編集可能

バレーボールにおける「流れ」について考える流れ

V・プレミアリーグセミファイナル男子がニコ生で中継されている最中から、バレーボールで「流れが来た」とか「これは○○チームの流れ」というような表現をすることと、その内容について掘り下げる流れになった。 その「一連の流れ」をまとめた。更に、今後、研究の方向性とか掘り下げて知りたい。
21
話の発端

V・セミファイナル男子がニコ生で放映されている間に「流れが~」というコメントが多く寄せられた。そこから話題は拡がった。

強行突破 @kaz10000

根拠無く「流れ」って言う奴がうざくてNGワードに設定したりした。 #vabotter 【ニコ生視聴中(97分経過)】 Vリーグプレミアリーグ 男子セミファイナル http://t.co/ywzCAsYnWE #v_league

2013-03-30 15:37:11
ブレセのーず @Patyo1220

バレーでよく言われる「流れ」って言葉が良くわからん。スポーツがそんな運まかせみたいなことでいいはずがない。#vabotter

2013-03-30 16:03:42
で ぐ ち き り @dhalmel

流れということばに至るきっかけって何なのかを掴みたい。ただ、見ているときはそこまで余裕がなくて、あとから振り返れば良いのだろうけどそれがちゃんとできないんだろうな。

2013-03-30 16:04:58
で ぐ ち き り @dhalmel

「塩少々」「少々ってなんだよいくつなんだよはっきりしろよ」というのも味気ないからなぁ。

2013-03-30 16:10:32
で ぐ ち き り @dhalmel

年間で見る試合の回数は単純に減ったのだから、もっともっと1試合1試合を掘り下げられればええのだろうが、そこまでバレーが好きなわけじゃないのかな、わたくし。

2013-03-30 16:11:36
@BOMTAM14

@Patyo1220 私もこれがずっと気になってるんです。流れがあるからとか言われても、流れのせいで負けてるみたいに聞こえるんです。流れというものが存在するならば、どうやってそれを掴むのかが大事なんじゃないかなぁって。

2013-03-30 16:11:50
ブレセのーず @Patyo1220

@BOMTAM14 そのとおりだと思います。解説が使っていい言葉じゃないですよね。この流れをどう変えるかを解説してほしいのに。松木さんの「キツイ時間帯」に似たにおいがしますwww

2013-03-30 16:16:03
@BOMTAM14

@Patyo1220 バレーは流れのスポーツとか言ってる解説の人は、負けてる原因も買ってる原因も分からない人たちだと思ってますw

2013-03-30 16:28:07
強行突破 @kaz10000

「流れ」は集中して試合を見ていると見える時があるよ。そしてきちんと根拠がある。 RT @Patyo1220: バレーでよく言われる「流れ」って言葉が良くわからん。スポーツがそんな運まかせみたいなことでいいはずがない。#vabotter

2013-03-30 17:13:57
で ぐ ち き り @dhalmel

たぶん流れのトリガーがブロックになっちゃってるんだろうな。そこをどうするかだなぁ。

2013-03-30 18:00:05
「バレーボールの「流れ」を可視化する #vabotter」(まとめ)

まとめ バレーボールの「流れ」を可視化する #vabotter 技術的にグダグダなレベルのバレーボールでは流れの可視化は難しいですが、戦術・技術再現性の高い一定レベル以上のバレーボールでは「流れ」というものが目に見えてくることがあります。 流れを見るための方法を書いていきます。 流れが見えると他のことも見えてきますよ。 【追記】 この後も「流れ」についていろいろなついっとが出てきました。 ●バレーボールにおける「流れ」について考える流れ http://togetter.com/li/481150 ●バレーボールにおける「流れ」について引き続き考える流れ http://togetter.com/li/481566 9294 pv 54 6 users 50

kurauchi/倉内 哲 @satoru_kurauchi

そういえば流れについて研究している人間がいたな。

2013-03-31 12:31:02
@BOMTAM14

キルブロックで流れをつかめるとか思ってるから、ゲスブロック推奨になったりするんですよねぇ。で、結局流れつかめない。

2013-03-31 13:43:52
さいさん @204joker304

@dhalmel まさに、僕は『流れ』の研究をしています。要因が複雑過ぎて研究されてこなかった分野です。ハッキリ言ってその分野ではパイオニアです(自分で言ってるが…)。数本、論文化してるので、よろしければ…

2013-03-31 18:28:59
そして

4/1昼間の、主に@kaz10000さんと@204joker304さんのディスカッションへ…

で ぐ ち き り @dhalmel

.@kaz10000 さんの「バレーボールの「流れ」を可視化する #vabotter」をお気に入りにしました。 http://t.co/oUqET0Up2S

2013-04-01 07:02:34
さいさん @204joker304

@dhalmel @kaz10000 僕の立場から言えば、これも机上の空論なのですね。科学的ではない。でもある程度整理された仮説ではあると思います。この方に質問したいのは、ミスとエースはパラレルな関係なのか。また流れは試合に一つなのか、それとも各チームの視点をもって二つなのか。

2013-04-01 07:47:00
強行突破 @kaz10000

@204joker304 @dhalmel 最後の二つっていうのは何でしょう?

2013-04-01 07:54:07
で ぐ ち き り @dhalmel

@204joker304 @kaz10000 流れは試合に一つなのか、というのは、確かに考えから抜けてました。うう、数字にするのもことばにするのも難しい。

2013-04-01 08:10:54
強行突破 @kaz10000

@dhalmel @204joker304 流れってなんですか?っていうのが根本。軍事的に言えば『主導権(イニシアチブ)を取っていることによる優勢状態』です。圧されている側も反撃はできるが、単発に終わってしまうような情勢。

2013-04-01 08:36:15
さいさん @204joker304

@kaz10000 @dhalmel 試合の「流れ」とは「パフォーマンスの結果や監督の采配などの試合に関する様々な要因から生み出された試合状況から判断される試合の主観的優劣」だと僕は思います。

2013-04-01 08:48:14
残りを読む(21)

コメント

強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
エモーショナルな文脈でばかり語られるバレーボールだけれども、もっと構造的に語れるというのが私の立場です。 しかし構造的に語るためには構造を構成するそれぞれの要素を理解しなくてはいけない。 つまり、バレーボールの用語の理解と、それぞれの構成要素がどのように絡み合っているのかの理解が大前提となります。
1
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
バレーペディアの発売によって、バレーボールの経験が無いバレーファンにも用語の理解は進みました。 #vabotter を読んで構成要素の連携を理解するバレーファンも出てきました。しかしバレペデにも #vabotter にも縁が無い一般バレーファンにとって、バレー中継中の解説者の発言が唯一の教科書となるのです。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
でもバレペデを読んで #vabotter も目を通していると、解説者が適当な発言を繰り返していることに気付くでしょ。「流れ」もそのひとつ。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
「サービスエース」「ブロック」「相手のスパイクミス」による連続得点が1セットに2回以上あったチームが高い確率でセットを制する
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
これはサーブ&ブロックで『相手の組織戦術を封じた』場合が主導権を取った状態だ…という構造を技術構成要素で分解したもの。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
ラリーポイント制という時間制限の中で、サーブ&ブロックを機能させて主導権を取れるチャンスはせいぜい2回。戦術的対応能力の低いバレーだと1回で押し切れてしまう場合もある。技術レベルが低いバレーだと3回やっても勝てない場合もある。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
Aチームのサーブ~Bチームのレセプションアタック~Aチームのブロック&ディグディフェンスからのトランジションアタック。Bチームの攻撃を機能させないことが重要で、機能させないようにするためにはサーブとブロックディフェンスが重要になる。それがサーブ&ブロック。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
機能させないようにするのは相手のウィングスパイカー。サイドの攻撃というのは前後衛の連携で捕まえることができる瞬間が必ずやってくる。同じアタッカーが2本連続で決まらないというのはその兆候。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
サーブによって相手のセンター攻撃を封じる。できれば2段トスからのサイド攻撃になるようにしてブロックを2枚あるいは3枚揃える。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
センター攻撃っていうのはサイド攻撃のようなフォーメーションによる対応が難しい。だからどんな技術書を見てもサイド攻撃へのディフェンスフォーメーションは数パターン紹介されているが、センター攻撃に対するフォーメーションはほぼ紹介されない。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
バカな女子指導者の技術書を見ると、ディグの待ちうけフォームの説明だけで、膝の角度が何度とかくだらないことを書いていたりするけれども。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
サイド攻撃一辺倒だと対応される。その認識があって初めて「センター線を使っていきたい」となるのだが、解説者は教わったことをそのまま言っているだけだからこうしたことを認識していない。だからTVを見ているだけのバレーファンにも伝わらない。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
話が逸れるけれども、センター攻撃にはなんとかワンタッチを取ってリバウンドをもらうというのがほぼ唯一の手段。でも解説者たちはワンタッチが取れている状態が意味することを考えていないから、低くて速いダイレクトデリバリーのトスを賞賛する。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
センター攻撃がワンタッチ取られるというのは、危険な兆候なんだよ。ふわっと上げてコースを切られたらセンターのスパイク決定率は80%は楽にいくはず。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
センター攻撃はやっかいだからサーブで(あるいは攻撃で)センターを使いにくい状況を作るわけで、サイド一辺倒の状況でブロック&ディグが対応できれば、相手は打つ手がなくなってしまう。こうなっていくとサーブを打つ側が有利になっていく。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
あ、通常はファーストサイドアウト率の分、サーブを打たれる側が有利なのがバレーボールって競技だというのも基本知識ね。これがわかっていない人が多いから24-24で入れてけサーブがまかりとおっている。
0
強行突破 @kaz10000 2013年4月1日
典型的事象を書き連ねるだけになってきたからとりあえずおしまい。
0