2013年4月16日

なんだか伝わりづらいらしい、HK/変態仮面後半戦の魅力

みんな前半ばっかり褒めるんだもん・・・ ヤスケンが出てくる後半も、かなり面白いよ!w
1
ゆずる @yuzuru_D4U

変態仮面見て帰宅! 変態仮面、良作です! 友達とワイワイ見るもよし! デートムービーとしてもよし! 私のようにひとりで見るもよしの、純愛ボーイミーツガールです! 強く、強く推します。週末は是非、変態仮面を! ステマじゃないよ!w

2013-04-16 00:28:36
ゆずる @yuzuru_D4U

変態仮面のつもり→(▽)(▽)<(実は、映画の変態仮面には、かなりシリアスな部分が入ってる。その指摘をしたのは「超映画批評」の批評家、前田有一さんだ。「変態というものは見方によっては「"普通"を外れたもの」すべてのメタファーにもなりうる」

2013-04-16 00:36:05
ゆずる @yuzuru_D4U

(▽)(▽)<(そして映画には最強の敵が登場するのだが、それがまた変態なのだw しかし、彼は「スカートめくりをするオレを侮蔑する視線がたまんねえ」とかいう、他者依存の変態。一方の変態仮面は、パンツかぶるだけでエクスタシーになる、自己完結の変。ここに鮮やかな対比がある。

2013-04-16 00:37:37
ゆずる @yuzuru_D4U

(▽)(▽)<(他者依存の変態とは、すなち「ちゃんとスカートめくりをするオレをちゃんと侮辱しやがれ!」という、「心情強制」。これは立派な暴力であり、敵役として実に申し分ない。だが、変態仮面の、一見他者に強制しない自己完結の変態にも難点がある。「自分の中で全部終わる閉鎖性」

2013-04-16 00:40:26
ゆずる @yuzuru_D4U

(▽)(▽)<(要は、アクロバットな一人部屋オナニーとの違いがあまりないのだ。そこで、キャッチフレーズである「俺は正義の味方だが、どうやら正義は俺の味方ではないらしい」が生きてくる。ストーリー概要にあるとおり、その性質上「敵からは笑われて、助けた人から逃げられる」

2013-04-16 00:42:13
ゆずる @yuzuru_D4U

(▽)(▽)<(つまり、「誰にも理解されることがない」ということが大前提になってしまっているということ。だが、ストーリーのクライマックスで、主人公は他者に手を伸ばす。スカートめくりをする「他者依存」の変態ではなく、ちゃんと他者と向かい合った、人としての態度で。

2013-04-16 00:43:26
ゆずる @yuzuru_D4U

(▽)(▽)<(・・・というのが映画の後半からガンガンやり始めて、俄然面白くなるのに評論はなぜ前半に集中してしまうんだろうかという不満をぶちまけてしまいましたゴメンナサイ是非見に行ってね☆変態仮面、オモシロイデスヨ?w

2013-04-16 00:44:29

コメント

backyard of 'sintar' @sintar_bkyd 2013年4月20日
興味深い変態仮面考察。でもネタバレ注意かな?
0