茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【私の、髪の毛の話】連続ツイート

2013.4/7 茂木健一郎氏:連続ツイート第902回 【私の、髪の毛の話】 …私は、よく、天然パーマですか、と聞かれる。そんな時には、「この髪の毛を見て、パーマだと思うのは、素人だそうです。プロは、こんないい加減な仕事はしません」と答えると、たいてい笑って下さる。小学校の時から、癖毛で、それがいやでいやでたまらなかった…
0
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート902回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、私にとっての基本系、そこからですか系ツイート。

2013-04-07 09:13:32
茂木健一郎 @kenichiromogi

わか(1)私は、よく、天然パーマですか、と聞かれる。そんな時には、「この髪の毛を見て、パーマだと思うのは、素人だそうです。プロは、こんないい加減な仕事はしません」と答えると、たいてい笑って下さる。小学校の時から、癖毛で、それがいやでいやでたまらなかった。

2013-04-07 09:15:02
茂木健一郎 @kenichiromogi

わか(2)小学校の同級生に伊草孝志くんというのがいて、さらさらヘアーでうらやましかった。夜髪の毛を洗って朝起きると、ぴょんぴょん飛び出している。それを、水道水で一生懸命なでつけて学校に行っても、やっぱりぴょんぴょん飛び出す。それを女の子に見られないように角度を工夫したりした。

2013-04-07 09:16:28
茂木健一郎 @kenichiromogi

わか(3)床屋に行くのが面倒くさかった。どうしてもボサノバになる。イギリス留学中に「開眼」した。ロンドンの、キプロス島出身の兄弟がやっている床屋で切ってもらったら、一時間ずっとキプロス島の話をしていた。次に髪の毛を切る頃になって、またキプロス島の話をするのはイヤだなと思った。

2013-04-07 09:18:37
茂木健一郎 @kenichiromogi

わか(4)今でも覚えている。下宿のソファの前で、思い切って自分で髪の毛を切ってしまった。子どもの頃から床屋さんで切ってもらうものと思ってたから、トンデモない暴挙に出たように恐れおののいた。大学に行って、髪の毛を自分で切ったといったら、グレッグが、マッドサイエンティストと笑った。

2013-04-07 09:19:58
茂木健一郎 @kenichiromogi

わか(5)ケンブリッジで開放されたのは、自分の人生の転機だった。以来15年、髪の毛は自分で切り続けている。たった一回の例外は、スーパースターの佐藤さんに切らせてくれと言われて、代官山のおしゃれな店でやってもらった。その直後にアエラの表紙に出たから、その時の髪はきちんとしている。

2013-04-07 09:21:10
茂木健一郎 @kenichiromogi

わか(6)とにかく髪の毛には一切手間をかけたくない。月に一度くらい、コンビニの袋とハサミを持って風呂場に行って、ジャキジャキ切ってしまう。それで洗ってタオルでごしごしで終わり。時々、メイクの人が髪の毛もいじりましょうか、と言われるけど、「あっ、いいです」と言うと、諦らめる。

2013-04-07 09:22:33
茂木健一郎 @kenichiromogi

わか(7)そんな経緯で誕生した私の妙な髪型だけれども、いつの間にかトレードマークみたいなことになってしまって、不思議なことだと思う。もともとはイヤで、ダメだと思っていた欠点が、特徴になるというのは、実は人生全般で言えることなのかなと、自分の体験をふり返っても思うのである。

2013-04-07 09:23:57
茂木健一郎 @kenichiromogi

わか(8)日本人はどうも英語の減点主義だけど、ちょっとなまった英語だって、ネイティヴから見たら実は魅力的なこともあるわけで、それは外国人が日本語を一生懸命話そうとしているのを思い出せば、合点できるだろう。問題は、自分のあり方をそのまま受け入れる、心の広さだと思う。

2013-04-07 09:25:03
茂木健一郎 @kenichiromogi

わか(9)自分自身と和解できていないと、なかなかストレートな表現にならない。自分の髪の毛とはこのように和解できたけれども、まだ和解できていないポイントがいくつもあるような気がして、自然体、素直を心がけなければならないと思いながら、朝のコーヒーを飲んでおります。

2013-04-07 09:26:04
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート902回「私の、髪の毛の話」でした。

2013-04-07 09:26:25

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?