日本の教育費の各国比較における特徴

日本の教育費の各国比較における特徴と、その背景について、雑感のメモ。日本の公的奨学金についての議論など。 きっかけになったのはこの報道。しんぶん「赤旗」さんの「日本の異常 高学費・有利子奨学金 4年間で借金700万円」http://t.co/juz7mWJC9G
56
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

この記事の不十分点は歴史を踏まえていないところ。日本の大学学費がOECD中世界一は周知の事実。この異常の背景にあった「受益者負担」の考え方を批判しない記事には意味がないと思う。「日本の異常 高学費・有利子奨学金 4年間で借金700万円」http://t.co/juz7mWJC9G

2013-04-15 01:33:37
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

なんだか新聞記事を見ていると「頭に来る(苦笑)」ことばかりなので、15年前くらいに、もう見ないでおこうと思った(ただし私は紙新聞もとっている)。が最近は関わらないわけにもいかない。だったら、もうちょっと楽しい、有益な、役立つ記事にしたい。マスメディアの役割を評価しているからだ。

2013-04-15 01:38:58
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

ついでだからこの記事にさらに注文しておきたい。それは、これ→も事実誤認なこと=「給付制奨学金さえないのは、日本だけ」。なぜなら、例えば京都女子大には(貸与でなく)給付制の奨学金制度があるから。「日本の異常 高学費・有利子奨学金 …」http://t.co/juz7mWJC9G

2013-04-15 01:50:01
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

でもまぁ、国の制度としては、確かに「給付制奨学金さえないのは、日本だけ」。でも個別には、例外の制度を作って、受験生や大学生を応援している大学もある。そういう努力も知ってほしい。

2013-04-15 01:53:53
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

愚痴になってもいけないので提案。1960年代高度成長期の高校進学率上昇の結果、70年代から大学進学率も増え始め、その結果を受益者負担という名の論理+学費値上げでまかなおうとした。しかし教育の結果は最終的には社会に還元され、社会で教育を支えるのが望ましい。社会を受益者と考えるべき。

2013-04-15 02:02:22
松田 和行 @Bachelor1950

@y_mizuno 受益者負担という忌まわしい言葉にどれだけの人が泣かされてきたか、障害者が健常者とのギャップを埋める為の費用にも受益者という定義が用いられ出来たのが障害者自殺支援法。出発点の決め方一つで定義が変わる受益という思考法、極論すると健常者が障害を負うのも受益ではと?

2013-04-15 02:16:37
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

そういう矛盾に気付いてほしいですね。@Bachelor1950 受益者負担という忌まわしい言葉にどれだけの人が泣かされてきたか、障害者が健常者とのギャップを埋める為の費用にも受益者という定義が用いられ出来たの が障害者自殺支援法。出発点の決め方一つで定義が変わる受益という思考法…

2013-04-15 02:22:02
松田 和行 @Bachelor1950

@y_mizuno そうですよね、教育然り、福祉も然り、原点をどこに置くかで社会は良くも悪くもなる。貧乏も障害も高齢もそれぞれの問題が社会の平均を目指すことで社会全体のレベルアップにつながる、平均が上がれば上がった平均を目指すそれこそが政治や行政の役目と思うのですが。

2013-04-15 02:31:53
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

社会全体が教育の受益者と考えるのが欧米の教育で、教育無償化傾向の背景にはそんな理解があると私は思うのだが。その代わり兵役奉仕なども当然のこととしてあって、日本では無理かも。教育を個人の仕業や修行と考えるが日本。健全な個人主義が育ってない日本では、やはり難しいのかと悲観的にもなる。

2013-04-15 02:18:12
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

@Bachelor1950 1980年代バブル期の後、90年代の論点整理が出来ないままに、当時の思想的背景の新自由主義(自由競争)と自己責任論の風潮が作られ、無反省にそれに乗った。当時の文部省の教育時間削減政策も公然と2極分化を宣言したのと同じ。日本社会の悪い面が出ました。

2013-04-15 02:41:40
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

公財政教育支出の各国比較。ただし教育予算とGDPの比の比較。2009年の教育白書から。http://t.co/tcoisHI8Qq http://t.co/Co5RjU8ZE6

2013-04-15 03:52:42
拡大
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

日本の教育費が高いかどうかを見るための指標に、何をとるか。いろいろあるが、ここでは大学の学費を縦軸、横軸に奨学金がもらえる比率。日本だけが突出して、「高い学費を私費=家計で」払っている、という傾向にある。これが周知の事実。 http://t.co/G53qxpER87

2013-04-15 04:09:27
拡大
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

日本の教育費の各国比較における特徴。「教育機関への公費割合、日本GDP比で最下位 OECD加盟国」http://t.co/phZf21hm6Z 「日本はGDPに占める教育機関への公的支出の割合が3.6%(09年)と、加盟国で比較可能な31カ国中最下位。最下位は3年連続。」

2013-04-15 04:31:32
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

保育園・幼稚園の教育費について、公的予算のGDP割合と、家計教育経費のGDP割合も見ると、日本は相対的に55%が家計から。フランスでは94%が公的予算から。ただし日本は支出全体が低い。これはGDPが高いからなのか?一見、不思議。 http://t.co/KzpN2qxq6l

2013-04-15 04:41:49
拡大
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

高等教育でも幼児教育でも、日本では、教育の受益者負担(公的教育予算の割合が極端に低い。)という考え方が貫徹し一貫しているようにみえる。これは日本の教育環境の際立った特徴。さて問題は、なぜ、いつからこうなったのか。これでいいのかどうか。何が問題なのか。今後どうすべきかといった問題。

2013-04-15 04:44:51
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta

@y_mizuno 内田樹氏 (@levinassien )がブログ http://t.co/tzaEtqYW1T で同じことを指摘されていますね。教育に関わる人の憂いはみんな同じです。

2013-04-15 06:18:51
ロシ(脱人間社会) @k_bj44v

@y_mizuno 初めまして。質問があります。学費についてはそうかもしれませんが、学校側の必要経費や教職員の手当等も比較しないと、いけないのではないでしょうか?。

2013-04-15 09:41:40
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

それはそうですね。議論や主張の目的によって、最適な指標、社会指標、というのを(誤解のないように)定義して、その上で、議論をしないといけません。RT @k_bj44v 学費についてはそうかもしれませんが、学校側の必要経費や教職員の手当等も比較しないと、いけないのではないでしょうか?

2013-04-15 09:46:42
ロシ(脱人間社会) @k_bj44v

@y_mizuno 各国のGDPの割り振りの表で比較されると、各国の政策、民族意識の違いなどが解り、面白いのではないでしょうか?

2013-04-15 09:44:58
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

そうかもしれませんね。一度ご自分でもやってみられては?確かに、割り振りには、社会の価値観や歴史性が反映されていそう。逆に既往の履歴を背負うので不明確か? @k_bj44v 各国のGDPの割り振りの表で比較されると、各国の政策、民族意識の違いなどが解り、面白いのではないでしょうか?

2013-04-15 09:51:11
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada

僕が興味を持ったのは大学の学費がゼロなのに奨学金がもらえる国があること。何のためにもらうのか? 【大学の学費を縦軸、横軸に奨学金がもらえる比率。日本だけが突出して「高い学費を私費=家計で」払っている http://t.co/XEanio6Ji4 @y_mizuno さん投稿】RT

2013-04-15 10:07:09
拡大
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

スウェーデンの場合は徹底していて、大学に来ない同世代が給料をもらっているから。学び研究することで、社会に貢献していると考えて(=社会による奨励姿勢から)給料を出す感覚のようです。@pokke_yamada 大学の学費がゼロなのに奨学金がもらえる国があること。何のためにもらうのか?

2013-04-15 10:20:41
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada

あと、奨学金が貸与か給付か、貸与なら有利子・無利子か、そして横軸の率というのが単純にもらえる人数の割合なのか全学費中の奨学金の占める割合なのか。【大学の学費を縦軸、横軸に奨学金がもらえる比率。 http://t.co/XEanio6Ji4 @y_mizuno さん投稿】RT

2013-04-15 10:09:52
拡大
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

@pokke_yamada その通り。比較するには、様々な違いの背景を揃えないと、あるいは比較の条件を明確にしないと、その結論を、簡単に間違えてしまいます。ご指摘、感謝です。

2013-04-15 10:22:27
残りを読む(12)

