2013年3月7日

サザエのお裾分け ヨハネの黙示録6章とダニエルの70週

いよいよ患難時代の幕開けです。患難時代は、ダニエルの七十週の最後の一週にあたります。六十九週は既に終わっています。残りの一週に何が起こるのか?クリスチャンとして今 何をすべきか? これを読まれる方一人一人に、主のお導きがありますように…
4
📖麦子🌾 @wancupmaster

〜ちょっと Bit 復習〜黙示録1章ーヨハネが見たこと。2〜3章ー今あること(1世紀当時実在したアジアにある教会)。4章以降ーこの後に起こること。4〜5章は、7年間の患難時代が始まる前の天での様子が記されています。

2013-03-05 20:09:06
📖麦子🌾 @wancupmaster

6章からはいよいよ患難時代に入ります。その始まりは、七つの封印が解かれるところからです。それを解くことが出来るのは、神の小羊であるイエスのみです。

2013-03-05 20:13:22
📖麦子🌾 @wancupmaster

「患難時代」はいろんなことべで表現されています。cf「ヤコブの苦しみの時」…エレミヤ30:7。「ダニエルの七十週目」…ダニエル9:2。「試練の時」…黙示録3:10。「御怒りの大いなる日」…黙示録6:17。

2013-03-05 20:14:41
📖麦子🌾 @wancupmaster

患難時代を表わすことばで代表的なのは「主の日」ということばです。cf イザヤ2:12、13:6、エレミヤ46:10、ヨエル1:15、第一テサロニケ5:2他。 *「主日」…日曜日のことですが、聖書では日曜日を「週のはじめの日」といいます。

2013-03-06 05:27:09
📖麦子🌾 @wancupmaster

黙示録を学ぶにあたり、keyとなるのがダニエル書です。*ダニエル9:24ーあなたの民とあなたの聖なる都については、七十週が定められている。それは、そむきをやめさせ、罪を終わらせ、咎を贖い、永遠の義をもたらし、幻と預言とを確証し、至聖所に油をそそぐためである。

2013-03-06 05:42:30
📖麦子🌾 @wancupmaster

ヘブル語では「週」=「シャブオット」。しかし、この箇所では「シャブオット」ではなく「シャイブ=7」ということばが使われているので、正しくは「70の7倍の預言」であって「70週」というのは誤訳になるのだそうです。「ダニエルの70週の預言」として、あまりにも有名ですけどね^^;

2013-03-06 05:49:45
📖麦子🌾 @wancupmaster

ダニエル9:24を見ると「70週」が定められた目的が書かれています。“そむきをやめさせ、罪を終わらせ、咎を贖い、永遠の義をもたらし、幻と預言とを確証し、至聖所に油をそそぐため”…つまり、これはメシヤの初臨についての預言です。

2013-03-06 06:00:19
📖麦子🌾 @wancupmaster

聖書預言では1日=1年とみなされることを考慮して、ダニエル9:25〜27を見ると、70週が1)7週=49年。2)62週=434年。3)1週=7年の三つの期間に分けられていることが分かります。*旧約聖書はヘブル語で書かれているので、1年をヘブル歴で計算すると、360日となります。

2013-03-06 06:15:44
📖麦子🌾 @wancupmaster

ダニエル9:25ー“引き揚げてエルサレムを再建せよ”という命令が出てから…といのが計算の起点となりますが、この命令をいつにするかというところに意見の違いがあるわけです。

2013-03-06 06:22:47
📖麦子🌾 @wancupmaster

24節をメシヤの初臨と理解すると、アルタシャスタ王の第7年(BC457年)に出た勅令ーエズラ記7:11~26ーということになります。油そそがれた者であるメシヤが来るまでの7週と62週、つまりBC457年から483年後のAD26年にキリストの公生涯が始まったということです。

2013-03-06 06:27:21
📖麦子🌾 @wancupmaster

*キリストの誕生である「紀元」の算出時に誤差があり、実際に誕生したのはBC4年頃とされています。イエスがメシヤとして公生涯を始められたのは、およそ30歳であった(ルカ3:23)ことからも誕生はBC4年であることが分かります。

2013-03-06 06:32:58
📖麦子🌾 @wancupmaster

1)七十年間のバビロン捕囚から引き揚げて、最初の49年間に(第二)神殿とエルサレムの町の再建を行なうということです。

2013-03-06 06:50:55
📖麦子🌾 @wancupmaster

2)メシヤの初臨はそれよりも62週=434年後ということになります。「千年王国=メシヤ的王国」が来るのは、更に先のことであり、今現在まだ到来していません。

2013-03-06 06:53:13
📖麦子🌾 @wancupmaster

ダニエル9:26ー62週の後、油注がれた者=メシヤは断たれ、彼には何も残らない…イエス・キリストの十字架の死を預言。来たるべき君主…反キリスト。cf マタイ24:24ーにせキリスト、にせ預言者たちが現れて、できれば選民をも惑わそうとして大きなしるしや不思議なことをして見せます。

2013-03-06 07:01:28
📖麦子🌾 @wancupmaster

メシヤの死後、エルサレムの町と聖所は破壊されます。破壊するのは反キリスト自身ではなく、その「民」です。このことは、AD70年ローマ軍により成就したことから、患難時代に現われる「反キリスト」もローマ(帝国!?ルーマニア!?詳細までは不明)から出ると言われています。

2013-03-06 07:10:00
📖麦子🌾 @wancupmaster

ダニエル9:27ー最後の1週…この7年間が「患難時代」と呼ばれています。半週の間…つまり前半の3年半の間、患難時代には再建されている神殿では、いけにえとささげ物が捧げられていますが、後半になるとそれらは禁止され、偶像礼拝が命じられます。荒らすべき忌むべき者ー反キリストの偶像。

2013-03-06 07:17:37
📖麦子🌾 @wancupmaster

ダニエル9:27の預言に関しては、イエスご自身も警告されています。cf マタイ24:15

2013-03-06 07:19:18
📖麦子🌾 @wancupmaster

ローマ人の血を引く「反キリスト」が現われると、まず、ユダヤ人たちと契約を結びます。*メシアニック・ジューたちもいるので、すべてのユダヤ人たちがこの契約に参加するわけではありません。 

2013-03-06 07:23:39
📖麦子🌾 @wancupmaster

反キリストは、3年半でこの契約を破棄して、代わりに自分の像を拝むように強要します。この命令に従わない人々を迫害するのです。つまり、真の神を信じる者たちは迫害にあい、殉教するのです。命がけの信仰とは、まさにこのことです。

2013-03-06 07:25:34
📖麦子🌾 @wancupmaster

ユダヤ人たちとこの反キリストが契約を結ぶには、契約の主体となるユダヤ人の国「イスラエル」が必要です。*イスラエル共和国は、1948年に建国されました。つまり、1948年のイスラエル建国以来、いつでも反キリストとの契約が可能な時代に入ったということです!

2013-03-06 07:28:59
📖麦子🌾 @wancupmaster

そしてこれから学ぶ黙示録6章で、小羊が巻き物の封印を解くというのは、ユダヤ人が反キリストと規約を結んだ時に起こる出来事であり、ここから患難時代が始まるのです。

2013-03-06 07:30:54
📖麦子🌾 @wancupmaster

イスラエルの建国以来、終末の時代は始まっています。いつ携挙が起こり、いつ反キリストがユダヤ人と契約を結んでもおかしくない時代に入っています。あなたはクリスチャンとして、備えが出来ていますか?今こそ霊的に覚醒すべき時です!主よ、お導きください!アーメン。

2013-03-06 07:34:16
📖麦子🌾 @wancupmaster

黙示録6:1ー小羊が七つの封印の一つを解いた…神さまに右手から、内側にも外側にも文字が書きしるされ、七つの封印で封じられていた巻き物の封印の一つを解いた、ということです。その時、ヨハネは四つの生き物(セラフィム)の一つが「来なさい」という声を聞きました。それは雷のような声でした。

2013-03-06 22:46:22
📖麦子🌾 @wancupmaster

黙示録6:2ーヨハネは幻を見ました。白い馬ー「征服」を表わす。それに乗っている者ー反キリスト。冠ー王冠には二種類ある。a)神さまがかぶる王冠…ダイアデム。b)勝利者がかぶる王冠…ステファノス。この人物(反キリスト)に与えられたのは「ステファノス」です。キリストならダイアデムのはず

2013-03-06 22:56:15
📖麦子🌾 @wancupmaster

勝利の上に勝利を得ようとして出て行ったー反キリストは携挙の後の大混乱の中、平和と安全を掲げて現れて来ます。様々な不思議やしるしを行なって、人々を惑わすのですー第二テサロニケ2:9~10。患難時代の「悪の三位一体」は、御父⇔サタン、御子⇔反キリスト、御霊⇔にせ預言者を組んでいます。

2013-03-06 23:06:32
残りを読む(37)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?