81
PKA @PKAnzug
いろんな人が小難しい数式やら使ってわいわいやってるところ申し訳ないんだけど、「あんだけ経過の長い癌で、大学生くらいなら結構普通に見つかるんだから、そりゃ子供だって探しゃ見つかるでしょ」ではダメなん?既知の傾向無視して数式に入れて「多発だ」みたいなの自体、私には空論に見えます。
iPatrioticmom @iPatrioticmom
それじゃ、前立腺癌も探せば子供にも見つかるっていうのかね??@PKAnzug 「あんだけ経過の長い癌で、大学生くらいなら結構普通に見つかるんだから、そりゃ子供だって探しゃ見つかるでしょ」ではダメなん?
PKA @PKAnzug
若年性前立腺癌は世界でも数えるほどしかないレア疾患。RT @iPatrioticmom: それじゃ、前立腺癌も探せば子供にも見つかるっていうのかね??@PKAnzug 「あんだけ経過の長い癌で、大学生くらいなら結構普通に見つかるんだから、そりゃ子供だって探しゃ見つかるでしょ」
PKA @PKAnzug
しかもその数えるほどしかないレアな若年性前立腺癌は、高齢で出る普通の前立腺癌と性質が全く違うんで、要するに「前立腺の癌」である以外は別の病気です。 @iPatrioticmom
iPatrioticmom @iPatrioticmom
どうもです。ないわけじゃないんですね。小児甲状腺癌の罹患率も世界的に低いですけどね。RT @PKAnzug: 若年性前立腺癌は世界でも数えるほどしかないレア疾患。RT @iPatrioticmom: それじゃ、前立腺癌も探せば子供にも見つかるっていうのかね??
PKA @PKAnzug
その「世界的な小児甲状腺癌の罹患率」は、小児期に見つかるような進行の速い例にほぼ限定されてる、という前提は当然共有できてると信じています。RT @iPatrioticmom: どうもです。ないわけじゃないんですね。小児甲状腺癌の罹患率も世界的に低いですけどね。
PKA @PKAnzug
前立腺癌はPSAという腫瘍マーカーがあることや、標準的な発症年齢がかなり高齢であるという違いはあれど、一般に成長が遅いという点は同じなので、もし若い頃からネットリとエコーでスクリーニングしたら、従来思われてたより早くから見つかり始める可能性は高いです。意義が薄いからやらんだけで。
iPatrioticmom @iPatrioticmom
や、PKA先生とお話するの久しぶりなので、共有できてるかわからないのですが... 最近は小児甲状腺癌はゆっくり成長するのでほっといていいという方もいますが、どうなんでしょう...@PKAnzug小児期に見つかるような進行の速い例にほぼ限定されてる、という前提は当然共有できてる
PKA @PKAnzug
スクリーニングなしで見つかるような小児甲状腺癌はゆっくりじゃないです。ゆっくりじゃないから早々に転移などを起こして見つかるわけで。QT @iPatrioticmom: 最近は小児甲状腺癌はゆっくり成長するのでほっといていいという方もいますが、どうなんでしょう...
PKA @PKAnzug
一方、潜在してたものはゆっくりの可能性が十二分にありますが、これはやはり個別の組織型によりけりです。見つかってなかったものを掘り起こしてるので、性状の傾向が見えるのはもう少し後ではないかと。 @iPatrioticmom
PKA @PKAnzug
あと、発生率とかの話をされているのに共有できてないんじゃ困ります。病気が見つかって診断受けるまでは、実際に病気がある人でも、疫学上は「健康な人」扱い。RT @iPatrioticmom: や、PKA先生とお話するの久しぶりなので、共有できてるかわからないのですが...
iPatrioticmom @iPatrioticmom
了解です。放射線由来のものは進行は速いそうですが、これも時間がたって傾向をみないと判別できないということですね。論争の余地はあまりないですよね..? @PKAnzug: 一方、潜在してたものはゆっくりの可能性が十二分にありますが、これはやはり個別の組織型によりけりです。
PKA @PKAnzug
その「放射線由来のものは速い」は断言できるほどの根拠があるんでしょうか。先走っていろいろ断定したがる人は散々見てるので、正直その手の断言には眉唾です。RT @iPatrioticmom: 了解です。放射線由来のものは進行は速いそうですが、
PKA @PKAnzug
いずれにせよ、世界中どこを探しても同じ条件の前例はないので、福島の事例の傾向は福島の事例からしか得ようがない。それだけのことです。 @iPatrioticmom
iPatrioticmom @iPatrioticmom
山下先生が先日のNRCPの講演でaggressive と言っておられます。http://t.co/0Hyz0VXXlm RT @PKAnzug: その「放射線由来のものは速い」は断言できるほどの根拠があるんでしょうか。先走っていろいろ断定したがる人は散々見てるので、正直
PKA @PKAnzug
. @iPatrioticmom 断定してないですよ。チェルノブイリの結果から可能性が示唆されるので「may be more aggressive」と書いてるだけで。論文などではこういう仮説はよく出ますし、飽くまでも仮説で間違ってることも多いから既成事実みたいには扱えません。
PKA @PKAnzug
研究発表なんかで「実験・調査でこんなん出ました」ってのは結果であり事実。で、その結果からより普遍的な法則を導こうとあれこれ考えて論じるわけですが、これは飽くまでも仮説で著者の想像なんですね。仮説は次の研究の足掛かりになる大切なものですが、いきなり事実と見なすのは勇み足もいいとこ。
iPatrioticmom @iPatrioticmom
あ、可能性がある、で結構です。ほっといていいとは限らない、ということを言いたいわけなので。RT @PKAnzug: . @ぱ 断定してないですよ。チェルノブイリの結果から可能性が示唆されるので「may be more aggressive」と書いてるだけで。
iPatrioticmom @iPatrioticmom
@chivesA 進行の速度と予後は違う話ではないでしょうか。転移などの性質は変わらない、という論文はありましたが..
iPatrioticmom @iPatrioticmom
スクリーニングの是非について、もう2ヶ月ももめているのですが、PKA先生は、早期発見と早期治療の必要性についてはどうお考えでしょうか? @PKAnzug: . @ぱ 断定してないですよ。チェルノブイリの結果から可能性が示唆されるので
PKA @PKAnzug
. @iPatrioticmom 早期発見自体を「過剰診療になる恐れが」と危惧される方もいますが、私は早期発見自体は積極的にやっていいと思っています。ただ、片っ端から確定診断や切除を急ぐのではなく、エコーで「甲状腺癌疑い」となったら、個別に最善の方法を模索すべきと考えています。
PKA @PKAnzug
. @iPatrioticmom というのは、甲状腺癌と一言で言っても性質は様々なんですよ。エコーでいかにも分化度低そうな病変や、気管に近くて浸潤が怖い病変、既に転移を疑う病変なんかは、多少リスクを冒してでも早く確定して治療に移すべきですし、そうでないなら少し様子を見た方がいい。
PKA @PKAnzug
. @iPatrioticmom 基本的に、スクリーニングで「甲状腺癌の可能性もある異常」が見つかった時点で、もう一律の対応をすべきではないんですよ。その後は、甲状腺を診られる医師が主治医となって、「普通の患者」として検査・治療の最善解を求めるべき、というのが私の考えです。
iPatrioticmom @iPatrioticmom
ご意見ありがとうございます。これまで180人あまり二次検査していて確定診断は3名、他の7名や経過観察なのでしょうから、どちらかといえば慎重のようにも思えます。。。@PKAnzug: . @ぱ 早期発見自体を「過剰診療になる恐れが」と危惧される方もいますが、私は早期発見自体は
PKA @PKAnzug
もちろんです。ただ、リソースの限界もあるので、一律に対応できる範囲は一律の説明で済まさざるを得ないかもしれません。QT @yotayotaahiru: がんや疑い例や有所見の子どもたちやその保護者への精神的な支援が重要ではないでしょうか。 @iPatrioticmom
残りを読む(2)

コメント

dreswl @dre_swl 2013年4月17日
(一部の)たちの悪いタイプへはPKA先生の言う早期発見メリットは当然賛成です。一方、結節フォローにあたりいつまでエコー受診続けるのか?など不安も強く時間をかけたケアが必要と思います。本当に生涯で10%の癌も同時に発見対処するのであれば、医療リソースの福島集中が必要かと思いました。
dreswl @dre_swl 2013年4月17日
成人ー小さい甲状腺癌の片側切除+気管周囲廓清だけなら慣れた術者で1時間程度で済みQOLへの影響も小さいでしょう。「青春のど真ん中で切らずとも」「多くは成長が遅い」という意見もわかります。全ては個々の例の性質を即確定できる程、診断が成熟しきっていない事によると感じます。
dreswl @dre_swl 2013年4月17日
小児特有のリスクとして反回神経が細く少々見つけにくいリスクはあるでしょう。術後出血(某専門病院でも1%)(特に24時間以内)への対処が遅れると窒息の危険があります。 成人であればベッドサイドで対応可能な事もありますが小さい子だと即全身麻酔と思います。 医療側へのスキル的要求は高くなる面もあろうかと想像します。
shun @shun148 2013年4月18日
危険なタイプの甲状腺癌が既に増えてるとか外からいろいろ言われると、落ち着いた個別対応の妨げになるので、結果がでるまで静観してもらえたらと思います。
二十人のろの夢 @drsteppenwolf 2013年4月18日
甲状腺のう胞は「20・lmmを超えるものは圧迫症状などが出現しやすく,吸引で症状の軽減を目的に穿刺を勧めるという意味で二次検査の基準としている。」と鈴木眞一先生の論文に書いてあります。 http://ci.nii.ac.jp/naid/40019367202
二十人のろの夢 @drsteppenwolf 2013年4月18日
甲状腺のう胞は「逆に言えば,20mm以下では症状もないことから経過観察で十分となる。」とも鈴木眞一先生の論文に書いてあります。 http://ci.nii.ac.jp/naid/40019367202
二十人のろの夢 @drsteppenwolf 2013年4月18日
で、甲状腺のう胞が多発だからと云って騒ぐのは止めましょう。放射線の影響がでる時は結節が増えます。プロキシは甲状腺結節。
きっし= @lr_ishy 2013年4月18日
加齢によっても嚢胞や結節は増えるので(実際、今年齢との相関有)、将来的に個々人の経過を見て、嚢胞や結節が増えたと心配する人が出てくるものと思われます。あくまで全体の各年齢層における嚢胞や結節の増加があるかどうかを見ることが大事。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2013年4月18日
せっかくの落ち着いた議論ですが。今問題となってるのは嚢胞と結節が多発かではなく、甲状腺癌(+疑い)10例が多発か、ですね。数ヶ月前までは、16年で10人とか、10人になったら考えるとかおっしゃってたように記憶してますが。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年5月11日
iPatrioticmom 個人的には、それは(スクリーニングではない)検出の話だと思ってましたが、どうなんでしょうね(さらにいえば、由来と言えそうな局所性?)。以前に探せばたくさんある、というのは話されてるわけで...。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする