分の暮らしがつらい人は他人のことを考えられない。いかに、自己防衛するか。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:16:54
Saori Watanabe @wsary

もうしばらくしたら再開します。 ( #uchujinnokai live at http://t.co/opEurB0g)

2013-02-17 20:14:42
残りを読む(63)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?