コメント

MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月15日
まとめを更新しました。前口上に元記事を紹介。
0
齊藤明紀 @a_saitoh 2013年4月15日
国立大だと「授業料収入の5.8%を授業料減免に使う」規定が法人化で自由化されて、どちらかといえば減免総額を増やす国立大のほうが多い。私学が特待制度で成績トップの学生を対象とすることが多いのに比べ、国立は困窮状況をみて減免の対象にする傾向。
0
齊藤明紀 @a_saitoh 2013年4月15日
国立大学の授業料免除は入学後に申請して審査。なので経済的に恵まれない層の進学意欲という点では役に立ってなさげ。減免してもらえるかもらえないかの年収ボーダーは(結果として)毎年変わってるはず。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月15日
まとめを更新しました。いくつかの対話を追記。
0
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada 2013年4月15日
まとめをはじめから読ませていただきました。しんぶん「赤旗」の記事、あまりに知られていなさ過ぎだと思います。僕自身「借りた」奨学金を返済中の身ですが、他国の授業料が格段に安いか、高い国でも「もらえる」奨学金で補填できるというのがとても信じられない。
0
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada 2013年4月15日
大学の授業料が、かつてはこんなに安かったなんてビックリです。僕の親の代では授業料その他の費用が工面できなくて進学をあきらめたという話を聞きます。そして今は裕福になったから大学へいけるのだと。物価上昇を考慮しても逆じゃないかと思いました。
1
s_matashiro @glasscatfish 2013年4月15日
理科離れなんて、理工系の授業料を減免すればすぐ解決しそうな気がします。
0
barubaru @barubaru14 2013年4月15日
日本は税率低いんだから対GDP比で見ればそりゃ教育費補助低くなるでしょとしか。スウェーデンと比べてもねえ。消費税25%ぐらいのガチガチの相互監視社会にしてみますか?あと、大学進学率も下げないといかんですねえ。スウェーデンは50%以下らしいですし。珍妙な名前の学部ぐらいしか見るところの無い低レベルな大学を切り捨て遊んでいては卒業できないぐらいの厳しい制度にして初めて「学び研究することで、社会に貢献している」といえるんじゃないでしょうか。
0
林 衛 @SciCom_hayashi 2013年4月15日
受験競争を勝ち抜くことで高収入と生活の安定を得られる個人的な目的のために大学があるのが日本。学問を身につけて世の中のためにも頑張るという面が弱い。そのことと,学費の指摘負担が大きい問題が直結してしまっている。
0
ひろっぺ@内調的手洗い&うがい学術会議 @hiroppe3rd 2013年4月16日
国内でこんなんじゃ、高校無償化で「外国人」にも援助よりはまず 自国民へ公財政教育支出を先ってことですね。外国人? 本国に帰った方が援助してもらえるんだから帰るべきでしょ。
0
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada 2013年4月16日
glasscatfish 理工系の授業料って、文系に比べて高いのですか?(素朴な疑問)
0
外山 未知 @MichiToyama 2013年4月16日
15年ほど前にサンプル比較したところ、実験費のせいか理工系の方が比較的高かったと記憶。ただし国公立理工の方が私学文系より安い傾向にありました。 芸術系はむやみに高かったです。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月16日
興味深い比較。a_saitoh :「国立大だと「授業料収入の5.8%を授業料減免に使う」規定が法人化で自由化されて、どちらかといえば減免総額を増やす国立大のほうが多い。私学が特待制度で成績トップの学生を対象とすることが多いのに比べ、国立は困窮状況をみて」
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月16日
はい。国立大学1972年4月入学段階では、確か1ヶ月の学費が千円(!)、年間1万2千円だった記憶。それがその年の秋頃から2倍に学費が上がる、という方針が出ます。学生らは反対に動きましたが、そのままずるずると時代が動き…。その後も2倍、また2倍と、どんどん上がり続け…。今グラフにしてみればあの通り、なのでしょう。pokke_yamada 「大学の授業料が、かつてはこんなに安かったなんてビックリです。」
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月16日
1960年代の所得倍増計画は奏功し、1970年代までには本当に上がった。生活の余裕が出たことと、高学歴志向と。まさに高度成長期を経て、時代の風景は変貌。1970年代のオイルショックを経由し1980年代バブル期は、大学進学率の急上昇期と一致します。pokke_yamada 「僕の親の代では授業料その他の費用が工面できなくて進学をあきらめたという話を聞きます。そして今は裕福になったから大学へいけるのだと。物価上昇を考慮しても逆じゃないかと思いました。」
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月16日
卒業後の進路も(ある程度)保障できれば、すぐに解決するかもしれませんね^^ そして文系の学費はそのままにすると^^;  glasscatfish 「理科離れなんて、理工系の授業料を減免すればすぐ解決しそうな気がします。」
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月16日
御意です。システムの違いが、意識の違いに反映というような意味での「比較」です。むしろ対照として。 barubaru14 「日本は税率低いんだから対GDP比で見ればそりゃ教育費補助低くなるでしょとしか。スウェーデンと比べてもねえ。」
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月16日
えっと、それは事実でしょうか?スウェーデンの場合ですと、大学進学率は日本よりはるかに高い。特に女性が圧倒的に高いです。最近の数字を見ても「日本49%、オーストラリア94%、韓国71%、ニュージーランド78%、ポルトガル84%、スウェーデン68%、イギリス61%、米国70%、OECD各国平均59%」とか。barubaru14 「大学進学率も下げないといかんですねえ。スウェーデンは50%以下らしいですし。」
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月16日
ご説、同感です。ただし今の学生は(特に、今の状況を分かっている女子学生は)よく勉強すると思います。 barubaru14 「珍妙な名前の学部ぐらいしか見るところの無い低レベルな大学を切り捨て遊んでいては卒業できないぐらいの厳しい制度にして初めて「学び研究することで、社会に貢献している」といえるんじゃないでしょうか。」
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月16日
日本の大学進学率が上がらず、国際的には今や「低」学歴社会になりつつあることに、みな気付いてないってこと。その大きな要因が、学費が高すぎることにあることは明白だと思います。だって、実際に、、、高いと思いますから…。hiroppe3rd 「国内でこんなんじゃ、高校無償化で「外国人」にも援助よりはまず 自国民へ公財政教育支出を先ってことですね。外国人? 本国に帰った方が援助してもらえるんだから帰るべきでしょ。」
0
k u r i t a 🐈‍⬛ 🐈 𓃭 𓃠 @kuri_kurita 2013年4月16日
個人が「高収入と生活の安定を得られる」ようになるのなら、個人的な動機とは関係なく、それだけでも十分に社会の発展と安定に貢献しているはず。 https://twitter.com/scicom_hayashi/status/323780330328825856
0
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada 2013年4月16日
MichiToyama ですよね<理工系が「比較的」高い程度。 が、@glasscatfishさんのいう『理工系の授業料を減免すればすぐ解決』という主張は理解できないです。授業料が文系に比べて何倍も高くて、理工系志望者が進学を断念しているというのなら、減免は功を奏するでしょう。しかし現実そうではないし、また理科離れの問題は「理科という教科にそもそも興味を持っていない」のであって、それは授業料を減免しても変わらないのではないかと思った次第。
0
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada 2013年4月16日
glasscatfish 具体的な例示ありがとうございます。御礼申し上げます。ただ「理科離れの問題」については、大学の授業料云々という次元の問題ではなくもっと以前、初等・中等教育での問題ではないか、と考えている次第であります。もし間違いであればご指摘ください。
0
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada 2013年4月16日
y_mizuno 水野様、まとめの趣旨から脱線したコメントで申し訳ございません。
0
barubaru @barubaru14 2013年4月16日
y_mizuno「えっと、それは事実でしょうか?」こちらの認識が間違ってました。何か勘違いしていたようです。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月16日
1960年代には日本にも理工系ブームというのがありました。これは日本社会の工業化段階、つまりモノ作り産業が就職先として人気だった時期。最近の女子学生の理系志向も、事務職より就職先として有望だから。皆さん合理的に行動すると思う。理科離れの問題を、この経済合理性の観点から再検討するのも意味あることだと思います。 pokke_yamada 「「理科離れの問題」については、大学の授業料云々という次元の問題ではなくもっと以前、初等・中等教育での問題ではないか、と考えている次第であります」
0
taka(維新は要らない) @smoketree1 2013年4月17日
私立理系はやはり文系と比べてかなり高いですね。医・歯学部はもちろんのこと、薬学部も年間約200万円かかります。→文科省「平成23年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(PDF)」 http://bit.ly/ZYaADZ 私立の場合、わざとランクを落として成績上位者となり、授業料免除を狙うという話も聞きます。
0
taka(維新は要らない) @smoketree1 2013年4月17日
国立の授業料が値上げされたのは私立との格差縮小のためだったと記憶していますが、国立が上げれば私立が上げるで、結局はイタチごっこでどんどん上がっているというような状況でしょう。→文科省「国立大学と私立大学の授業料等の推移」 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokuritu/005/gijiroku/06052921/005/002.htm
0
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada 2013年4月17日
y_mizuno 「(大学を出たあとの)就職先の人気度」が「(小・中学生時代の)将来の夢」の部分を牽引できる可能性がある、というお考えでしょうか。それは興味がありますね。「就職先の人気度」は「(高校生時代の)志望動機」を牽引することは間違いないとは思ってましたが、「夢」というさらに深いところから牽引できれば、問題解消に充分有意だと考えます。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月17日
子どもの頃にはカッコイイものに憧れると思います。推測ですが、1960年代は湯川・朝永効果(って分かりますね)が大きくて。今は就活を見ても、一見安定した企業や公務員人気から経済的合理性で牽引される傾向大では?それだけ、民間・産業界の力が育ったとも言えます。 pokke_yamada 「「(大学を出たあとの)就職先の人気度」が「(小・中学生時代の)将来の夢」の部分を牽引できる可能性がある、というお考えでしょうか。」
0
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2013年4月17日
受益者負担というのなら、教育の最大で最終の受益者は国家なのだけれどね。
1
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada 2013年4月18日
jaikel あっ、僕もそう思いました。「国家」と書くと政府と勘違いする人もいそうなので、よりわかりやすく言えば「国民」、もっと噛み砕いて言うと「僕たち」が最終受益者なんですよね。<教育の最大で最終の受益者は国家
0
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada 2013年4月18日
y_mizuno すみません。「湯川・朝永効果」よく存じ上げておりません。ググってもわかりやすい解説が出てきませんでした。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月18日
失礼。「湯川・朝永効果」というのは私の造語。Googleもさすがにそこまでは推測できなかったか。1949年の湯川秀樹(中間子論)ノーベル物理学賞、1965年朝永振一郎(くりこみ理論)ノーベル物理学賞、これらが日本人に与えた影響は計り知れなかった(当時)と思います。それらがもたらした「効果」を言っています。pokke_yamada 「湯川・朝永効果」よく存じ上げておりません。ググっても
0
齊藤明紀 @a_saitoh 2013年4月19日
経済界で成功して社長になる、政治家で成功して知事や大臣になる、軍隊で成功して元帥になる(戦前)、以外に「学者もありえる」ことを子供に印象づけたのが湯川・浅川効果ではなかったかと。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年4月19日
湯川秀樹・朝永振一郎らのカッコヨサに影響を受けた人たちで社会科学系に進んだ人たちも多いはず。例えば(有名人どころで恐縮ですが)野口悠紀夫さんも、立花隆さんもそうではないかと拝察してます。a_saitoh 「経済界で成功して社長になる、政治家で成功して知事や大臣になる、軍隊で成功して元帥になる(戦前)、以外に「学者もありえる」ことを子供に印象づけた」
0
游鯤 @yusparkersp 2013年4月19日
奨学金支給基準にセンター試験の成績を活用して、70以上全額支給、65以上半額支給、60以上無利子貸与、50以上有利子貸与、それ以下は自分でバンバンしろ、と。バカに国が金を出す必要無いわな。
0
走れ走れヒノノ二㌧/(╮╯╭)ポテイトウ/齋藤和孝🐢㌠ @pokke_yamada 2013年4月20日
僕が大学に入学した当時は育英会(現:学生支援機構)の奨学金は高校時代の成績(内申点)で足切りされてました。5段階評価の4.5以上で一種(無利子)、4.2以上で二種(有利子)でしたね。当時の内申点は学校内での順位がかなり影響してたと思いましたから、卒業者の成績上位者しか大学に行かない高校だと大学に行ってから奨学金を受けられる割合は高いのに、僕の出たような「進学しか面倒を見ない」という高校だと逆にかなりの割合の人が奨学金を受けられないことになる。
0