音楽メディアってなんだ!? - 鹿野淳×大山卓也トークセッションのまとめ

別のまとめもあったのですが、流れを追うために自分で新たにまとめました。
21
THE PUBLIC @thepublic_jp

本日THE PUBLIC緊急開催!音楽情報誌休刊のニュースについてSNS上での鹿野氏とナタリー大山氏のやりとりが講座開催に発展!20:30開始、Youtube Liveでも生配信いたします!お見逃しなく! #thepublic_jp http://t.co/Fy4LfekdX5

2013-04-22 19:34:13
THE PUBLIC @thepublic_jp

というわけで本日20:30から「音楽メディアってなんだ!? - 鹿野淳×大山卓也トークセッション」ゲストに金井政人(BIGMAMA) 河口義一(what’s in? web編集長)を迎えます! #thepublic_jp http://t.co/Fy4LfekdX5

2013-04-22 19:38:15

そもそもの発端は・・・

今回のイベントは鹿野淳さんが自身のFacebookに「ワッツインとパチパチの休刊、とても残念です。」という記事を投稿したことがきっかけです。
鹿野 淳 @sikappe

音楽ジャーナリスト兼、MUSICAを発行する下北沢の出版社(株)FACTの社長です。いろんな所で食っちゃべったり、VIVA LA ROCKをプロデュースしたり、MASH A&Rやったり、MUSICA で書いたり、音小屋という学校を開いてます。雑誌MUSICAは毎月15日発売。ビバラはGW5月2.3.4.5日開催。

musica-net.jp

「僕は、紙メディアは音楽ジャーナリストの住処だと思っているし、音楽ジャーナリストである人や、そうなりたい気持ちを持っている人以外が携わってはいけない世界だとずっと思っています。逆に言えば、紙メディア以外に、その機能を果たすメディアは何一つ無いと思っているんです。
これが自分が紙メディアに従事し続け、今やその経営を行っている最大のモチベーションです。」

「僕は紙メディアの役割を他の機能を持ったメディアが果たすことは、今の段階では出来ないんじゃないか? 完全に別機関なんじゃないかと思っています。けして古くさい考え方ではなく、それが現実論だと思うんです。そうでなければ、紙雑誌は既に、何年か前に読者を失っていると思うんですよね。」

そして大山卓也さんがその記事にコメントを投稿しました。
大山卓也 @takuya

1964年に発売した「赤城しぐれ」が爆発的なヒットを記録したのをきっかけに、1980年に「子供が遊びながら片手で食べられるかき氷(赤城しぐれ)が出来ないか?」という思いで商品開発をスタート。開発当初は様々なトラブルも発生しましたが、かき氷をアイスキャンディーでコーディングすることで溶けにくく、棒が抜けない、今のかたちに

「読んだけど、鹿野さんがなぜ「音楽ジャーナリズムは紙でしかやれない」って思ってるのか、その理由がわかんなかったです。鹿野さんみたいな人が本気で取り組めば、紙であれWEBであれ、それは自ずとジャーナリズムになると思うんだけどなー。」

さらに鹿野淳さんがそれに返信したことから、今回のイベントは動き出しました。

鹿野「卓也くん、それはとても面白い進言だ、ありがとう。それを一緒に語るのは僕にはあなたしかいないから、近々一緒に話をしてください。出来れば公開でやりたいね。」

ここからは実況です

sayanu @sayanu

大山「俺がFbに書き込んだときからこうなると思ってた。鹿野さんはちゃんと話したがるだろうなあと思ってた。で、2.5Dが手を上げてくれると思ってた」

2013-04-22 20:35:28
THE PUBLIC @thepublic_jp

大山氏今日この講座が開催されたこともすべて想定内!! #thepublic_jp http://t.co/Fy4LfekdX5

2013-04-22 20:37:54
THE PUBLIC @thepublic_jp

(音楽雑誌の休刊について)鹿野氏「ライバルはいたほうがいいのに・・・!!#thepublic_jp http://t.co/Fy4LfekdX5

2013-04-22 20:39:29
sayanu @sayanu

鹿野「ウェブでジャーナリズムができないということはない、というのはその通りだと思う」大山「その通りだと思うんですか??!」

2013-04-22 20:41:28
sayanu @sayanu

大山「そこで自分は、紙メディアの衰退イコール音楽ジャーナリズムの衰退だというのが分からなかった。紙だろうがウェブだろうが鹿野さんがやったらジャーナリズムになるんじゃないの?と思った」

2013-04-22 20:40:57
THE PUBLIC @thepublic_jp

紙メディアの衰退は音楽ジャーナリズムの衰退と言った鹿野氏のFACEBOOKに大山氏が意見を言ったのが本日の講座開催のきっかけ。 #thepublic_jp http://t.co/Fy4LfekdX5

2013-04-22 20:44:58
sayanu @sayanu

鹿野「なぜ自分が独立しても同じような仕組みで雑誌を作っているのか、と思ったらジャーナリズムを育てたい。自分たちで育てたいからすべて自分でやっているんだと思った。テレビ、ラジオ、ウェブなど他の媒体では自家栽培しているメディアはない、と思った」大山「現状でいえばないかも」

2013-04-22 20:44:34
Emiri Suzuki @emr_81

チョイスして、モノを書いて、紹介して、 広告のことも決めて、紙を印刷して……という“自覚的な自家栽培”を音楽に対してしている“メディア”は、テレビにもラジオにもなく、現状、紙にしかない。 #thepublic_jp

2013-04-22 20:48:16
sayanu @sayanu

大山「もともとは雑誌の編集をしていて、当時いた出版社でウェブやろうという話になった。そしたらウェブが性に会ってた。で、個人でやったり、その後natalieを作ったらり。鹿野さんとはもともとの立ち位置が違うかも」

2013-04-22 20:48:21
sayanu @sayanu

鹿野「ジャーナリズムとか批評との距離感はどう考えてたの?」大山「僕はやらないぞ、と思ってた。鹿野さんのいうジャーナリズムとは?」

2013-04-22 20:48:51
たにみやん @tanimiyan

鹿野さん「音楽にまつわる者・ごとについて意見を述べるのがジャーナリズム」「表現のためにやるのがジャーナリズム」

2013-04-22 20:50:14
たにみやん @tanimiyan

そうか、鹿野さんがthe pillowsと喧嘩した話って、みんな知らないもしくは覚えてないんだー。(僕も後追いだけど)

2013-04-22 20:51:07
sayanu @sayanu

鹿野「音楽にまつわるネガティブなこともいっていく。ブログと違うのは僕が公人であるということ。ブログをかくのは私人だということ。僕は仕事」大山「ブログだって記名でもかけるし、お金のでるでないは文章に対しては差はないのでは?」

2013-04-22 20:51:35
残りを読む(118)

コメント

munimuni @muniyama 2013年4月23日
期待に反してさんざん繰り返されてきた不毛さだった。紙 vs WEBなんてどっちもそれぞれ得手不得手があるんだから無意味。採算的にどっちが生き残れるかってだけだろ。その点、“仕方なく”WEBになっていくと思う。ちなみにこの議論は「ハサミVSカッター」で争って、ハサミになりかけたと思ったら、「切る必要のない様々なタイプの用紙が出てどちらも不要になる」みたいな斜め上の回答に辿りつく気が薄々してる。
0
munimuni @muniyama 2013年4月23日
あと「保存性はWEBの方が上」とか、ネットニワカか。かつてみんなそういう幻想抱いてたけど、全然そんなことなくて10年残すのでも大変だと思い知っただろ。残るのはあの有名な笑顔の女性の写真くらいだ。
0
ぴっち @pitti2210 2013年4月23日
まとめた後にアーカイブの存在を知ったむなしさ・・・
0
ぴっち @pitti2210 2013年4月23日
とりあえず次回は電子書籍にYouTubeの埋め込みを禁じるレコード会社担当を招聘して魔女裁判を始めるのがよろしいかと。
0
伊坂一馬 @Ithaca_Chasma 2013年4月24日
Webのデメリットで唯一で最大と言っていいのは「マネタイズの難しさ」であり、これはプロにとって死活問題。でもきっと、いろいろ揉めてる間に「その世界で食えていけるプロ」がどんどん減って、アマチュアが代替するようなる。質は落ちるけど情報は無料。そんな未来が来ると思う。
1
藤堂考山 @ko_zan 2013年4月24日
結局、この議論を見てても「パッケージング」の問題でしかない気がする。最期は音楽と同じように流通を無駄遣いだけする物理媒体に色んな特典がつきまくったファングッズでしかなくなる気がするよ。「本」という「体裁」を買う感じ。雑誌なんかキュレーション中のキュレーションなわけだし。
0
申見敦樹 (salmiakki) @GEDOW 2013年4月25日
このtogetterでざっと拝見させて貰っただけだが、ライブvsレコードとどちらが良いか?ってのと同じじゃない?まとまり様もない・・・
0
Sammy-D/サミーちゃん @doublejoy69 2013年4月25日
「印象」と「感想」に終わらない、「性能」と「感」を伝えてくれるものであればどちらでもよいけど、リンクからすぐ確認できるならWEBのほうが単純に便利かと。
0