編集可能
2010年9月8日

タイトル未定 *募集中

まとめました。
95
平和(ラノベ編集とかいろいろ) @kimpeace

ライトノベルは今 : 特集・企画 : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://htn.to/BsSf8y

2010-09-07 15:20:33
平和(ラノベ編集とかいろいろ) @kimpeace

(2)大人向け小説でも活躍 : ライトノベルは今 : 特集・企画 : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://htn.to/kTR729

2010-09-08 10:52:13
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

もう、俺は毎回、同じことにキレている気がするが、ここでキレなくなった俺が俺じゃなくなるのであり、ぼくがぼくであるために~という極めて90年代ライクな姿勢で切れるのだが。

2010-09-08 11:28:12
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

そこにいる作家が、一般向け小説で書けるようになったから「ライトノベルというジャンルはすごい」という論法は、ライトノベル独自の価値というものを全く認めていない最悪の植民地主義であり、ライトノべルに対する侮辱以外の何ものでもない。死ねよ。

2010-09-08 11:30:28
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

たとえば、もしも、宮崎駿や富野由悠季がある時期から、実写映画を撮るようになって実績を上げ、それを理由に「アニメはすごい」と言われたとして、一体、誰がアニメが褒められたと感じるのだろうか。

2010-09-08 11:33:23
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

冲方丁の『シュピーゲル』シリーズは、戦闘美少女という極めてオタク的、ライトノベル的な題材を用いつつも、少子高齢化、内戦とテロのポスト911という極めて現代的、社会的なテーマに挑戦した意欲作だろう。どうして、新聞が、一行たりとも本作に言及できないのか。

2010-09-08 11:38:24
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

ライトノベルには、歴史と蓄積があり、そこでは、まるで伝統芸能のように、無数のコードとお約束が今日に至る過程で用意され、その中で作家は創作している。むろんマンネリ、縮小再生産という誹りは免れないかもしれないけれど、その蓄積、歴史の存在自体は、記述されなければならないだろう。

2010-09-08 11:42:13
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

一方で、そのジャンルが持つ制約、コードを受け入れたうえで、それでも広く世界に届く作品を作ること、かつてロボットアニメで富野由悠季が成し遂げたことを、ライトノベルでやろうとしている作家もいる。冲方もその一人だろう。ぼくを作ったのはS、そんなライトノベルたちだ。

2010-09-08 11:43:17
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

そのいずれも目を向けることができず、ただ、ライトノベルを、一般文芸の、大人向け小説の「二軍」としてしか評価できないのは、あまりに傲慢であり、あまりに貧しすぎる視点だと思う。

2010-09-08 11:44:46
十文字青 @jyumonji_ao

でも、うぶっちもう、ライトノベルやめるんじゃ…。

2010-09-08 11:45:05
平和(ラノベ編集とかいろいろ) @kimpeace

冲方先生はテスタメント終わらせたらライトノベル書かなくなってしまう気配濃厚なので、そこで引き合いに出すのは不適当ではないでしょうか、と思わなくもなかったり。 >http://twitter.com/MAEZIMAS/statuses/23877014189

2010-09-08 11:47:47
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

無論ライトノベルを「越境」(≒「脱出」)する作家もいて、例えばライトノベル作家廃業宣言をしている冲方もその一人だろう。宮崎や富野や庵野にとってのアニメほど、「越境作家」にとってのラノベは魅力的ではないのかもしれない。それはラノベ側の問題であり、読者としてライターとして恥じる。

2010-09-08 11:52:11
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

.@kimpeace が、『シュピーゲル』シリーズは、冲方という作家の才能と、ライトノベルという媒体のコードが、化学反応して初めて成立した作品であり、たとえ書き手にとり最後のライトノベルとなろうが、本書を「ライトノベルの達成」として評価することを躊躇う必要は無いと考える。

2010-09-08 11:56:14
えばたか @evataka

んで、内容についてなんですけど。ちょい踏み込むとラノベとパンゲイの問題って価値観の錯乱なんだよね、たぶん。シュピーゲルがラノベレーベルから出ていることの意味はそういうとこに「も」ある。

2010-09-08 20:08:31
えばたか @evataka

前島さんは宮崎、富野といったアニメ作家を例に挙げているんだけどラノベとパンゲイの錯乱はアニメと実写よりも少し面倒な事態になるんだと思う。

2010-09-08 20:11:17
えばたか @evataka

シュピーゲルの提示するいくつかの主題を白亜右月、はいむらきよたか、島田フミカネのヴィジュアルイメージで処理する回路をパンゲイは持っていない(ことが多い)。テスタメントには挿絵が無いのもそういう外的要因のひとつでしょう。

2010-09-08 20:18:24
えばたか @evataka

もともと文芸寄りの作風にキャラ/キャラクター性の誇張で売れた人の越境と冲方のそれは意味が異なります。

2010-09-08 20:23:29
えばたか @evataka

越境は超級ラノベ作家が鳴り物入りでパンゲイリーグに行く行為ではありません。

2010-09-08 20:31:12
えばたか @evataka

おそらくそれは畸形化との決別となるでしょう。少なくとも冲方の次回作はそうなる気配が濃厚です。

2010-09-08 20:35:50
えばたか @evataka

ひとつひとつ。まずはたぶんパンゲイは最悪の形で冲方を評価してしまった。これは金儲け以外の面では全員が不幸になってしまった。 

2010-09-08 20:43:08
えばたか @evataka

メディアのパッケージングとテクストそれ自体の両方の畸形化を維持し続けて欲しいと考えております。フリークスとしての不穏な自意識を簒奪されぬよう。

2010-09-08 20:48:45
えばたか @evataka

ガチンコのフリークスとして越境している人ってたぶんいないんじゃないかなあ。長谷氏がSFマガジンで書いた作品は円環少女と自分の作家性を追い詰めるような仕事でああいうのだったら歓迎できるけど。

2010-09-08 20:57:04
えばたか @evataka

しかし僕の「オルタナティブな読者でありたい」という我がままでもあるのだ。

2010-09-08 21:01:29
残りを読む(69)

コメント

佐倉和音🥴今季の推しはスーパーカブ @O_Flow 2010年9月8日
入間人間さんがその傾向にありますね。「僕の小規模な奇跡」あの一冊だけかもしれないですが。
0
我乱堂 @SagamiNoriaki 2010年9月8日
誰か一般文芸からラノベに「越境」してこないかねー。
0
@faintdog 2010年9月8日
筒井康隆がいる。>誰か一般文芸からラノベに「越境」してこないかねー。
0
@damedameko 2010年9月8日
キャノン先生トばしすぎ、を読みましょう。あの作品は、大事なのは愛なのだ、ということを教えてくれます。
0
名無し @noeu_k 2010年9月8日
一般書籍と肩を並べて評価してもらいたかったら、あの挿絵を取っ払って売ればいいじゃない
0
平和(ラノベ編集とかいろいろ) @kimpeace 2010年9月8日
前島氏の指摘を受け、該当のブギーポップbotの発言をまとめから除外しました。 私自身は氏の主張に全て同意しているわけではありませんが、一連の発言を冗談のように片付けるような意図は無いことをここに明記させて頂きます。 申し訳ございませんでした。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月8日
ラノベと一般文芸が上か下かなんて、一般文芸のほうがリーグが上でしょう、なに言ってるの。ラノベははっきりって読む世代と読む人の傾向が限られてるけれど、一般文芸はそんな枠ないの。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月8日
ラノベは「誰が読むか」がわりとはっきりしてるジャンル。一般文芸は、それがないの。誰が読むかわからない分、より考えて慎重に書かなきゃいけないのが一般文芸。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月8日
逆に言うと、ラノベで鍛えられて一般文芸へ行ったのではないの。もともとうまい(一般文芸でも通用する)から、すんなり移行できたの。
0
えばたか @evataka 2010年9月8日
誰が読むのか分からないのは数十万部以上売れてるごく一部の作品だけで一般文芸のほとんどは想定読者ってちゃんと考えられてると思います。
0
えばたか @evataka 2010年9月8日
時代小説の『天地明察』とワイドショー的な文学性の『シュピーゲル』、と乱暴にまとめますが、それらの処理とパッケージなどを考慮していただけると。
0
えばたか @evataka 2010年9月8日
時代小説の『天地明察』とワイドショー的な文学性の『シュピーゲル』、と乱暴にまとめますが、それらの処理とパッケージなどを考慮していただけると。
0
平和(ラノベ編集とかいろいろ) @kimpeace 2010年9月8日
本筋とは関係ないですが、前島氏とのやりとりを追加。 「該当の発言を削除させる」というのは氏の本意ではないと承知しているのですが、元に戻すのも良くないと思い削ったままとしています。
0
ますたあ陽太郎4s @kaolu4s 2010年9月9日
さておき、ガチンコのフリークスのまま越境したのは『神様の悪魔か少年』の中村九郎だけだと思う。
0
ますたあ陽太郎4s @kaolu4s 2010年9月9日
ライトノベルにはフリーキーな表現があり、であるがゆえに面白いという部分がある。
0
ますたあ陽太郎4s @kaolu4s 2010年9月9日
毎度毎度、あまりに惜しいと思うのです。
0
ますたあ陽太郎4s @kaolu4s 2010年9月9日
毎度毎度、あまりに惜しいと思うのです。
0
ますたあ陽太郎4s @kaolu4s 2010年9月9日
エッキョーってNPBからMLBへの挑戦じゃなくて、400mハードルから800m走への転向に近い。
0
ますたあ陽太郎4s @kaolu4s 2010年9月9日
同じトラック競技だが求められる技術には質的な差がある。どっちが上とか下とかではなく。
0
久保田弥代/plummet @plummet 2010年9月9日
( ゚Д゚) いわゆる『ライトノベル』最大の問題は、「主要な読者ターゲット」と、「ライトノベルを語る者」が完全に乖離している点にあるのかもな。
0
へぼやま @heboya 2010年9月9日
「エロ漫画家が一般誌に連載枠を持つことで始めて評価される」 というパターンは…ん、いや、それだと部数は変わっても評価は変わらないか…?
0
亜久井 @akui1221 2010年9月9日
漫画・アニメで育った世代(今の20代中頃くらいから)が中高年になる位にはラノベと一般文芸の垣根はなくなるんじゃないかな。実際漫画・アニメ的な想像力で書かれた小説増えてるし、TVドラマだって人物造形が凄い漫画的につくられるようになってきたし。
0
えばたか @evataka 2010年9月9日
半日分の返答を追加しました。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月11日
>誰が読むのか分からないのは数十万部以上売れてるごく一部の作品だけで  この人はミステリー小説はミステリーファンだけが読むとでも思ってるのかな? その想定が間違ってるんだけどなぁ。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月11日
たとえばJ.P.ホーガン「星を継ぐ者」なんてSFファンだけじゃなくてミステリファンも読んでるよ。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月11日
あと、ラノベ(あるいはアニメ・コミックのノベライズ)と一般文芸の決定的な違いは、編集者の手の入れ方だと思う。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月11日
ガンダム00のノベライズを読んで、悪文の多さにめまいがしたし、マクロスFのノベライズは、正直作家を変えたほうがいいと思うほど書き換えがヘタ。これは本来編集が指摘することで、実際一般文芸ではそうしているのが、読めばわかる。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月11日
ラノベにはラノベ独特の表現方法があって、そういう表現に理解がある編集者がついているんだろうけど(だから大賞作品は書き直させられる)、それが一般文芸とは違うということ。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月11日
ああ、記憶違いじゃなくてよかった。乱歩賞を取ったミステリー作家渡辺容子(「左手に告げるなかれ」」の人はたしか昔ジュヴナイル書いてたよなと思って探したら、五島奈奈名義で書いてたじゃん。この人も越境作家だよ。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月11日
ああ、西尾維新が「ライトノベル作家」と認識されているならそれは間違いじゃねえかな。あのひとメフィスト賞出身じゃないの。そしてメフィスト賞の顔ぶれを見れば、わかるよね? 確かに乾くるみとか高里椎奈みたいなのも出てるけど、本質的には一般文芸。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月11日
あと、舞城王太郎は三島由紀夫賞をもらった「一般文芸作家」です。この人も、メフィスト賞出身ね。書いている文章はどちらかと言うとラノベっぽい。神坂一好きなら読みやすいよ。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月11日
となると、「メフィスト賞はラノベっぽいの?」という意見もある可能性がる。たしかに「すべてがFになる」の森博嗣は、文体がと言うよりも内容がラノベっぽい。
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月11日
あ、いいかげんわたしが思う「ラノベ」の定義したほうがいいな。(1)ラノベレーベルから出ているものがラノベ。(2)だから同じレーベルから出ている(アニメ・マンガの)ノベライズもラノベ。(3)コバルトとかホワイトハートもラノベ。コバルトはラノベレーベル? 若干違う印象があるので。
0
えばたか @evataka 2010年9月11日
『星を継ぐ者』のような数十年間も読まれ続けている作品は筋違いの例えだと思います。そして、それも翻訳されて出版される際には(主な想定読者は)SFファンだったのではないでしょうか。
0
えばたか @evataka 2010年9月11日
『星を継ぐ者』のような数十年間も読まれ続けている作品は筋違いの例えだと思います。そして、それも翻訳されて出版される際には(主な想定読者は)SFファンだったのではないでしょうか。
0
えばたか @evataka 2010年9月11日
「一般文芸的な表現に直すよう文章に赤を入れる」という行為をライトノベルよりも上位のレイヤーに位置づけることは権力的にすぎます。例えがアニメのノベライズなのでややこじれますが。
0
えばたか @evataka 2010年9月11日
乱歩賞だろうがメフィスト賞だろうが三島賞だろうがどんなレーベルだろうが関係ないですw
0
naftan @naftan_0627 2010年9月11日
中村うさぎとか藤本ひとみとか歴史小説から論文書くようにまでなった桐野作人とか
0
えばたか @evataka 2010年9月11日
ブコメの一部に反応しました。
0
i_say999 @Isay_BLUNIN 2010年9月13日
「これはもはやゲームではない!」みたいな台詞を褒め言葉で言ってるつもりの馬鹿にはイラッ☆と来るよね
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月14日
>乱歩賞だろうがメフィスト賞だろうが三島賞だろうがどんなレーベルだろうが関係ないですw /はっきり言いましょう。それでは「ラノベ越境」とテーマにした意味も全否定です。何いってるのこの人?
0
えばたか @evataka 2010年9月14日
いや、それでいいんですよ。ラノベの越境という概念がなくなることを視野に入れているわけです。そういうのにこだわる狭い世界の人が多いから。
0