ヒブ予防接種のリスクとベネフィット:慎重派を許認可に参加の適否など

まとめ「予防接種で死亡:安全や副反応への配慮は?再発防止は?」のコメント欄でのやり取りをまとめました。 予防接種慎重派の山田真医師の記事内容に対する疑問から始まり、予防接種、特にヒブワクチン接種について。利益が大きく早急に普及させるべきという推進派と、副反応や副作用などの危険性も含め、判断材料となるデータを慎重に検討するべきという慎重派とについて。副作用が多く中止されたMMR予防接種や日本脳炎の予防接種や、更に水俣病や薬害との比較、予防接種行政や許認可の問題も含めたやり取りをまとめました。 ●コメント欄への投稿ツイートなので、末尾が途切れているツイートがありますが、各ツイート末尾のリンクから全文が読めます(@kurizunb氏の一連のツイートは、元のコメント全文をその直後に書き出しました)。 ●追加と削除しました。 続きを読む
政治 医療過誤 ワクチン 副作用 副反応 予防接種 ハイリスク 発達障害 再発防止 ヒブ
3

 
■先行するまとめ:
★「予防接種で死亡:安全や副反応への配慮は?再発防止は?」http://togetter.com/li/461061
 

まとめ 予防接種で死亡:安全や副反応への配慮は?再発防止は? 「岐阜県の男児が日本脳炎の予防接種を受けた直後に死亡した問題」の記事について。 「市の健康被害調査委員会は、予防接種の行為自体が死亡につながった可能性があるとする結果を発表」と。 しかし同記事によれば、調査委は、注射した医師について「医療過誤はなかった」と説明。「ワクチン接種の行為そのものが、死因として推定される致死的不整脈を引き起こす引き金になった可能性が残る」との見解で一致したとした。「ワクチンによる副反応の可能性は低い」とも。 この記事自体の書き方や、必要な情報と突っ込みの足りなさの問題から、この事故では一体何が起こったのか、何が問題なのか、何が求められるのか、などなどの疑問について。更に、発達障害児などのハイリスク児への配慮や、医者の患者への態度などの問題や、予防接種のリスクとベネフィット(危険と利.. 6598 pv 224
ひじじきき @hijijikiki
@afcp_01 @kurizunb @seiji_m ツイートを使わせていただきました⇒「予防接種で死亡:安全や副反応への配慮は?再発防止は?」 http://t.co/yQBFpsuXzS
まとめ 予防接種で死亡:安全や副反応への配慮は?再発防止は? 「岐阜県の男児が日本脳炎の予防接種を受けた直後に死亡した問題」の記事について。 「市の健康被害調査委員会は、予防接種の行為自体が死亡につながった可能性があるとする結果を発表」と。 しかし同記事によれば、調査委は、注射した医師について「医療過誤はなかった」と説明。「ワクチン接種の行為そのものが、死因として推定される致死的不整脈を引き起こす引き金になった可能性が残る」との見解で一致したとした。「ワクチンによる副反応の可能性は低い」とも。 この記事自体の書き方や、必要な情報と突っ込みの足りなさの問題から、この事故では一体何が起こったのか、何が問題なのか、何が求められるのか、などなどの疑問について。更に、発達障害児などのハイリスク児への配慮や、医者の患者への態度などの問題や、予防接種のリスクとベネフィット(危険と利.. 6598 pv 224
くりず @kurizunb
まとめていただきありがとうございました。ただ、予防接種慎重派という山田医師の講演内容については同意しかねます。もし、これがブログ主によってゆがめられたものでないとするならば、およそ医師の発言とは思えな.. http://t.co/Jz3yGRiLUB
くりず @kurizunb
ヒブ・肺炎球菌のワクチン導入については、米国の影響というよりは、むしろ患者会の地道な働きかけによるものです。これらのウィルスによって引き起こされる細菌性髄膜炎は死亡率も高く、また重度の後遺症を残す確率.. http://t.co/9rUlNPucIs
くりず @kurizunb
参考までに「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」のホームページを紹介します。http://t.co/CknFDdkXLT  http://t.co/N5mLyQ8TqS
くりず @kurizunb
またこちらの記事もご覧下さい。「必要なワクチンの定期接種、実現しないのはなぜ?-議員と患者会が勉強会」http://t.co/PZ73BmkE3b?.. http://t.co/LAuvln9QIu
リンク ロハス・メディカル 必要なワクチンの定期接種、実現しないのはなぜ?-議員と患者会が勉強会|ロハス・メディカル 副作用の発生がゼロになることはない。これは医療側からすれば当たり前のことだが、...
くりず @kurizunb
なお、オーストラリアについては、ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、麻疹、おたふく風邪、風疹(三日ばしか)、B型インフルエンザ菌(Hib)感染症、B型肝炎、C群髄膜炎菌感染症、肺炎球菌感染症、みずぼう.. http://t.co/Cgo0YRoNWY
くりず @kurizunb
在日オーストラリア大使館のHPから予防接種のパンフレットを読むことができますが、予防接種の意義について大変わかりやすく説明されています。http://t.co/nt71Zbbr58.. http://t.co/lthHEyOhnj
くりず @kurizunb
オーストラリアの医師の処置方法は、むしろ、予防接種が普及して重症化の可能性が低くなっているからこそおこなえるのではないでしょうか? 日本では患者会の報告を見ていただければわかりますが、初めはただの風邪.. http://t.co/84J0QEwvvx
くりず @kurizunb
ちなみに、ウチのチビ助も肺高血圧症を抱えるハイリスク児だったため、溶連菌やRSウィルスや原因菌不明のまま生死の境をさまよったことがあります。しかし、インフルエンザにだけはかかったことがありません。感染.. http://t.co/FRXbXYsTMi
くりず @kurizunb
ロタウィルスについてですが、乳幼児の場合、嘔吐や下痢で水分が摂取できなくなる→脱水症状で入院ということは珍しいことではありません。医師の処置の問題とは言えないでしょう。実際、ウチのチビ助も脱水症状によ.. http://t.co/jvH2FzPQu0
くりず @kurizunb
参考までに「ロタウイルスワクチンって?ーjasmin jasmin 女医の子育て。」http://t.co/KemEK6nPer http://t.co/4C7KsYYJwd
リンク t.co ロタウイルスワクチンって?|jasmin jasmin 女医の子育て。 森戸やすみのjasmin jasmin 女医の子育て。の記事、ロタウイルスワクチンって?です。
 ● ↑ 上記のくりず@kurizunb氏のツイートの元コメント全文 ↓ ------

まとめていただきありがとうございました。ただ、予防接種慎重派という山田医師の講演内容については同意しかねます。もし、これがブログ主によってゆがめられたものでないとするならば、およそ医師の発言とは思えないものです。

ヒブ・肺炎球菌のワクチン導入については、米国の影響というよりは、むしろ患者会の地道な働きかけによるものです。これらのウィルスによって引き起こされる細菌性髄膜炎は死亡率も高く、また重度の後遺症を残す確率も高いのです。自分の子どもに重篤な障害を残した感染症が、ほかの国では10年以上も前にワクチン接種が普及し、患者数が激変していたと知った親はどのような思いをするでしょうか?

参考までに「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」のホームページを紹介します。http://zuimakuen.net/index.html 

またこちらの記事もご覧下さい。「必要なワクチンの定期接種、実現しないのはなぜ?-議員と患者会が勉強会」http://lohasmedical.jp/news/2009/10/30174521.php?page=1「細菌性髄膜炎を知ってますか-5歳未満乳幼児に発症、重度後遺症多く」http://lohasmedical.jp/news/2009/10/30090303.php?page=1

なお、オーストラリアについては、ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、麻疹、おたふく風邪、風疹(三日ばしか)、B型インフルエンザ菌(Hib)感染症、B型肝炎、C群髄膜炎菌感染症、肺炎球菌感染症、みずぼうそう(水痘)の12の疾患については全ての児童に対してオーストラリア政府が無償で接種を行っているようです。

在日オーストラリア大使館のHPから予防接種のパンフレットを読むことができますが、予防接種の意義について大変わかりやすく説明されています。http://www.australia.or.jp/aib/vaccination.php 

オーストラリアの医師の処置方法は、むしろ、予防接種が普及して重症化の可能性が低くなっているからこそおこなえるのではないでしょうか? 日本では患者会の報告を見ていただければわかりますが、初めはただの風邪や突発性発疹と診断されたのに…という例が多いのです。医師も重症化の可能性を捨てきれない限り過剰診療と言われても、診断には慎重になると思います。

ちなみに、ウチのチビ助も肺高血圧症を抱えるハイリスク児だったため、溶連菌やRSウィルスや原因菌不明のまま生死の境をさまよったことがあります。しかし、インフルエンザにだけはかかったことがありません。感染力が高く毎年流行を重ねるこのウィルスのワクチンがあることがどれほどありがたいか、考えてみてください。

--------------------------
 

ひじじきき @hijijikiki
@kurizunb コメントと情報多謝です。まず、山田真医師は、20年以上前にMMR(「新三種混合ワクチン」wiki参照)を子どもに接種するか否か迷ったときに知り、個人的には参考になったので紹介しまし.. http://t.co/VOegF1aRq4
ひじじきき @hijijikiki
wikiにもあるようにMMRはワクチンの副作用、無菌性髄膜炎の発生により中止になり、接種させなくてよかったと思いました。しかし、病気やワクチンの種類が違ったり、子どもが病弱だったり、 http://t.co/MsHnRiMVur
ひじじきき @hijijikiki
「ハイリスク児」だったらどう判断したかは別問題で、場合によって判断は異なる、と思います。しかし、これまでの予防接種行政、公害や難病での行政や国や御用学者が、弱い立場を踏みつけてきたこと、 http://t.co/1LGuGye3v9
ひじじきき @hijijikiki
MMRの場合なら、http://t.co/jZJ59sKQnh「MMR予防接種被害の国会質問」などを見れば、 http://t.co/FhRH7znRMY
ひじじきき @hijijikiki
前にご紹介した原田正純医師のインタビュー記事(まとめに追加しました)のように、行政や御用学者・推進派の言うことを鵜呑みせず、反対派や慎重派の言うことも十分聞く必要があるかと。 http://t.co/O9rGjPI8sc
ひじじきき @hijijikiki
それ以前に、予防接種をするか否かは、何重にも難しい問題を含むと思います。前に書いたように、①利益と危険の実際の現れ、は予想困難であること。例えばヒブワクチンを接種することで、 http://t.co/QGkCWuwPwW
残りを読む(218)

コメント

くりず @kurizunb 2013年3月3日
接種が始まったばかりだから、「接種で‥重症化や死亡が何人減少し、副作用・副反応により重症化や死亡が何人発生するか」のデータがないのは当たり前でしょう。だからこれから調査するのだと、何度書けば…。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
日本のデータはなくても、外国のデータはあるのだと書けば「最初の文献は外国のデータであり、これも指摘したように国や地域で差があります。」これでは、新薬は永久に日本で承認されませんね。これで、科学だ、データだというのだからあきれる。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
2007年のWHOの見解でも「90カ国を超える国で定期予防接種プログラムに取り入れられている。その結果、多くの先進国で侵襲性Hib感染症は排除され、いくつかの途上国においても発生は激減した。このことから、本ワクチンは乳児の定期予防接種プログラムすべてにおいて取り入れられるべきである。」
くりず @kurizunb 2013年3月3日
同じく2007年のWHOの見解「地域でのサーベイランスデータが不足していても、このワクチンの導入を遅らせるべきではない。しかし、ワクチン接種導入後のHib感染症サーベイランスは重要である。」
くりず @kurizunb 2013年3月3日
今のところこれに沿った対応をしていると思うのですがね。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
そして一番始めに書いた「ヒブ・肺炎球菌のワクチン導入については、米国の影響というよりは、むしろ患者会の地道な働きかけによるものです。」はスルー。それで非民主的だの独裁・独善だのっていうんだから、あきれるというより悲しくなるよ。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
「日本中の小児科医が札束で黙らされているとでも?」>先述の「札束を使って安全性を振りまいてきた」は、予防接種の安全性や接種を呼びかける大量の広告・宣伝やキャンペーンなどのマスコミ・世論操作>これも失礼な話だ。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
だいたい、予防接種後に事故が起これば矢面に立たされるのは当の医師だよ。それが、マスコミのキャンペーンに踊らされてワクチンの安全を鵜呑みにしているって、バカにしているにもほどがないか?
くりず @kurizunb 2013年3月3日
むしろ、マスコミのワクチン禍報道によって、日本のワクチン行政は大きく交替したと思うのですがね。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
そして、こちらにはデータデータっていうけれど、国や地域によってワクチンの効果によりも副反応の方が有害だったっていうデータなんか出さないじゃないですか。根拠は自分の印象でしょう?常在菌が安全だということも。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
出してくださいよ.自分の印象じゃなくて。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
ひじじききさんの出した資料には「感染症というのは、劣悪な環境(たとえば難民キャンプなど)で脅威となるものです。今の日本で常在菌に対するワクチンはいりません」とまで書いてあるのだから。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
実際の細菌性髄膜炎の患者数や死亡数はいくらでも調べられますから。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
ある意見が間違っていると言われたら、その意見が正しいという資料を出せばいいでしょう。それを出さずに、排除だ異端視だと言われても困ります。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
ところで”予防接種慎重派”と言ったのはひじじききさんの方なんだけれどなぁ「予防接種推進派が圧倒的に多く、慎重に考える医者は少ないかと。個人的には山田真氏http://t.co/a1sBDJ7Hなど慎重派の見解を参考にしています。hijijikiki 2013-02-21 01:18:46」
くりず @kurizunb 2013年3月3日
私は山田真医師なんて知らなかったし、ただ、このリンク先を見て仰天しただけで。それを「差別的にレッテル貼りして異端視する偏見」と言われても困っちゃうよなぁ。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
「患者数さえ減れば、副作用や副反応が発生しても問題ないのですか?再三指摘している危険と利益を勘案して、接種するか否かを決めるということに反対なのですか?」>これについても、実際そのようにおこなわれているのですけれどね。そのリスクの範囲をどこまで認めるかという話でしかないと。
くりず @kurizunb 2013年3月3日
まあ、これで終わりにしましょう。あなたが自分の意見とことなるものには「異端視」「排除」「偏見」としか反論できないことはよくわかりましたから。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
気になるメンションを頂いたので、もう止めたいのですが、もう少し続けます。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
「新薬は永久に日本で承認されません」>勝手な解釈をしないでください。私は治験や臨床試験それ自体を否定してはおらず、危険と利益の判断基準となるようなまともなデータを取って公開しろと再三言ってます。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
「患者会の地道な働きかけによる」>お子さんが受けた被害を繰り返さない為に尽力されたのは貴重なことだと思います。しかし目的の良さや善意や正当性が、手段や結果の正当性を保障するとは限りません。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
目的やきっかけは善意の、尊い、良いものであったとしても、それが悪用されることがあります。例えば森永ヒ素ミルク事件http://togetter.com/li/463964では、
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
「森永側も被害者側が要求した後遺症究明研究機関を約したが‥後遺症に関する公的研究調査は一切なされないまま‥要求に応じると見せかけて‥政治的に利用して事態の収束を図る」ということも。それを防ぐためにも、
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
最初の動機の良し悪しとは別に、再三述べたように、「承認・接種の厚労省の審査と、接種の評価、見直しの過程に、予防接種慎重派の医者・学者を半数入れ」て、危険と利益をきちんと判断するよう監視すべきです。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
「副反応の方が有害だったっていうデータなんか出さない」>データを出せるかは、研究資金の有無にかかってます。大規模調査には多額の費用がかかり、科研費などの公的予算や企業からの助成金などが不可欠です。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
慎重派の学者に行政や企業=製薬会社が金を出さないのは、出す側が自分に都合が悪いと思うからで、水俣病研究で大功績のあった原田正純医師が研究費など全くもらえず、冷遇されたことからも容易にわかります。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
科研費などの公的資金を受けて研究する学者が、再三述べている「接種で‥重症化や死亡が何人減少し、副作用・副反応により重症化や死亡が何人発生するかと、接種しなかったら重症化や死亡が何人になるかとを比較」
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
するデータをきちんと取らない、出さないことは、公正さを欠く不当な行為です。そのデータを見て、データの取り方自体の妥当性も含め、接種の危険と利益との兼ね合いが初めて議論できるのです。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
「(データを)出してくださいよ」>上述の通り、この言葉は行政と彼らの意を受けた推進派の学者に言ってください。データの取り方や取る手続きに透明性があり、前記の接種の危険と利益の判断が可能な条件を満たせば、
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
誰がデータを取ろうと、データそれ自体の妥当性は変わらないことが、科学の客観性です。但し、そのデータの解釈と、データの取り方の妥当性を議論することが重要で、ここで推進派と慎重派の違いが出るのが本来です。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
「差別的にレッテル貼りして異端視する偏見」>これは、くりずさんの書いた「異端の意見には問題がある」に対して私が書いた「推進派が正統で慎重派が異端ですか?これも前に指摘した慎重派を」に続く文です。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
これは、「くりずさんが慎重派の意見を『異端の意見』と呼んだことは、慎重派を差別的にレッテル貼りして異端視する偏見である」という意味です。よくお読み下さい。異端という言葉を使ったのはくりずさんの方です。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月4日
慎重派に十把一絡げに「異端」という負のレッテルを貼り付け、各個人の意見を無視してその全体を「異端の意見には問題がある」と否定することは、差別的であり、偏見でしょう。異端を排斥するのが民主主義ですか?
くりず @kurizunb 2013年3月4日
危険と利益の判断基準となるようなまともなデータを取って公開しろと再三言ってます。>だから、何度も出しています。あなたが読みとれないだけです。
くりず @kurizunb 2013年3月4日
お子さんが受けた被害を繰り返さない為に尽力されたのは貴重なことだと思います。しかし目的の良さや善意や正当性が、手段や結果の正当性を保障するとは限りません。>10年も前に他国ではヒブワクチンが導入されていて、安全性も確認されていることを知って、導入に向けての運動を始めた。この時に、全く資料を調べずに始めたとでも?患者をバカにするのもいい加減にしませんか?
くりず @kurizunb 2013年3月4日
データを出せるかは、研究資金の有無にかかってます。大規模調査には多額の費用がかかり、科研費などの公的予算や企業からの助成金などが不可欠です。>だからー、現在では世界中100カ国以上で導入されているんですよ。国や地域によって効果は違うんでしょ?それをあげてくださいよ。
くりず @kurizunb 2013年3月4日
但し、そのデータの解釈と、データの取り方の妥当性を議論することが重要で、ここで推進派と慎重派の違いが出るのが本来です。>細菌性髄膜炎のサーベイランスはおこなわれていることを知らない、知っているのに都合が悪いので知らない振りをしている、細菌性髄膜炎とヒブの関係を知らない、どの場合でも”慎重派”がまともだとは思えないですね。
くりず @kurizunb 2013年3月4日
あなたは教育の専門家ですよね?例えば「小さいうちに体罰を受けた方が子どもは成長する」という意見を述べている教師がいたらどう思います。「体罰廃止慎重派だから教育審議会に半数は入れなくてはいけない」って思います?そんなの混乱の元だから入れるなって思うでしょう。
くりず @kurizunb 2013年3月4日
あなたの言っていることは、このレベルなんですよ。
くりず @kurizunb 2013年3月4日
これで本当に最後にしますが、厚労省のヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの死亡症例に対する評価と安全性に対する見解をあげておきます。「医薬品・医療機器等安全性情報 No.280 2011年6月 小児用肺炎球菌ワクチン,ヒブワクチンの安全対策について」(厚生労働省医薬食品局)http://www1.mhlw.go.jp/kinkyu/iyaku_j/iyaku_j/anzenseijyouhou/280.pdf
くりず @kurizunb 2013年3月4日
こちらも>「ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチンに関する死亡報告一覧」http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001jqmw-att/2r9852000001jqyp.pdf 「ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチンに関する死亡症例概要」http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001jqmw-att/2r9852000001jqyw.pdf
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月5日
「患者をバカにするのもいい加減に」>バカにしてません。よく読んでください。再三述べたように、予防接種は国や地域や、ワクチンの製造業者やロットによっても、危険と利益の兼ね合いは異なることがあります。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月5日
「国や地域によって効果は違う‥それをあげて」>効果に違いがあるか否かも含めた現在の日本での接種の判断材料となるデータを取り、公開することは、製造業者や行政やその委託を受けた学者に求められる責任です。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月5日
「体罰廃止慎重派だから教育審議会に」>科学技術的な議論に参加すると表明している者と、体罰のような法律に反する主張を公然とする者を同列に扱うのは、とても無理筋で比喩としても不適切です。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月5日
「ヒブの予防接種は必要」という思い込みや信念は科学ではありません。再三述べたように危険と利益を判断可能なデータを提示して、様々な観点から議論し、議論から部外者でも判断可能な材料とデータを提供すべきです。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月5日
「このレベルなんですよ」>あなたの言うことは、前述のような不適切な比喩を使うレベルということですね。
ひじじきき @hijijikiki 2013年3月5日
前に述べたことを再三再四繰り返すのはもうウンザリなので、これで終わりにします。上記より詳細な説明にご興味のある方は、まとめ上部に記載されているコメントにあるので、それを再読して下さい。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする