2013年4月11日

2013年4月11日CFMDレジデントデイClass of 2016

2013年4月11日CFMDレジデントデイClass of 2016のつぶやきをまとめました。
0
M.I @minorinada

「2013年4月11日CFMDレジデントデイClass of 2016」をトゥギャりました。 http://t.co/9DRDSZ8X8r

2013-04-11 17:37:16
清田実穂 @miho_kk

CFMDのレジデントの振り返り。最重要/必須なのはログ。次に重要なのはCase/Issue of the Month。一人20分で(努力目標…^^;;)。その他、Clinical Jazz、ビデオレビューなどは担当制で。 #residenday

2013-04-11 17:28:30
清田実穂 @miho_kk

Discussion:日本独自の診療の構造があるのでは? 英語圏の文献だけでは活用しきれないかも。意識してやると、いつもの外来より2~3分多く必要(F沼Drの場合)。あくまでも、臨床推論がバッチリできることが前提。 #residenday

2013-04-11 17:21:02
清田実穂 @miho_kk

F沼Dr今オススメの本。「The Naked Consultation」 http://t.co/EUOHsperJm  #residentay

2013-04-11 17:17:38
清田実穂 @miho_kk

F沼先生のような高速外来をやっていると、外来診療の上でのHouse Keepingが難しい。Twitterでつぶやいたり、手を洗ったり、コーヒー一口飲んだり。人によっていろいろ。 #residentday

2013-04-11 17:15:13
清田実穂 @miho_kk

主訴や経過、受療理由などをSummariseして、Ptに確認することはとても重要なプロセス。「3日前から調子悪くて、昨日から熱が出て、身近にfluもいるし、fluが心配なんですね。」みたいな。 #residentday

2013-04-11 17:12:54
清田実穂 @miho_kk

慢性疾患ふた月処方→2か月分を全て話すPt→注目し過ぎてModification of help behavior、Management of continuing problem、Opportunistic health promotionが疎かに。 #residentday

2013-04-11 17:10:54
清田実穂 @miho_kk

医療の「使い方」を教える/伝えることはプライマリ・ケアの上で重要なこと。 #residentday

2013-04-11 17:03:21
清田実穂 @miho_kk

Ptの自我がParent-Adult-Childのどこにあるのか。Drの自我がP-A-Cのどこにあるのか。A-Aになると理想的。ただ、これだけでは外来は終わらない。 #residentday

2013-04-11 17:00:23
清田実穂 @miho_kk

ICE→Ideas(Ptが病い・疾患・苦痛にどのような意味づけをしているか)、Concerns(Ptが気になっていること、不安なこと)、Expectations(PtがDrni何を期待しているか) #residentday

2013-04-11 16:58:52
清田実穂 @miho_kk

自分の意思で受診する診療所の外来では、主訴だけではなく受診理由がある。その受診理由は心理社会的なものであることがほとんど(不安、うつ気分、ライフイベント、家族内受療文化、地域内受療文化)。 #residentday

2013-04-11 16:53:29
M.I @minorinada

プライマリケアの患者は必ず自分で決断して来る。その思いには必ず受診理由がある。主訴:不眠ー受診理由:?この両者を考えるのがプライマリケア。 #residentday

2013-04-11 16:53:26
清田実穂 @miho_kk

頭痛を感じる人のうち、受診する人の方がセルフケアで済ませる人より症状が重いとは限らない。受診につながる理由は、不安、うつ気分、ライフイベント、家族内受療文化、地域内受療文化。 #residentday

2013-04-11 16:52:07
M.I @minorinada

頭痛の受診理由:1不安(この頭痛は脳腫瘍/くも膜下出血/かくれ脳梗塞ではないか?) 2うつ気分 3ライフイベント 4家族内受療文化 5地域受療文化→すべて心理社会的要因 #residentday

2013-04-11 16:51:43
清田実穂 @miho_kk

地域内受療文化:地域の中で「こうなったらA診療所」「こうだったらB診療所」みたいに区別されていることがある。 #residentday

2013-04-11 16:51:32
清田実穂 @miho_kk

家族内受療文化:家族によって全く違う。子の37.5度発熱ですぐ受診する人もいれば、39度の発熱で受診する人もいる。これは文化。 #residentday

2013-04-11 16:50:26
M.I @minorinada

では、頻度は多いが受診は少ない頭痛患者のうち、どういう人が受診するのか?受診者と非受診者では、症状はほとんど差がない。「この人はなぜ受診したのだろう?」→一番多いのは不安。 #residentday

2013-04-11 16:47:48
清田実穂 @miho_kk

コミュニティの中で頻度の多い心身の不調の比率と、受診した人の中で頻度の多い心身の不調の比率は違う。頭痛を感じる人は多いが、そのうちで受診する人は少ない。泌尿器トラブルを感じる人は頭痛ほど多くないが、その多くが受診につながる。 #residentday

2013-04-11 16:47:36
M.I @minorinada

頭痛が頻度は一番多いがほとんどがセルフケア。次が咽頭痛、受診は頭痛よりは多い。その次が咳、受診は咽頭痛よりはさらに多い。皮膚科やUroの問題はほとんど医者に行く。 #residentday

2013-04-11 16:46:34
M.I @minorinada

(例の四角の図)1000人の住民がいたとき、illness&injuryを持つのが750人、GP/FMにかかるのが250人、大学に行くのが1人、の図。 #residentday

2013-04-11 16:45:20
清田実穂 @miho_kk

なぜ、診療所に来る患者は心理社会的な背景を持っているのか。なぜ、Medical Modelだけではダメなのか。 #residentday

2013-04-11 16:43:21
M.I @minorinada

外来診療は、よくあるシンプルな診療モデルだけでは不十分。なぜそれ以外のモデルが必要か? #residentday

2013-04-11 16:43:16
M.I @minorinada

ここから先はパワポ資料を参照しながらなので、ツイートするのが難しいですm(_ _)m #residentday

2013-04-11 16:41:49
M.I @minorinada

この15分間で何をするのか、すべきタスクはなにか?これを考えるのが診療の構造化。 #residentday

2013-04-11 16:40:15
清田実穂 @miho_kk

@akclass2013 「どうされました?」と「What can I do for you?」は診察の最初にかけられる言葉であることは同じですが、全く意味は違いますよね…。

2013-04-11 16:40:11
残りを読む(46)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?