限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

【竹の子書房】 140字の街角

街の風景やら人などを140字で書いていく。
電子書籍 つくね乱蔵 竹の子書房
17287view 89コメント
12
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
昔、バンドマンをやってた頃。ホステスさんとよく馬鹿話をした。ふと思い出した話を140字にまとめてみる。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
明美は挨拶もそこそこに託児所へ急いだ。時刻は既に一時。「すいません」「佳奈ちゃん、ママよ」眠い目を擦りながら娘が抱きついてくる。「かぁしゃんこれ」花嫁の絵のようだ。「佳奈ちゃんは誰と結婚するの?」娘は笑って答えた。「かぁしゃんと!だいすきだから」抱きしめるとミルクの香りがした。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
街の風景や人を140字に切り取っていこう。ただしこれは怪談課の仕事ではなく、自らの修行(笑
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
@t_ranzo じゃあ、別レーベルの単著で。はい、決めた。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
おじゃましますぅ。140字の街角『電話ボックス』を投下。#tknk
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
下田君の仕事は電線工事だ。主な担当は電話ボックスの撤去。回線を外し、ボックスを積み込み、痕跡すら残さず更地にする。その日向かった場所に見覚えがあった。学生の頃、遠距離恋愛していた彼女と夢を語り合った電話だ。丁度、目の高さに彼女の名前が刻まれていた。下田君はその名前をそっと撫でた。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
引き出しの奥から出てきた口紅は、由香里を束の間過去に戻した。東京行きの電車の窓を鏡にして、唇を彩ったのは五年前。ひからびた紅が今の自分と同じだ。ひっそりと笑い、衣装に着替える。「由香里さん、出番っすー」スポットライトと男達の拍手の中、由香里は着たばかりの衣装を脱いでいった。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
さてと、またもや140字の街角を投下。『花屋』#tknk
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
花屋の店先で、幼い女の子が愚図っている。困った顔の父親が宥めるが、一向に止めようとしない。「白に決まってるんだよ。なんでそんなわがまま言うの」女の子は懸命に訴えた。「だっておかあさんは赤いのが好きだったから」父親は一瞬言葉を失い、女の子を優しく撫でると赤いカーネーションを買った。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
おばんです。140字の街角、こっそりと投下。サングラス。#tknk
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
向かいの席に黒いサングラスの男が座った。薄い胸と安い威圧感を武器に、辺りを睥睨する。胸ポケットで携帯が鳴った。当たり前のように出た。「なんや。あぁ…ちょ待てや。マジか?!こないだ会うたばっかりやで」男は携帯を閉じ、俯いた。サングラスの縁から涙がこぼれて落ちるのが見えた。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
さてさて、今朝も140字の街角を投下しましょうかね。『ミュール』#tknk 100話到達は遥か彼方。orz
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
やっと決まったバイトに向かう晃を女が呼び止めた。「ね、今暇?遊ぼっ」晃は立ち止まり、相手をまじまじと見つめた。高校の同級生だ。派手な外見に戸惑ったが、特徴のある声に覚えがある。卒業後の夢も声優の筈だ。「沙紀ちゃん?」「え…。違います」急ぎ足で立ち去る女のミュールが色褪せていた。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
二人は並んで歩いていた。「大人って勝手だ」哲郎は鼻を啜り上げて前を睨み、何十回となく繰り返している台詞を吐く。純二は軽く頷く。何を言おうと友が転校する事実は変えられない。「着いた」斜面を掘ると大きな水晶が出てきた。二つに分ける。離れても続く友情の証、そう言って純二は胸を張った。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
@nekoyadou その一環として(笑 本日も140字の街角を投下。『お結び』#tknk
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
多恵子さんは朝からお結びを作っている。一つ一つ丁寧に結び、並べる。全部で二十。一人暮らしの多恵子さんには食べきれる量ではない。何処かに出掛けるわけでもない。多恵子さんはお結びを仏壇に供え、深く長く頭を下げた。二十歳の誕生日に出征し、そのまま帰らなかった息子はお結びが大好きだった。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
おはようございます。140字の街角投下。『カレーライス』。怪談書けよ俺(笑 #tknk
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
買い物の帰り道、由衣は建設中のマンションで夫を目撃した。勤務先は設備関連だから不思議ではない。何か苦情だろう、しきりに謝っている。ようやく話し終え、車に乗り込んだ夫は、ぼんやりと前を見ている。由衣はメールを送った。『今夜はカレーだよ♪』夫は眩しそうに携帯を見ると小さく微笑んだ。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
ちと投下。140字の街角-冷たい口づけ- #tknk
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
定雄は痛む足を引きずり、窓際に向かった。そろそろ帰ってくる頃だ。結局、死に目には会えんかった。全部この足のせいじゃ。定雄は何度も何度も己の足を叩いた。車が到着した。久しぶりに出会う妻の顔は、思いの外、安らいでいた。定雄は、すっかり白くなった妻の髪を撫で、四十年ぶりにキスをした。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
@senbei_neko この企画を考えた時に頭に浮かんだのは、とある映画です。『ベルリン・天使の詩』この作品の冒頭に強く影響されてます。一瞬を切り取るには映像が最適ですが、それを文章でやってみたいのです。これが出来たら、きっと怪談にも役立つはず。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
おはようござい。朝一発投下しとこ。140字の街角 初めての背中 #tknk
残りを読む(181)

