「タグ編集を許可」「まとめ編集を許可」機能を終了し、新たな「共同編集」機能を追加しました。
2013年4月2日

沖縄戦、シュガーローフの戦い

4月1日はエイプリルフールですが、同時に沖縄戦の開始日でもあります。 島の人Part2さんによる、沖縄戦劈頭の激戦であったシュガーローフの戦いについての連続ツイートを纏めました。 日米両軍の英霊たちに祈りをささげつつ……
20
島の人Part2 @simasyodes

本日はエイプリルフールですが68年前に米軍が沖縄に上陸してきた日です。

2013-04-01 18:27:06
島の人Part2 @simasyodes

マリーアットワネット展を観覧に那覇の県立博物館にいった。(あ~4月1日か)と思った。エイプリルフールだが沖縄戦開始の日である。那覇市新都心に博物館があるんだがその近くに現在は貯水タンクがある小高い場所がある。沖縄戦の激戦地シュガーローフである。

2013-04-01 19:40:48
島の人Part2 @simasyodes

近くにきたついで久しぶりに登ってみた。改めて立ってみると前田高地(浦添市)を突破した米軍が第32軍司令部がある首里になだれ込もうとするとちょうど‘ここ’がそれに立ちはだかるようにある。また進撃してくる米軍は完全に眼下にある。

2013-04-01 19:54:15
島の人Part2 @simasyodes

ということで今日は沖縄戦開始日でもあるし、行ったついでシュガーローフの話をしてみよう

2013-04-01 20:00:54
島の人Part2 @simasyodes

昭和20年4月1日米軍が沖縄に上陸 当初は水際防衛を計画していた第32軍は第9師団の台湾への引き抜き等で作戦計画を持久戦に変更。その為に上陸地点となった読谷、北谷の本島中部の沿岸では抵抗はなかった

2013-04-01 20:06:07
島の人Part2 @simasyodes

上陸開始1時間30分で米軍は読谷飛行場(現在の嘉手納基地方面)を占領。上陸3日目には米軍は本島を南北に分断、北部と南部へ進撃し、4月16日には北部を制圧。

2013-04-01 20:10:28
島の人Part2 @simasyodes

しかし日本軍の反撃はここからだった。南部へ進撃する米軍は4月9日に嘉数、和宇慶高地で激突。頑強に抵抗する日本軍と約2週間の死闘を繰り広げようやく首里の防衛ラインへ迫った。

2013-04-01 20:16:50
島の人Part2 @simasyodes

しかし当初の‘順調過ぎる’進撃とは異なり膠着状態となった戦局に米軍は港川へ海兵隊を上陸させ日本軍の背後を突く作戦も検討されたが米軍司令官のバックナーはこれを却下。米軍は首里を東西から包み込むように兵を進めた。

2013-04-01 20:25:30
島の人Part2 @simasyodes

首里への道の西側にこのシュガーローフがあった。攻める米軍は第6海兵師団 守る日本軍は独立混成44旅団、独立混成15連隊、第2歩兵隊第3大隊等であった。

2013-04-01 20:32:02
島の人Part2 @simasyodes

5月9日安謝川を渡った米軍は丘斜面のあらゆる部分に銃眼や横穴が開いておりそこから繰り出す日本軍に苦戦する。

2013-04-01 20:36:15
島の人Part2 @simasyodes

安謝川河口付近でヘドロ状になった川底は戦車の進撃を阻み工兵隊が決死の覚悟で橋を架けるも日本軍の肉弾攻撃(自爆攻撃)で破壊された。

2013-04-01 20:41:27
島の人Part2 @simasyodes

「大隊が直面したのは、日本軍の典型的な後衛戦であった。歩兵が防御している機関銃陣地は徹底して、なるべく多くの損害をあたえて、かつ進撃の遅延をねらったものであり、最終的に日本兵は、後退するか、その場で戦死した。」第22海兵連隊第2大隊ステビンス大尉の評

2013-04-01 20:48:59
島の人Part2 @simasyodes

米軍は偵察を送り日本軍が潜んでいるであろう横穴や銃眼を探し爆破処理してしらみ潰しにする作戦を立てるも日本軍のカモフラージュは巧妙でなかなかうまくいかず逆に機関銃に倒れる兵が続出する

2013-04-01 20:55:20
島の人Part2 @simasyodes

米軍は1日で僅か数百メートルしか進めなかった。5月12日の朝 第海兵22連隊G中隊は指揮所に迫撃砲を浴びせられ7名の将校と236名いた兵士は将校6名兵士151名に減った。

2013-04-01 21:03:35
島の人Part2 @simasyodes

米軍はM4シャーマン戦車の支援をうけて制圧を試みるも日本軍の砲撃で頼みの戦車は破壊された・・・

2013-04-01 21:09:44
島の人Part2 @simasyodes

米軍を意外と悩ませたのは擲弾筒だった。至近距離これが恐ろしく正確に米軍を捉え被害が拡大した。特に機関銃分隊が狙い撃ちされた。

2013-04-01 21:14:09
島の人Part2 @simasyodes

フィル・モレル大尉の回想「彼らの視線に入らなければ立ち上がっても大丈夫だった。しかし二、三メートル、どちらかに動くと、たちまち捉えられ、いいカモになった。」

2013-04-01 21:18:35
島の人Part2 @simasyodes

米軍は日本兵の死体を調べ軍服や軍靴に汚れが少ないことから「あまり消耗していない」精強な部隊が守備していることを知った

2013-04-01 21:24:53
島の人Part2 @simasyodes

戦前シュガーローフは慶良間チージ(慶良間諸島が眺められたことから)と呼ばれていた。日本軍は52高地と呼んだ。高さ約20m長さ270mしかないこの丘は洞窟やトンネルで要塞化されていた。

2013-04-01 21:30:01
島の人Part2 @simasyodes

更にそこにはハーフムーン(半月)ホースショア(馬蹄)と呼ばれた丘もトンネルや陣地が連なり米軍に立ちはだかった。攻める米軍は丘からほぼまる見えだったが守る日本軍はトンネル等に潜み姿が見せずに猛射を加えることができる。

2013-04-01 21:36:24
島の人Part2 @simasyodes

「シュガーローフは、その地勢上、重要な戦略的拠点であり、さらに戦術面での優位性も他に類を見ないほど強力であった。」第6海兵師団特別活動報告書「敵の砲撃は、これまでの太平洋戦線で出会ったことがないほど、優れた統制と正確さの下で実施されていた。」第6海兵師団史

2013-04-01 21:42:34
島の人Part2 @simasyodes

日本軍の砲撃が凄まじかった理由は二つ。フィリピンへ送るはずだった火砲が制海権がなく輸送できず多数残っていたこと。52高地は沖縄戦の前は砲兵部隊の演習場であり‘勝手を知ってる場所’だったことが挙げられる。

2013-04-01 21:49:23
島の人Part2 @simasyodes

5月13日 米軍もさすがに慎重になり艦砲射撃と空爆を加えてから攻撃を再開した。しかし日本軍はここでも米軍に弾雨をあびせた。

2013-04-01 21:52:21
島の人Part2 @simasyodes

第22海兵連隊は5月10~13日で800名の戦死傷者をだし部隊の再配置を余儀なくされる。

2013-04-01 21:56:33
残りを読む(14)

コメント

zero and go! @zg90 2015年6月14日
ぶくまとふぁぼが少ない(´・ω・`)
0