【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!
582
ログインして広告を非表示にする
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777 2013-03-20 12:16:17
今日で地下鉄サリン事件から18年経つんですね。自分の家族がサリンが撒かれた時刻に、ちょうど地下鉄で移動中で、乗っていた列車がサリンが撒かれて無人になっている駅を停車せずに通過していったという経験をしています。本当に恐ろしい事件でした
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777 2013-03-20 12:30:00
サリン等の有機リン中毒にはPAMという薬を使用するが、普段使う薬ではないし、副作用もそれなりにある。地下鉄サリン事件当初、、何が起きているのか分からない混乱した状況でしっかりと有機リン中毒の診断を下し、PAMの投与を決断した現場医師の判断力は個人的にすごいなと思います。
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777 2013-03-20 12:46:17
サリンの解毒に使うPAMという薬は作れば作るほど製薬会社が赤字になる。しかし住友製薬は住友化学が有機リン系農薬を作っているので、それで中毒が起きたときの解毒剤のPAMを作るのはグループ会社の義務だと赤字覚悟で作っていた。それがサリン事件で多くの人命を救った。素晴らしい精神だと思う
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777 2013-03-20 16:57:50
地下鉄サリン事件の時、解毒薬のPAMは首都圏にあるだけでは全く足りなかったので、薬卸業者は社員を東京行きの新幹線に乗せ、新幹線の停車する各駅でその周辺でかき集めたPAMを受け取らせ、東京へ必要な量を運ぶという手段をとったらしい。素晴らしい機転と行動力だったと思う。
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777 2013-03-20 17:27:11
地下鉄サリン事件の際、外来をストップして患者全員の受け入れを宣言した聖路加病院、有機リン中毒と見抜いて解毒剤PAMの投与を始めた医師、PAMの在庫を日本中からかき集めた薬卸業者、備蓄のPAMをすぐに提供した自衛隊。どれが欠けても被害はもっと大きくなったんだろうなぁ。
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777 2013-03-20 18:31:50
地下鉄サリン事件で要請された患者全員を受け入れるという決断をした聖路加病院は、院長の日野原先生がかつて東京大空襲で病院に入りきらない患者が亡くなるのを見た苦い経験から、大災害に対応できる造りになっていたうえ、それに対応できる準備も出来ていた。そのことが多くの人命を救ったんだと思う
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777 2013-03-20 20:14:25
有機リン中毒の治療薬PAMは、普通の農薬などの中毒だと1日2本使用するが、サリン中毒の治療には2時間で2本が必要。あれだけ大量の被害者の治療に必要なPAMはまさに想像を絶する量。それを集めるのは本当に大変だったと思います。まさに日本中の協力なくしては出来なかったんじゃないかな
あなたのツイートをまとめませんか? ツイートを集めてブログみたいに使おう。

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2013-03-21 10:56:19
今は備蓄どうなってるんだろう。毒ガステロ自体がそうあるものでもないから少なくても不思議でも非難すべきものでもないんだけど
クソリプ用アカウント @Kusoreplier 15日前
聖路加病院はロビーに患者を受け入れられる造りにするという提案の際に反対意見も多く出たけど、日野原重明氏が前述の経験から、その反対を押し切ってあの造りになったんだよね。素晴らしい判断だと思うと同時に見習わなければならない。
のんさん🌻🍟 @nonchan1975 15日前
それらの判断のどれかひとつでも欠けていたらば、被害はもっと拡大していただろうね(´;ω;`) 的確な判断と行動大事(`・ω・´)キリッ
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 15日前
当時、PAMのアンプルが病院に山積みされてたけど (後追いや類似犯を警戒して、各病院にストックされていた)、もの凄く古臭い見てくれやったんよ。既にバイアル(ゴムでできた口に注射針を刺して吸う)が主流だった頃に、旧来の「首を折って開ける」アンプルで、ラベル、ロゴも「パム」と、昭和臭漂う字体で表記されていた。でも、あれは体裁、デザインを変えるコストも切り詰めて、とにかく安く供給するって意志の現れやったんやろな。 ちなみにググったら、今もあまり姿は変わってなかった。
しぇりりん(金欠ちゃん) @m_sheririn 15日前
日野原さんサリン事件の当時でも傘寿こえてたのが凄いな…よど号ハイジャック事件にも遭遇してるし、少なくとも人生で2回テロ絡みなエピソードあるんだ…
ケン(リフレ派) @EFT91150978 15日前
こういう見えないところで赤字覚悟でやってる企業もあるんだよな。本当に頭が下がります。危機管理はリアリティと想像力であるということを学ばせてもらいました。( ..)φメモメモ
ashen@もと南の島の教祖 @Dol_Paula 15日前
聖路加病院は日野原院長の過去の経験が活かされた形になったけど、戦時のような非常時を知らない人が主流となってる現代では、ああいった病院は作りにくいだろうなぁ。何でもかんでも無駄無駄と費用を削ることを良しとされているし。
夜鳥 @yakyorenka 15日前
無駄なものなんてないのね
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 15日前
PAMや硫酸アトロピンは毎年農薬事故で数件~十件程度出動が有ります。なので、毎年それなりに備蓄しとかないと困るという。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 15日前
Kusoreplier 今となっては災害対策にもなるので、反対派が多かった時期はホントに平和な時代だったんだなって。
まつもとゆういちろうぅ @u1low 15日前
そして聖路加病院も平時は維持負担が厳しくて赤字を出しているという状況。難しい問題です。
Simon_Sin @Simon_Sin 15日前
平時には無駄なコストにしか見えないものが非常時には必要なものだという話。非常時対応装備のコストは税金で補助すべきなのではないか
パブみがあるHB㌠@日緬友好協会フレンズ @HB27624303 15日前
豊かな社会とは、余裕のある社会、無駄と思えるものへの寛容さこそがその源泉である
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 15日前
Simon_Sin PAMと硫酸アトロピンは平時でも毎年使用例が有るので厳しいんですよ。下手に補助金出しようが無いの。
ざの人(トギャッター用垢) @zairo2016 14日前
わせせて読みたい良記事、地下鉄サリン事件から22年 治療に当たった医師たちの秘話 https://abematimes.com/posts/2209955 現在、横浜クリニック院長で、事件当日は自衛隊の医官として聖路加病院に緊急派遣されていた青木晃医師は、瞳孔が極端に小さくなる"縮瞳"の症状をみて「これはサリンだ。この場合の特効薬はアトロピン、もしくはパムだ」と報告した(抜粋
ざの人(トギャッター用垢) @zairo2016 14日前
青木医師は事件が起こる1週間前、自衛隊衛生学校における特殊武器防護のテストで"サリンにさらされた時の臨床症状を5つ書け。そしてそれに対する初期治療を2つ書け"という問題を解いていたという。 「5人ほど見ただけで神経系のガスによる中毒症状とすぐにわかりました。1週間前に見た問題が全て当てはまっていた」(青木医師)。(記事抜粋
すえぞ @bbr_suezo 14日前
ネットもない時代なので同級生の無事を知ったのは昼過ぎ。 聖路加病院の対応と医師がサリンと見抜いた話を知ったのは5年くらい経ってからでした。 知るほど怖くなり同時に従事した人達へ感謝しか無いです。
jun@溶けかかったアスファルトに己が足跡を刻印しつつ歩く @sibeQ 14日前
ソースがアレだけど、聖路加病院は受け入れた患者を重症度別に分けたり、治療に当たっていた医師が有機リン系中毒と判断してサリン確定前からPAM使ってたとか色々エピソード凄い。
わい(ry @waidottowai 14日前
分野を問わず、プロの仕事ってのは良いね…
niiboshi @niiboshi 14日前
sibeQ 当時担当した医師の書いた「緊急招集(スタット・コール)」に書かれていたはず
neologcutter @neologcut_er 14日前
日本を救うのはジャーナリズムではなく、医療現場や自衛隊、警察、消防なんだよなあ…(しみじみ)
SHINJing @yshinjing 14日前
「プロ」の一言。
愚者@C94土東O33a @fool_0 14日前
ちなみに当時聖路加病院の院長だった日野原重明先生、地下鉄サリン事件の被害者を受け入れて治療に当たる一方でこの事件を教訓とするために非番の若手医師へ院内のビデオ撮影を指示しました。実際に数年後、このビデオの存在を知ったイスラエルが対化学テロのための資料として欲したため、大使館を介して病院と交渉しビデオをダビングして入手しています。
ふぃずばん @fizzbang_alvitr 14日前
文春文庫「重大事件に学ぶ『危機管理』(佐々淳行)」の記述によると、上で書かれた自衛隊医官の助言に加えて、松本サリン事件を経験した信州大学付属松本病院の院長からも同様の助言があったそうです。日野原先生は影響力の大きな医師だったので、他の病院に対してもPAMを処置するようにと要請し、これがスムーズに受け入れられたのも被害の拡大を抑えられた要因のようです。
コェル 日 東ハ-47a @koleru 14日前
佐々本によれば、あの事件の時国内のPAMは払底して、これ以上の被害者が発生したら何も出来なかった状態だったとか。 ホントあの死者数は奇跡。
吉祥天 @sarutas2000 14日前
zairo2016 サリン事件から自衛隊上層部はある程度予期して備えてたのかもしれないね。
niiboshi @niiboshi 14日前
地下鉄での事件の前、警察が化学防護服の訓練を自衛隊に頼んでいた事もあったりで、防衛省側でも認識はあった。麻生幾などの書籍ににも強制捜査などで万一に備えて準備をしていたことが書かれている
お猿さん@no slime no life @mamachari3_Jpn 13日前
聖路加病院の財政難問題、日野原先生亡き後どうなるのだろうか。。。 黒字体質転換を目標に掲げて大なた振るえば、あの時のままではいられなくなるんですよねぇ
  @ou9g8yxruhds 13日前
農薬作ってるから解毒剤用意しとくのって普通に義務では? それが赤字覚悟で作ってくれていた美談になってることに慄然とするわ 何、おまえらは解毒剤作らずに毒作るのが企業として当然って世界観なの? 美談にするなら住友化学が無責任に放り出している所を住友製薬が使命感で肩代わりという論になるから化学吊るし上げるが、それで良いのか?
五月雨山茶花蝉しぐれ @taken1234challe 12日前
ou9g8yxruhds あんたの言うことは最もで、認可された農薬ならその解毒剤を作るのも義務のはずだという訴えが起こされたこともある。国の回答は、農薬中毒というのはそもそも使用時の注意を守れば起こりえないものであり、農薬中毒が発生するという事態は故意に体内に入れるか、注意書きに従わなかったかのいずれかであり、使用者にすべての責任があるという回答だったそうな。まぁ、そこに水を差すのも野暮だよ。ここは単なる世間話するところであって、議論をふっかけるとこではないからね。(棒読み)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする