「知らなかった」で済まない。敬礼一つでギリシャのサッカー連盟が代表チームから永久追放

歴史問題はやはり難しい。ギリシャのサッカー連盟は、国内のリーグ戦でナチス式敬礼をした AEKアテネのMFヨルゴス・カティディス選手(20)を、代表チームから永久追放することを決めた。 同選手は16日の試合でゴールを決めた後に、右手をピンと伸ばして上げるパフォーマンスをしていた。 これがナチス賛美と捉えられたのだ。
国内
0
ブラックはやて号 @overheat_night
代表追放…無知では済まないナチス式敬礼の危なさ | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 http://t.co/xy4p7mh7SB
リンク 東スポWeb - 東京スポーツ新聞社 代表追放&無知では済まないナチス式敬礼の危なさ
Mr.メイサイ @meisaitan
代表追放…無知では済まないナチス式敬礼の危なさ | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 http://t.co/ga5G3rV7D7 東スポにしては真面目だ。
このツイートは権利者によって削除されています。
wood9310 @wood9310
サッカーの上達法を覚える前に、歴史の勉強をしていた方が良かったですね。(^^;) http://t.co/2mlfKW7czf
TomS @neotr38
代表追放…無知では済まないナチス式敬礼の危なさ | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 http://t.co/ifbH2x3yEF

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする