メモ・4月後半

後半のネタメモ
ログ
0

あらかじめ用意されるもの

酔宵堂 @Swishwood
はじめの契約に、とりたてて目立つ何かはなかった。仮令それが些かなり図抜けた素質であったとしても、ありふれて勿体無い程度の願いでしかなかった。
酔宵堂 @Swishwood
ただ、その少女を、病み上がりの、内気な転校生を救い出してしまったがために。
酔宵堂 @Swishwood
世界なんてどうでもいいに違いないのに、何より求めたモノは世界そのものと同義と云う
酔宵堂 @Swishwood
10話で呈示された周回のうち、「4周目」に相当する部分は間に数多の周回を含んでいると考えた方が自然ではあるのよ。つまり「初めて眼鏡を取った周回」~「本篇直前周回」の間に無数のループが語られていないだけで存在すると。

宇宙を開闢く鍵

酔宵堂 @Swishwood
円環神学大系について考証と推察を突き詰めていったら必然の帰趨として熱的死以降の宇宙の姿に辿り着いたってだけの話ではあるのだけれども。
酔宵堂 @Swishwood
熱的死と云う状態がどう云うものかと云うことを考えてみたら保存則と照らし合わせてこの次元の尺度では無、と云う結論に辿り着くのだが、それはつまりある筈の、あった筈の質量すなわちエネルギーが何か別の状態で横溢してる筈で、それに似た状態と云うのはビッグバン直前じゃないのかと。
酔宵堂 @Swishwood
魔法は「さいごの魔女」と対消滅することで宇宙を本来の寿命に戻すと考えていいんだろうけど、多分その最後の役割は(本来の)熱的死によって無に、つまり高エネルギー真空に還った世界に確率の不均衡を齎す存在なのだと思う。
酔宵堂 @Swishwood
窮極円環態のヴェールの内側が宇宙なのは、アレって宇宙自体を裏返したモンだからなんだろうなーと。片面が宇宙もう片面が真っ白の紙を想像すればわかりやすいけど
酔宵堂 @Swishwood
そこだけ四次元的に「折れ曲がって」宇宙の外側が見えている、みたいな。

魔法少女1.X

酔宵堂 @Swishwood
ゾンビかどうかは割とどうでもいい問題だったりする。ヒトをアップデートしたものが魔法少女、みたいな考え。ヒト2.xxβ、とでも云うべき存在
酔宵堂 @Swishwood
それが正式なアップデートかどうかは怪しいのでむしろ3.xxαとすべきモノであるかも知れないけれど。
酔宵堂 @Swishwood
云うてみればCPUがオンボードで互換性だかなんなんだかで旧規格が幅を利かせて全体の効率が酷く悪化していたところを、ソケット式のマザーボードに改めレガシーインタフェースを片っ端から排したようなモノ、だろう。
酔宵堂 @Swishwood
そこでおかしなエネルギーが発生する事例があった、でその条件は何かと突き詰めていったら……
酔宵堂 @Swishwood
存在の核と云えるパターンを再生可能な状態で記述する、ことでなんとかその未曾有の災厄をやり過ごそうと考えたけれど、それさえ不可能と判明する
酔宵堂 @Swishwood
宇宙規模、光速以上の絶望的な勢いで拡大する領域は熱的死そのものだった
酔宵堂 @Swishwood
改変後世界の彼女達にとってそれこそジェムは脱出ポッドのようなものですらあると云う解釈。
酔宵堂 @Swishwood
それさえ維持できるなら肉体はどれほど破損しても再起は図れるとかそう云う感じの。
酔宵堂 @Swishwood
事前にしつこいほどにその関係性なんかは叩き込まれてるから、もしジェムだけになったとしても”緊急避難状態”なんだと理解できる訳で。
酔宵堂 @Swishwood
それこそ改変前なら「あっ死んだな」と意識した途端に\パリーン/だったそうですが。
酔宵堂 @Swishwood
”契約”が齎した肉体的な(恐らくは不可逆の)変化を肯定的に捉えるならそう云うことになる。

魔女の置き土産

酔宵堂 @Swishwood
たとえばそれは、世界の調律とその必然。 無数の繰り返しさえも、スレショルドを貫くトリガー。
残りを読む(113)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする