身体知としての気功ワークス第10回の感想など。

カウンセラーの高石宏輔さん@lesyeuxx とタッグを組んで開催している「身体知としての気功ワークス」第10回。動きのなかで身体と感覚を「読み取る/感じる」ためのエクササイズを盛り込んだ内容になりました。 自身の内部感覚に意識を向け、トランス状態をコントロールすることを主眼として、準備功から基礎練功、動功、站椿功、瞑想の流れの中に様々な要素(催眠とか整体とか)を混じえてお伝えしてます。参加者の方の疑問や質問に応える形で進めていますので、まったくの初心者でも問題なく技術や考え方を習得できると思います。 次回は3月下旬開催予定です。
0
いもりA @imoriAA5

気功を通して自分の中に潜り、感覚を見直すことで、自己の欲望・願望を見直す。そして、感覚を鋭敏にすることで、変容を感じ取れるようになる身体を作り上げる技術。そんな気がした。

2013-03-07 22:38:45
いもりA @imoriAA5

さっき、気功は補助ツールのひとつであると書いたけど、これほど強力なツールはないと思う。少し時間はかかるけど、自分に変化をもたらせることが可能なツール。ぼくは2ヶ月くらいずっとスワイショウだけをしてたけど、それだけでも集中力があがったし、緊張状態の中でも動けるようになった。

2013-03-07 22:42:14
いもりA @imoriAA5

そして、江坂さんと高石さんの観察力があってこそ、あの講座は成り立つんだと思う。ぼくらには見えてない何かが見えてるとしか思えないレベルの観察力で、自分の弱い部分を看破されていくのは、ある意味で快感だった。

2013-03-07 22:43:54
いもりA @imoriAA5

もし、今何か行き詰まっていたり、うまく現状が打開できずに悩んでる人がいれば、一度参加してみるといいと思います。自分がほんとうは何を欲しているのか、それを見つめ直せるいい機会になるし、メンタルケアの方法も学べる講座。そんな感じですね。

2013-03-07 22:46:20
雪猫*愛と性の占い師*ゆきねこ @yukineko_tarot

先日月曜に参加した二回目の気功ワークスが。ゆきねこにとってさらなる衝撃だったのデス…が。前回みたいに感想とか。ベラしゃべりする気になれないのは何故?いっぽうで積年のヤバい感情は順調に浄化されてゴキゲンです♪気功や催眠についてもっと知りたいナ。当面はゆきねこ自身を実験台にしマス☆

2013-03-07 16:29:23
qigong_ws @qigong_ws

たしかに、見られてるとき、「ここが良かった」と言ってもらえるより、「ここはなんでこうしてるの、そうなるの」という疑問をもらえるほうが自分のためになる。結局、自分が辿ってきた過程だけが正解なのでなく、そこへ到る過程というのは結構な数あるわけで、それについて無自覚であることも多い。

2013-03-04 17:01:48
高石宏輔 @lesyeuxx

鋭い人ほどカウンセリングやナンパ講習のあとに僕の動きの意味を聞いてくる。聞かれると説明するけど、説明しながら自分のことな気づくことが多い。学ぶ人は他人の身体をトレースする。トレースされるとこちらもその動きがより意識的なものになる。

2013-03-04 17:26:06
qigong_ws @qigong_ws

疑問・質問を持てる数だけ、伸びしろがあるとも言える。ただし、疑問を見つけようと意識して「見てしまって」はその時間が希薄なものになるし、かといって体験に没入しすぎても他者を発見することは少ないと思う。その中間で、両者を行ったり来たりできるのが一番よいのかも。

2013-03-04 17:31:27
qigong_ws @qigong_ws

多くの人がその「特別な何か」を求めて、いろんなセミナーや教室や学びの場へでかけるのだろう。でも、本当はそれを手に入れた時点でとんでもない変化が起きる方法なんて、ない(と思う)。でも、方法はなくても変化を促し続けるための道はあると思う。その道を歩むための、いくつかの道具立てがある。

2013-03-05 22:55:58
qigong_ws @qigong_ws

その道具というかツールとして気功や催眠があって、トランス感覚の中から自然と自ら変容を促せるようになっていくのが一番良いのではないかと考えている。自分の内奥にめがけて飛び込んでいって、見つけたもの、欲してたものにアクセスするためのアクアラングのような感じ。

2013-03-05 22:58:30
高石宏輔 @lesyeuxx

葉坂さん(@karada_kokoro)のピラティスのプライベートレッスンを受けさせて頂いた。今回は二回目。気功は身体に意識を向けることで心身がぐぐっと変容するのに対して、ピラティスは直接筋肉や骨に働きかけをすることで心身がパタンと変容するような感覚がある。

2013-03-05 17:04:43
高石宏輔 @lesyeuxx

それらに対して、自分が出来ることは、それらの心身の変化を繊細に感じられるようにしたり、変化をその場だけではなく日常にまで引き延ばせるようなイメージを作ったりすることなのだろうなと思う。

2013-03-05 17:12:00
qigong_ws @qigong_ws

喘息持ちだったんだけど、気功や整体でも胸のあたりが詰まる、呼気・吸気が弱いのは、感情を胸のあたりで溜め込んでいるから、と考えられてる。春先、温度が変調しやすい時期は喘息などの発作も起きやすい。調律するには鎖骨へのてあて、あるいは鎖骨を暖めると良い。僕も良くさすってます。

2013-03-05 15:48:42