編集可能
2013年2月23日

やまもといちろう氏 @kirik と伊藤直也氏 @naoya_ito のチームビルディングについての対話

個人用まとめ。編集はご自由に。
0
Naoya Ito @naoya_ito

なんだ @kirik から反応されてたのか。 http://t.co/Qh4tNIWWvi / まあこういう感想になるのもわかるんだけど、これは見てる対象がちょっと違うでFAなんじゃないですかね。僕はスクラムとかアジャイルとかそういう文脈の話をしてるので・・・

2013-02-23 10:47:06
山本一郎(やまもといちろう@告知用) @kirik

うちもアジャイルの現場チーム RT @naoya_ito: なんだ @kirik から反応されてたのか。 http://t.co/TwkwM3qUdk / まあこういう感想になるのもわかるんだけど、これは見てる対象がちょっと違うでFAなんじゃないですかね。僕はスクラムとかアジャイ

2013-02-23 10:49:09
Naoya Ito @naoya_ito

@kirik アジャイルとかスクラムとかやってるなら、自分が言ってるようなことがその根本の哲学にあるって話になるんじゃないですか?

2013-02-23 10:49:52
山本一郎(やまもといちろう@告知用) @kirik

@naoya_ito もう少しその辺を詳しくお話いただけると。面倒くさいかもしれませんがw

2013-02-23 10:51:44
Naoya Ito @naoya_ito

@kirik スクラムには、上司とか指示とかに顔を向くではなく各メンバーがプロジェクトにコミットする、みたいな基本的な考え方が第一にあります。反復型でやる、カンバンで見える化するみたいな How To はその根底の考え方があった上での次の段階なんです。

2013-02-23 10:53:34
Naoya Ito @naoya_ito

@kirik で、そのときに、決してみんなが自由にやってれば仕事が完了するというわけではなくちゃんと役割分担はあるんですよ。最終的なプロダクトのレビュワーになるプロダクトオーナーとか、全体の進行管理をするスクラムマスターとか。

2013-02-23 10:54:48
Naoya Ito @naoya_ito

@kirik その辺の役割分担を何の気なしにやると、権限委譲のところでぼくがもった違和感みたいなチームの構造になりがちなのを防ぐために、先のアジャイル・スクラムの哲学みたいなものを先に全員にインストールしてからプロジェクトを始める・・・というのが基本だったりします。

2013-02-23 10:56:11
Naoya Ito @naoya_ito

@kirik 長くなりましたが、・・・というのが「哲学」のことw

2013-02-23 10:56:53
山本一郎(やまもといちろう@告知用) @kirik

@naoya_ito それを一歩進めて、そのプロジェクトにはだれが進出を決め、コストを負担しているのですか。成功したときのゲインや、失敗したときのロスのことも考えないと、下位構造の哲学だけ追求してもなかなか意味のある議論にならないと思います。

2013-02-23 10:59:20
山本一郎(やまもといちろう@告知用) @kirik

@naoya_ito はい、内容は改めてよく理解できました。ご説明いただきありがとうございます。

2013-02-23 11:00:08
Naoya Ito @naoya_ito

@kirik んー、まあそれはそうなんですけどね。だから見ている対象が違う、ということじゃなんじゃないかな。自分はその下位構造としてのプロジェクトをどううまく回すか、という点でのリーダーのあり方について論じたかったので

2013-02-23 11:00:43
Naoya Ito @naoya_ito

@kirik ちょっと論点ずれるんですけど、いちおう捕捉しとくと、スクラムの説明をしましたけど、僕自身は型に嵌ったアジャイルやスクラムをそのままやるのがベストだと思っているわけではないんです。その根底の考え方が大事だというだけで。

2013-02-23 11:03:04
山本一郎(やまもといちろう@告知用) @kirik

@naoya_ito 反論とかではなく、単純に質問なのですが、そのプロジェクトというのは誰がスタートさせる権限を有するのですか。一般的には、そのリソースを提供した人がマネジメントの権限を誰かに移譲し、その人が哲学に基づいておっしゃるチームを運営するものだと思うのですが。

2013-02-23 11:04:03
Naoya Ito @naoya_ito

@kirik スタートアップなら経営者、大企業なら部長とかでしょうね

2013-02-23 11:05:06
Naoya Ito @naoya_ito

@kirik 言いたいことはだいたいわかりますし、自分が青臭いことを言ってるのも理解はしてますw

2013-02-23 11:07:23
Naoya Ito @naoya_ito

現実的に考えると @kirik が言ってるようなことが論点になるのだろうけど、なんとかそうではない方法で会社を経営したりプロジェクトを回したりという新しい考え方ができないのかってことを追求するというのが自分のポジションですから。オープンソースとかgithub のあれとか。

2013-02-23 11:09:07
山本一郎(やまもといちろう@告知用) @kirik

@naoya_ito や、そういうところが貴殿の魅力だとも思うので、そこは全く構わないんですがねw 私も保守的すぎるところがありますし。

2013-02-23 11:09:29
Naoya Ito @naoya_ito

@kirik まあそうですね。みんながみんな自分みたいなことを言い出すとそれはそれでむちゃくちゃなので、見てる対象が違う面々で考え方が違うというのは別にそれでいいと思います。はい。

2013-02-23 11:10:40
Naoya Ito @naoya_ito

午前中からまじめな議論したので脳内物質を消費した。ごはん食べにいこう

2013-02-23 11:20:12

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?