編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

自分の連載作品の映画化直前に首をすげ替えられた話

興行収入57億円の映画「テルマエ・ロマエ」の原作料が100万円だったことが話題になっています(額の多寡については賛否両論あり). それに関連して漫画原作者の鍋島雅治氏が自分自身の経験談を語ります. 前半は原作料について. 後半は自分の連載作品が映画化直前に首をすげ替えられた話です. 鍋島氏曰く「弁護士は大事」 続きを読む
マンガ 原作料 映画 漫画 権利 おぐりんには頼むなよw 弁護士 クリエイター
151314view 70コメント
359
鍋島雅治 漫画研究所 @SANNDAIME29
お風呂漫画の映画化が100万で海猿が250万でって話しだけど、ボクの「築地魚河岸三代目」はその中間くらいだったかな。でも前もって契約書のプロとタイプとシナリオが送られてきて「こんでいいですか?」と事前にあったけどね。ちなみにドラマの「火災調査官紅連二郎」は一本、八万円。
鍋島雅治 漫画研究所 @SANNDAIME29
シナリオ改変を申し出る事が出来たのかどうかは分からないけどね。検事・鬼島平八郎もドンドンシナリオ送られてきたけどそのペースで撮影押してるから物理上、難しかったと思う。こちらは全放送が終わってからこれでって金額提示された。不満を行ってみたら版元分を少し削ってくれた。
さあにん@山本直人 @sarnin
@SANNDAIME29 「版元分」っていうのは実感でますね。出版社:作者ていう取り分は、映像系だと分けられてない場合がほとんどですから(出資してれば別ですが)
鍋島雅治 漫画研究所 @SANNDAIME29
@sarnin たいていの二次使用の場合は出版社もいくらか持っていきますよ。それが普通じゃないかなぁ?ボク、知りあいの映像Pに自分で営業してVシネ化したときも、版元さん「何もしてないのにすいませんね」ってプロデュース料を抜きましたよ。
さあにん@山本直人 @sarnin
@SANNDAIME29 あ、いや原作分が全部「版元料」みたいなかんじでまとめて支払われるというのが妙かなぁと。分ければいいと思うし、分けることでいろいろ明確になるんですけどねぇ。
さあにん@山本直人 @sarnin
@SANNDAIME29 最近はさらに「製作委員会」とか入るんで。そうすると原作を掲載していた編集部の売上にならないことも多々あるんですよね。実際は出版社の利益になっても、掲載雑誌の利益になってないこともあるので悲しいです。
さあにん@山本直人 @sarnin
@SANNDAIME29 プロデュース料というか…(C)に自分の名があるから…って感じじゃないですかねぇ。あの表記だけは、どうしても逃げられないですから。
鍋島雅治 漫画研究所 @SANNDAIME29
@sarnin そうですね、まとめて版元に支払われ、版元から作家にというのが通常のようです。昔は契約書などなくもともと幾ら支払われたのか 版元がいくら抜いて、
鍋島雅治 漫画研究所 @SANNDAIME29
@sarnin 幾ら支払われているか分からない事が多かったのですが、最近はプロトタイプの契約書が提示されそれぞれの金額配分も明示されている場合があるようです。
さあにん@山本直人 @sarnin
@SANNDAIME29 個人的にはその上に、「一定金額からは(儲かったら)作家の取り分が増える」という風にしてほしいんですけどね。日本はMGとかスライド式の契約が少ないので、作家さんが損をしているなぁと思うことはあります。
さあにん@山本直人 @sarnin
@SANNDAIME29 ただ、普通の個人に戻ると、鍋島先生の原作の金額とか脚本の話はちょっとショックですかね。鬼島は浜ちゃんというのもあり全部観ていましたし。魚河岸は今でも好きな作品です。
さあにん@山本直人 @sarnin
テルマエのお話に端を発して、原作料のギャラの話が出ているけれど、取材代金とか含めて昔から変わらないなぁ…と思う。ニュース番組に取材されて、1時間くらい撮影された挙句「…と言ってください」と言われて意地でも言わなかった。でも取材料は「0」
さあにん@山本直人 @sarnin
いろいろな出版社の収入を、全部掲載雑誌に戻ってきていると思われているかもだけど、実際には映像化の収入やグッズ化の収入は編集部の売上にならないです。大手はそういう担当部署があるので、そこの収入になるはず。
さあにん@山本直人 @sarnin
なので2次産物が多い本でも、ぜんぜん担当周辺は儲かってなかったりはよくあります。結局、部署内の物の売上だけで評価されるんですよね。
さあにん@山本直人 @sarnin
なので「映像化した!」→「増刷!」→「返本!」っていう流れは、編集者にとっては最悪。映画の評判が良くても、グッズが売れても、返本の山にはかなわないんですよ。
さあにん@山本直人 @sarnin
それは組織の問題なんだけど…。そういうこともあります。
鍋島雅治 漫画研究所 @SANNDAIME29
Vシネマは前もってシナリオなし、いつ発売されるのか分からない、いくらかわからないまま何となくギャラが払われるという事が多い。前もってシナリオくれるとこもあるけどね。映像化はおまかせで、こちらの希望や要求をした事はない、鬼島の時は作品への思い。主人公の思いだけ聞いてもらった。
鍋島雅治 漫画研究所 @SANNDAIME29
@shuhosato 今度また、Vシネマの話があるからやってみようかしら。でも何時のまにか知らないうちにできちゃってる場合も多いんだよなぁ。まぁそのさいも契約書はあるだろうからその時にすればいいのか。
鍋島雅治 漫画研究所 @SANNDAIME29
本来、版元と原作者(漫画家)は、版元が作家に変わって二次使用について、版元が営業してくれて管理してくれて交渉してくれて高く売ってくれるプロデュース&マネジメントをしてくれる事になってるし法務部も顧問弁護士もいるんだろうになぁ。なんで外部弁護士に頼むのと桁違いになるんだろう。不思議
鍋島雅治 漫画研究所 @SANNDAIME29
編集さんに、あんんまし安いからもう少し高く売って。っていったら「言うだけ云ってみますけど、もう内容が本編とだいぶ違ってオリジナルに近いから言いにくいですねぇ」と言われたことと「言ってもダメだと思うから版元の取り分減らして作家さんに回しますからこれで勘弁して下さい」と言われた。
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
今時の弁護士は全然敷居が高くないので、漫画家の皆さんは弁護士にもっと相談したらよいと思います。RT @shuhosato: きっと作家さんはお金の交渉とかは苦手な方が多いと思うのだけど、だったら弁護士さんに交渉を依頼するか、弁護士さんに依頼するのが敷居が高いのなら、行政書士さん
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
単純に、漫画家の側が、テレビ局や映画会社と交渉する弁護士を用意していないのが問題だと思うんですよ。RT @tyokorata: 向こう側の作り手に、漫画や小説の書き手がまるでいないのがミソ
残りを読む(51)

コメント

@izanamu 2013-02-25 21:38:39
この話の教訓は結局、「黙って我慢していても何も良い事はない」だ。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-25 22:03:49
.@SANNDAIME29 「自ら会社の名刺の他に「築地魚河岸三代目プロデューサー」って名刺を作って配ってました」名前の部分伏せてでいいんで、その名刺の証拠画像見せてください。「自分の連載作品の映画化直前に首をすげ替えられた話」
コーチン @suirei_san 2013-02-25 22:34:57
つまり小学館(笑)さんと関わる時は弁護士を立てればいいんですねわかります。 というか小学館周りはアレな話多いですねw
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013-02-25 23:28:32
小学館はこと、マンガに関しては糞な話は昔からある。そもそもサンデーコミックスというシリーズが秋田書店から……
内海まりおUTUMI Mario @mariouji 2013-02-25 23:38:03
「電子出版を個人でやると、訴えられたりしたときに困るから編集者は必要だよ」って話をよく聞きますが。この話を聞いて「やっぱり個人でやるしかないの?」って感じで不思議??
言葉使い @tennteke 2013-02-25 23:46:57
@sarnin あー、ビートたけし氏も「元気が出るテレビ」の各コーナーが盛り上がっても、書籍化とかは出版部が持っていっちゃって、番組に還元されないってぼやいてました。
言葉使い @tennteke 2013-02-25 23:48:45
ボビーオロゴンが「からくりテレビ」に出なくなる前、セイン・カミュが「ほら、こんなTシャツ出してくれたよ~、ありがたいね~」ってボビーの顔がプリントされたTシャツを出したとき、「俺、何にも聞いてないぞ!」。セインが「そんなこと言わないの!」。でもカットされずに放映されたけど。
kawonasi @kawonasi4989 2013-02-25 23:49:28
小学館というと「某大人気グルメ漫画の原作者」が横車を押して某傭兵漫画の増刷が出来ないとかいう話がありましたね。傭兵漫画の原作者の人がグルメ漫画の原作者とオトモダチでその辺gdgdしてるとかなんとかで。
言葉使い @tennteke 2013-02-25 23:50:28
マンガじゃないけど、誰か森雅裕さんのことも心配してあげて。
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 2013-02-26 00:00:06
雷句誠の件といい、小学館には良い印象が無いなあ・・・。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-26 00:51:19
.@SANNDAIME29 さんからメンションでの回答、「@ontheroadx うーん、ボクもう知りあいだったんで「配ってるなぁ」っって感じでボクの手元には残ってないと思います。でも配って貰ってると子は確かに見ましたよう、どうして必要なのですか?」もう少し参考情報が欲しいです。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-26 02:05:45
「築地魚河岸三代目プロデューサー」と公式に出ているのは深澤宏氏・矢島孝氏だけなので、もし小学館の社員がそういう名刺を作って配ってたとすれば業務違反のおそれがあるし、「節があります」と伝聞情報を回すのは犯罪ではないですが迷惑行為のおそれがあります。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-26 02:07:35
「小学館 築地魚河岸三代目製作委員会」という肩書きの名刺なら、業務で作ることも考えられます。
西大立目 @relark 2013-02-26 02:10:29
「クリエイターたるもの黙って創作に邁進し、金の事なんて話すな」なんてやってたら中間搾取される一方ですなぁ
はやまさんじゅうろう @totoronoki 2013-02-26 03:42:35
要は「お金を出してリスクをとっている人間が一番強い」という考え方なのだろう。売れなかった場合、出資者は大打撃だけど、作者が困ることはない。こういった仕組みのビジネスは結構あるよね。
はやまさんじゅうろう @totoronoki 2013-02-26 04:02:08
増刷するとかえって赤字になる、とは言うけど出版のビジネスモデルの問題なので映画に文句言っても仕方がない。いまは電子書籍があるんだし、それをうまく売る工夫をしないと。
伊勢壮士 @IseesFor 2013-02-26 05:40:43
こういう問題って本当に小学館が大多数だよね。他も揉めてるんだけど他の出版社の場合はここまで酷く言われることがないってことはきちんとした人が間にいるのかな。小学館は本当に体質から変えて行かないとダメだと思う。
こぱやじたけじ @toranosuke_ko 2013-02-26 05:57:43
一番迷惑なのは、何も知らされずに作風も画風も変えられてしまって困惑してた読者だと言いたい。ヾ(*`Д´*)ノ"
Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2013-02-26 06:58:09
kawonasi4989 傭兵ではなくて保険調査員(探偵)ですね
T @FUNDOSHIMASK 2013-02-26 07:20:45
小学館の漫画関係スキャンダルは本当にお約束だなあ……。これって時系列的に雷句誠先生が訴訟したのとほぼ同時期だよね。
アザラシ@デグーのこてつ @AzaraSeals 2013-02-26 08:32:24
~/  ´ーω)y-~~<またS学館か…ま、馬鹿で無知な弁護士に頼むのだけは止めた方が良いよ?例えばつぶやきにウヨウヨ近づいてくる「お」がつく奴とかw
ナイアル @nyal013 2013-02-26 08:37:10
mariouji そこでいう「編集者」は欧米型の出版エージェントで、この話の「弁護士さん」のお仕事を引き受けてくれる人です
Taro Murakami @light_trip 2013-02-26 08:45:01
日本映画は才能ある漫画家が原作有る無し関係なく直接映画の脚本書けばもう少しマシな映画が作れるようになるんじゃないのか?もしくは4人体制にして漫画家の発想を脚本家が映画用に編集し直すとか。
kumonopanya @kumonopanya 2013-02-26 09:13:12
クールジャパンとか夢のまた夢だな、TPPとか入れば逆に権利関係が統一されるから逆にこのような弱者の人たちが有利になるのかな?
kumonopanya @kumonopanya 2013-02-26 09:13:18
弱者というのは違うな、著作権を死後50年も守ってもらえるのだから、普通物を売ったら買った人の自由にできるのに。権利を主張するのなら払った金の使い道にこちらがあれこれ口を出してもいいてことかな?
nekosencho @Neko_Sencho 2013-02-26 09:15:06
途中から原作者とか作画の人とか変わっちゃったマンガって、たいてい残念なんだよね。元のに思い入れがあるから元と同等の水準では超ガッカリなんだ。「死んじゃった」「廃業した」ならしょうがないとして、それ以外では変えないでほしいな
しゃんはい@天空騎士団 @fka_shanghai 2013-02-26 10:55:11
で、その担当編集の末路はどうなったのかが一番気になるところなんだけど
椎名ひろ @shiina16 2013-02-26 11:21:09
どう見ても担当編集が悪の根源だなw
椎名ひろ @shiina16 2013-02-26 11:23:28
小学館が映画に乗り気で話を進めていて、担当編集がその利益を吸おうとしたけど、編集を飛ばして話し合った結果いい方へ進んだと。・・・これで合ってる?w
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2013-02-26 11:40:17
赤松先生がTPPに関して危惧されている事は、恐らくこーゆー部分と繋がってるのかも知れんと思ったり。
伊坂一馬 @Ithaca_Chasma 2013-02-26 12:05:01
この件に関して言えば、赤松氏が危惧しているのはTPPじゃなくて、出版社が「著作隣接権」を欲している方の件じゃなかろうか。
渡辺麻実 @mamiwt 2013-02-26 12:07:54
@SANNDAIME29 さんの貴重な体験談。これからは作家が弁護士に頼んで「頑張った担当編集にも(→職務著作だろうから出版社にも)著作権あります」(共同著作物)と書面化してあげるなど、対等に付き合う時代になるだろうし、そうなってほしいです。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-26 12:24:56
築地魚河岸三代目って、成功報酬ではなく失敗賠償が求められるレベルの成績だったような。ヒットすれば原作のせい、コケれば製作者のせい、ってことはないよね?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-26 12:28:22
原作者がリスクとリターン狙うなら、製作委員会に出資するとか、どうなんでしょうね。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-26 12:30:43
shiina16 間違ってます。「…という話をする人がいる」ですね。
さゆり猫 @sayuuurixxx 2013-02-26 13:27:20
農林水産省のホームページより。編集者この人?→「築地魚河岸三代目」企画・プロデュース 御木基宏さんに聞く 当世ニッポンのおさかな事情 http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/0708/spe1_02.html
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2013-02-26 13:38:43
.Ithaca_Chasma ツッコミノの通りです。勘違い申し訳ない。
furukawaKeee_go @Keee_go 2013-02-26 13:48:52
「お世話になりました。」っていうのが皮肉に聞こえるくらい酷い話しだなぁ。
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2013-02-26 14:10:59
結局、信頼関係だけでやってると酷いことになったときに裏切られたほうだけが大ダメージ受けるって事ダヨねぇ……大抵立場が低いほうが裏切られるからどうしようもない……。やっぱり、契約って大事だよってユダヤ人が言ってました! 
くれと守矢と蒼沼と @ichiroukure 2013-02-26 16:09:18
契約もしていないドが付く程の新人に「よそに行ったら干すよ…。」と言ったのは、後にも先にも小学館の編集だけでした(笑)。
kawonasi @kawonasi4989 2013-02-26 18:11:46
ヒットすれば原作のせい、コケれば製作者のせい ontheroadx 原作が売れてたのに映画が奮わなかったのであれば製作者の責任でしょう。
kawonasi @kawonasi4989 2013-02-26 18:12:36
Anonymous_jp_ これは失敬!パイナップルではなくてドナウ川のほうでしたか、すいません。
GEN @gent9310p 2013-02-26 18:29:24
kumonopanya 漫画として売っているのは著作物の複製品ですし、ここでの話で言えば著作物を一定範囲内で利用する権利なんで、普通物を買ったらとか比較されても困ります。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-26 20:05:41
kawonasi4989 じゃあノーリスクの人にはノーリターンで問題ないんじゃないですかね?
トレーヌ睦月 @Tmutsuki1 2013-02-26 20:07:14
須賀原洋行はこういうネタになるとまず脊髄反射的に出版社側、編集者側の弁護を熱心に行う。気に食わない論者にはいつまでも粘着する。漫画家になってなかったら立派な社畜になったことであろう。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-26 20:11:17
原作者の人、名刺に関しては「@ontheroadx うーん、一応話している統べては本当の事のつもりです。記憶違いがなければ。当時の飲食店「千秋」の付近や映画関係者、役者さんやキャバクラ嬢などでもらった人もいるんじゃないかしら。主に銀座か六本木。」だそうです。
kawonasi @kawonasi4989 2013-02-26 20:18:13
ontheroadx つまり、無料で原作を提供しろと?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-26 20:22:53
kawonasi4989 映画作ってる人で成功報酬の仕事してる人、製作委員会のメンバー以外にいるの?
neologcutter @neologcut_er 2013-02-26 20:33:53
だからマスコミも前の自民党政権の時に「公営マンガ喫茶ガー」とか変な反対しなけりゃよかったんでないの?だいたいTPPは民主党もノリ気だったんだけどなあ?
へぼやま @heboya 2013-02-26 21:07:23
他でも描いたけど、基本的に作家と編集者の関係性では、ごくごく一部を除いて作家の立場は果てしなく弱い。「弁護士を立てろ、契約書を作れ、それをやらない作家が悪い」と言う人は、そこをかなり甘く見ている。須賀原先生のツイートは純然たる事実で、別に用語でも何でもないですよ。
へぼやま @heboya 2013-02-26 21:15:42
例えば労働者なら、実情は別として、「不当解雇」に異議申し立てをすることも出来る。けど漫画に、「不当打ち切り」なんてのは無い。「人気が無いから、契約を切ります」で終わるし、その後そこの編集部と関係が切れれば(干されれば)、又いちから別の出版社と関係を作らなければ仕事に繋がらない。
へぼやま @heboya 2013-02-26 21:17:25
勿論、「だから黙ってろ」って話しじゃ無くて、多くの人がうっすら思っている以上に、出版社と作家の関係において、作家の立場は弱いし、リスクをたくさん負っている、という話。
kawonasi @kawonasi4989 2013-02-26 23:58:24
成功報酬ontheroadx 言ってる意味が判らない。漫画原作者は原作を描く時点で売れないかもしれないリスクを負ってて、それを克服してる。漫画を原作にする映画の場合、すでに売れている原作があるのだから、それで失敗したとしても漫画原作の責任じゃないと判断できる。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-27 00:04:50
kawonasi4989 じゃ、映画の儲けの割合に応じて、お金のもらえるような人。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-27 00:19:13
kawonasi4989 「テルマエ・ロマエ」の監督、あの映画のヒットで大儲けしてる?
