地域に眠る人財力を発掘し活かす、「学びの場」をどうつくる?〜コミュニティ×アクション×ラーニングを語ろう

「縁パブ〜お題からはじまる対話の場」の中継まとめです。今回は、2013/2/22に根津スタジオで開催した、「地域に眠る力を活かす”学び”とは〜コミュニティ×アクション×ラーニングを語ろう」のテーマでの対話の様子です。対話は、「活動の担い手は生まれているが、まだ自然発生的で、ごく一部の人に留まっている」から、「思いのある人が立ち上がり、活動を安定的に継続的に運営しやすくできる仕組みが必要」「参加者、消費者から主催者、作り手に回る経験が必要。その機会をどうつくる?」などへ発展しました。
経済 場づくり ファシリテーション 社会教育 ワークショップ 公民館 学び 対話 コミュニティ
0
株式会社エンパブリック @Empublic
きょうは縁パブ!「地域に眠る力を、もっと活かすための「学び」とは?~ コミュニティ × アクション × ラーニングを語ろう」がはじまりました。21:30までどうぞお付き合いください。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】実際にやってみる、アクションすることが一番の学びである、とエンパブリックの学習支援などで感じています。コミュニティや地域づくりにおいて、地域の人が自分でやってみる体験を通して学び、さらにその学びから次のアクションを起こしています。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】市民が本当の意味で「参加する学びの場を地域につくるにはどうすればいいのでしょうか。きょうは、様々な地域で取り組みをされている方から、ご紹介いただきながら、課題や解決へのアイディアなどを考えていきます。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】公民館の方から実践事例のご紹介です。先生が講座をして教え、生徒は聞くという座学だけではなく、もっと参加者が学んだことを活かす場があればいいのではと考え、昨年からワークショップ型の講座を実施。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】受講生自身が地域課題を発掘し、解決のためのワークショップを開催。初めはとまどっていた受講生も、実際に地域活動をしている現場に出向き、そこで活動する人にインタビューをする中で、地域資源の存在に気づきました。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】参加者はシニア世代でしたが、自分たちができるという自信と仲間とつくる喜びを感じ、どんどん元気に活動していく様子が印象的でした。(こちらの講座のカリキュラムづくりと講師をエンパブリックがお手伝いさせていただきました)
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】イベントを開催するときに失敗する体験から学ぶことも必要だが、やはり達成感をもってもらいたい。そのためにバックアップの学習支援は一生懸命行っている。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】参加者から自己紹介と取り組みをご紹介いただきます。市役所で民間(企業、NPO等)から共創の提案を受け付ける公民連携の窓口/看護師。社会人サークルを主宰。社会教育主事・学芸員の資格を活かして地域で活動したい/
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】区の高齢福祉担当者。ミドル・シニア世代にセカンドステージで社会参加しどう地域で活躍してもらうかがテーマ。エンパブリックとはミドル・シニア向け講座でコラボ。/
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】大学生。起業やコミュニティビジネスやコミュニティデザインを学ぶ。地元では、4世代で暮らしていたが、東京で独り暮らしをしていて寂しい。つながりがほしい。地域活性のプロジェクトに参加している。頑張っている人を周りで支え繋ぐ人の存在が大切
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】教育委員。学芸員で発掘調査などを専門。市民大学の講師などもしている。リタイア後に社会参加のきっかけをもとめて学びに来ている人は多いが、まだまだ自分のため。地域に社会貢献ができていないのが残念。いろんな取り組みの人から刺激を得たくて。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】公民館で高齢者の生き甲斐づくりを担当していた。先生の話をきいてよかったね、で終わってしまう。地域で活動している人もいて、本当に受講生は満足しているのか?参加型で地域で活動する力をつける講座はできないか?と考えてワークショップを実践。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】今までがんばってきたんだから楽しいことをしてもらえばいいんじゃない?ではなく、社会人経験を積んでいる人をちょっと後押しして上げるだけで、現役の人たちができないようなことを知恵を出し合って、地域に貢献していける。そういう人は多いと確信
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】参加型でアクション型のプログラムづくり、カリキュラムに強みをもつ会社としてエンパブリックに行き当たる。「こんなドンピシャな会社があったのか(笑)!」
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】知識をつけるために講師の話を聞くのもよいが、実際にやってみる機会をつくってあげることも大切。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】公民館。市民恊働がさかんな自治体で生まれ育ち、市役所で働きたいと決意。学びに来た人が、いい笑顔になって地域で活躍していく姿が嬉しくて、もっと自分もがんばらなきゃと励まされている。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】区役所人事課。係長になって2年目の担当者に向けて「社会起業家に学ぶ」の研修プログラムと講師をエンパブリック代表・広石が担当して7年目。社会の課題を解決する事業をつくりプランを発表するワイルドな研修だが、視野が拓けたとハマる人多し。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】教育委員会。市民講座の講師をエンパブリックが担当。地域で活動する人の学びの場。講師の話だけでは満足しない。グループワークが人気。アクションラーニングというキーワードがピンと来た。大人がどうやって学びを身につけていくのかがテーマ。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】学びにつながるようにカリキュラムを組んでいるのに、チームづくりがうまく行かないなど、ハラハラすることも多い。何かしながら覚えていく、その積み重ねをどうデザインするのか。答えがないのが面白いが、大変と日々感じる。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】エンパブリックのインターン。若い人が活動できる場をつくるのがテーマ。公共空間をつかって日本の魅力をのばすためのアイディアコンテストをやってみている。4月からは市役所に勤務するので、将来的には地域での人財育成に関わってみたい。
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】他の方の自己紹介を聞いて、みんなに問いかけたいことを「お題」として出します。そこから話すテーマを2つ選び、テーマに沿って対話を進めていきます!あまり堅く考えず「このメンバーなら、こういう話題で話したら楽しそう」という気楽な感じで!
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】お題の発表です。すどう「新たに生まれたグループの継続・発展のミソは?」、コトコ「パブリックな方々とイノベーティブな面白いことをやる裏技は?」、キムラ「公務員の地域参加って?」
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】タチバナ「盛り上がった学習意欲を継続させるには?」、なかぴー「自治体の方でも、プライベートでもやってるの?(仕事で地域貢献大事とかいってやってないかも)」、ハギワラ「大人の満足って何で得られるんだろう?」
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】ナガサワ「対話からの担い手づくりの仕掛けとは?」、サカモト「地域ってどこまでが地域?」「50、60のミドル世代が参加しやすいプログラムって?」、ハギモト「学習の機会づくりと学習の成果を活かして、その後は?」
株式会社エンパブリック @Empublic
【縁パブ:コミュニティ×アクション×ラーニング】みんなに問いかけたいお題を2つ選びます。皆さんからでてきたものを分類すると、1つ目のお題「学び→アクション→継続→担い手になるには?」2つ目のお題「地域参加の方法をどうつくるか?」に決まりました。
残りを読む(44)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする