10周年のSPコンテンツ!
7
報道ステーション @hst_tvasahi

テレビ朝日(ANN)系列放送 月ー金 よる9時54分~11時10分(一部地域除く) 「報道ステーション」の公式ツイッターページです。

http://t.co/23JjnVaqkv
報道ステーション @hst_tvasahi
今夜9:54 「報道ステーション」は… http://t.co/Jk5DijuqfL (2013/4/30)
報道ステーション @hst_tvasahi
【ニュース】皇太子ご夫妻が、オランダの新国王即位式にご出席される。雅子さま11年ぶりの“海外公務”を現地から生中継 【特集】年中無休、カフェも併設、雑誌も販売する異例の図書館がリニューアルオープン。規制や既得権益と戦って成果を上げている佐賀県武雄市を取材した #hst_info
リンク www.tv-asahi.co.jp “既得権益と戦う”実行した佐賀県武雄市|ニュース詳細|報道ステーション|テレビ朝日 キャスター古舘伊知郎「報道ステーション」オフィシャルサイト
報道ステーションHPより以下引用

2013年4月30日 (火)
特集“既得権益と戦う”実行した佐賀県武雄市

今月、佐賀県武雄市に異例ともいえる図書館がリニューアルオープンした。年中無休、カフェも併設、雑誌も販売、さらに本を借りるとポイントも付く。運営をしているのは、大手レンタルソフト「TSUTAYA」だ。
この図書館を発案したのが武雄市長の樋渡啓祐氏。しかし、民営化の道のりは苦難の連続だった。立ちはだかったのは『規制の壁』だった。樋渡氏は7年前、当時、最年少で地元・武雄市の市長に当選。
市は一時、財政再建団体の寸前に陥るなど、財政は行き詰まっていた。市長は、財政を立て直すため、さまざまな壁を突破してきた。
厳しい戦いとなったのが、社会保障分野への切り込み、“市民病院の民間移譲”だ。年間2億円近い赤字を出していた市民病院を民間に移譲することで、黒字化を目指したが、そこに、地元医師会が激しく抵抗。患者を巻き込み、各地で反対集会を開催した。
最後は、市長のリコールにまで及んだ。市長はリコールの動きを受け、自ら辞職。病院の民間移譲を争点に市長選に挑み、再選を果たし、民間移譲が実現した。今では、黒字化を果たし、毎年1億円の税収が入ってくる。規制や既得権益と戦って成果を上げている武雄市を取材した。

※引用ここまで
特集詳細 Feature ※放送終了後に追加されページ 2013年4月30日

“既得権益と戦う”実行した佐賀県武雄市
http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/feature/detail.php?news_id=29455

HPより以下引用

2013年4月30日
“既得権益と戦う”実行した佐賀県武雄市
人口5万人の佐賀県武雄市に、今月、異例ともいえる図書館がリニューアルオープンした。年中無休、カフェも併設され、雑誌も販売、本を借りるとポイントも付く。この図書館の運営を任されているのが、『TSUTAYA』のカルチュア・コンビニエンス・クラブだ。
この図書館の発案者は、武雄市の樋渡啓祐市長(43)。金のかかる図書館を、サービスも良く、経費も抑えられる図書館に変えようと考えた。しかし、“規制の壁”が立ちはだかり、民営化までの道のりは苦難の連続だった。図書館法では、公立図書館は“無料”が原則。文部科学省と交渉を重ね、樋渡市長は、スペースを2つに分け、1つを図書館、1つを賃貸にし、「図書館ではない」という理屈で押し切った。その結果、予算の運営費が約1割削減でき、さらに、年間600万円の賃料が入ることになった。
オープンから1カ月で、9万6627人が来館(29日時点)した。利用した市民からは、「前の図書館と違って想像をはるかに超えていた」「また来たい」などと大好評だ。樋渡市長は「僕らは、市民が株主であるし、顧客でもある。
攻めることによって、色々な人たちに満足してもらって、住んでもらうという風にしないといけない」と話す。

元総務省のキャリア官僚の樋渡市長。7年前、地元・武雄市から市長選に出馬。当時、最年少で市長に当選した。武雄市は一時、財政再建団体に転落する寸前まで、財政は行き詰まっていた。
樋渡市長は、財政を立て直すため、さまざまな規制の壁を突破してきた。厳しい戦いとなったのが、社会保障分野への切り込み“市民病院の民間移譲”だ。この時、地元医師会が、強大な壁として立ちはだかった。樋渡市長は、当時のことを「医師会、自民党、民主党とか、既得権益を持つ人は、民営化に総反対。自分たちの利権が侵されると思ったのか、ここまで足引っ張るかというくらい足を引っ張られた」と振り返る。当時、武雄市民病院は、年間2億円近い赤字を出していた。税金で補てんしてきたため、市の財政を圧迫。
借金の総額は、約20億円まで膨れ上がっていた。樋渡市長は、民間移譲で黒字化を目指すとしたが、医師会が激しく抵抗。
患者を巻き込み、各地で反対集会を開催した。さらに、医師会は、住民に小・中学校の検診や予防接種から手を引くとほのめかすビラも配った。そして、医師会の抵抗は、既成政党と組んで樋渡市長のリコールにまで及んだ。

樋渡市長は、リコールの動きを受け、自ら辞職。病院の民間移譲を争点に、職を賭して戦うことにした。そして、僅差ではあったが、医師会の担ぎ上げた候補を破り、当選。病院を民間移譲させた。
病院は、医師を増やし、最新鋭の機器を次々と導入。患者も積極的に受け入れた。今では黒字化を果たし、毎年1億円の税収が入ってくる。病院での雇用も増え、看護学校も併設した。市民だけでなく、県外からも患者が来る。全国の公立病院も経営に苦しんでいるため、今では、武雄市から学ぼうと全国から視察が入っている。

改革は、コストカットだけではない。特産品のなかった武雄市でハーブを栽培し、農業を活性化。さらに、企業誘致でも大幅な優遇措置を講じ、3社を呼び込んだ。樋渡市長が就任して7年、400億円あった借金を90億円削減。
さらに、少しずつだが税収も上がっている。市は、借金を減らし、市民にも還元している。水道料金を平均で15%下げ、固定資産税も減税、介護保険料も引き下げた。そして、今、樋渡市長が進めているのが、公務員制度改革だ。武雄市では、職員の年功序列を廃止。今年から50代前半でなるポストに40代の職員2人を昇格させた。さらに、来年4月からは、職員の給与を武雄市の税収と連動させる。つまり、一般企業のように、業績に合わせて給与を支払うという。
樋渡市長は「職員が税収を上げるために頑張ろうという気になる。今までは、頑張っても頑張らなくても、給料が変わらなかった。それでは、やらない」と話す。樋渡市長の最終的な目標は、人口と税収を増やし、武雄市の収入と支出を合わせるということ。樋渡市長は、「僕が市長を辞める時、借金はゼロにする。ただ、借金を返すことは誰にでもできる。その間に、稼ぐ(税収増)ということを主眼に置かないと、自治体は回らない」と指摘する。

※引用ここまで
ふむ (主に山と図書館) @fmht7
今夜、 #報道ステーション で再三延期された武雄市のツタヤ図書館(もどき)が取り上げられるようだが、もし図書館記念日の今日を選んだのなら、 @hst_tvasahi には図書館法並びに図書館の自由に関する宣言を踏まえた法治国家たる報道を期待したい。 #takeolibrary
大福てるぼっこ @8823bokko
今日の報道ステーション、特集は「TSUTAYA図書館」。ウワサの某市の図書館問題。指定管理者問題です。見るべし。
Seiji Matsuda R.I.P. @SeijiMatsuda1
まあ、 #報道ステーション の内容には期待しちゃいないが、まだ情報伝播のシーンということで取り上げられるのは良しとしよう。 違和感を覚えて調べる人が少しでも増えれば良い。 https://t.co/S538xzqHTX 問題はその後だ。 #houste #tvasahi
Seiji Matsuda R.I.P. @SeijiMatsuda1
ぜひ、 #武雄図書館 の闇に迫るとか、 https://t.co/Q8wKaSHt5L 樋渡市長の暴言解析から #たけお問題 に迫るとかやって欲しかったな。 https://t.co/b9C4tvnDyP #houste #報道ステーション #tvasahi
金の髭 @goldenhige
財政難なら見ておくべきって出だしからアウトだがや。 #houste #報道ステーション
archaeopteryxxx @archaeopteryxxx
「武雄の例は見ておくべきところがある」らしいぞ。 #報道ステーション
残りを読む(157)

コメント

minkaninjno @minkaninjno 2013年5月1日
既得権益の塊であるTV局とも是非バトルして頂きたいものです。
T.U.Yang @tadatsome3 2013年5月1日
そろそろ日本中の辞書の「既得権益」の項を書き換える必要があるかな。「自分のワガママを諫める意見またはそれを唱える人、集団。ネット上ではネトウヨと同義」辺りが適当かな。
きよすけ @Kiyosuke0418 2013年5月3日
樋渡啓祐 武雄市長の改革「図書館、病院、行政改革、財政再建、減税」(動画あり) http://togetter.com/li/342391 のまとめをリストに追加
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする