2013年4月3日

モーサイダー!~Motorcycle Diary~Episode of Spring I~

@mor_cy_darにて投稿している連作Twitter小説・モーサイダー!~Motorcycle Diary~Episode of Spring I~のまとめです。 続きは http://togetter.com/li/486045 テキスト版の一括ダウンロードはこちら(http://t.co/VfcQHoiOEw)からどうぞ
7
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

モーターサイクルダイアリー~Episode of Spring I~ #mor_cy_dar

2013-04-03 12:00:06
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 ━━まだ肌寒い四月の峠道。その空気を、赤と緑の弾丸が切りさいていく。  枝に色づく若葉よりも、縁石の向こうに降り積もった落ち葉の方が目につく季節。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:02:08
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 冬の間、我が者顔で路上へ姿をみせていた猿たちも、ようやく山の奥深くへと走り去ろうとする季節だった。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:02:54
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

(速い……な。やっぱり)  前には太い緑。その後ろには、細い赤。  先行するライムグリーンの車体、ZRX1200のLEDテールランプを見つめながら、彼は大型モーターサイクルの加速力というものを、嫌と言うほど思い知らされていた。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:04:17
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 月夜見第一駐車場からその先へ続くのは、ジェットコースターのような下りである。 『鉄の溝渡り』の区間を様子見程度にこなし、『52段のどん詰まり』のブレーキングで一気に距離を詰めたつもりだったが、その先のロングストレートで再びZRX1200の姿は遠ざかる。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:06:21
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

「ちぇっ」  ブレーキレバーにかけた人差し指と中指。彼はそこから力を抜いて、強くスロットルを握りしめる。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:07:09
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 アクセルのワイドオープン。この言葉を作り出したのは誰だろう。  フラットすぎるほどフラットなトルクのV型2気筒エンジンが、澄ました顔でタコメーターの針を押し上げていく。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:07:42
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 80……90……107km。ディスクの表面をなめる程度のちょんブレでフロントフォークを沈めると、そのまま彼の赤いマシンは左へ切り返した。  対してZRX1200は、続く右コーナーへの進入をはじめようとしている。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:08:35
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

(少し、遠いな……)  目測で150メートルも離されただろうか。サーキットなら絶望的なほどの差といえる。  だが、ここは峠道だった。東京の西端にある聖地だった。  彼らの走るこの道、大多磨周遊道路はまだまだ長く━━そして、手強い。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:09:33
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

~~~~~~Motorcycle Diary~~~~~~

2013-04-03 12:11:01
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 品がある、と言うには荒々しすぎるZRX1200のエンジン音はしかし、その絶頂には至っていない。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:11:33
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 無理もないことだった。  公道の、しかも峠道の下りで大型モーターサイクルのパワーを使い切ろうとしたら、どれほど熟練したライダーであっても、命のストックが二桁は必要となるだろう。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:12:03
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

(タイヤは……まだ余裕だ。でも、おやっさんのマシンは足が啼いてるな……)  そのマシンの状態を知りたければ、後ろから追うべし。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:12:54
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 彼の━━三鳥栖 志智(みとす しち)の眼前には、先行するZRX1200のすべてがさらけ出されていた。  前後におごったハイグリップタイヤは、今もってエンジンの発生する膨大なトルクを受け止めているが、サスペンションが細かな路面の凹凸を吸収しきれていない。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:13:39
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 減速帯の上を駆け抜けるときは特に明瞭だった。  リアが安定しないため、思い切った速度を維持したままコーナーへ突っ込めないのだ。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:14:30
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

(ヘリポート前で抜けるか?……いや、まだ無理か……)  追い越しのタイミングをじわじわと図る、志智の視界へうつるタコメーターの針は10000rpm以下に落ちることがない。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:15:25
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 ZRX1200がふらりとよろめきつつクリアするS字コーナーを、彼のマシンはノーブレーキで駆け抜けていく。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:16:41
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 ロングストレート━━その後、減速帯!  ぐらぐらと揺れるZRX1200のテールを睨みつけながら、突き上げる震動を無視するかのように彼はレイトブレーキ。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:16:51
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 左へのキツいコーナリングを終える頃には、遙か遠くあったはずのZRX1200が、志智(しち)の目の前にいる。  ヘリポート脇の右コーナーを二台のモーターサイクルは、からまりあった糸のような近さで駆け抜ける。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:18:57
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 このコーナーの『R』がゆるやかでありながら、アクセル全開で抜けられない理由は二つある。  路面が荒れ気味であることと、すぐ先に下りのストレートが二連で待ち構えているからだ。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:19:48
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

「━━勝負っ」  ハーフバンク気味のZRX1200に対して、志智のマシンはフルバンクに限りなく近い体勢のまま、3速11000rpmを維持している。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:20:45
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 コーナー出口で4速へシフトアップする━━そのとき、マシンを起こした前方のZRX1200が巨馬に蹴飛ばされたように加速した。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:22:15
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 志智の赤いマシンはフルスロットルをキープ。  排気量の差でじわじわ差が開いていこうとするその時、ZRX1200がブレーキングをはじめた! #mor_cy_dar

2013-04-03 12:22:22
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

「もらったぁ!!」  その叫びが相手に聞こえているはずはない。  だが、ブレーキングの減速Gに耐えつつ右を━━自分を追い抜いていく赤いマシンを見た『おやっさん』の表情にはしてやられたという衝撃が、ありありと浮かんでいる。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:23:39
IngaDo type-RR @mor_cy_dar

 ━━減速をはじめたZRX1200。  志智(しち)のマシンはそれを右側から追い越した位置で、ブレーキングをはじめたのである。 #mor_cy_dar

2013-04-03 12:25:05
残りを読む(58)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?