武雄市図書館のTSUTAYA化に国費2億円の投入が決定してしまったのでより広く議論しませんか? #takeolibrary

精力的に武雄市の図書館問題について疑問を提示し続ける金の髭氏の、武雄市民だけではなく『それが展開される危険性がある全ての自治区の人々』に対する問いかけです。
ccc 図書館戦争 佐賀県 指定管理者制度 武雄市 樋渡啓祐 蔦屋書店 図書館 tsutaya
SeijiMatsuda1 39427view 7コメント
76
ログインして広告を非表示にする
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:18:08
    (続)樋渡市長は3/13市議会で「書架上部に転落防止ストッパーをつけ幅広いキャットウォークを設置し手すり下部はガラスなので本の落下については二重三重の安全対策がされている」と述べている。だが果たして本当に安全なのだろうか。 http://t.co/1E5vYn8VXf (続)

  • 設計図面に人物などを追加してみた図(上で示したものを再掲)


  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:21:17
    (続)文化・学習課からの回答によると「転落防止柵付きの作業台を使う予定」とのことだが、予定ということは現在行われている本並べ作業では以前の回答どおりまだ脚立で作業しているということだろう。現在の作業の安全性も懸念される。 http://t.co/1E5vYn8VXf (続)

  • 設計図面に人物などを追加してみた図(上で示したものを再掲)


  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:24:43
    (続)転落防止柵つきの作業台を使ったとしても恐ろしい。ちょっと手元が狂うだけで本はキャットウォークを超え、最大8m下の1階まで転落する。しかも写真を見ると書架上部には閲覧頻度が少ない大型書籍が置かれるように見える。 http://t.co/n0ExRTB66i (続)

  • 実際の写真
      武雄市議会議員の上田雄一氏が2013/3/8に撮影しブログに載せたもの。
      記事からは削除されている。削除の経緯は樋渡市長ブログ記事のコメント欄を参照。
      上田雄一議員のブログ記事はこちら
      写真削除前の魚拓はこちら


  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:27:41
    (続)作業台の詳細はまだ明かされていないが、少なくとも作業者が8m下まで転落するという悪夢のような事故が起きないことを願いたい。とにかくこのように図書館部分の利便性や安全性が下がっているのは異常なことだと思う。 http://t.co/1E5vYn8VXf (続)

  • 設計図面に人物などを追加してみた図(上で示したものを再掲)
      ※非常に重要なイメージですので、あえて同じものを何度も出しています。


  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:31:29
    (続)話を戻す。武雄市図書館がこのような危険で利便性の低い書架を使っているのは「蔦屋書店とスターバックスの営業スペースを無理やり作り出すため」である。「20万冊開架(全蔵書を開架にするというだけで蔵書数が増えるわけではない)」はそれを誤魔化すためのお題目でしかない。 (続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:33:17
    (続)ではなぜ利便性や安全性を下げてまでCCC社の営業スペースを作り出さなくてはならないのか。それは「CCC社に利益を上げてもらわないと、1日12時間365日開館の図書館運営を1億1千万円で委託するのは不可能」だからに他ならない。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:37:42
    (続)実際、新しくなる武雄市図書館では、「公営施設である図書館の運営」と「有料販売施設である蔦屋書店とスターバックスの運営」が不可分の形で行われる。蔦屋書店のアルバイトなど、全てのスタッフが販売だけでなく図書館の貸出業務なども行うようになるそうだ。本の取り出しもだろう。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:41:02
    (続)図書の自動貸出機はツタヤのセルフPOSと共用。一部の司書は司書業務だけでなく蔦屋書店の商品選書や書評ポップ作りやディスプレイなども行う。現在行われている図書利用カードの事前登録ではTカードを選べばスタバ1杯無料とレンタル1本無料のクーポンが渡される。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-17 22:27:28
    (続)こちらは事前登録で渡されたというレンタル1本無料クーポンの写真(2種類確認されているうちの1つ)。恐ろしいことに「武雄市図書館」の名前で発行されている。ツタヤが図書館の名前を借りてやりたい放題しているように思える。 https://t.co/hnoFLGIiKS (続)
     拡大
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-17 22:30:45
    (続)図書館内の蔦屋書店の名称は「蔦屋書店 武雄市図書館」となる。スターバックスは「武雄市図書館店」と最後に「店」がつくが、蔦屋書店にはつかない。書店なのか図書館なのか、意図的に誤認させようとしているように思える。どう見てもズブズブな感じである。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:44:39
    (続)図書館を利用するには普通「利用登録」が行われるが、武雄市図書館では説明や規約で「入会・退会」という言葉が使われる。いったいなんの「会」なのだろう。 http://t.co/3R2OKc0pZ0 http://t.co/OvE9dYeuT2 (続)

  • 武雄市図書館 2013年4月1日(月) 9:00 リニューアルオープン

    http://www.epochal.city.takeo.lg.jp/201304/index.html

    武雄市図書館利用規約

    http://www.epochal.city.takeo.lg.jp/201304/guide.html


  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:47:11
    (続)図書館は、本来「無料」で利益と結びつかないため特別に著作権や貸与権などの例外が認められている施設でもある。しかし武雄市図書館はCCC社の営利事業と密接に結びついており分離することができない。図書の貸出でTポイントまで付与される。果たしてこれは「公営図書館」なのか。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:51:13
    (続)繰り返すが図書開架面積は1571.7m、CCC社営業面積は745平米。公営施設の貸出は「本来の目的を阻害しない限り」となっているとのことだが、危険な巨大書架を利用せざるをえない状況を生み出しており、「図書館の安全快適な利用」は妨げられているのではないだろうか。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-17 21:59:37
    (続)武雄市は2013年2月に視察に訪れた草津市議に対し「従来と同じ給与保証をしつつ経費を削減できるのは物販の利益を充てることで収支が成り立つ仕組みだから」と説明している。 http://t.co/By0WYG9qZr (続)
  • リンク t.co 企業という自覚の武雄市 - 未来に責任ある政治を:心ほっとBlog@にしがき 草津市議会議員西垣和美の活動報告ブログ 日々の議員活動の中から感じることを書きつづり、市政の情報を市民の皆様に報告します。市民相談毎日受け付けてます、遠慮なくご相談下さい。
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-17 22:00:12
    (続)物販とはすなわち図書館内の蔦屋書店とスターバックスであり、CCC社の営利事業。つまりCCC社が自分達の利益を武雄市図書館の運営に充てるということだ。イイハナシダナーなどと涙している場合ではない。これは歪みだ。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-17 22:01:14
    (続)CCC社は営利企業であり慈善団体ではない。図書館指定管理受託の実績、自治体へのTカード採用実績と適用範囲拡大見込み、Tカードの単純普及、図書館運営に回す金額を十分上回る物販利益など色々な利益が考えられるが、それと図書館運営の受託がセットになっているのはやはり異常だ。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:54:37
    (続)武雄市という自治体が、一私企業であるCCC社に便宜(利益)を供与し、その代わりに図書館運営をありえない格安の値段で請け負わせるというのは、果たして本当に法律的な面で問題がないことなのだろうか。公募ではなく随意契約であることも重要なポイントだと言える。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 17:57:00
    (続)武雄市図書館については、日本図書館協会、日本文藝家協会、日本書籍出版協会など色々な組織から懸念が示されている。しかし法的な解釈等について、もっと広い範囲での議論が早急に必要だと考えている。図書館関係者、出版関係者、法曹関係者など様々な識者の意見を聞きたい。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 18:00:28
    (続)3/13の市議会で、武雄市図書館に合併特例債が利用されることが明かされた。これは国のお金が2億円も使われるということ。2000年10月に完成したばかりのまだ新しく綺麗だった武雄市図書館・歴史資料館を「樋渡市長が代官山蔦屋書店に憧れた」という理由で改悪しただけなのに。(続)

  • 参考: 改装直前の武雄市図書館・歴史資料館の内部写真
         武雄市公式Facebookの2012/9/28の記事より引用。
         撮影時期は不明ですが、どう見てもまだ新しく綺麗であり、改装の必要などありません。


  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-17 00:05:35
    (続)改装費4億5千万円の財源は武雄市の一般財源1億7500万円と、合併特例債2億7500万円となる。合併特例債は大雑把に言うと「お金を借りて返すと後で国から70%が交付され戻ってくる」という制度なので国のお金から約2億円が武雄市図書館のために交付されることになる。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 18:03:46
    (続)武雄市図書館について、樋渡市長や武雄市役所はこれまで不誠実な言動ばかりを繰り返している。だがメディアでは都合のよい内容ばかりが報道されており、その実態はあまり広く知られていない。「なんか個人情報で炎上したんでしょ?」という程度の問題しか認識されていないだろう。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 18:08:22
    (続)Tカードと個人情報という問題も大事な問題の1つではあるが、ただの1問題にすぎない。市民への説明もほぼ皆無で、反対市民の意見を無視するどころか市議会で罵倒するなどして徹底的に貶め、CCC社に異様なまでに便宜を図り、法的にも曖昧な部分が多くある。問題は山積している。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 18:12:13
    (続)半月後の4/1には開館するので今更武雄市図書館の計画を中止したりすることは実質的に不可能。出来てしまったからには少しでもマシな活用を目指すしかないのも事実。だが、早くしっかりと問題を整理しないと、この悪例が全国に広がりかねない。視察に行き説明を鵜呑みにする議員も多い。(続)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 18:18:54
    (続)今回「武雄市図書館改装(改悪)」という個別事業に国費2億円が投入される事が明らかになったこともあり、武雄市図書館問題は武雄市だけでなく全国で考えるべき問題になった。武雄市と樋渡市長がやっていることの実態とその異常さを、多くの人に見て議論してもらいたい。(了)
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 18:27:17
    (補足)CCC社は武雄市と賃貸契約を結んで武雄市図書館内の営業スペースを借りることになりますが、その金額は745平米で年間600万円という事が3月議会で明らかになりました。月に50万円という金額が適切かどうかは私にはわかりません。 http://t.co/poSQyQUxez

  • 図書館内の面積専有イメージ図
      なお、このイメージ図ではTSUTAYAの有料CD/DVDレンタルコーナーにされた
      「蘭学館」は見えていません。蘭学館は図の手前側にあります。


  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 18:43:50
    (補足)なお、武雄市図書館について請願書を出したり情報公開請求したり意見や質問を送ったりすると、樋渡市長が自ら市議会やツイッター等で「ろくな人がいない」「生産性のない下劣なおっさん」「ストーカー」と罵倒したり、イニシャルや所属組織を出して脅迫したり圧力をかけて下さいます。
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 19:13:00
    (補足)武雄市図書館問題を考える上で一番重要なポイントは、「樋渡市長や武雄市役所の説明や報道を鵜呑みにしない事」という点です。市議会や視察の場ですら都合の良いデタラメな説明がまかり通っていますので、客観的で正確な情報を把握することが重要です。特に樋渡市長の言葉は信用なりません。
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 19:19:23
    (補足)「何か良い事を言ったりやったりしてるっぽい!」と感じただけで自ら思考放棄してはいけません。聞こえの良い言葉など誰にでも言えるのです。「事実なのかどうか」「本当にそう思って実践しているのか」「やっていることは本当に実があるのか」といった点を見る事が重要です。
  • 金の髭 @goldenhige 2013-03-16 19:46:04
    (補足)樋渡市長と武雄市役所は、FB良品・Evernoteでの情報公開・全国学習状況調査の学校別結果公表・職員の年俸制・ベンチャー交付金といった政策を出しています。私にはこれらのほとんどは、目立つことだけを目的とした本質的な中身のない政策にしか見えていません。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ログ・日記」に関連するカテゴリー