玄妙氏仮説の矛盾点

水無月さん@minadukiG のツイートをまとめました。
53
水無月 @minadukiG

http://t.co/HMBeryG5oj 「①「米国の小児10 万人あたり一年間に甲状腺ガンになった数は0.54人」 ②「米国の小児10 万人あたり50~100人が甲状腺ガンをもっている」 この単純に比較できない2つの事象…どうやって解釈すれば良いのかを自分なりに考えました」

2013-04-07 13:18:18
水無月 @minadukiG

ほぼ同じ発言が少し後でも繰り返されている。 http://t.co/dLqwZg5TQT 「①「…0.54人」 ②「…50~100人」 この2点を並立するには、「小児でも眠っている甲状腺ガンはふつうにある」と考えるのが妥当であろうという結論に至りました」 @minadukiG

2013-04-07 13:21:36
水無月 @minadukiG

つまり、①と②の矛盾があって、そこから「小児でも眠っている甲状腺ガンはふつうにある」…要するに手術の必要のない潜在がんが沢山あるという例の話が出てくるわけで、①と②の矛盾は玄妙さんの仮説にとってはとても大きな意味を持つとわかる。土台と言ってよいだろう。 @minadukiG

2013-04-07 13:24:25
水無月 @minadukiG

が、その②の部分がそもそも玄妙さんの誤読だ、と牧野さんが昨夜再度書いている(同じことをみーゆさんもsivadさんも指摘済) 【「自分なり」に考える前にその論文での 2 つの数字の扱いを検討しないといけない。】 http://t.co/aundN6tLft @minadukiG

2013-04-07 13:28:17
水無月 @minadukiG

①と②が矛盾するから、それを解消できる仮説を考えました、という人の発言まとめを、「②はそもそも無い」とわかっている状態で読むのは、ちょっとつらいものがある…。ただ、玄妙さんの「仮説」自体の大まかな位置づけがそういうところだというのは、理解された方が良い。 @minadukiG

2013-04-07 13:47:14
水無月 @minadukiG

そこが理解されていれば、↓のような発言は出ない。 https://t.co/xifQoKyh5P (更にここには、福島甲状腺検査の結果に被ばくの影響が含まれている可能性を最初から排除するという「非科学的」なバイアスが入っている点でも、二重に誤っている) @minadukiG

2013-04-07 13:54:26
水無月 @minadukiG

http://t.co/Oq9NHBBkbQ 一番大きな点は以上述べた通りだが、まとめを読んで気になった点を他にも書いておく。 http://t.co/doG5C8VV4S このツイートの引用先では、「被ばく由来の小児甲状腺癌は除く」と書いてある。 @minadukiG

2013-04-07 14:01:02
水無月 @minadukiG

http://t.co/CDabMffFMs 玄妙さんの「ざっくりいうと、小児の甲状腺ガンはまわりに拡がっていたり、転移していても、良い治療法があるので助かるガンだ」は、チェルノ含む被ばく由来小児甲状腺がんには通用しないことが、引用先によって明らか。 @minadukiG

2013-04-07 14:03:57
水無月 @minadukiG

もう一点。玄妙さんはそれ自体が幻想である①と②の矛盾を解消するため、小児甲状腺がんの発生パターンを1,2,3に分けて考え、赤ちゃんの頃にほとんど発病するパターン3なら解消できると考えたようだ(芽細胞説?)。 http://t.co/eCHcPxHMgK @minadukiG

2013-04-07 14:14:02
水無月 @minadukiG

http://t.co/eCHcPxHMgK 「検査でも見えないような極めて小さなガンを「がんの有病数」とカウントしたパターン③だと、「50~100人」と「10.8人」の乖離は、眠っているような微小なガンで説明できるのではと考えました」 @minadukiG

2013-04-07 14:16:01
水無月 @minadukiG

しかし、福島検査で手術した3名を含む10名が、「検査でも見えないような極めて小さなガン」「眠っているような微小なガン」だと考えるのは、どう考えても矛盾する。スクリーニングは5mm以上で調べている。そもそも「検査で見つかった」のだ。腫瘍の平均は15mmと公表。 @minadukiG

2013-04-07 14:19:26
水無月 @minadukiG

玄妙さん以外では聞いたことのないパターン3を仮に受け入れたとしても、「検査でも見えないような極めて小さなガン」「眠っているような微小なガン」まで残らず拾い上げたなら数字があいます、という玄妙さんの「仮説」なるものが、福島で実証された、などということはない。 @minadukiG

2013-04-07 14:22:48
水無月 @minadukiG

玄妙さんの「仮説」と、福島の検査結果は明らかに矛盾している。 にもかかわらず、「玄妙さんの仮説が福島で証明された」(細かな表現は違うかも)というようなことを発言する人がいて、どうにも釈然としない。そう言う人は玄妙さんの「仮説」を理解していないのであろう。 @minadukiG

2013-04-07 14:27:27
水無月 @minadukiG

まとめを読んでの感想はこれで終わり。私は細かな用語の使用法や意味は取り違えているかもしれないが、核となる部分はそう大きくは外してないと思う(というか、私はこんなふうに普通の日本語表現の範囲でしか理解できないのだ)。 もし間違いがあったら指摘してください。 @minadukiG

2013-04-07 14:32:41

玄妙氏ご自身のまとめ

まとめ 罹患率と有病数 まとめました。 6262 pv 79 5 users 4
水無月 @minadukiG

↓パトリさんの言う「詭弁」「間違ってる」を理解するためにこれ貼っとく。 http://t.co/IUcWJJFQ7F http://t.co/6IgwBBqPhE http://t.co/Qe6P6cgiq8 「特殊要因」3条件はパターン3でも必要→玄妙説は砂上の楼閣とわかる。

2013-04-08 09:53:16
水無月 @minadukiG

実際にはありえない(小児甲状腺ガンでも同じくありえない)「特殊要因」3条件を必要とするというのが、「期間有病率」云々の話で、なおかつ、そのありえない前提を受け入れたとしても、福島の結果は腫瘍平均15ミリだったから玄妙さん仮説とは合わないよね、という話。 @minadukiG

2013-04-08 09:59:37

コメント

内田 @uchida_kawasaki 2013年4月8日
まとめを更新しました。最後に一つ、ツイートを追加しました。
0