福島県内の事故後2年間の実効線量と固形癌、小児白血病リスク評価、及び今後6年間の積算線量予測

勿論保守気味な評価ですが、過大評価だとしても恐らく1.5倍以内ではないかと思います。福島県民健康管理調査の線量評価は過小評価な恐れがあり、命を賭けるに値する信頼性は無いと考えます。
固形癌 原発 避難 被曝 移住 福島 防護 小児白血病
study2007 11041view 6コメント
162
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ラジオ」に関連するカテゴリー