コメント

絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-01 16:01:41
ううむ。えらいことを始めてしまった。なんとか頑張って100人集めてみる。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-02 16:22:15
まだ十にも満たない。ゴールは遥か彼方だ。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-04 13:24:48
これで9個目。PVは1000を超えました。ありがとうございます。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-06 11:32:51
街角三つ追加。PVは1400を超えました。ありがとうござい。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-07 08:43:43
140字の街角アップ。これに絵や写真が付いたらスゲェだろうなぁ。ワクワクする。今回のは夏の海でお願いします(笑
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-07 20:17:31
昔の記憶を弄ったり、街に出て人を眺めたり。140字の街角を練ることは脳に良いかもしれないw
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-08 20:15:18
140字の街角は、あと少しで2000PVに達します。ありがとうございます。#tknk
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-10 14:11:01
洗濯関連終了。続いてお米を研ぐ。その前に140字の街角を戸下駄。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-10 16:45:10
頑張れ俺。ゴールはまだまだ遠い。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-10 18:21:39
140字の街角、これで20。少しは格好がついてきたかな。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-12 11:19:12
140字の街角、23話。まだまだ入り口ですな。100話書き終えた時、何か少しは変わるだろうか。だろうかったら。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-12 22:39:08
今日、神沼氏からヒントを頂戴した。それに沿った話を二つ。ついに140字の街角は2600PVを超えた。ありがたやありがたや。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-14 12:11:50
140字の街角、27話目。百話、遠いなぁ…
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-15 09:24:53
お気に入り登録が五人に増えた。ありがたやありがたや。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-15 09:26:45
さて、散髪に行きます。昨日行ったらお休みだった。散髪中にまた考えてこよう。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-17 11:33:26
これでようやく三十話。140字の街角、ゴールの端っこが見えてきた。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-19 12:52:13
三十二話目。PVは3300を超えました。ありがとうございます。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-20 10:45:34
本日も投下、140字の街角。一歩一歩着実に。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-24 15:01:40
38話目。街角の写真。小説。他人の会話。アンテナを張り巡らせて過ごしている。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-27 11:29:07
四十一話『夕焼け』投下。五十話、もうちょいだ。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-29 10:55:31
これで四十二話。見えてきた見えてきた。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-29 11:29:34
これで四十二話。見えてきた見えてきた。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-29 21:53:48
140字の街角、四十三話は画像とあわせて御覧くださりませ。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-29 22:02:56
絵日記とかポストカード風に出来たらいいかも。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-09-30 22:29:52
四十四話目。トゥギャッターはもうすぐ4500PV。いつも見てくださってありがとうございます。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-10-04 11:35:15
昼飯前に一つ投下。140字の街角。もうすぐ5000PV。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-10-04 18:21:40
これにて四十七話。あと三つで五十話であります。頑張れ俺。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-10-07 17:55:29
140字の街角は、あと一話で五十話です。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-10-07 23:06:07
140字の街角、これにて五十話達成。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-10-27 21:50:32
140字の街角、五十九話目。地道に積んでいく。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-11-14 12:16:17
六十二、六十三話目投下。ゴールが微かに見えてきた。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-11-20 17:00:33
140字の街角、今回は絵が先。よしはるさんの絵は俺を旅立たせてくれる。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-11-22 17:12:25
今日は雨の街角。140字の街角は日常の風景や人の心を切り取った呟きです。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-11-26 11:18:38
七十話。残り三十話か…遠いぞー。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-12-05 13:17:13
140字の街角。風景や心情を切り取るハサミ。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-12-07 10:46:02
おおさむこさむ。140字の街角も冬の風景が多いなぁ。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-12-10 10:58:48
140字の街角。七十六話目。140字だけで風景を切り取り、人を描く。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2010-12-15 13:59:50
七十八話目、140字の街角。もう少しで百話達成するのか。なんだか凄いな。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-01-01 12:21:16
今年最初の『140字の街角』。今年も頑張りますよ、ええ。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-01-04 14:07:31
140字の街角投下。八十話目です。よし、あと二十話で百話!
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-01-17 13:17:41
八十一・八十二話。140字の街角。よーし、もう少しだ。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-01-24 14:16:39
140字の街角。人や風景を切り取った140字の呟き。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-01-27 22:37:26
100話までもう少し。140字の街角。小さな小さな風景を切り取りました。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-02-01 16:23:06
140字の街角は、景色や人の心を140字で切り取った物語です。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-02-01 16:28:36
140字の街角は風景や人の心を140字で切り取った物語。八十七話目アップ。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-02-02 20:11:30
140字の街角、八十八話目。人の想いを140字にまとめます。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-02-04 12:28:48
140字の街角、八十九話目。あと十一。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-02-25 12:08:10
ええと、幾つ目だったけか。140字の街角。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-03-20 20:57:28
140字の街角、九十三話目。今回は我が娘の実話。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-04-07 11:07:39
140字の街角は、とうとう九十六話目です。あと四話で百話達成です。ちょっと今までの読み返してこよう。どんなの書いたか忘れちゃったw
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-04-13 11:22:06
140字の街角は九十七話目でございまする。あと三つ!!
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-04-13 19:04:51
140字の街角、九十八話目。あと少し。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo 2011-04-16 11:03:04
140字の街角、百話達成しました。やった。やりました。ひゃっはぁぁぁぁっ!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする