Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2010年2月4日

憲法の最高法規性って何なの?

「憲法の最高法規性が憲法に記載されることで保証されている」というあまりの出来レース(にしか見えない)っぷりが理解できずつぶやいたら、実に様々なことを教えていただきました。
6
shoshoshosho @shoshoshosho

憲法・法律にくわしい方々に質問!憲法の条文に「憲法は最高法規です」って書いてあったとして、その「最高法規性」は何が保証するんですか?「俺が王様」って言ってる自称王様の言うことに、わざわざ従う必要はないのでは…。

2010-02-03 21:28:57
@yummynabe

僕の理解が正しければ、97条が実質的最高法規制(内容がすばらしい、反するものはあり得ない、ということ)を規定し、それにより形式的最高法規制(96条)が導かれていると理解されてます。RT @jyussy: 支援age RT @shoshoshosho: 憲法・法律にくわしい方々に質

2010-02-03 21:49:37
shoshoshosho @shoshoshosho

.@yummynabe それはまさに今読んでいる、イトマコの本に同じことが書いてあって勉強したてです(我ながらナイスタイミングw)。その実質的最高法規性が「正当だよ」と保証するのはどうやら12条国民の不断の努力みたいですが、じゃあその国民の努力の正当性は何が保証するのよと。

2010-02-03 22:06:14
@yummynabe

@shoshoshosho 芦部(12p)で確認しましたが、「自由の基礎法」である内容面からスタートして帰結できるみたいですよ。

2010-02-03 22:14:18
shoshoshosho @shoshoshosho

.@htchtc 最高裁の違憲立法審査権が、法律や条例が憲法に適しているかどうかを判断するってことですよね?その「裁判所の判断」の正当性が憲法に帰するんだとしたら、それこそ出来レースじゃないかなあと思って。

2010-02-03 21:34:47
くま(htchtc) @htchtc

@shoshoshosho おっしゃるとおり裁判所の判断は「憲法に反していないか」というところまでです。「憲法自体の正当性」は国民にとって公正な手続きに基づいて制定されたかに依ります。

2010-02-03 21:47:38
shoshoshosho @shoshoshosho

@htchtc 国民にとって公正化どうかを決めるのは、誰・何なんだろう、というのが疑問なんですよね。「なあなあ」とか「今までそうだった」くらいしか該当するものが思い浮かばなくって…。

2010-02-03 22:03:20
くま(htchtc) @htchtc

@shoshoshosho 現在では多くの憲法は国民(が選挙で選んだ代表)自らが作ったから正当性があるとしています。憲法とは国民が公権力を規制するルールなので、私はこれで一応納得しています。

2010-02-03 22:12:52
shoshoshosho @shoshoshosho

.@htchtc なるほど、ありがとうございます。「国民が作ったルールだから従うべき」というのを「出発点」と考えるんですね。スタート地点が憲法なのか国民なのかよくわかってなかったので、すっきりしました!

2010-02-03 22:25:08
くらるす @SPhil1246

@shoshoshosho 混乱させて悪いんだけど、そこで国家が先だっていう説もある。あまり安易にひとつの答を求めない方がいい。説明しないのに説教で申し訳ないけど。

2010-02-03 22:29:13
shoshoshosho @shoshoshosho

いや確かに理屈では国家/国民どっちが先でもいいもんな。サンクスです! RT @clarusryok: @shoshoshosho 混乱させて悪いんだけど、そこで国家が先だっていう説もある。あまり安易にひとつの答を求めない方がいい。説明しないのに説教で申し訳ないけど。

2010-02-03 22:32:53
くま(htchtc) @htchtc

@shoshoshosho そのへんはさらに社会契約説の話になっていきますよ。「人民の信託」って言うんでしたっけ。

2010-02-03 22:22:00
shoshoshosho @shoshoshosho

確かに、憲法とか法律の枠を超えた話になっちゃいますね…。そこらへんの線引き感覚がなくて、僕は混乱していたみたい! RT @htchtc: @shoshoshosho そのへんはさらに社会契約説の話になっていきますよ。「人民の信託」って言うんでしたっけ。

2010-02-03 22:29:38
藤田卓仙 a.k.a.おにぎり @tak1000

やっぱりそういう方向いった。多分カナタが思ってるところの「理論」が、西欧で憲法が作られていった歴史に対する説明としてのもの、かそうでないか、で違うと思うんだよね。 RT @shoshoshosho: 確かに、憲法とか法律の枠を超えた話になっちゃいますね RT @htchtc:

2010-02-03 22:38:17
はぐP @toip_hokkaido

憲法に反する法律や命令、公権力の行為などは全て無効(違憲)ということ。保証するのは国民の不断の努力(12条)。RT: @shoshoshosho: 憲法・法律にくわしい方々に質問!憲法の条文に「憲法は最高法規です」って書いてあったとして、その「最高法規性」は何が保証するんですか?

2010-02-03 21:37:05
shoshoshosho @shoshoshosho

.@toip_hokkaido つまり、国民が憲法の正当性を保証して、憲法が国民の正当性(自由権その他)を保証する、っていう循環構造がとられていて、公理として全てを保証する審級は(そりゃ当たり前なんだけど)存在しないということですか?

2010-02-03 21:40:25
はぐP @toip_hokkaido

憲法はそもそも国民を縛るものではなく公権力(具体的には国家元首、政治家、裁判官、公務員など)を縛るものですから。QT:@shoshoshosho つまり、国民が憲法の正当性を保証して、憲法が国民の正当性(自由権その他)を保証する、っていう循環構造がとられていて・・

2010-02-03 21:43:31
はぐP @toip_hokkaido

.@shoshoshosho 憲法の最高法規性を保証:前文の「・・そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し・・」12条の「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。」あたりが大切かと。

2010-02-03 21:53:50
shoshoshosho @shoshoshosho

.@toip_hokkaido なるほど、国民が憲法を保証して、その憲法が公権力を縛るんですね。ではその国民の権利を保証するものは何なのでしょうか…?アホ(なのかどうかもわからない愚か)な疑問で申し訳ないです…。

2010-02-03 22:01:04
はぐP @toip_hokkaido

.@shoshoshosho 憲法と言うルールブックのもとで国民と公権力がせめぎあう構造があり、生存権の侵害など違憲は違憲であると主張する(違憲立法審査、デモ etc.)など国民の不断の努力があってこそ国民の権利が保証されるという理解です。

2010-02-03 22:04:21
shoshoshosho @shoshoshosho

.@toip_hokkaido 何度もすみません…。いろいろ教えていただいて感謝です。納得ではあるんですが、やはりそもそもの疑問、「憲法の最高法規性が憲法内の条文(前文、12条)に保証される」という構造自体がどうしても腑におちないんですよね。他の方の声も加味して考えてみます!

2010-02-03 22:18:06
@jyussy

支援age RT @shoshoshosho: 憲法・法律にくわしい方々に質問!憲法の条文に「憲法は最高法規です」って書いてあったとして、その「最高法規性」は何が保証するんですか?「俺が王様」って言ってる自称王様の言うことに、わざわざ従う必要はないのでは…。

2010-02-03 21:33:42
shoshoshosho @shoshoshosho

@jyussy 支援じゃなくてむしろ教えてちょ!

2010-02-03 21:35:12
@jyussy

.@shoshoshosho 私には手に余る難問w形式的と実質的があって、形式的意味は法律よりも改正が難しいから最高法規!実質的意味は憲法の内容が人間の権利自由をあらゆる国家権力から不可侵のものとして保証してるから最高法規!ということでしょうか。説明が恥ずかしすぎるw

2010-02-03 21:48:27
残りを読む(45)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?