高尾隆先生による英語文献の読み方・英語の学び方

東京学芸大学の高尾隆による英語文献の読み方・英語の学び方に関するツイートをまとめました。
英語 勉強法 文献 高尾隆
tatthiy 14347view 0コメント
47
ログインして広告を非表示にする
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 12:41:09
    大量の英語文献を読む季節がやってきました。まだ調子が出なくって、すぐにつかれてしまうので、こまめに15分ずつ読むようにしています。もちろん、15分読んでつかれたらやめ、まだいけそうならさらに読みつづけるというやり方で。
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 12:46:15
    (1)英語が(今でも)とても苦手なので、どうやったら英語ができるようになるかということをいつも考え、いろいろためし、たくさん失敗しました。現段階での自分の答えは、なるべく英語にふれているときにストレスを少なくすることと。なるべく英語をつかうのがあたりまえの環境に身を置くこと。
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 12:49:08
    (2)そしてもっとも大切なことは、英語が正しいかどうかは問わないということです。私は英語を学んでいるのではなく、英語をとおして別の何かを学んでいるので。
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 12:55:30
    (3)大学院の授業では大量の英語文献を読み、海外のゲストもときどき来ます。私は院生が英語ができないということで怒ることはまったくありません。英語が理解できた範囲で、自分なりに考えればいいんです。もし英語を誤解していたら、何か新しいことについて考えられるかもしれません。
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 12:59:04
    (4)留学生にインプロを教える授業「Theatre Workshop」は、英語でおこなっていますが、公用語はPoor English/Poor Japaneseとしています。言葉よりなんでもいいから積極的にかかわることが大事としています。そうすると逆説的に外国語を早く学べます。
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 13:06:32
    (5)もし私が、英語がまちがってる、英訳がまちがっていると学生を怒るなら、それは学生時代の私を否定することになってしまうんです。もし学生時代の自分に伝えられるなら、いっぱいまちがった英語をつかいなさい、いっぱいまちがった英訳をしなさい、でも英語にいつもふれてなさいと言いたいです。
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 15:48:26
    私の英語の勉強法をご紹介します。いままでいろいろやってきたなかで、自分で実際にやってみてよかったものを。一番いい英語の勉強法というのはありませんが、自分にとって一番いい英語の勉強法はあります。それを見つけるためのご参考になれば。
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 15:48:52
    英語勉強法(リーディング):日本語訳本が出ている英語の本をみつけます。まず訳本の方を読みおわる。その後、原著を読みます。辞書は使わず、わからないところはそのままにスピード感を持って。英語の本の意味がわからない時、ほとんどの場合、英語がわからないのではなく、内容がわからないのです。
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 15:49:13
    英語勉強法(リスニング):映像を日本語字幕付きで最後まで見ます。その後、英語字幕付きで見ます。理解しようと難しい顔をして見ないで、ただ気楽に見流します。自分の好きな映画とかいいですね。最近おススメなのはTED Talkです。http://t.co/A4Fnu224RG
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 15:50:43
    英語勉強法(ライティング):海外の人と英語でメールしたり、Facebookでやりとり。一文でも、単語の羅列でも。「Do he~?」とか文法のまちがいは気にしない。相手役として海外のインプロヴァイザーは最高。受け入れて、推測してくれます。そして相手の返事からいい表現を盗んで使う!
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 15:51:06
    英語勉強法(スピーキング):海外の人と話す。これまたインプロヴァイザーは相手役として最高。英語ができるようになってから話すのではなく、できなくても話す。英語が下手なら、よりたくさん話さないと伝わりません。英語ができないことよりも、積極的に行かないことの方がより深刻なのだから。
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 15:58:24
    ポイントは、まちがえることの恐怖をコントロールすること。人とかかわることの楽しさをそれより上回らせること。英語がどれくらいできるかは、センスより、どのくらいの時間英語にふれてきたか。長くふれるには、そのことを日常的にする、楽しくする。楽しいことはつづいていくからうまくなる。
  • 高尾隆(どみんご) @takaotakashi 2013-04-08 16:00:42
    学んでいくうえで、まちがえる恐怖が大きな障害になるジャンルのものは、インプロに学習方法としての可能性があると思います。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「大学」に関連するカテゴリー