5
泉信行 @izumino
これは調査分析が必要なことなんですが、日本のコマ割りは「横長の四角形」のコマを基本的に好みます。そうすると吹き出しも横に並べやすいから。でもBDは日本に比べても縦長のコマの比率が高いんですよね。でもコマの進行方向は、ほぼ横向きが主。縦に並ぶコマは珍しく、それも日本と対称的です
泉信行 @izumino
BDは縦に読んだり横に進んだりが結構忙しく、日本人が読んでひっかかる原因にもなっています。で、縦書きコミックは吹き出しもコマも横に向かって読めばいいように作られてるから、週刊誌のバトルマンガみたいに飛ばし読みでも大丈夫な漫画が成立するんですよ
泉信行 @izumino
その点でいえば、横に視界が広い人間の目にとって、見開きで描かれた日本の縦書き漫画は読みやすかったと言えるわけです。横書きコミックが、この視界との適性を犠牲にしてしまうことは、ぼくももったいない、と考えています。でも今後、「横書きの縦スクロール漫画」は必ず増えていくでしょうね
泉信行 @izumino
っていうことを今、マンガ学の業界では共有して研究しようとしておるわけですが、当然、電脳マヴォ編集部にもレポートを提出してたりします
すぱんくtheはにー @SpANK888
[Webマンガにおける視点移動とコマ割、そして単行本化について] http://t.co/NLfB6GCBPS 縦書きとか横書きとか右開きとか左開きとか盛り上げっているようなので、この機会に乗じて再放流
やおき @yaoki_dokidoki
音楽にもコマとかに相当するような広く汎用性のあるフレームってないもんかね。
やおき @yaoki_dokidoki
アナロジーでいうと、小節線がそうだけど、別に小節は自明なものではないし、マンガにおけるコマのような明確で意識的な分節ではない。
やおき @yaoki_dokidoki
そもそも五線譜システムが、マンガのように広く使われているものでもないし、小節は作品そのものを構成もしない。
やおき @yaoki_dokidoki
Aメロ/Bメロ/サビというのも、便宜的な区分で、明確に分節化されて構造化されているわけではない。むしろ、なめらかになるように操作されてるほうが多いような。
やおき @yaoki_dokidoki
一般的なマンガは白黒の二値的なものから構成されていて、稠密な濃淡のシステムは持っていない。だからこそコマのようなくっきりした分節が現れるのだろうか。
やおき @yaoki_dokidoki
とすれば、音楽における「二値的なもの」を発見すれば、コマにあたるような構成をみつけることができるのかな。
やおき @yaoki_dokidoki
そうすると、音色の変化や音の強弱などの稠密な構成よりは、音階のようなディジタルな構成について語るほうがやりやすいのがよくわかる。ポルタメントのところをさしあたって無視すれば、あたかも12の明確な値に分節化されているように見えるので、普遍性をもって語っているようにみせやすい、かな。
やおき @yaoki_dokidoki
そもそも音楽をマンガのように読もうという発想がダメかな。
やおき @yaoki_dokidoki
コマは無限に広がる一枚の絵に限界をあたえて、絵を中断させる。ついで、もう一枚の絵が隣に並ぶための余白を与える。絵と絵がコマと余白によって区切られて、一定のシークェンスを与えられると、そこにマンガ的なものが成立可能になる、とする。
やおき @yaoki_dokidoki
シークェンスという発想に注目すると、音楽とは、シェーンベルク的に考えれば音のシークェンスである。「音」とは、発音と休止によって定義される。
やおき @yaoki_dokidoki
誰がいっていたか忘れたけど、ひとつの「音」は、それがひとつであると認識可能な程度の長さ/短さを持った持続音が、発音と休止によってひとつの輪郭をもって与えられるものだ。
やおき @yaoki_dokidoki
この発音と休止によって構成させる「音」が連続し、シークェンスをかたちづくることで音楽的なものは成立するとしよう。すると、マンガ的なもののシークェンスを構成させるコマのようなものは、「休止」や「静寂」ということになるのだろうか。絵と同じく、音は止めなければ持続しつづける。
やおき @yaoki_dokidoki
そうすると、視覚的にとらえると、マンガでいうコマのようなものは、MIDIでピアノロール上に現れるあの四角いバーのかたちのようなものとして知ることができるのかな。
やおき @yaoki_dokidoki
単純な単音による音楽を想定すれば、そんな感じでもよいのかな。
やおき @yaoki_dokidoki
五線譜でいえば、音長か。これがマンガのコマにあたるというと、なんとなく納得はいかないけど。
やおき @yaoki_dokidoki
いずみのさん同様に、「日本のマンガのコマは横長だ」という話になぞらえると、果たして話題として「日本の音楽の音長は横長だ(時間軸方向に長い)」というものが成立するかどうか。
やおき @yaoki_dokidoki
ただし、この話題が成立するためには、コマのもつようなタテヨコの二次元性が必要になる。
やおき @yaoki_dokidoki
音の輪郭を縦に与えるのはおそらく、周波数帯域とかかな。音の成分のひろがりを縦に、音の持続を横にとると、コマのようなものとして話題をつくることはできるのかもしれない。
やおき @yaoki_dokidoki
そもそも音が音高にしろ、音長にしろ、明確なサイズを確定できるのかははたして不明である。
やおき @yaoki_dokidoki
また、マンガのコマのように、音の周波数帯域が広くかつ音長が長いほど、音量が大きく聞こえたり存在感が増すのかについても不明。
残りを読む(21)

コメント

たるたる @heporap 2013年4月17日
休符から休符までが1つのパートになるのかな、とか思った。だいたい2小節か4小節ごとに四分休符が出てくるのが多いと思うけど、そこが区切り。
たるたる @heporap 2013年4月17日
ちょっと話がずれるけど、漫画本の目の動きって、本をめくるときの紙の動きに目がついて行ってるから、スムーズにページの切り替えが行くのかも。ウェブ漫画は特殊な処理をしてないとスクロールするだけで、目をついて行かせる対象がないのに、視点を変えないと行けないから。
やおき @yaoki_dokidoki 2013年4月18日
まとめを更新しました。あとでコメントしていただいたものを追加しました。
やおき @yaoki_dokidoki 2013年4月18日
まとめを更新しました。もうちょい追加。
かじもとさん(v.o.c) @kajimoto_san 2013年4月18日
会話毎に読めるようつぶやきの順番を入れ替えました。問題あったら修正お願いします。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする