広島教採塾さん「凄い人に出逢って、凄い人と過ごそう!」のツイート。

まとめました。
教育
0
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
今日のお話です。教採受験そのものに関してではありませんが、自分の「人間力」を高める方法についてお話しましょう。題して、「凄い人に出逢って、凄い人と過ごそう!」です。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
自分の魅力を高めるきっかけになるのが、自分より遥かに凄い人に出逢って、その人からいろいろと感化を受けることです。まずは、自分が心から尊敬できる、憧れることができる人とできるだけたくさん出逢うことです。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
人はいろんなところで優れているものです。能力が優れている、人格が優れている、語学に堪能、仕事ができる、リーダーシップに優れている、スポーツの能力が尋常ではない、などなど、人それぞれ凄い力を持っています。自分が心から一目置ける人物とできるだけ多く出逢うことが成長の秘訣です。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
もちろん、学校にも凄い人はたくさんいますが、学校現場は比較的、均質な人が集まります。児童生徒は同年代の集まりですから、凄いといっても限度があります。教師も能力や経験に差はあるでしょうが、どちらかというと均質的な職場と言ってもいいでしょう。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
教師を目指す人は、採用されて学校現場に入るまでに、つまり学生のうちに、できるだけ凄い人にたくさん会って、できるだけ多くのことを吸収しておくとよいと思います。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
面接の演習、いや、普通の会話をしていて、つまらないなあと思う人とは、そういう出逢いが全くなさそうな人です。これまで出逢った尊敬できる人が、せいぜい恩師か、部活動の先輩か、アルバイトの先輩か、家族くらいなのです。もちろん、そうした人の中にも凄い人はいるでしょうが、世間が狭いですね。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
私は決してその人たちの恩師や先輩や家族が大したことないなんて言うつもりはありません。ただ、私が言いたいのは、家庭か学校か部活かアルバイト先くらいしか、人と知り合う場所がないんだなと感じてしまうということです。尊敬する人も結局その狭い場所でしか選べないのです。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
自分に大きく刺激をくれた物凄い人との出逢いがない人は決定的に平凡です。少し話せばすぐ分かります。物凄い人に出逢い、物凄い刺激を受け、感化を受け、自分には何ができるのか、自分は何をしたいのかを本気で考え始めている人には人間的魅力が感じられます。この違いは圧倒的です。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
私自身も日々、物凄い人との出逢いを求めています、探しています。一昨日もそんな凄い人とお食事をさせていただく機会がありました。私など足元にも及ばないような能力とセンスを持っている企業経営者の方でした。何一つ勝てそうにない人です。そんな人とお話をすると自分にないものが見えてきます。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
自分がこれまで見ていなかったものや、見ようとしなかった方向に目を向けるようになります。ほんの数時間程度の会話が私の人生観を変えてしまうようなこともあります。そんな出逢いをできるだけ多くしたいと願っています。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
もちろん、偉い人に出逢って話しをしたからといって、すぐに自分も同じように偉くなる訳ではありません。真似をしようにも真似もできないほど偉い人だと、ただただ憧れるだけです。でも、その憧れから自分の進むべき道が見えてきます。その憧れを日々失わないようにしなければいけないと思っています。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
何年か前、ある企業経営者がこうおっしゃっていました。「憧れのない若者は採用しない。」 なるほどと思いました。 何かに憧れる、自分が挑戦し続けたい、目標にしたいという憧れがない人には魅力は感じられません。そんな人は採用したくないということでした。きっと教採も同じかもしれませんね。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
「憧れる」とは、単に「教師になりたい」とは次元が違います。憧れるとは、皆さんが大好きな芸能人やスポーツ選手や億万長者や王侯貴族や、そんな桁違いの凄さに感銘を受けるということです。桁違いの卓越さに刺激を受けるということです。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
小さいことからコツコツと、も重要ですが、人はとてつもなく凄いことに憧れ、そうなりたいなあと思い願うことも必要です。そんな憧れがなければ、飛行機も発明されず、宇宙ロケットも発明されず、革命も技術革新もなかったでしょう。憧れが進歩をもたらし、憧れが人類の文明を前進させます。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
そんな憧れがない人は、面接をしていて本当に魅力がないのです。特に教採面接の場合、どうしてこんなに憧れのない人が教師を目指すのだろうとがっかりするくらい、憧れを持っていない人がいます。せいぜい、教師になりたい、恩師のようになりたい、くらいなのです。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
何が言いたいかというと、自らに憧れがない人は、教師になってからも、子どもたちの憧れの教師、憧れの大人にはなれないだろうなということです。平凡な教師、せいぜい子どもたちに好かれる教師くらいにしかなれません。そして、それで良いという平均志向の教師志望者が多すぎるような気がします。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
子どもに好かれる教師になるのもなかなか大変ではありますが、そこで終わって欲しくないなと思います。教師には、多くの子どもたちから、憧れを持ってもらえる「憧れの教師」、「憧れの大人」になって欲しいなあと思います。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
そして、教採の面接官の方には面接において、受験者の中で、憧れを持ち、憧れの何かに惹かれ、将来、憧れの教師になり得る受験者に是非とも合格を出して欲しいと思います。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
憧れを持つためには、まずは、物凄い人にできるだけ多く出逢うことです。物凄い人はそこらへんに溢れていますよ。特に、学生のうちは物凄い人に会ってもらえる絶好の時期です。普通ならアポも取れないような凄い人も、学生が連絡してくれば案外と会ってくれるものです。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
学生は偉い人に会うチャンスを常に持っていると思います。あとは、そのチャンスをどのように活かすかです。多くのもの凄い出逢いをする学生は人生のあらゆるところで勝利者になります。
レトリカ教採学院(教採塾)河野正夫 @kyousaijuku
学生のみなさん、若者の皆さん、今日という一日もそんな凄い人に出逢うチャンスがあるかもしれませんよ。出逢いのチャンスを逃さないように、今日を大切に過ごしてくださいね!!  Have a good day!!

コメント

ラナ・クアール @rana_kualu 2013年4月28日
「凄くない人などゴミ。そんな人とのつきあいなど時間の無駄だから絶縁しろ」まで読んだ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする