99
Saussure @mamiyac330
昨晩、ボストンでの爆破事件が気になって夜のニュース番組を視ていたら解説者が「アメリカでマラソンに親しむのはリベラルな知識人かホワイトカラーのミドル以上、アッパークラスのイメージがあり格差が拡大しているアメリカ社会では怨みのメルクマールたり得る」と言っていてショックを受ける。
Saussure @mamiyac330
確かにイギリスでは労働者階級と上流階級では話す言葉が違い、親しむスポーツも労働者階級はサッカーで上流階級はラグビーであり、例えば労働者階級の男がラグビーに親しみクィーンズイングリッシュを話したりすると鼻持ちならない奴として排斥されるそうである。日本人には想像困難だけど。
Saussure @mamiyac330
同じようにアメリカでらランニングに親しむことはリベラルな知識人かホワイトカラーを指示し、ロウワークラスからは上方排除、差別の対象となってしまうのだ。普段、そんな意識もなくランニングに親しんである私にとって、趣味で取り組んでいることが差別の指標になることを知って愕然とする。
Saussure @mamiyac330
だから例えば私がアメリカの方に「趣味はランニングです」と自己紹介するとロウワークラスの方々からは「俺たちとはクラスが違う」ということで相手にされず、ミドル、アッパークラスの方々からは私が福祉の現場で働いていることを知るや「身の程知らず」という謗りを受ける可能性があるのだ。
伽羅㌠🔪 @Gypsy_Ns_Kyara
@fdesaussurerb35 日本の子育てに例えると「貧乏人のくせに娘にバレエ習わせるとかズルイ!生意気!」みたいな感じで合ってますか(;^_^A?
Saussure @mamiyac330
@Gypsy_Ns_Kyara あっ、確かに日本でもそう言う見方もありましたね。ピアノとかヴァイオリンとか。でも昭和後期まではそう言う習い事は社会階層の上昇を図るための投資(女子が良家に嫁入りする)として機能していた時期もあったことは事実だと思います。
Saussure @mamiyac330
でもバレエってロートレックやドガの絵を観るとわかるんだけど、貧しい家の娘が生き延びる為にパトロンを得るための技能だったんだよね。日本で言えば身売り、身請けみたいな。
Saussure @mamiyac330
どんなスポーツや趣味だろうが、何の悪意や差別意識もないままに差別の記号として作動してしまう事態に敏感にならなければならないと同時に、クラスに縛られる思考の嫌らしさに暗然としたりする。本当に嫌だね。

コメント

アル @htGOIW 2013年4月18日
スーパーマラソンマンとかもそういえばエリートだったな…
karedo @susumu_karedo 2013年4月18日
ロウワークラスの肥満って実は運動そのものを軽視する階層の同調圧力…てとこまで話が伸びていきそうな発言ですなあ
倉瀬美都 @clausemitz 2013年4月18日
「バレエってロートレックやドガの絵を観るとわかるんだけど、貧しい家の娘が生き延びる為にパトロンを得るための技能だった」 これ、ビーバップハイヒールっていう関西のローカル番組で解説しててショックを受けたなぁ…。
山下238 @Yamashita238 2013年4月18日
サッカーは貧しい人が少ない初期投資で栄光をつかめるスポーツという側面があるらしいが、
山下238 @Yamashita238 2013年4月18日
マラソンって最悪靴すらなくてもできるスポーツなのになぜ?って思ったが、マラソンでは貧しい人がのし上がれない。のしあがる必要のない人のスポーツと考えると「マラソン(やラグビー)はアッパークラスのスポーツ」とは合点がいく話だ。
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2013年4月18日
栄養が足りないとマラソンみたいに長距離は走れないだろうな…など妙な事を考えた。嫌だなあ、平等偽善大国アメリカさん。
スマイル @smil_in 2013年4月18日
米国では女子のサッカーは中流以上のスポーツなんだよなあ。去年のU-20女子ワールドカップの米国代表はほとんど大学生、それも名門校が多かったし。もしもこれがそうなら女子サッカーの試合もやばいかも知れない…
でき @dekijp 2013年4月18日
何にしても一流のスポーツ選手は勝ち組だなぁ…そして野球場やサッカー場なら警備できるが、マラソンだと49kmにも及ぶため警備が難しくなる側面もあるのか。
I-zy @digitaleazy 2013年4月18日
これはちょっとショックなまとめだ。日本だと陰湿なねちっこい差別はあってもあからさまな差別に出くわす事ってあんまりない。
瑞樹 @mizuki_windlow 2013年4月18日
「ないものが尊ばれる」 黄金は滅多に手に入らないから全世界で尊ばれる。 武士道なんてないから日本では武士道が尊ばれる。 英国紳士なんて居ないからイギリスでは紳士である人が尊ばれる。 仁も忠もないから中国では仁や忠や考が尊ばれる。 そして、自由も平等なんてない格差社会だからアメリカでは自由と平等が尊ばれる。 ありふれてる物に価値なんてない。
フレーバー @stflaver 2013年4月18日
サッカーなんかがより顕著だけど、チームが過去の政治体制とかある一定の階級に支持されるってのはヨーロッパじゃよくある話で、バルサとエスパニョールはいい例。考えてみればアメリカのスポーツって高校大学ではスクールカーストの上位がやるものだから、こういうのも合点がいくっちゃいく
まろん @himitsu_ma00 2013年4月19日
そう言われれば……。 tppでにほんもアメリカの植民地にしてもらうわけですから、知っとかないといけないことですね。 ありがとございました(。・・。)。
@rbmio 2013年4月19日
植民地云々のアホが涌いてるのはどうでもいいが、一部のスポーツに限らない趣味嗜好が差別の助長や象徴になってることなんざ常識の話だと思ってたんだが。
月兎耳庵 漫画家による仏の世界展3/29-5/19 総本山三井寺 @coton815 2013年4月19日
ちょっと前までは、マラソンも貧しい家の子が豊かになれる可能性のあるスポーツのひとつだったよね。この20年ほどで、ものすごくスポーツ科学が進んだこともあって、お金が無いとなかなか上に行けなくなったんだろうなぁ。すっかり「オシャレ」なスポーツになっちゃったしね。
月兎耳庵 漫画家による仏の世界展3/29-5/19 総本山三井寺 @coton815 2013年4月19日
アメリカはネイティブ以外は「全員移民の子」っていうのがあるからか、「みんな平等」っていう幻想が強過ぎる気がする。「平等」なはずなのに自分が貧しいと、恨みも深くなりそう。まだ今回の背景はわかりませんが。
m.i. @L_z_m_i 2013年4月19日
マラソンしている人にルサンチマンを抱く発想や感覚はなかった・・・がそんな日本でも健康意識と経済的余裕がついてくると、有機無農薬食品を買い込むようになったり会員制スポーツジムに通うようになったりしてきてますね。
ヾ(zxcv)ノ @zxcvdayo 2013年4月19日
今でもマラソンは何もないとこから体一つでのし上がれるスポーツだと思うけど……とりあえず現世界記録保持者のマカウさんの話置いとく http://www.shot-web.com/news/120410b.html / 国によって違うという話なら理解できる。ブラジルでサッカーでのし上がるというのはイメージできるけど日本人が言って同じように想像できるか。スポーツ全体がその他娯楽に吸収されてるというか
タスカプレミアム @id_hoven 2013年4月19日
アメリカは女子サッカーも白人ばっかりであまり有色人種はいなかったが、U-20ぐらいから黒人選手も入ってきてるので変わってきてるのかもしれない。大学へ奨学金もらって進学する選手がほとんどで代表選手もその中から選ばれる。
赤木智弘@うちまかロス @T_akagi 2013年4月21日
靴って、結構高いんだよ……
赤木智弘@うちまかロス @T_akagi 2013年4月21日
そりゃ、道を歩くだけの靴なら3000円程度で買えるけど、それなりのランニングシューズがいくらするって話ですよ。日本でもとっくにミドルアッパー層しかできないスポーツですよ。
令和明彦 @JosephYoiko 2013年4月21日
因みにフランスでは、サッカーとラグビーの位置付けが英国と逆。ラグビーは田舎者のスポーツって感じがある。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年4月21日
いろいろ考えさせられますね。マラソンを狙う、という動機に、こういう背景があった、だなんて。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年4月21日
まあ、ただ、今は色々分析中の事件なので、参考意見に留めとく。 そういう見方もあるんだな、という感じ。
taka(維新は要らない) @smoketree1 2013年4月21日
ボストンマラソンの参加料はUS$200だとか。 http://marathon100.knt.co.jp/tour/2013/bostonmarathon/taikai.html お金がない人でも走ることはできるだろうが、生活するのが精いっぱいの人が200ドルも出して一般参加できるのか、ということだと思う。
清川ニゴル @Nigoru_K 2013年4月21日
肉体労度やってると仕事の後とか休日に走ろう!なんて余力(金銭、心身、時間の余裕)はなかなかないので、クラスの差みたいなものは、わからないでもないかな。
ノリス(仮 @norisuootuki 2013年4月21日
シューズは初心者向けのクッション性高いので1万円くらいか。型落ちを通販で買えば安く上がるし、あとはウェアにかっこつけなければ底辺の労働者でも走れるよ。ランニングは誰でも楽しめる娯楽なんだよ。平和な国ならっていう条件が付くけど。
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2013年4月22日
靴が高いというのはこの文脈ではあんまり関係ない、というか、どっちかっつーとマラソンがアッパークラス向けになった「結果」として高い靴でも売れるようになったってだけなんじゃないかなぁ。
BUFF @geishawaltz 2013年4月22日
内田樹が貧困層の肥満はスポーツを楽しんだり健康的な食生活を享受する余裕のない、そういう豊かさから疎外された貧困層の無言の抗議だって書いてたけど。その不満がこういうかたちで「爆発」する可能性もあるか…。
HK416C @HK416C 2013年4月22日
今のとこの話だと格差については直接的な動機にはなってないな。ちょっとは関係あるかもしれんが。宗教と民族問題が背景のようだが。まあ大前提として格差だろうがなんだろうが子供を自家製爆弾で吹き飛ばすのは絶対に正当化できないがね。
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 2013年4月22日
自転車関連のイベント行くと、高そうなロードバイクやウェアでバッチリ(死語)キメた人たちばかりで、ママチャリで参加する自分の居場所が無かったりするしなあ。
オードリー羽田@いろんな情報おじさん @audrey1967 2013年4月23日
「早朝や夜に走れる余裕があって、かつ走ってても安全な街に住んでる」というのはやっぱり結構なハードルなんだな。
アラカビ @SNEP_ZERO 2013年4月23日
アメリカのドラマなんかを見てると主人公が毎朝ジョギングしてるシーンが多いですね。これは健康的な演出ではなく、この人はアッパー層ですよという注意書きなのだとすれば見方も変わってくるな
Hoehoe @baisetusai 2013年4月23日
ワインを慎めファイアマン!
鐵太郎@ただの人 @Tetsutaro2008 2013年4月23日
アメリカが求めるのは「公平」であって「平等」とは違うと思うよ。そもそもあの国は、最初からそして今もなお、基本的に階層意識がある人々が社会を構成しているんだから。それが欧米人の言う自由と平等(の希求)なんだろうね。
Ignition @tori_555 2013年4月24日
Yamashita238 必要経費の問題じゃなくてライフスタイルの問題らしいですよ、肉体労働に就いているブルーカラーにしてみれば、趣味で汗を流す行為そのものがホワイトカラーの象徴なんだそうです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする