【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

宇都宮泰氏による「純正律とは何か」vol.3

謎解き実践編。元ちとせ「ワダツミの木」を例にVocalShifterを使って分析してみましょう。
純正律
23544view 10コメント
2
ログインして広告を非表示にする
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-16 03:02:32
0F8Dh VocalShifterの宣伝のようになってますが、この音律解析・エミュレーションの機能を備えたツールが他にないので、お付き合い下さい。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 04:28:29
0F92h 題材は、リクエストもあることから、元ちとせ「ワダツミの木」。あくまで、私の個人的解析。ご本人やプロダクションに許諾をとっているわけではありません。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 04:31:08
0F93h まず、非圧縮データであるCDなどから直接データを取得し、C-PARTで歌とそれ以外を分離します。多少、声が変質しても、他のパートができるだけ抑制できるように。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 04:33:19
0F94h VocalShifter2.0beta7を使用していますが、ver,1.3も捨てがたい解析能力があります。好みに応じて。読み込ませ解析します。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 04:36:44
0F95h ver,2.0の場合は、読み込み後、アイテム→編集、で編集画面を出します。やは り歌単品の解析ではなく2mixCDからの抽出なので、歌以外のパートがノイズとなって表れますが、再生しながら場所を確認しましょう。 http://t.co/MqTOvNxaTu
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 04:43:38
0F96h まず冒頭↓。歌詞「あかくさびた」部分、キーはC#マイナーなので、とりあえず、アイテム→アイテム設定→キーをE/C#mを選択し→OK。 グリッドと音程カーブがずれていますが、画面左音程尺部分にマウスカーソルを持っていき、Ctrl+Shift+マウス左クリックしながらドラ
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 04:46:26
0F97h ッグすると、尺を歌の音程に合わせることで、唄われている基準ピッチを計測することができます。その結果は、440HzD♭m(=C$m)で、このときにのみ、歌の音程カーブはグリッドと一致します。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 04:48:34
0F98h ところが・・・最初の「あかく」は合致しますが、続く「さびた」部分は合致しません。合致する純正律スケールを捜すと、C#(長調)441Hzと合致。 http://t.co/gU5UYuSiMb
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 04:51:39
0F99h 同様に「つきのよるに」部分では、再び短調C#m A=437Hz。 http://t.co/B6rx61bjPI
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 04:56:31
0F9Ah 続く「ちいさなふねを」はA=443Hz C#(長調)。どうやら、逆説的に長調系和音では短調系スケールを、短調系和音では長調系スケールをあてているようです。 http://t.co/O7z4By48gp
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 04:58:42
0F9Bh 伴奏和音とスケールを一致させると、埋没しやすくなり、表現としても単調になることをさけていると考えられます。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:04:44
0F9Ch もちろん逆説的な配置ばかりではどうしようもありません。「ど~こまでも、まっすぐに」部分ではちゃんと長調伴奏に長調スケールがあてられていますが、サビに至るキメ部分では、整合性を一気に高め、解決感を強調しているのでは。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:06:25
0F9Dh もちろん特徴的なコブシだって、きっちり純正律を刻んでいます!
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:10:47
0F9Eh イメージとして、純正律というと、キーに従った純正律スケールをかたくなに守る・・と考えがちですが、実際には、表情として、表現として自由自在にスケールを操ることといえます。この曲の例では、非常に頻繁に切り替え(といっても、同じ根音の調の長短が中心)が行われていますが、
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:12:17
0F9Fh ここまで頻繁で完璧な歌手は稀です。純正律魔人の称号をお送りしたいです。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:15:15
0FA0h ところどころ根音に対する3度(この音が調の長短を直接的には決めるが、それとスケールは別)がグリッドと一致しませんが、純正3度は、よく知られているものだけで3種類あり、いずれかに一致しています。グリッドが無いだけです。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:19:06
0FA1h あ、いずれにも合致しない謎のスケールもほんの少し出てきます・・いずれ謎解きします。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:19:51
0FA2h 職業的には、聴けば分かることなのですが、説明(視覚表示)が難しかったものが、こうして表示できるのは、いい時代です。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:21:38
0FA3h 一部の歌手やバイオリニストは、頭でキーを思い浮かべるだけで、自由にスケールを呼び出し、また切り替えることができるようです。もちろん才能と努力の賜物以外の何物でも有りません!
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:42:49
0FA5h 今日の連ツイは、和音ハーモニーではなく、メロディーの純正律についてでした。和音はまだわかりやすい・・。 まあ、伴奏はたまったものではない。彼女のライブ風景、何度か耳にしたが、オケ相手に、平然と対峙しきるものすごさ・・「私はただしい」ごもっとも。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:53:42
0FA6h 合致するスケールを捜すのは、少々のコツ。純正律グリッドを眺めればわかりますが、異様に半音が接近しているところがありますが、歌やバイオリンでは、同じところの半音階を繰り返し練習する・・これを目安に捜すと見つけやすい。この曲、冒頭から。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 05:56:52
0FA7h ヒトのうたう歌。万人が同じように音階を刻むことは不可能。しかし、キメや重要箇所での配慮は必要。ミクのことは私は知らない・・。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 16:24:46
@2I000mg 0FA1h え、Liveも検証しろって!? http://t.co/3YgJBWTfJR たしかに冒頭部分、アカペラに近いので、そこそこきれいに出ますね。同じですよ。確信的に純正律。 http://t.co/5GerjwrqBq
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-17 16:26:41
@2I000mg 「さびた~」部分。以降もおおむね同じ。確かにギターは合わない。  追加願います。 http://t.co/cOcfea1JQI
 拡大
あなたのツイートをまとめませんか? ツイートを集めてブログみたいに使おう。

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

T.K @2I000mg 2013-03-17 16:37:19
元ちとせ - ワダツミの木 '2002 LIVE http://youtu.be/cLnwhXEIICg
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-20 13:56:38
101Bh A=の基準音が変化している・・純正律にもスタイルがあるが、無伴奏のものでは、曲の進行にともなった「引継ぎ」に使用される音程ごとに、その時点で協和スケールが構築されます。故にA=という固定基準は無意味。本場のゴスペルなんかも同じ。 故にフレット(笑)のあるギターでは伴奏として不適切。ピアノは最悪。三味線や三線は奏者によりベター。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-20 14:12:40
101Ch ↑ 先の解析は、主観評価ではなく、純然たる物理解析。過去には不可能だった評価法です。ネット上では、あの唄について気持ち悪いだの音程が、、などの書き込みが多いが、それはこの国の音楽教育の偏り(鍵盤楽器などの一部の音楽分野に)のあらわれのように見受けられる。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-20 14:17:01
101Dh 音楽をはじめとする芸術一般について「好き嫌い」のみを行使することの野蛮さは、一部の売り手によって仕向けられたものであることに、オーディエンスは気付くべきです。本来は美の探究であり、崇高な挑戦で築かれた世界を、滅ぼすことにもつながりかねないかも。後には、だらしのない好き嫌いの価値観だけが残るのか。
いしかわ ひさし @cQ_Q 2013-03-20 14:50:03
美の探究って音楽本来のありようか。神に捧げる、神の技を探る。数学と音楽はそのような起源があることが「美」へ繋がるのかな。一方、好き嫌いは価値観と言うより身体的であるよね。FM局のヘビーローテーションなんて刷り込みの「好き」だからね。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-20 19:59:41
101Eh ケンカを売るのはいけないことですが、もうひとつ。平均律は絶対に自然発生しないということ。純正律は自分と向き合い、行を積むことで自動的に獲得できるご褒美。つまり平均律を聴いて自然な感じと思うこと自体が幻想であり、何かの受け売りということ。←これは、純正律vol 1 の数学的解法を参照。平均律は実際に1800年代まで存在しなかったものです。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-20 20:03:52
101Fh 好き嫌いの件ですが、芸術分野の職業人の間で、好き嫌いを口にするときは、議論の終了を意味します。ファンなら使用可能。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-21 05:12:21
1022h 平均律と純正律、どちらが正しいというものではなく、その音楽にとって適切な選択が重要。ただ、歌の場合、本来的には平均律はあまり適さない場合が多いということなのですが・・。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-21 05:19:45
1023h もう一つ面白い例。音大などに入ると、バッハのインベンションなんかに苦しめられる。先生はそれぞれの声部が、それぞれに聴こえるように・・結構難しいのだが、あるときベルクマイスター調律で弾くチャンスがあった。いとも簡単にそれが表現できるではないか。その翌日、ミーントーンのピアノで・・・ミーントーン、スゲェ・・。さらに何者でもない狂った調律のピアノで・・美しくはないが声部は容易に分離。何のことはない、平均律の調律で弾くから難度があがるというオチ。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-03-21 16:54:57
1025h 101Eh補足:自然発生の有無について:純正律では、合わせる相手(マスター)に対して「落ち着きのいいところ」・・聴覚的な要素と、物理的にも「スポッとはまる感覚」がある・・で得られる・・耳とその他の感覚を研ぎ澄ませることで・・・・ですが、 平均律ではそれは無くて、チューニングメータとかピアノと比較しながら合わせなければならない。唯一神(そのときそのときで変化するが)と12神教かの違い・・。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする