暗闇から飛んできた石

TLサーフィンで見かけた気になるツイートをまとめました。 他に収録した方が良さそうなツイートがあればお知らせください。
56

支離滅裂を、支離滅裂のゆえに攻撃しても意味はない

安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei

玄妙さんのスクリーニング検査の危険性についての発言は、「専門家」だからではなく、自らの経験から発しているという点が重要だと私は思っている。 → https://t.co/at3HB4bToG @saidakaori

2013-04-10 10:07:40
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei

ポラニーによれば、専門家の真理への献身、というものがないと、科学的知識の真正性は担保されない。しかしそれを担保する科学者相互の信頼と批判の相互関係がうまく作動していないと私は思っている。何か根本的なところで狂っている気がする。それがとても怖い。@kentarotakahash

2013-04-10 21:25:05
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei

玄妙さんが個人的に目の前が真っ暗になった経験から投げた石の方向性は、私はそれが個人的であるゆえに、重要だと信じる。そのあとの議論が支離滅裂だとしたら、それは医者としての「立場」と、目の前が真っ暗になった自分との葛藤の表現だと思う。@kentarotakahash

2013-04-10 21:27:18
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei

玄妙さんの支離滅裂を、支離滅裂のゆえに攻撃しえも意味はない。医師としての「立場」の発言と、目の前が真っ暗になった父親としての発言とを切り分けて理解し、その矛盾を乗り越えるための対話をする以外にない。攻撃すれば、「立場」に追い込むことになる。 @kentarotakahash

2013-04-10 21:29:52

kentarotakahashi @kentarotakahash

僕は3/13にこう書いている。「玄妙さんのメッセージの本質は、実は「嘆き」に近いものだと思う。科学が招き寄せてしまう不条理への嘆き。医学というのはとりわけ、その不条理と隣合わせなのかもしれない。患者や家族の幸せを考えたら、生存日数を長くすることだけを至上目的とは出来ないから」

2013-04-10 21:45:21
kentarotakahashi @kentarotakahash

3/28にはこう書いた。「我が子の神経芽細胞腫マススクリーニング検査を経験した一医師の嘆き。そこには説得力があった。が、専門知識には欠けるのに、専門家を自称して、それを重み付けしようとした。それが失敗の種」

2013-04-10 21:46:36
kentarotakahashi @kentarotakahash

これは安冨さんの言う「切り分けた理解」になっているだろうか →「我が子の神経芽細胞腫マススクリーニング検査を経験した一医師の嘆き。そこには説得力があった。が、専門知識には欠けるのに、専門家を自称して、それを重み付けしようとした」

2013-04-10 21:54:29
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei

@kentarotakahash 専門知識は立場上の思考を貫く場合にのみ一貫性を持つ。しかしそれは見かけの一貫性であって、深いところに矛盾が生じる。一方、「私」の感覚からスタートして専門用語を使ってしまうと、必然的に思考が混乱する。それを抜けるには専門知識を一旦捨てねばならない。

2013-04-10 21:59:12
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei

@kentarotakahash 専門家が、自分の専門(に近い)領域で、専門知識を捨てて思考するには、大変な勇気がいる。たいていは怯えて手元が狂って失敗する。その失敗を咎めても意味はない。もっと狂いながら、立場思考へと回帰するだけ。

2013-04-10 22:00:50
kentarotakahashi @kentarotakahash

問題は対話可能性は閉じていること。森口先生や島薗先生はそれを開こうと腐心されたのだと思うが。

2013-04-10 22:00:44
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei

@kentarotakahash 森口さんや島薗さんのような優れた研究者に、そんなことはできないと私は思う。

2013-04-10 22:01:54
kentarotakahashi @kentarotakahash

では、誰ができるのでしょう。専門家集団の中で何とかしてくれ/何とかしたい、というのが、議論に関わった多くの人々の願いだったと思います。 QT @anmintei @kentarotakahash 森口さんや島薗さんのような優れた研究者に、そんなことはできないと私は思う。

2013-04-10 22:13:04
kentarotakahashi @kentarotakahash

専門用語を用いながら、ぶっ壊れた論を放ち続け、疑義を唱える人々を攻撃もする、専門家とは言いがたい(隣接領域の)専門家を、では、私達はどうしたら良いのでしょう@anmintei

2013-04-10 22:08:56
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei

@kentarotakahash その難問をずっと考えていますが、難しいです。ですが、そういう時にこそ、音楽や芸術の力が発揮されるのだと思います。

2013-04-10 22:12:32
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei

専門家のくせに、素人用語しか使わないで素人と議論を続けられるとしたら、そいつは、とんでもなく凄いやつだ。

2013-04-10 22:17:06

そういう時にこそ、音楽や芸術の力が発揮される

横川圭希 @keiki22

そんな事は無いと思う。そんな目的に音楽や芸術を使おうとすると、必ずその音楽からしっぺ返しを食うんじゃなかろうか?

2013-04-10 22:28:48
横川圭希 @keiki22

よしんば、誰かの気持ちに何かが作用して、結果目的が叶う事もあるかも知れないが、それは偶然に過ぎないし、必然だと感じるのは、単なる僕らの勝手だ。

2013-04-10 22:30:35
横川圭希 @keiki22

やっぱり、ここでも「向き合う事」と言う言葉しか思い浮かばない

2013-04-10 22:31:55
猫屋 @nekoya_3

@keiki22 そう思う;むりむり。音楽が自由じゃなくなっちゃう。

2013-04-10 22:32:29
keiko kimura @keikogoldstein

@keiki22 同感。筋がちがうでしょ。理論家なはずなのに。

2013-04-10 22:33:47
残りを読む(76)

コメント

森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2013年4月11日
まとめをありがとうございます。今回の議論を私としては、『玄妙さんの変』と命名しました。玄妙さんが変、というタイトルではなく、『本能寺の変』のような歴史的用語です。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2013年4月11日
玄妙さんの論は科学的には深いものではないのですが、彼の論がリトマス試験紙のように読者の理解度や姿勢を鮮やかに描写しているのは実に興味深いです。安冨先生もベストセラー『東大話法』の著者でありながら、、、、みたいな。
2
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2013年4月11日
ぱとりさんの、『ああー もうみんなそんなに立場から逃れられないなら、やっぱ赤門に勉強するなって 貼っといたほうがいいんでない? それが日本のためだよ。』は至言ですね。かつては小林秀雄(東大仏文卒)が、『勉強すればするほど馬鹿になる』というような発言をしたから、なおさら大学の存在感が増したのですが。。。これも時代でしょうか。
0
道草クー太郎 @KutaroMichikusa 2013年4月11日
東電でもなく政府でもなく、官僚でも政治家でもない一個人に対して集団でなぶりものにするような「まとめ方」はとても卑しい行為だと思う。「まとめられた」方々はこれが本意なのだろうか?
0
水無月 @minadukiG 2013年4月11日
「なぶりもの」にする意図はなく、できるだけ色々な観点からの呟きを拾ったつもりですが、収録された方で本意でない方は、右上の「メニューを開く」ボタンから自ツイートの削除をしていただければ…と思います。
1
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
うちの親父は小林秀雄の読者だったんだろうか。
0
内田 @uchida_kawasaki 2013年4月11日
KutaroMichikusa ターゲットをなぶりものまとめは、早川さんがよくやられる方法ですよ。
6
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
「僕は3/13にこう書いている」で思い出したけれど、3/13は母の手術日だった。時刻をチェックしたら、数時間のオペの間、家族待合室で一人だった時に、あの「嘆き」についてのツイートは書いている。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
安冨さんのこのツイートがリンクURLだけで可視化されてないのはどうして? https://t.co/mET7InswtB
0
大江進 @ooesusum 2013年4月11日
専門家がその専門や周辺領域で繰り返しへんなことを語るのであれば、きびしく批判されるのは当然です。父親としてとかの個人的事情は関係ない。みんな優しいんだね。それと「東大話法」の保冨歩氏が東大話法を駆使するという……。
0
大江進 @ooesusum 2013年4月11日
あっ、字を間違えた。保冨歩氏ではなく安冨歩氏でした。失礼。
0
水無月 @minadukiG 2013年4月11日
kentarotakahash 安冨さんの関連発言は全て収録するつもりで、そうしたつもりだったのですが、編集過程で抜けてしまったようです。申し訳ありません。今、元々入れるつもりだったところへ挿入しました。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
朝日新聞で「ラップ」という言葉が使えるようになるまで、10年かかったのを思い出す。QT @anmintei 専門家のくせに、素人用語しか使わないで素人と議論を続けられるとしたら、そいつは、とんでもなく凄いやつだ。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
ケイさんやスナオさんは「分断」を悲しむけれど、ツイッターって個人でやるものだから、そもそも分断されるもの(絆?)などないというのが僕の感覚。呟くのは自分のため。ただそれだけ。
4
シダミキオ @mikiosida 2013年4月11日
(なんか僕のツイートだけ異質で申し訳ないですw)っつ~か、なんで入れんのよ(笑)せっかくのいいまとめがぁあ。。
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
私が東大話法を使っている、というデマは、東大話法話者からよく出るが、根拠を示した者は、一人もいない。
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
ワーグナーが、対話可能性を開く音楽だと思っている人がいるようだ。
0
道草クー太郎 @KutaroMichikusa 2013年4月11日
uchida_kawasaki 他人の作った「まとめ」コメント欄ではまとめ主の趣旨を尊重する節度が必要。それがこの間の私の学習内容の一つ。なので異論はホームに書きますが、「あなたとは認識が異なる」とだけここでは書いておきます。
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
これが対話可能性を開くために不可欠なことだというのは大前提なのだが。→「面白いもの、気持ちよいもの、美しいもの、切ないもの、笑えるもの、踊れるもの、そういうものを作りたいってだけだからなー。その後のことは知らない。」
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
原発を推進する人々と、同じ思考枠組みを採用している限り、勝ち目はない。
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
「惻隠の情」の用法が間違っている。出典は孟子。→ http://www.kokin.rr-livelife.net/classic/classic_oriental/classic_oriental_139.html  RT @tigercatver2 聞き手側がその点を配慮してあげた上で対話をしなければならないという理解でいいのかしらん。安冨さんの惻隠の情かしら?
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
相手が内的に引き裂かれて発言しているなら、その事実を認識して対話しないと、意味が無い、ということ。その全体を一つだと思って議論しても、わけのわからない堂々巡りに陥るだけ。時間と思考の無駄。それで腹を立て、「しんでしまえ」というような発言をして恥を晒すとかになる。 RT @tigercatver2 聞き手側がその点を配慮してあげた上で対話をしなければならないという理解でいいのかしらん。
1
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
音楽が自由でなくなれば、対話可能性を開く力を失うことは、自明。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
anmintei 安冨さんの「感情に振り回されず、感覚に従う」と僕の「そういうものを作りたいってだけだからなー。その後のことは知らない」は基本的に同じことを言っていると思います。
1
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
「感覚に従う」について言うと、僕のツイートはいつも感覚的なものです。論理的だ、と言う人が多いですが、知識とか論理とかはいつも後づけのものです。今回の一連の議論においても、そうです。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
読んでいて、あれ?と思ったから確認する、質問する。さらに、あれ?と思ったら、自分で調べて、考えてみる(順番が逆のこともあります)。最初のあれ?に理由はありません。
1
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
知識のない素人があれ?と思ったところから始めるのですから、自分なりに物事が理解できるまでには時間がかかります。玄妙さんは支離滅裂であると気づくには3/27まっで、一ヶ月半を要しました。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
玄妙さんが専門用語を使って、専門知識を語っているように見える場面で、決定的に間違っていることが誰の明らかになったのは、「期間有病率」についての記述においてです。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
早川さんがわざわざ「間違っていない事例」としたまとめがアップされ、どれどれと見に行って、僕は初めて、そんな言葉があるのを知りました。意味は知りません。が、あれ?と思ったから調べたのです。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
それが3/25。そして、3/27に至って、ようやく理解に達しました。玄妙さんの不明瞭な言説が、なぜ、不明瞭だったかも理解できました。だからこそ、何の躊躇もなく「支離滅裂」と言えるようになったのです。
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
そのとおりだと思います。私はこの玄妙さんの説明がよくわからなかったのと、言葉が抑圧的になったので、読むのをやめました。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
3/13には僕は安冨さんの言う「切り分けた理解」には到達しています。が、切り分けた片側を検証するには、さらに二週間、多くの人の手助けが必要でした(皮肉なことに、それを最も助けたのは早川さんです)。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
玄妙さんはそもそも自身の中で引き裂かれていて、しかし、本人はそこに無自覚で、人々を立場で抑え込もうとした、その彼を攻撃しても、もっと狂って立場に立て篭るだけ、という安冨さんの意見に僕は同意できます。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2013年4月11日
anmintei 私は安富先生が東大話法を語っていると書いてはいませんが、『支離滅裂を、支離滅裂のゆえに攻撃しても意味はない』というご意見は正しいのですがネットでは通用しません。それはリアルに対面した状況(臨床)でこそ必要な知恵だからです。
1
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2013年4月11日
ネットの文面で支離滅裂であれば、それなりの評価が下されなければ議論は堂々巡りになります。株価が下がった状態をひたすら買い支えたのが某先生。
1
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
矛盾を乗り越えるための対話が必要である、にも同意です。とはいえ、それは玄妙さんは支離滅裂である、ということが、なぜ、支離滅裂かを含めて、理解できた今日に至るからです。
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
大変な努力に敬意を表します。私の考えは、(1)ある人が何らかの誠実さを持つことがわかっている、(2)その人が抑圧的態度をとる、ということがあれば、(3)その人の内部の分裂を想定すべき、ということです。
1
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
僕は自分の感覚に従ってしかツイートできません。素人が感覚に従って、あれ?を発し、後づけで知識と論理を獲得してきただけです。それに一ヶ月半を要した訳ですが、その間、僕は玄妙さんを攻撃したでしょうか?
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
そうでないと、(1)相手の言っていることを真面目に受け取ると、こっちが発狂しそうになる、(2)発狂しないために相手の言っていることを厳密に分析すると、相手が激怒して紛糾する、のどちらかになります。
1
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
玄妙さんは攻撃された、と感じているのかもしれませんが、僕のツイートに「攻撃」があったかどうかは、第三者の判断に任せます。
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
ネットでの対話も、コミュニケーションのリアルな現場です。
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
私の理解は、高橋さんは(2)をやって、玄妙さんが抑圧的に対抗するので、高橋さんもときどき怒った、です。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
申し訳ないですが、僕は自分のためだけにツイートしています。自分の感覚に従って、言葉を紡ぎます。それしか出来ません。マズイところがあったら、言って下さい。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
↑ 訂正:誰の明らか× 誰の目にも明らか○
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
スクリーニング検査の問題は、その構造的暴力性にあるので、そこに医学用語の入り込む余地はない。なので、この部分に関する玄妙さんの言説はそもそも蛇足、というのが私は考えです。
4
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月11日
【3/16のツイート再掲】福島の甲状腺検査に関わる議論に加わった人の中で、検査そのものに対して、ハッキリした否定的評価を述べたのは、僕の知る限り、安冨さんと横川さんだけだと思う。
0
ねこつかわれ @sunaoh 2013年4月11日
oO(拙ツイートを収録頂いたご趣旨が分からなくもありつつ、そのことへの異議は特にないのですが、わたくしめのツイートの趣旨はこちらの文脈とは直接的には全く関係がないので、一応その旨は述べさせて頂いておきます。
0
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月11日
というわけで重要な論点で、玄妙・早川・安冨・高橋に差異はない。 RT @kentarotakahash 前者に同意。後者は同意というより、早々に学びました。RT @anmintei: スクリーニングの暴力性と、以下の点については、高橋さんは同意していると解釈→「スクリーニングで明らかになる病気の人の数」と「平時に発病して来院してた人の数」に大きな差があることが本質だと考えます
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
前者の論点については、安冨さんが最も早く、最も深くに踏み込んでいます。 http://twitter.com/anmintei/status/304248952876830720http://twitter.com/anmintei/status/304426238339076096 … QT @anmintei というわけで重要な論点で、玄妙・早川・安冨・高橋に差異はない。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
比べて、残る三人は踏みこみが足りないのではないでしょうか。僕はこうはツイートしましたが→ http://twitter.com/kentarotakahash/status/312915666267160576 … QT @anmintei というわけで重要な論点で、玄妙・早川・安冨・高橋に差異はない。
0
田村淳彦 @AtsuTam 2013年4月12日
いいえ。玄妙さんは更にその先まで指摘しています。加害者が検診を推進するのではなく、被害者側が検診を望むように仕向けている・と。暴力性が顕になった時、検診主体が非難の直撃を受けないように。> kentarotakahash :比べて、残る三人は踏みこみが足りない
1
田村淳彦 @AtsuTam 2013年4月12日
「3人の甲状腺ガンの情報を受けて「もっと検査しろ、手術しろ、遺伝子検査もしろ」とみんなが騒ぐ。「しぶしぶしてやるか」と受ける。「ありがたや、ありがたや」と喜ぶ。どんだけシナリオ通りの反応をするのっていう話。」「頭のいい人がエサをまいたら、そのままいいように食いつく。どんだけ愚か者かって気づけよって話。」
1
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2013年4月12日
anmintei コミュニケーションという大きなカテゴリーの中ではそうです。ただ早川さんも玄妙さんも、そして安冨先生も日本語のツイッターという言論空間の中でリアルな生活では経験されていない圧力にさらされ、揺らいでいるという印象です。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2013年4月12日
うまく言えないのですが、少なくとも早川さんはエゴサーチをやめて、ツイート数を今の数分の1に絞ること、を処方箋とすることを薦めます。
0
田村淳彦 @AtsuTam 2013年4月12日
研究者たちがやりたくてやりたくて、でも、応じてくれる人などなかなかない遺伝子スクリーニング検査さえも、「是非やってほしい」と被験者側に言わせるんですから、そりゃもうウハウハですよ・・・。
1
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2013年4月12日
玄妙さんはご自分で論文を読むこと。みんなに紹介するなら出典にも気をつけて。英語のHPは玉石混交です。
1
田村淳彦 @AtsuTam 2013年4月12日
この指摘の衝撃性こそが、感情的反発を呼び起こし、それが玄妙さんへの不快感に投射されたのだ・と、私は観ています。> AtsuTam :加害者が検診を推進するのではなく、被害者側が検診を望むように仕向けている・と。
1
田村淳彦 @AtsuTam 2013年4月12日
衝撃性のある指摘を、感情的反発を呼び起こさずに伝えることは難しい。たぶん不可能です。 反発を発言者に投射させない言い方・聴き方をすることは出来るかも。けれど立場がそれを邪魔します。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2013年4月12日
140字の日本語で表現できるツイッター環境では、本当に文明の利器かもしれない。英語のアルファベット140字ではこれほど伝わらない。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
AtsuTam 人のことを不誠実だと書きながら、こういうところでは対話しようというのですね。まあ、いいでしょう。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
AtsuTam 「3人の甲状腺ガンの情報を受けて「もっと検査しろ、手術しろ、遺伝子検査もしろ」とみんなが騒ぐ<このような事実認識は私にはありません。事実があるなら提示して下さい。
4
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
AtsuTam 私が言っている「踏み込み」とは、全く違うことです。参照先とした安冨さんのツイートを読めば分りますが、安冨さんは当初から今回のスクリーニング検査の「科学性」に疑義を示しています。
3
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
AtsuTam これは「科学的にとっても貴重な調査で、人類の財産になります」 ( http://twitter.com/drsteppenwolf/tatus/304135018018635776 )とする玄妙さんとは対照的です。
3
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
AtsuTam 僕にとっては、2/21に安冨さんが述べた「科学的姿勢を放棄している」「科学的たりえない」という指摘の方が、玄妙さんの乱雑な警笛よりも、はるかに衝撃的でした。
2
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
AtsuTam そして、自分なりに今回の検査についての文書を当たった結果、安冨さんに同意します。安心のために設計された検査は科学的足り得ないと考えるようになりました。
2
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
AtsuTam もちろん、安冨さんはそれ以前に、今回のスクリーニング検査の倫理性に疑問を呈していますし、また、スクリーニング検査一般がそもそも暴力性を孕むものである、と考えているのではないかと思います。
1
misato yugi 柚木ミサト @pelukiss 2013年4月12日
いいではないか。こんなこともなくシ〜ンとしてたほうが気持わるい。こんな時に誰かにどうにかして欲しいという事では無く、どんなことも自分の考え方感じ方は自分で決められる事だと私はこれでも学んだ。個人で考えていくことと、これからみんなで考えて広めていくことと整理がついた。一見、分断に見えてもこれも遠回りなコミニュケーションなのだが「イヤなことが起きてしまった」という印象を持ったことについて考えを深めている。
4
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
AtsuTam 対して、玄妙さんは「疫学研究は科学的合理性及び倫理的妥当性を確保したうえで行わなければならない」と述べたものの、科学性については先のようにバラ色と言ってもいい評価を示していますし、
2
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年4月12日
AtsuTam 倫理性についても、対照群検査について「正直倫理的にも問題が」とするに留まっています。このように見比べれば、安冨さんの今回の検査への評価は、当初からはるかに辛辣だったのが分ります。
2
misato yugi 柚木ミサト @pelukiss 2013年4月12日
今まで出会わなかった思考回路が違う者が、真剣に話をし始めたのだから最初は上手くいかない。専門家でもそうでなくてもこれは未経験だと思う。研究する人たちの議論慣れたやり方に、私は感覚でモノを考えて来たから自分の持った印象で戸惑うという経験をしてきた。おかげでこの時に巻き起こる感情や、向かっているのが個人か体制かを整理することを覚えた。甲状腺にかぎらず検査をどう役立てるかは個人に認識を高める意外ないのだから、そっちに注目することにする。また勉強になったからいい出来事だと思った。
4
安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2013年4月12日
早川さんの言うように、2011年3月の対応が誤りであって、福島県民を被曝から守ることができなかった点を認めた上で、スクリーニング調査から生じる全ての結果に対して無条件に救済することを約束した上でなければ、科学的検査はできない、と思います。
5
🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_ 2013年4月12日
誠実さをうしなった、言葉がうつろな人々の相手をしてはいけない
3
水無月 @minadukiG 2013年4月13日
まとめを「分断」という観点で締めたのは編集の一環でした。 @kei_sadalsuud さんと @sunaoh さんが当話題と無関係に呟いていただろうことは想像可能でしたが、私には感じるものがあった、ということでお借りしました。遅くなりましたが、以上ご説明まで…。
0
ねこつかわれ @sunaoh 2013年4月13日
minadukiGさん、ありがとうございます。そういうご趣旨であるなら拾って頂き幸甚に存じます。ちなみに、と言いますか、(TL界隈自体とも比較的無関係でありつつ)色々と思うところが重なってつぶやいたものですが、直接的な引き金としては、千葉の最終処分場を巡る意見を色々と見聞きしながら思ったことだったりもします。
0