kawonasi @kawonasi4989 2013-02-27 00:50:24
監督って誰だっけ?成功報酬制にしてるかどうかは監督の契約形態であって「原作が売れてたのに映画が奮わなかったのであれば製作者の責任でしょう」とは無関係では?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013-02-27 01:00:20
要するに、ヒットするかしないかは製作者のせいですよね? 原作者に原作使用料以上のリスク・リターン必要? 口を出す権利はあるとは思いますが。
リオ @rio4649 2013-02-27 01:12:12
コメント欄でも既に言われてるが、こういう話が起こるのは大抵小学館という印象。第二の雷句誠は、何人いるんでしょうね。。。
うてん。 @uten00 2013-02-27 01:34:23
小学館の暴走といえば雷句誠先生の件も思い出されますね。生原稿の扱いの悪さや作家の了解も取らないグッズ展開や担当編集が毎回ひどいのあてられるのとか新人の安すぎる原稿料とか結局裁判沙汰にしなければ知られることすらなかった。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2013-02-27 01:36:25
ontheroadx なんか話の焦点を見誤ってる感がありますね。築地魚河岸三代目の映画については、直前に原作をメール一本で降ろされて説明を受けてないということを問題にしているのであって、こっちは映画の原作料などについては特に問題にしていないと思います。
@izanamu 2013-02-27 02:10:09
突然、タンクトップの別人を連れて来て「今日から彼が加勢大周だ。ヨロシク!」という茶番に何の疑問も感じない人のみ、彼に石を投げなさい。
od @odododod 2013-02-27 22:10:31
築地魚河岸三代目、だしぬけに原作者が変わったと思ってたけど。こういうこと……
きゃっつ(Kats)⊿1/6乃木坂大阪個別 @grayengineer 2013-02-28 23:02:02
小倉さんの話から須賀原先生の話に移るところで何となくニマニマしてしまう
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013-03-02 14:25:29
ここにも書いておこうか。 ひとまず、弁護士の相談料は数千円なので、気になったら相談するのがよいと思う。 無料相談は、弁護士側の負荷もあるので、なおざりになりがちだし、お勧めしない。
松尾義之 @digitkappa 2013-03-02 21:36:10
リスクを取らなきゃリターン受け取る資格なしというならば、アイデア盗用されて製品化されたとしても収入にはならんということなのかなぁ? あ、それで特許か。なんかなぎら健壱のおよげたいやきくんの著作権料の話思い出した。今回の問題はそれを第3者である出版社が著作者本人との同意なしに契約したことかな。著作隣接権の話といい、出版界の契約に対する考え方はホントゆるいな。
森野熊蔵 @kumakumakuma201 2013-03-02 23:31:01
著作権関連に強い弁護士さんの数は少ないし、一流どころは高いよ。相談だけで、1時間ン万円レベル。実際に契約書を作ってもらったり訴訟をお願いするとなると、相当でしょうね。
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2013-03-03 10:41:17
heboya でも、そんな状況に対して杭打つ形で弁護士を頼る作家が居てもいいかな~とは思います。皆で弁護したよれば怖くない、的な感じで。作家自身は創作活動で手一杯ですし、法的な力関係を強化する意味でもね。ま~、弁護士達側の協力も不可欠な話ですけど。
あるぺ☆@1日目(土)東G55a @alpe_terashima 2013-03-03 19:36:28
どうでもいいが、こんな話題に自民党やら民主党やら持ち出す輩は、一度心療内科に行った方がいいと思うぞ。
まつもと @matumoto69 2013-03-04 14:33:26
弁護士立てて対抗したうえで表面上は遺恨を残さず和解できたとしても、大企業ならSOHOに対して有象無象のエゲツない嫌がらせがいくらでも出来るわけで、交渉の前に確保すべき担保があるよなー。金玉握られながらケンカはできないよね。
偽和尚@真言宗 @niseoshou 2015-10-12 03:53:31
ほんと小学館のマンガ編集ってロクな話が無いな。なんなんだろ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする