拾い読み;『りぼん』と『ぶ~け』とその時代~超絶美麗な少女マンガたち

日時:2013年3月2日(土)17:00~19:00 会場:森下文化センター2階 多目的ホール 参加費:1000円(全席自由) 出演:松苗あけみ、藤本由香里(明治大学准教授・マンガ研究家) 続きを読む
33
前へ 1 ・・ 7 8
𝗬𝗔𝗖𝗢🍖 @niku9

@nukomerino 素晴らしいトゥギャリ!!わたしもちょっと前に内田さんの記事をTLで見かけた時いまどうしてるのかなあと思い返してました。一条ゆかりさんのアシスタントしてらしたのか…ああ、懐かしい!大好きでした

2013-03-05 01:04:38
ぬこめりの @nukomerino

@niku9 興味深いですよねー!トーク内容、もっと本格的にまとめられるといいのに(他力本願)。内田善美さんの作品には出会うのが遅くてあまり揃えられてないんですけど、大好きで。また読み返しますー。

2013-03-05 01:07:45
𝗬𝗔𝗖𝗢🍖 @niku9

@nukomerino 再販くらいはどうにかならぬものかと思いますねーご本人の意思なら仕方ないですけど、でもやっぱりものすごくもったいない!日本の宝ですよ!わたしもほとんど実家で手元にないけど読み返したい〜(´・ω・`)

2013-03-05 01:14:03
ビョコ @mibjorhime

@odaodanew1 そうでしたか!貴重な情報ありがとうございますー。生田悠里(合ってるかな?)とかも好きでした。ぶ~け読みたいなあ…。

2013-03-05 03:11:36
素天堂 @kliocity

素天堂拾遺に先日行われた「おおやちき展」関連イヴェント「松苗あけみさんトークショウ」の感想書きました。 http://t.co/61wiSHWMod

2013-03-07 03:38:58
小田真琴 @makoto_oda

大変失礼しました! おっしゃるとおりです。ありがとうございます RT @mimi_taboo 文中の「マックルシールド・パリッシュ」ですが、正しくは「マックスフィールド・パリッシュ(M.. http://t.co/n1tV22RkOw

2013-03-07 11:43:20
小田真琴 @makoto_oda

ひー、恥ずかしいタイポ! ごめんなさい

2013-03-07 11:46:38
小田真琴 @makoto_oda

【訂正再投稿】おおやちき先生はノーマン・ロックウェルやマックスフィールド・パリッシュ(Maxfield Parrish)の影響を受けている、と松苗先生

2013-03-07 12:08:56
小田真琴 @makoto_oda

訂正ついでにもろもろ追加を

2013-03-07 20:20:59
小田真琴 @makoto_oda

『ぶ〜け』の印象が強い松苗あけみ先生ですが、デビューしたのは『リリカ』という雑誌。サンリオが発行していた世にも珍しい左開き(ネームはすべてヨコ組)の少女マンガ誌で、手塚治虫先生や水野英子先生、山岸凉子先生などの大御所が描いておりました http://t.co/3jVtzXBYmC

2013-03-07 20:27:16
小田真琴 @makoto_oda

『リリカ』は創刊当初はオールカラーだったとか(3号目くらいからは1色ページも登場)。いま考えれば狂気の沙汰ですが、それだけにギャランティは良かったそうです。サンリオが出版社でないからこそできた本だと、松苗先生も藤本さんもおっしゃってました

2013-03-07 20:29:31
小田真琴 @makoto_oda

藤本さんは「リリカ」から「ぶ〜け」へと至る少女マンガの系譜をご指摘なさっていました。ちなみに「リリカ」は1976年の冬に創刊し、1979年春に休刊。「ぶ〜け」は「りぼんデラックス」の後継誌的な扱いで1978年創刊(2000年に休刊)

2013-03-07 20:39:42
小田真琴 @makoto_oda

ちなみに松苗先生は「リリカ」の休刊を「ぶ〜け」の編集長から知らされたそうですw あるとき電話があって「『リリカ』が休刊するからウチで描きませんか」と。「ええっ」w

2013-03-07 20:41:09
小田真琴 @makoto_oda

「リリカ」のバックナンバーはここらへんに詳しいですね → http://t.co/4QzNBpXOW7 http://t.co/76QL3Z5EAD 当時のサンリオは、今では古書市場で高値で売買されている「サンリオSF文庫」をはじめ、文化事業に熱心だったようです

2013-03-07 20:46:26
小田真琴 @makoto_oda

トークショーでは「79年4月号『リリカ』休刊、その3か月後に『ぶ〜け』創刊」とされてましたが、これは間違いかしらん?

2013-03-07 20:48:45
小田真琴 @makoto_oda

おおやちき(大矢ちき)先生の『回転木馬』のカラー見開き( http://t.co/yWbIdAnFnG )は「としまえんのカルーセルエルドラドがモデルに違いない!」と松苗先生は力強く予想w 参考:http://t.co/VPaKFF1YzY

2013-03-07 20:53:46
小田真琴 @makoto_oda

松苗先生は一条先生のお宅はもちろん、大島弓子先生や内田善美先生、清水玲子先生など、さまざまなマンガ家さんの家へと押しかけては下書きや色紙をゲットしてきたそうですw(清水先生は下書きを欲しがる松苗先生に「こんなのでいいの!?」とw)

2013-03-07 20:56:45
小田真琴 @makoto_oda

ですねですねw RT 鍵: 「リリカ」が休刊するって聞いた松苗先生が「じゃあ、いま描いてるのはもう描かなくていいんですか?」って、ちょっとヤッター的なニュアンスだったのがまたチャーミングだったね!

2013-03-07 21:20:12
小田真琴 @makoto_oda

最後に、松苗先生は今日の青年誌のように「週刊誌だけど掲載は月イチでOK」と言ったフレキシブルな連載の形態があれば、今もおおや先生や内田善美先生は描き続けていてくれたのではないか、とおっしゃっていました

2013-03-07 21:22:25
小田真琴 @makoto_oda

そうだ、「リリカ」の表紙は高橋亮子先生が描いていらっしゃったんですが、これは当時超売れっ子だった高橋先生に編集部が作品を依頼したところ「忙しくてとても無理」だと断られ、「だったら表紙だけでも…!」と編集部が食らいついたおかげだったそうです

2013-03-07 22:37:22
小田真琴 @makoto_oda

「リリカ」に描いていたころの山岸凉子先生はちょうど「花とゆめ」で『妖精王』の連載中ですね。『日出処の天子』はその後、1980年からの連載開始になります。マンガ界では中堅といったところでしょうか

2013-03-08 00:54:42
小田真琴 @makoto_oda

ところでみなさんは『日出処の天子』をどのように略しますでしょうか。わたしは「ヒデショ」と略していたのですが、以前に親しいマンガ仲間をリサーチしたところ、人によって「ヒイズル」「トコロテン」「ヒショテン」「ズルテン」などいろいろありすぎて笑いました

2013-03-08 00:58:14
前へ 1 ・・ 7 8