内田樹さんの自民党改憲草案関連ツイートまとめ

まとめました。
2
内田樹 @levinassien

ひらちゃんとのラジオ収録。「安倍自民党はどこにゆくのか?」について語り合いました。自民党改憲案の中でいちばん徴候的なのはどの条文かという話が出ました。僕の意見では22条です。自民党案は「何人も居住、移転および職業選択の自由を有する」。どこが徴候的は現行憲法と比べるとわかります。

2013-04-08 12:20:37
内田樹 @levinassien

現行憲法は「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」です。自民党の草案はさまざまな基本的人権に「公益及び公の秩序に反しない限り」という条件を付して人権の空洞化をはかっていますが、唯一22条の居住・移転・職業選択の自由だけは無制約になっています。

2013-04-08 12:24:00
内田樹 @levinassien

つまり「居住、移転及び職業選択の自由」は仮にそれが公共の福祉に反する場合でも、制約されてはならないというのが自民党案の含意なのです。この改憲案は護憲派が言うように「復古」や「国家主義」を志向しているのではありません。

2013-04-08 12:26:07
内田樹 @levinassien

むしろ自民党案は「国民国家の解体」、「市民の粒子化」、「社会全体の機動性の亢進」をめざしています。これは、国境を超えて資本、情報、人間が超高速・バリアフリーで移動できるシステムを早急に構築せよというグローバリストからのつよい要請に応えて起草されたものです。

2013-04-08 12:29:49
内田樹 @levinassien

自民党のねらいは「機動性の高いもの」と「機動性のないもの」に社会を階層化し、「機動性の高いもの」に社会資源を集中するシステムをつくることです。この政策にグローバリストが同意するのは理解できますが、わかりにくいのは階層下位の排外主義者がこれに賛同していることです。

2013-04-08 12:33:18
内田樹 @levinassien

親族や地域共同体などの中間共同体に帰属できないために、「根なし草」nomade となって浮動している人々が、そういう自分のありようを「機動性が高い」ものとして肯定的に評価する文脈を安倍自民党のうちに見いだして、それに共感しているのかも知れません。

2013-04-08 12:35:34
内田樹 @levinassien

今の日本社会は「機動性の高い個体」(「日本列島以外のところでも生きていける人間」)が国政の決定権を握っており、「機動性の低い個体」(日本列島でしか暮らせず、日本語しかできず、日本文化の中にいるときしか生きた心地がしない人たち)は国のありようについての決定権を持っていません。

2013-04-08 12:37:26
内田樹 @levinassien

日本国民は「日本なんかつぶれても別に実害のない」階層上位の人々と「もっと社会が流動化し、システムがリセットされた方がチャンスがあるとおもっている」階層下位の人々に挟撃されて、息も絶え絶えというわけです。

2013-04-08 12:39:57

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?