10周年のSPコンテンツ!

個人のtwnovelまとめ

可能な限り140文字以内で綴った物語のまとめです。 誤字など少々修正をした物を以下に置いています。 http://rugiada.sakura.ne.jp/tw/tn3.html
ログ twnovel
4

2/23更新


月草/Wanda @mil_fall
ごめんください。声と一緒に戸が開き、薄暗い走り庭に一瞬光が射す。いらっしゃいの言葉は、買わない常連客を見て止まった。暇でしょう。まぁそうですが。勧めてもいないのに上がり框に腰掛け、格子戸に目をやる。よく降りますね。ええ、本当に。つい相手をしてしまうのは、外がこんな天気だからか。
月草/Wanda @mil_fall
話し込むには不自由で、仕方ないという振りをしながら灯りを取って来た。照らされたその足元を見ると、茶鼠の裾には高下駄でも防げなかった汚れが付いている。気に入っている一枚のようだから、また衣替えの時にでも直しに出すのだろう。うちで作らないか、とは年中貧乏している人には言っても無駄だ。
月草/Wanda @mil_fall
ふわと落ちたハンカチは、すれ違った女学生の物だろう。しかし、女性に声など掛けていいものか。迷う側を新聞売の少年が通り掛かり、「きみ」と託してそこを去る。そして、幾らも行かないうちにインバネスの袖を引かれた。自ら男に声を掛けるとは、海老茶式部に遠慮はいらない、か。 #twnovel
月草/Wanda @mil_fall
「お嫁さんにして下さい!」二礼二拍手の呼び出しに応えてみれば、またも勘違いした娘が居た。最近、人が神に娶られる話が流行っているらしく、しばしばこういう押しかけ妻が現れる。しかしそれなら、嫁の条件ももっと調べて来い。少なくとも私は、純潔だろうが十五以上は要らん。 #twnovel
月草/Wanda @mil_fall
最近、この街じゃ夜の路地から女のひとが消えた。花売りが一人二人と殺されて、みんな外に出るのがこわくなったから。でも、何もこんなに大勢で犯人を探すことはないのに。あたしたちはみんなを解放してあげてるんだよ。ね? 見上げると、ママとママの恋人を消した悪魔は、笑って頭を撫でてくれる。
月草/Wanda @mil_fall
生きるため。好いた相手に金をせびられて。中には、ただ自分の欲望に従って。どんな理由でも、きみは男に跨る女に嫌悪を抱く。ママが許せないんだね? きみ自身は、気づいてないけど。でも、いつかはきみも男を求める本能に気づくだろう。その時により苦しむよう、とっておきのいい男を演じてあげる。
月草/Wanda @mil_fall
部屋の中なのに息が白い。「オイルヒーター、電気代きつくて。ここ石油ストーブダメだし」厚着の上から更に毛布を羽織っているせいで、どこかの民芸品みたいに膨れてる。料理を始めれば暖まるだろうけど、今は人の温度が恋しい。ホットコーヒーを渡す代わりに、毛布の端に潜り込む。 #twnovel
月草/Wanda @mil_fall
魔法具に魔力を注ぎ込むだけ。術を組めない落ちこぼれには、こんな退屈な仕事しか回って来ない。次の客が持ち込んだのは古い人形で、背中の陣に手を触れると使い道のない魔力が吸われて行く。どんどん、……ええ!? 魔力をほとんど空にした私は肩を掴まれる。見つけた。こいつを動かせる魔法使い。
月草/Wanda @mil_fall
一個ならバレないよ。仏さんのお供えは勝手に食べちゃダメって言うけど、誰も見てないもん。お菓子を取ろうとして、後ろが気になって振り返る。誰も居ない。もう一度手を出す。やっぱり見られている気がする。顔を上げたら、欄間とかいう部分に、木彫の龍が居た。目が合う。 #twnovel
月草/Wanda @mil_fall
人がずっと生き続けられる方法を考えたんです。人間は社会を作る生物だから、独りで隠れて息しているだけじゃ、生きてるとは言い難い。逆に、肉体が死んでても、誰かの記憶に居続ければ永遠に死は来ない。そう考えたんです。殺したのは、ほら。善人より悪人の方が騒がれるでしょう。 #twnovel
月草/Wanda @mil_fall
囁きのような音楽が聞こえる。うっすら目を開けて出処を探り、窓辺の椅子に人影を見つけた。似たような旋律を行ったり来たり、と思うといきなり駆け上がってそこで高い音を奏で続ける。見つめる視線に気づいたのか、曲はいつの間にかわたしのよく知るものになっていた。もう少し休もうと、目を閉じる。

1/19 追加分


月草/Wanda @mil_fall
tn:目の前には大きな扉。あれだけ細かい罠を張ってた癖に、最後の場所は玉座の間だった。律儀なことねと出た半笑いも、魔王(笑)を見て引っ込む。なんで、田村くん? ゲームをクリアした人だけが外へ出られるんだと。私は王道RPG、向こうは運営SLG。なるほどねと、聖剣(笑)を握りしめる。
月草/Wanda @mil_fall
朝と夕はぎゅう詰めになる列車も、昼間はがらんとしている。独り街並を眺める私の隣に誰か腰掛けた。「どこへ行くんですか?」「線路が途切れる所まで」ハイカラな格好の人はゆるく笑う。「この線は大分前に環になって、そういう終点はなくなりましたよ」でも、私は行きたいんです。 #twnvday
月草/Wanda @mil_fall
tn:待つ時間てぇのはこんなに長かったか。口元を覆う布は大分湿気を含んでいて、気になり出したら止まらない。気持ち悪いが、吐息で見つかるなんてしたら笑い種だ。せめてと布を引っ張った時、澄んだ空気が遠くの音を伝えて来た。車輪の軋み、金具付の靴底。いよいよだと、引き鉄へ指を掛ける。
月草/Wanda @mil_fall
クリスマスが楽しみだったのは歳が一桁だった頃までだ。塾に受験に就活に卒論、社会人になってからも休みは三ヶ日しかなかった。数十年ぶりにも思える自由でも、退職前の有給の消化じゃ楽しめるはずもなく。早々と取り外されて行くイルミネーションがただ寂しかった。#twnovel
月草/Wanda @mil_fall
軽い足取りで魔の森へ向かう娘を、誰も止めることはない。あの子は頭をやられてるから。町から来たよそ者を、皆がそう見ていた。外を知りたい若者は密かに追い、物々しい人と会う娘を見る。あれは、隣の国の――? 若者に気付いた娘はにこりと笑う。あの村、森の死体は魔物のせいで済ませるんだよね。
月草/Wanda @mil_fall
彼女は昼が短くなるにつれて眠気に抗えないようになる。カフェでも、歩いてる途中でも寝てしまう。私、これと共生しているの。そう言って切った指先からは、糸のような物が覗いていた。体に巣食った菌は、冬場の休眠が必要だから。葉を落とした木と同じように、春までお休み。 #twnovel
月草/Wanda @mil_fall
開けたドアの先で誰かに手を取られる。逃げよう! 追いつかれれば何かが起こる。きっと怖いことが。走って走って、ドアの前で止まる。すぐそこに何かが迫る。きみだけ先に行って。そう背中を押され、ノブに手を掛ける。ひねる、開ける。逃げ切れ―― 逃げよう! 誰かに手を取られる。
月草/Wanda @mil_fall
「そこに座ってて!」そう置き去りにされたけど、心配で仕方がない。こっそり覗いた台所では、お椀を温めたり湯の温度を見たり、案外ちゃんとやっている。あの子ももう中学生だものね。母さんのお茶の道具、継いでくれそうだよ。忍び足で和室へ戻って、見様見真似の点前を待つ。 #twnovel
月草/Wanda @mil_fall
「君の助けになりたいんだ」私は人間じゃない、あなたとは生きられないと言っても聞きやしない。「ヒトの血が要るんだろ? 俺から摂ればいい」そう笑う胸元へ、そっと手を当てる。喜びを浮かべた目は一瞬で凍り、やがて光を失った。取り上げた心臓を手に、一応謝る。ごめんね。これが一番効率いいの。
月草/Wanda @mil_fall
一人になった夜、膝を抱え部屋の隅で震えていた。きみはもう居ない、それは変わらない。だから僕は見えない翼を広げ、未来へ飛び立つ…… 「それ誰の曲だっけ?」振り返るとクラスメイト。「え、誰かの歌詞書き起こしてるんじゃないんだ」褒めてるのか貶してるのか、どっちだろう。 #twnovel
月草/Wanda @mil_fall
皆が私のことを美しいと言う。これを着ればいい。このメイクならもっと綺麗になる。そう言って、色んな人が私を飾り付けて来た。けれど私は、自分の顔を見たことがない。だって私は吸血鬼。鏡には映らない。 #twnvday

12/3 追加分


残りを読む(119)

コメント

月草/Wanda @mil_fall 2013年3月10日
まとめを更新しました。
月草/Wanda @mil_fall 2013年3月17日
まとめを更新しました。
月草/Wanda @mil_fall 2013年5月13日
まとめを更新しました。
月草/Wanda @mil_fall 2013年6月13日
まとめを更新しました。
月草/Wanda @mil_fall 2013年8月5日
まとめを更新しました。
月草/Wanda @mil_fall 2013年9月20日
まとめを更新しました。新しい物が上へ来るようにしてます。
月草/Wanda @mil_fall 2013年12月3日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする