2013年3月14日

タミフルの薬効と科学論文

@yoh_tanimoto さんの投稿のまとめ。日本だけで年間数百億円の売上のあるタミフルに、インフルエンザの重症化を防止する効果があるのか?実は論文を詳細に検討すると、その根拠に疑問が生じる、という話。これ自体も大きな問題ですし、科学研究における利益相反を考える一つの材料にもなります。 関連→薬学研究と出版バイアス http://togetter.com/li/478458
39
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto

ダメ科学シリーズ、今回は薬学。製薬会社がいろいろとアレなのはまあみんな知っているけど、これは科学論文がダメという話。 http://t.co/tqF0j7NIS8 このTED talkには日本語字幕もある。 http://t.co/FvJSd76yF4

2013-03-03 23:36:26
リンク Google Books Bad Pharma: How drug companies mislead doctors and harm patients ‘Bad Science’ hilariously exposed the tricks that quacks and journalists use to distort science, becoming a 400,000 copy bestseller. Now Ben Goldacre puts the $600bn global pharmaceutical industry under the microscope. What he reveals is a fascinating, te
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto

タミフルはよく知られたインフルエンザの薬で、副作用とかがいろいろ話題になったものの、インフルエンザには効くということになっている。 http://t.co/orijtWMXCD 日本では年数百億円の売上がある。 http://t.co/VeUCitnmDY

2013-03-03 23:36:30
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto

2008年までは、いろいろな論文の結果をつき合わせたところ、タミフルは重症化を防止する効果があるということになっていた。ところが、林敬次氏がwebページに残したコメントによって、これがひっくり返る。http://t.co/0bkBF6c3Vd

2013-03-03 23:36:41
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto

林氏のコメント: 重症化を防止するということになった時の10件の治験のうち、8件は詳細が公開されていない。これらの公開されていない治験をよく調査しないと、重症化については結論が出せない。 http://t.co/x8hHqHbdZf

2013-03-03 23:36:48
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto

Jeffersonはロシュに直接データを出すよう求めるが、ロシュは色々理由をつけて出さなかった。しかたがないのでJeffersonは2件の治験のデータだけを使ったところ、タミフルの重症化に対する効果は確認出来なかった。http://t.co/qSEl1oJhff

2013-03-03 23:36:55
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto

4年以上経った今も全部の治験のデータは公開されていない。ロシュは先週「調査はするがデータの公開はしない」と言ったように見える、というのが先週のこのニュース http://t.co/W2GDXMLfCy ロシュの言い訳一覧はこちら http://t.co/eA7dh0UXl0

2013-03-03 23:37:01
リンク BBC News Roche trial data pledge

コメント

sakai @SkiMario 2013年3月15日
発症後48時間以内に投与すれば罹患期間を短縮するっていうのと、予防効果が有るっていうのは問題無いのかな?
1
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto 2013年3月15日
どちらも明らかとは言い難いところです。48時間以内の、インフルエンザの症状のある人への投与で罹患の短縮については有意(1日程度短縮)ですが、これは本当にインフルエンザである人の割合がやたら高い治験になっています。@SkiMario
0
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto 2013年3月15日
予防効果についても、曝露後投与では有意ですが、インフルエンザの症状の予防については有意ではありません(同じ症状があってもインフルエンザウィルスに感染しているとは限らない) http://t.co/qSEl1oJhff @SkiMario
0
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto 2013年3月15日
結論部分では、はっきりと「季節性インフルエンザを日常的にコントロールするためには(これらの薬は)使われるべきではないと信じる」と書いてあります。 http://t.co/qSEl1oJhff @SkiMario
0
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto 2013年3月15日
あと、重症化については、他の治験のデータがそろえば有意になる可能性はあります。問題はロシュが出すつもりがなさそうであることで、さらに言えばどのデータを出すかが製薬会社によって決まっているという、出版バイアスの問題であるわけです。 SkiMario
0
NiKe @fnord_jp 2013年3月15日
ベン・ゴールドエイカーはまともな人物のようですね。インチキなワクチン否定論やホメオパシーを批判しています。しかし林敬次という方はちょっと怪しいですね。インフルエンザワクチン否定論者のようです。
0
sakai @SkiMario 2013年3月15日
yoh_tanimoto 丁寧なお返事有難うございます。タミフルはインフルエンザへの薬ですので、インフルエンザで効果が有ればいいんじゃないでしょうか?「風邪薬」ではないわけですし。予防効果は中外製薬としてはインフルエンザ患者との接触が有った人に対しての予防効果を表示しているだけだと思うので、もとから一般予防薬とは認識されていないんじゃないでしょうか。それすら保険適応は無いですし。
1
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto 2013年3月15日
SkiMario インフルエンザは症状だけでは確定できないし、検査で陰性でもタミフルが処方されることはありますから、そういう場合には効果があるかどうかはわからない、ということだと思います。あと、予防と言っても感染は防げないそうです。
0
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto 2013年3月15日
SkiMario 中外製薬によると、予防投与は高齢者、呼吸器疾患がある方が対象 http://influenza.elan.ne.jp/faq/faq05.php ですから、重症化に効果があるかどうかがまさに問題なのだと思います。
0
sakai @SkiMario 2013年3月15日
yoh_tanimoto インフルエンザ薬なので、インフルエンザで無いものに効果が無いのは仕方のないことですよね。インフルエンザでないのにタミフルを処方するのはおかしいと思いますが、インフルエンザを否定しきれない時に処方する可能性は有るのかなぁとも思います。
1
sakai @SkiMario 2013年3月15日
yoh_tanimoto よく分からないのですが、重症化に対して効果が無いというのは既に症状が出ている患者に対して投与した場合の話ではないのでしょうか?条件は有るにせよ予防効果(これは発症率が低下?発症した際の症状緩和効果?)は有意に認められているのであれば予防薬として用いられてもいいと思います。
0
トランスヒューマン 5G Ultra(技適取得済み) @tri_man 2013年3月15日
偽陰性の可能性もありますから、医者の判断で処方するのに問題は無い気がします。インフルエンザは発熱後の時間が短いと検査の感度が低いですし。 治験データを出し渋ってる方が気になりますね。
2
Yoh Tanimoto @yoh_tanimoto 2013年3月15日
SkiMario 予防についてはそうみたいです。もとの論文のひとつはこれで、http://jid.oxfordjournals.org/content/189/3/440.full ちゃんと読んでませんが曝露後の投与で発症率に効果があるということのようです。
0
sakai @SkiMario 2013年3月15日
yoh_tanimoto なるほど。論文まで示していただいて感謝です。
0