フランダース地方(ベルギー オランダ語圏)の乾杯の言葉

オランダ語で「乾杯!」は「Proost!」と「Gezondheid!」の2通りあるらしい。ベルギービールのシメイ・レッドを飲みながら、ベルギー人に質問してみた。 『よく使うのはどっち? 地域によって違いがある?』 『同じ乾杯でも意味合いが違ったり、使い方が違ったりする?』 フラマン語(オランダ語)で乾杯の時に何というか聞いただけだったのに、なぜか人生について深い教えを受けた。
ベルギー フラマン語 フランダース オランダ語 乾杯
2
plank @Killer_Tomatoes
@tearus 「Gezondheid = 健康」の謎って?
plank @Killer_Tomatoes
@tearus フランス語の「à votre santé」、ロシア語の「За ва́ше здоро́вье」みたいなもんかな。後で聞いときます。 < Gezondheid!
plank @Killer_Tomatoes
@tearus さっきやっと聞いたら10分後に回答が。速すぎ。更にベルギー内で質問を晒し上げ中。「地域の問題。うちではProostは全く使わない。普段はフランス語のSantéを独特のフラマン語なまりで言う。Gezondheidは、母親の誕生日とかちょっとかしこまった時に使う。」
plank @Killer_Tomatoes
@tearus ベルギー内から続々と反応が。「うちの周りではSchol!。仲間内でふざけて言う時はOp aa Bakkes!」。友達も「Schol!はうちも使う。」
plank @Killer_Tomatoes
@tearus 「自分はGezondheidを使うけど、周りではくだけた席でstikt erinとかsanté è péとか使っている。」
plank @Killer_Tomatoes
@tearus 「Proostを使うのはオランダ人だと思う。うちはフランス語のSantéかGezondheid。」
plank @Killer_Tomatoes
tsudaる、とはこういう事だったのかと今悟った。
plank @Killer_Tomatoes
@tearus 「Op uw bakkes、またはOp a muileを使うけど、そんな事よりずっと大切なのは、乾杯の時に相手の目を見る事。結婚して7年間セックスライフが味気ないだの苦痛だの言う奴はこれが出来ていない。フランダース人は親しげに顔を見るにもきっかけが必要な人民。」
plank @Killer_Tomatoes
@tearus 「Als Goede Vlaming(登録商標)。もちろんSantéも使うよ。」
plank @Killer_Tomatoes
@tearus google翻訳によると、bakkes = ほっぺた、muile = スリッパ
plank @Killer_Tomatoes
ベルギー方面8名、日本4名で飲む。フラマン語訛りのSantéは、日本風にサンテというのとあまり変わらない。フランス語では鼻濁音。Op uw bakkesという乾杯は友人の周りも知らなかったらしいが、ビールグラスを相手のほっぺたにつけて遊ぶ感じ。muileも似た意味で、動物の下顎。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする