カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
1
斎藤恭紀 気象予報士 @saitoyasunori
これを見て、年末に自民党に投票した方は茫然としているのでは。私が所属していた民主党も公約をびりびりに破り捨てた。これだから、政治不信が極まる。#TPP に関しては舌の根も乾かぬうちに、3か月で翻した。(続く) http://t.co/r0F7nQPYaX
 拡大
斎藤恭紀 気象予報士 @saitoyasunori
今週の #TPP の参加表明は1、日本が参加しないと意味のない協定なので、「そろそろ頼むよ」とかの国から圧力2、現政権が高支持率で、参加表明しても党が割れない3、参議院選挙まで時間があり、冷却期間を設けることができる。「整いました!」 http://t.co/AAenoIfXis
 拡大
旅にゃんころりッチ(西内まりや推し) @goldencat222
@saitoyasunori 参院選次第では、次は自民党改憲案のQ&Aがウソだと分かりますねww《*≧∀≦》(笑)
岩上安身 @iwakamiyasumi
以下、連投。 RT @IWJ_ch1: 1.3月12日(火)同志社大学大学院教授 浜矩子氏インタビューの模様を実況します。#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投2 RT @IWJ_ch1: 2.浜氏「アベノミクスは『アホノミクス』。グローバル市場の到来以前の時代にしか目が向いていない政策。すなわち『浦島太郎の経済政策』。『Japan is back』『日本を取り戻す』とは時代錯誤的なフレーズ」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投3 RT @IWJ_ch1: 3.岩上「結果として、円安・株高に市場が振れている。それをどう評価するのか」浜氏「円安も株高も同じ力学で突き動かされている。『ああ言っているなら円安になるな、ならとりあえず乗っておこう』という流れ」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投4 RT @IWJ_ch1: 4.岩上「『ケインズの美人投票』ですね」浜氏「そういうこと。市場を動かしていると思っている一方で、市場に取り込まれている、とも言える。我々が1930年代に置き捨てて来たはずの経済政策である」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投5 RT @IWJ_ch1: 5.浜氏「最初に仕掛けたのはアメリカか、という問題。もちろん、アメリカがドル安を追求するのは理にかなったこと。日本が円安を追求するのはこれとまったく違う」岩上「債務であっぷあっぷの国と債権を持っている国の違い、と」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投7 RT @IWJ_ch1: 7.岩上「日米首脳会談、米側は安倍総理に大変冷淡な扱いだった」浜氏「アメリカにとって日本の市場が魅力的であることは確か。欠くべからざる要素としての日本市場。そこに円安政策というバリアを日本側が張ったことにフラストレーションがあったのだろう」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投8 RT @IWJ_ch1: 8.浜氏「安倍政権は思い込みが激しくて単線的。そこにアメリカは不気味さを感じている」岩上「ヘリテージ財団の論文に『日本の対中ナショナリズムは米国にとって具合が良い』と」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投9 RT @IWJ_ch1: 9.浜氏「ヘリテージやCSISはグローバル経済は苦手。国民国家を前提とした考え方をする」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投10 RT @IWJ_ch1: 10.岩上「人口が減っている。内需が暖まらない。巨大資本にのみ集中してトリクルダウンは起こらない」浜氏「国内で堅実な投資がなされず、投機に流れる恐れがある。金融緩和でゼロ金利をやると自ずとそうなる」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投11 RT @IWJ_ch1: 11.浜氏「白土三平の『回転イナズマ切り』を思い出す。彼らはずっと勝ち続けて来た。しかしある日、ある者に敗れた。そこで『回転イナズマ切り』の精度を高めていたところ一族は全滅した。アベノミクスはまさにこの状況にある」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投12 RT @IWJ_ch1: 12.岩上「日銀の白川さんを事実上は辞職に追いやった。日銀の政治への従属の象徴」浜氏「日銀は最大の危機。岩田さんは2%を達成出来ないと辞任するが、非常に短絡的。大いなる危機だ」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投13 RT @IWJ_ch1: 13.浜氏「中央銀行が政府に牛耳られているのは独裁国家の典型。今の日本もまさにその状態ということ」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投14 RT @IWJ_ch1: 14.岩上「物価はインフレ、賃金が抑制される。スタグフレーションになってしまうのではないか」浜氏「まっとうな指摘。経営側としては正規雇用者に対してはベアや賃上げに対応するが、非正規雇用者の流動化は進むだろう」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投15 RT @IWJ_ch1: 15.浜氏「資産インフレと実物デフレが同時に起こるという、いまだかつてないことが起こる可能性も」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投16 RT @IWJ_ch1: 16.浜氏「日本の北朝鮮化。悪魔のささやきとしての『鎖国』が現出化している」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投17 RT @IWJ_ch1: 17.岩上「TPPについて。国家主権を米国に委ねるものでは」浜氏「歴史的に考えると、国粋主義的国家というのは長いものにまかれろという傾向がある。それは真の愛国ではない。単なる権力志向」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投18 RT @IWJ_ch1: 18.浜氏「グローバル時代に国民国家が生き残るのに必要なことは二つ。1に愛嬌、2に度胸。常に大人の距離感を保つことが必要。安倍政権にはこの二つが欠けている。度胸と愛嬌の二つと無縁だな、と」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投19 RT @IWJ_ch1: 19.浜氏「TPPに象徴される流れ、非常に逆行的。本来は一つであるはずのグローバル経済圏を切り刻むもの。ブロック化でありグローバル化への逆襲。敗北主義的な選択。多様でかつ独立性のある関係を保つ距離感を持つべき」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投20 RT @IWJ_ch1: 20.浜氏「違うもの同士が、寄り合い、分かち合うことで豊かな世界作る。そうすることで購買意欲が増していく。TPPはそのような世界観を削ぎ、のっぺりとした世界を導いていく」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投21 RT @IWJ_ch1: 21.浜氏「日本も円単一通貨圏ではなくなるかもしれない。ドルも同じ。日本が円単一通貨圏なのは、日本全国で経済実態が同一だから、というわけではない」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投22 RT @IWJ_ch1: 22.岩上「多通貨というとハイエクを想起する。さらにはフリードマンも」浜氏「新自由主義者の間違い、経済政策が自由放任なら、そのぶんだけ社会政策は見える手を差しのべなけねばならない」#iwakamiyasumi
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投23 RT @IWJ_ch1: 23.岩上「その意味でアベノミクス的予算編成は象徴的。生活保護受給者への給付をばっさり切った」浜氏「すべてが逆ばりになっている。時代逆行性はすごいことになっている」#iwakamiyasumi
残りを読む(211)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする