議会制民主主義の徹底を妨げる日本の「富裕層贔屓」な選挙制度

2月23日、民青(日本民主青年同盟)主催の憲法学習会に参加し、現代日本の政治が表では民主主義を唱えながら実際は貧富の差が激しく、選挙も出来レースのような状態になっている原因を、自分なりに思うまま綴ってみました。完全な個人の見解なので罵詈雑言があれば通報します。
政治 独裁 選挙 寡占 供託金 9条 普通選挙法 政党助成金 憲法
0
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
1.民青主催の憲法学習会に出席。今の日本政府がなぜ右傾化しつつあるのかはある程度分かってるつもりでいたが、いざ学び直してみればさらに大きな問題点を知るに至った。外国と比べてみればそれが歴然とした。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
2.日本では、国政選挙に立候補する際、小選挙区で300万円比例区で600万円供託金なるものが必要となる。300万円は、概ね食うに困らない生活をしている方の年収相当である。すなわち、金持ちしか立候補させてもらえないということだ。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
3.では、外国はどうかと言えば、アメリカ、ドイツ、イタリア、フランスは一切供託金不要、タダ(無料)で立候補ができ、イギリスは有料でこそあるものの日本円にして11万円相当正社員の月給より安いくらいの額でよいのだ。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
4.国民主権議会制民主主義をうたう以上、選挙に立候補がタダなのは、いたって当たり前と思わないだろうか。逆に言えば日本の選挙制度では、貧乏人・低所得者は「世の中おかしすぎる。俺が変えてやる」と思っても政治家に立候補できない、金の前に泣き寝入りしかできないことになるのだ。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
5.政党助成金もそう、企業献金もそう、供託金とて例外でない。日本の政界には不当に等しい金が蔓延りまくっている。これらをなくすか削減するべく努めない限り、日本は「金持ち‐独裁的寡占政府」「財界・輸出大企業言いなり政府」の状況から脱却できやしない。 (了

コメント

小川靖浩 @olfey0506 2013年2月24日
供託金はかつて甘党やら日本愛酢党やらが政見放送を「自分の商売の広告」として悪用したことが原因で引き上げられた背景があるわけでね…。さらには本気で選挙を行うつもりなら供託金以上に選挙組織運営に金がかかるわけなんだけど(衆院選で1億だとか)、そもそも供託金を準備できない候補は泡沫にすらなれないんじゃないかという背景もあるけどね。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro 2013年4月22日
olfey0506 選挙組織運営ねえ…。けど裏を返せば、現行では供託金を払った上でさらに1億単位の選挙活動資金が要ることになりますよね。金で制限ではなく政見放送を広告宣伝に使うのをルール(公職選挙法)違反で取り締まる形にしてほしかったですね(+_+)
小川靖浩 @olfey0506 2013年4月22日
Tohkichiro ただ、屁理屈と公約はどこにでも付くといいまして、日本愛酢党の場合、酢をつかって日本国民を健康にさせる!という公約なもので取り締まると今度は「言論の自由」の侵害と騒ぎ立てる展開になりまして…
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro 2013年4月24日
olfey0506 そんな場合は、言わせときゃいいってもんだと私は思ってます。国民がそれなりに良識あれば、選挙を商売道具に使う「卑怯」な人には誰も投票する気を持たないと思います。気の狂った人がわけわからん事をほざいとる、と鼻であしらうのとちゃいますかね。
小川靖浩 @olfey0506 2013年4月24日
ただ、供託金のもうひとつの目的の「足きり」がまた意味を成す「本気でやる気もないのに一人選出に対して数十人出馬して票が細分化する」状況が発生すると「卑怯な人」がまた脅威になるわけで。どんな馬鹿にも一定数投票する同類が存在するわけですからねぇ
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro 2013年5月4日
olfey0506 「どんな馬鹿でも…」そこつつき出すと正直きりがない思いますよ。まあ、ヨーロッパやアメリカなど様々な国ではそういった事がないよう対策が練られてると思うので、そこから学ぶのも一つでしょう。
@kattenisiyagare 2013年7月3日
供託金が高い原因は日本の民度の低さに由来します。立候補を商売の道具としたために供託金の額が上げられたと意見がありますが、その背景には、そんな浅ましい立候補者を応援し、尚かつその商品を購入しようと動機づけられる有権者の民度の低さがあるのです。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro 2013年7月4日
kattenisiyagare いつごろから額が上がったのでしょうか? 戦後昭和中期の人々はまだ民度がそれなりにあった気がしますが…。今となっては「ミーハー選挙で出来レース」に至っている事実があるだけに、民度の低さを否定できませんが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする