世界の憲法改正条項の考察~96条はいまのままでいいのか

ともふみさんによる世界各国の憲法改正条項のまとめ。
77

世界各国の憲法改正回数について

とよ @toyontaker

1945~の各国の憲法改正の回数 アメリカ  6回 フランス 23回 ドイツ   57回 イタリア 14回 カナダ  18回 スイス   9回 中国    9回 韓国    9回 日本   0回 これを見ておかしいと思わないほうがどうかしていると思う

2013-05-02 09:40:31
とよ @toyontaker

なんかすごくRTされてる&言葉足らずだっだから補足するけどシステムを放置することもシステムを曲解して運用することも保守とは言わない。 65年間も問題の起きないシステムはない。にもかかわらず小規模でも改正されたことがないということは改正するプロセスそのものに問題があるんじゃないか?

2013-05-02 11:15:08

日本国憲法が完璧だから改正の必要はない

…なんてことはないわけで。

一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

憲法にはっきりしたケアレスミスがあるのに、1回のバグ取りもできなかったって、アップデートの放棄でしかないのよ

2013-05-02 22:55:19
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

【課題】憲法7条にミスがあるから見つけなさい

2013-05-02 22:57:32
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

98条改正についてのモヤモヤが、何となくわかってきた。

2013-05-01 23:27:52
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

民主党政権は、憲法に阻害された部分が多かった。09総選挙で勝ったのは別に憲法のおかげではないが、憲法で参院が公選制で権力が強い(さらに憲法ではないが選挙制度が不公平)なものだから、下院選で勝った政党が法律を通せなくなるという、無様な状況が発生してしまった。

2013-05-01 23:32:22
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

一方、政権を奪い返した自民は、98条改正を主張しているけど、改憲のハードルが高いし、帝国憲法成立以来120年間、一度も自力で改憲したことのない国民の警戒心が高いことで、阻止しようという主張が声高だ。改憲ができないなら、怪しい改憲案で大失敗する可能性もない。

2013-05-01 23:37:14
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

結果的には、今の日本国憲法は民主党に自由に活動させないし、自民党には大失敗をさせない。つまりは民主党政権を失敗させ、自民党政権を安定させる、安全装置になっちゃいないかと。

2013-05-01 23:39:23
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

戦後体制を永続させるなら、55年体制も永続しちゃいそうなわけ。

2013-05-01 23:41:03
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

そんな、戦後の永続by自民党、が素晴らしく思えるかというと、あんまり思えないわけなんだ。

2013-05-01 23:42:17
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

国民の支持で、改憲したくてしたくてしょうがない安倍政権を勝たせたのに、気に入らないことは憲法でがっちりブロック。 無責任でもあるし、不公平でもあると。

2013-05-01 23:43:55
いなば❤ withコロナ時代❤ @soonsoul

ともふみさんが九十八条改正って書いてるけど、それ憲法の最高法規性をさだめた条文やで

2013-05-01 23:42:36
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

自民は世界中の政党よりバカでもやっていけるように安全装置が組まれてるし、民主は世界中のどこよりも厳しい条件で政権運営(普通の与党ができることが10ヶ月しかできなかった)、という状況を肯定もしづらい

2013-05-01 23:50:55
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

そら国民投票がないからでっしゃろ。 下院2/3、上院2/3だけで終わるところもあるし、一院制2/3、国民投票1/2のところもあるし、下院1/2、上院1/2、国民投票1/2のところもあるけど、下院2/3、上院2/3、国民投票1/2は、それぞれ一番ハードルを高くした感じになる。

2013-05-02 19:17:33
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

イタリアなんか分かりやすいな。 下院1/2、上院1/2で可決したあと、国民投票1/2にするか、下院と上院でもう一度ずつ2/3可決すれば改憲できるっての。議会2/3にするか、国民投票をやるかがトレードの関係。

2013-05-02 19:19:12
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

1.「衆院1/2以上2/3未満かつ参院1/2以上2/3未満で通った改憲案は、国民投票1/2以上の賛成で成立する」 2.「衆院2/3以上、参院でも2/3以上で通過した改憲案は、国民投票を省略して成立する。ただし国民の1/50以上が国民投票をするよう求めたら投票する」

2013-05-02 19:23:32
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

こんなんもできるな。全会一致に近いような改憲案はわざわざ国民投票に回さないと。

2013-05-02 19:24:00
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

ただ、法学を学んだみなさんは怒り出しますかね。

2013-05-02 19:24:20
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

日本語だと1/2を超えるものだけは「過半数」という言葉があるけど、あとは1/2超、2/3超と書くよりしゃあないな

2013-05-02 19:34:43
鈴木東四郎 @blues_boys_tune

憲法を改正するのであれば、党派を越えて納得できるものでなければならない。憲法を改正している他国では当たり前のことなんですけどね♪

2013-05-02 21:27:59
一般社団法人柴犬デザイン推進協議会 @sbinnn21

そうなんですよね。 国民投票という関門がありながら、国会で2/3で最初から改憲しにくくしたら、その分、国民が意見を表明する機会は奪われる。

2013-05-02 21:32:02
残りを読む(44)

コメント

小動物を愛するしんさん @aphros67 2013年5月3日
まとめました(。・ω・)ノ゙ 「世界の憲法改正条項の考察~96条はいまのままでいいのか」
0
緑一色( •̀ㅂ•́)و @Allgreen76 2013年5月3日
直近の前与党があの民主党、前回政権交代で総理になったのが鳩山、ということを思い出すと「国民の選択」に委ねることにも不安がががが(´・ω・`)
5
ムエタイブラザーズ @mutafaweq 2013年5月3日
まとめ対象の方が、すごく国民主権と民主主義に対して信頼感を置いていることがわかりましたが、96条を変えると、その国民主権と民主主義も失われやすくなりますよ。何だったら、北朝鮮レベルの憲法に変えて…それが民意ならいいすか?
4
椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2013年5月3日
必要がなければ変えなくてもいいのでは…。他所は必要だと思ったから変えたんでしょうし、日本では必要という合意が取れなかったから変わらなかっただけでしょう。変えた時の状況と変えた中身すらも見ずに回数だけ数えても不毛。>冒頭の
6
モフモフすぅさん @hito_misiri 2013年5月3日
ただ現状の日本国憲法ってツギハギだらけのキメラさん状態だったような・・・ただ改正に邁進するのも考えモノだけど9条が大事なら紛争地域に行くなりして紛争を止めるなどの事はすべきだけどしてないし、改正草案に生存権の記載無しがあったり、あとは現行法の問題点には触れてないのがなあ。
4
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2013年5月3日
改正の可否と改正の発議を混ぜて語ってないか?
1
ジョージ2世 @GEORGE221 2013年5月3日
参考:憲法の改定手続きを定めた96条の改憲が取り沙汰されています。日本の憲法は取り立てて改定規定が厳しく、ハードルが高いものなのですか? http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11106027956
2
TAKI @TakinakaTAKI 2013年5月3日
前回衆院選で投票率史上最低を更新した日本のように、国民の政治参加意識と政治家の質が低い国で安易に改憲ができてしまうのは危うい。「風」で憲法が変わっていいのか?国別比較は投票率なども併せて見なければ意味が無いと思う
0
小動物を愛するしんさん @aphros67 2013年5月3日
【実は】以前から96条単独改正を主張していましたが、最近は今のままでいいんじゃまいか、と考えております。しかしともふみさんのTWには首肯するところ多でしたので、まとめてみましたm(_ _)m
0
小動物を愛するしんさん @aphros67 2013年5月3日
【個人的には】政党案、新聞案ではなく、憲法学者による憲法改正案が読みたいです。特に護憲派に属する憲法学者の改憲案というのは見てみたいですね(おかしな日本語ですけれどもw)。
1
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年5月3日
ちなみに、プライバシー権とかは新しい権利、かつ、人に対する権利のため、憲法記載はありません。対人効力の関係で。(憲法は基本的に国家を縛るものです。)
0
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 2013年5月3日
まず、現状において日本は解釈改憲という方法で憲法違反を回避しているって事を忘れちゃならないよね。ゆえに、まずは憲法を厳密に適用した場合、何ができなくなるのかという事を整理すべき。
14
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月3日
1/2で発議できるということは、大抵の場合「与党ならいつでも発議できる」という状態になる。この状態にメディアスクラムによる偏向報道(というよりはマスコミ業界の同調圧力に従った報道)が重なるか、あるいは小泉政権時代のような強力なアジテーターが世論を扇動する条件が満たされると、十分な議論(本来行われるべき民主主義の手続き)を経ずに用意に改憲が成立してしまう可能性がある。
3
イシカワ=サン @GOZEN_R_SAN_2 2013年5月3日
今の憲法が自民党に大失敗させてないとするならば、それは今の憲法が有効に機能性してるってことのような・・・それはさておいてスウェーデンの二度やる型は時流に流されにくそうで良いなあ
5
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月3日
容易に変えられる様になるのなら、また正しく改正しなおせばいいと言う意見もあるかもしれないが、憲法という国家の基盤となる考え方がコロコロ変わるのは極めて問題だと私は考える。
2
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月3日
2/3の賛成で発議というのは「国会において党派を超えた納得が得られるまで議論をしてくださいね」という国民主権・民主主義の必須の手続きを表している。1/2では単一のイデオロギーだけで深い議論がされないまま発議に至る点で大いに問題がある。
12
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月3日
また「国民投票で1/2以上の賛成」という条件があるのだから、国会での発議条件は緩和すべきではないかという論点においても反論がある。そもそも私達が民主主義を実現する上で、代議制(間接民主制)をとっているのはなぜか?それは国民全員参加で直接民主制をやろうとしても議論を形成しまとめることが現実的に不可能だからではないだろうか?
3
びぃじぃ @20100313bg 2013年5月3日
投票率が低いのは「自らの投票が国の命運を握っている」という自覚が選挙民に足りないから。なら本当に自らが決断しなければならない機会を与えてもいいのではないか。バカだから刃物を渡せない、ではいつまでたっても刃物の扱いを覚えられない。
1
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月3日
その上で考えるなら、国民投票が憲法改正において果たす役割は、国会で発議された改憲の内容と発議に至る議論の過程に対するチェック機能であって、議論そのものではないのではない。だからこそ、国会で2/3以上の賛成という条件で、国会での議論を強制しないと、今の日本で蔓延しているような議論の尽くされない、本質を見失った決定を行なってしまう可能性が極めて高くなると私は考える。
5
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月3日
日本で今まで憲法改正がなかったことを他国と比べて異常だとする意見は理解できる。しかしその原因が96条、改正条項の厳しさにあるというのは全く理解できない。むしろ原因はその条件を満たせない国会議員の質の低さ、あるいは日本の政治・行政・社会体質が複雑に絡んだ問題ではないかとまず考えてみる必要がある。
3
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月3日
また、草案を作り、それを国民に提示するのに国会の2/3の賛成が必要なのではない。草案の作成も、提示もいつだって、どの政党だってできる。議論を尽くした上でその草案が、国民の最終判断を仰ぐ段階まで至ったかどうかが試されるのが国会での2/3の賛成で、そこまでのコンセンサスを得られるレベルの草案を作れていないのが今の日本の国会の現状ということだと思う。
3
鐘の音@C99受かれ @kanenooto7248 2013年5月3日
トルコ「修正不能条文を作ればいいじゃないか!!」
0
Taikeyo @Kjidntl 2013年5月3日
「2/3」が必要なアメリカやドイツでも憲法改正やれてるんじゃん。 日本の議員は、だめもとでも、憲法改正の提起をしたことあるの? 
4
ばるたん星人 @sb1234sd 2013年5月3日
護憲派(笑)連中は独裁国家大好きだからな。国民の意見が憲法に反映され易くなるのが、気に食わないんだろうよ。
0
西大立目 @relark 2013年5月3日
回数を並べ立てて「おかしい」って言う時点で、おかしいな。それこそアメリカの改憲が「権利の拡充」と「権力の抑制」を「追加」するだけの内容だって分かってれば回数だけ並べ立てて「0なのがおかしい」とはならんだろ。
7
西大立目 @relark 2013年5月3日
大体「1/2」でやすやすと変えられちゃあねぇ。「49%側の人権を51%側が抑圧出来るルールにしない冷静さ」というものを「信用しない」のが憲法でしょ。
12
西大立目 @relark 2013年5月3日
96条論議でも、もう「日本は改憲要件が厳しい、よって変える」「いや他国と比べても厳しくない」「いや断じて厳しいのだ!よって変える!」ループの段階になっちゃったじゃない。だったら「そこまでして変えたがっている憲法案」っていう具体案の阻止を理由にして、要件の緩和に反対したって別に構わんでしょ。で、具体案となれば自民だの、産経だの、読売だの、旧たちあがれ日本だのですよ。アレに変えるために緩和?正気?
9
BCdrinker @BCdrinker 2013年5月3日
改憲する権利・自由が事実上担保されてないのが問題なのだから、それが担保されうる状況にすることに何故反対があるのか疑問。
1
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年5月3日
改憲案に、国家自身が暴力装置になる考察をしたものを全然見ていない。多分、案を作成した議員は、改憲した後、自身が迫害される可能性考察していない。
3
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月3日
国会での2/3以上の賛成が不可能だという人は何を根拠にしているのだろうか。また、仮に96条の改正が成立した場合、それは2/3の賛成を集めて改憲することが可能だったという事を示すことになり、そもそもの意義がなくなるのだが、その辺はどう思うのだろうか。
2
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2013年5月3日
先ずは「国民の過半数が支持する改憲案を国会の1/3の勢力が潰した」という事例を出してもらわんと、「96条のせいで改憲できないってのはお前の妄想じゃね?」って反論に耐えられないと思うぞ。議会の2/3の合意を経て改憲を行った海外事例は山ほどあるんだから。
4
ぬーぶ @noob_mmcz 2013年5月3日
立憲主義が一度もまともに出てない時点でちょっと…。北海道新聞の石川教授のコメントを、読んで見ることをおすすめします。
1
ぬーぶ @noob_mmcz 2013年5月3日
失礼しました。 まとも→まとめに です。
0
neologcutter @neologcuter 2013年5月3日
自分が思うに96条改正は「見せパイ」であって、夏で電力不足になった時は原発再稼働をメインに打ち出してくると思うんだよな~
0
neologcutter @neologcuter 2013年5月3日
電力不足になった時に「とりあえずは憲法改正談義より、現前の問題である電力供給の方が優先だ」と言われたらどうなる?方向転換がスグできるか?
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年5月3日
>アップデートの放棄でしかない< じゃあアップデートしようか、というとこっそりバックドア仕掛けようとするやつが多いからね
8
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年5月3日
で、フェイルセーフという意味で、今の日本国憲法は硬性憲法になっているんだと思うわけで、本当にどうしても必要性が高いと大多数の人が感じるなら改正は可能なわけで、あたかも改正が不可能みたいなミスリードは危うい
3
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年5月3日
現在の国政選挙の投票率はおよそ6割前後ですね。その中で衆議院の小選挙区制で1人の議員の当選に必要な割合はさらにその3~5割程度でしょう。ひとまず平均4割と仮定してみましょう。比例代表とか参議院もあるけど計算の単純化のためにおいといて、それで国会の過半数ということになると、0.6×0.4×0.5=0.12 つまり全有権者の1割強程度にあたるわけですね。
3
Yuki Miya@ζῷον μόνον @felicitas01ARB 2013年5月3日
ドイツ連邦基本法は「57回」の改正を全て「3分の2以上の賛成」で成立させています。しかし「3分の2超の議席を持つ与党」の例はありません。与野党の慎重な協議(と交渉や妥協)で必要な改正を続けてきた訳です。
5
Yuki Miya@ζῷον μόνον @felicitas01ARB 2013年5月3日
端的に言えば「その気になれば『3分の2』でも憲法改正はできる」「それが実現していないのは国会議員に『その気』がないから」「その『国会議員』を選んでいるのは…」ということですね。
4
充満黒萬獣 @MyMassGuilt 2013年5月3日
そういうことは一度でも2/3に届かずに否決されてから言うもんじゃないの?
1
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2013年5月3日
この問題は他国との比較で論じることではないと思うけどね。あらゆる面で日本と寸分違わぬ状況にある国なんて存在しないわけだし。
0
HK416C @HK416C 2013年5月3日
それよりも民主党の無能を憲法のせいにするという意見は新鮮だなw
4
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2013年5月3日
両院で三分の2の賛成ってことは極端な話参議院で81票の反対票が投じられればそれで改憲が出来ないってことになる。現状では全国会議員の三分の2が賛成しても、衆議院で160名”あるいは”参議院で81名の反対で否決される。憲法改正には慎重にならないといけないのは認めるところだけど、最悪国会議員の六分の一が反対すれば国民に提案さえ出来ない ってのはもっとみんなが深刻に考えるべきことだと思うがな~
1
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2013年5月3日
あと日本に「改正には両院の3分の2以上の賛成が必要な硬性憲法があっているのか?」という問題についてはもっと真剣に議論すべきだと思うがな、少なくとも戦前の帝国憲法は同じような条文があったが故にその欠点を解消できずに軍部の暴走を許し、現憲法もさまざまな問題点を指摘され、改正の必要性がこれほどまでに言われているのにこれまで現実的な政治日程に上ることはなかった。 普通に考えたら問題ありまくるだ、この状態は
1
K.raha @raharita 2013年5月4日
まとめの最後のツイートの『「改憲すべき」56%、「手続緩和反対」54%』の数字をそのまま受け取った形でやるのがベターだよな。改正しても良いけど、手続きはしっかりやれって。
1
スケ番ブ~子 @WildcatBooko 2013年5月4日
@toy0sn この手の数字を上げるヤツが、肝心の「憲法のどの条文を改正したか」について触れないのはどういうことなんだろうか?これではただ、人々の漠然とした「改革することはいいこと」という気分におもねってるだけ。
1
くぁwせdrftgyふじこlp @wickid101 2013年5月4日
手続き論以前に、最初の2Tweetの通り「改修回数0回」が、システムとして如何にヤバいかが余り理解されていないな...
0
くぁwせdrftgyふじこlp @wickid101 2013年5月4日
「変える必要がないと思ったから、変えてないんだ。それで良いじゃないか。」とか、滅茶苦茶危険な発想だな。頭がオカシイとしか思えん。
1
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月4日
wickid101 そこでシステムの話にいきなり飛ぶのがおかしいんですよ。「変える必要がないと思ったから、変えていないんだ」って人も決して多数ではないです。日本では9条の問題にひたすら過敏になっており、今まで護憲派・改憲派の対立軸はほぼそこに回収されてきましたけど、実際細やかに見れば9条改正には反対でも、他の部分は変えてもいいという人だっている。
1
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月4日
wickid101 そういうところで丁寧に説明し、自分の政治家生命にも関わるリスクをとってなお会見しようとする議員が今まで少なすぎた、また、そういう視点で議員を選ぶ国民が少なすぎた、という事が問題なのであって、国民と国会議員の意識の問題を通り越して、「システムを変えれば良くなるんだ」とするのは暴論だと思います。
1
フレーバー @stflaver 2013年5月4日
改正してないとか言う前に今までの憲法が出来て60年以上で、なんで一回として改正が俎上に上がらないのか?という理由を手続きに求めるのって、ちょっとものぐさ過ぎやしませんか?変えたいという情熱があるのなら、厳格な要件化でもその活動をすべきであって、それが為されなかったというのは、政策としての優先順位が低かっただけの証明じゃないの?
2
フレーバー @stflaver 2013年5月4日
それを今更、手続きのハードルが高いからとか、そういう他の場所に責任の所在を転嫁するがごとき言葉がどうにももにょるというか。ちなみに自分も9条はいい加減に言葉遊びは止めて変えるべきだと思っている。けど手続きの重要性は立憲主義や民主主義の観点からして極めて重要、ましてや憲法という国の存立に関わることなのだから、慎重に行うべきなんだよね。
2
ぬーぶ @noob_mmcz 2013年5月4日
http://t.co/QItYUS3qJV この記事を是非読んで見ることをおすすめします。国
0
西大立目 @relark 2013年5月4日
まぁ「96条の改正が出来るということが絞られたテーマでのみの2/3の勢力を構成することが可能である事を証明する」訳で「与党が全文をまるっと変える為の要件緩和」とか、本末転倒なんですよ。
0
西大立目 @relark 2013年5月4日
「完璧であるはずがないのに1度も更新されていない。おかしい」って「アップグレードパスの名を借りた、2/3の賛成を得られないような、逆行的な代物」しか出せない「改憲派」の責任を無視した物言いですよね。「完璧ではない、故に0点の物に変えるほうが正しい」
0
西大立目 @relark 2013年5月4日
「『完璧ではない現行憲法よりマシな物』を2/3で合意できるレベル」で国会議員やら改憲派やら産経新聞が作れない以上「『完璧ではない』現行憲法」が一番完璧に近いってのは単純な事実でしょ
4
西大立目 @relark 2013年5月4日
「『現行は完璧ではない』を『とにかく改憲する事が重要。内容は関係ない』の『言い換え』として『より完璧から遠い』物への改憲を後押しするという、次の改憲論の流行」の兆候がよく分かる、いいまとめでした。きっと夏まではそれで保つんじゃない?「『とにかく改憲』論のアップデート」に成功した改憲派大勝利だよ。
0
BCdrinker @BCdrinker 2013年5月5日
少数の有権者による投票行動で、常に衆参どちらかの議員の1/3が発議に反対を示し、よって多数の改憲するという意見が抹消されている。これのどこが健全なシステムなのか。そんなシステムで改憲されない現憲法が一番理想に近いなんて発想が理解できない。
1
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
私は96条の緩和に賛成です。『3/5以上』程度に緩和するのが妥当だと思いますが。◇もし、議会の2/3以上のみで憲法を改正できるのなら、代議士とその候補者は『憲法改正』の議論を選挙戦で逃げる事は出来ないでしょう。◇もし、国民の過半数の投票のみで改正出来るのなら既に改正されてるか、少なくとも何度か投票は行われてるでしょう。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
△コメント欄にいらっしゃる改正反対の方々は大きな見落としをされている。現制度での憲法改正をしようとする場合 国民が与党に2/3以上の議席を与えて大勝させる可能性があるからです。これはマズイ。極めて危険です。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
BCdrinker 「常に議員の1/3が発議に反対している」という事実が存在しているのかどうか疑わしいですが、そこを譲ったとしても、残り1/3の賛成を獲得できないような現行憲法に劣る憲法草案や改憲派の努力不足に問題があるんですよ。民主主義は単純な多数決ではありませんし、ましてや憲法は権力によって弱者が不利益を被ることがないように作られるもので、マジョリティがマイノリティの意見を簡単に抹消できるようなシステムにするほうが問題があります。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
現行憲法が理想だと思っている人間なんて、一割にも満たないと思う。単純に改憲派の挙げる憲法草案が現行憲法にも劣るものだから反対されているだけだ。憲法草案の中身に問題があるのだと認めず、改めることをせず、ルールの問題に責任転嫁する96条改憲派の傲慢さには気が遠くなる。
2
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 どうして危険でマズイのか説明してくれますか?
0
くぁwせdrftgyふじこlp @wickid101 2013年5月5日
もう一度書くけど、「0回」だよ。この危険性が分からん人間は、しょっちゅう同じ場所で転んだり、小指を角にぶつけてるんだろう。 
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 私が上記した事を理解は して頂けている前提で書きますが、◇例えば いわゆる憲法9条。中国との軍事衝突の危機が極端に高まれば行政だけでなく国民も憲法を変えたいと思うでしょう。そのためには2/3以上の議席が必要なので国民は与党に大勝させるでしょう。或いは大政翼賛会か。で、その後は? 議会の2/3以上を持つ権力をどうコントロールします?
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
私が懸念するのは主従が逆転する事です。国民が憲法を変えたいが為だけに与党に2/3以上の議席を与えた場合。修正憲法は国民の意図道理かも知れませんが、その後、その巨大な権力を上手くコントロール出来るとは思えません。
0
うらえんと @kotouraent 2013年5月5日
今の憲法でも、改訂手順が示されていて、それをしてなかった。回数に拘る馬鹿もいるらしいけどね。無変更=悪?気違い沙汰だ。2/3を持つ権力は、もし政策などで失敗したら減らせばよいだけのことなんだが。多数が形成できたら改正なり墨守なりすればよいだけのこと。何回も0だからだめという馬鹿がいる。何回も馬鹿を言っているから正しいって、ほんと馬鹿だね。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
例えば、その時の政権が「憲法9条があるから中国に負けてしまう。改正するから我々に2/3の議席をくれ。」と言ったらどうします? 私は不安と誘惑に抗う自信はありません。更に厄介なのは、その政権は危機を高める事を躊躇わないでしょう。危機が高まれば高まるだけ自身が大勝する確率が上がるのですから。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 現行憲法下で中国との軍事衝突の危機が高まった場合についての、あなたのシミュレーションに無理があるように思います。危機が迫っている状態で憲法を改正しても、すぐに軍備が整うわけではない。私は自衛隊を日本軍に定義し直すのには賛成ですが、それは「国」という定義に軍が必要とされているからで、軍は自国の安全を保てるバランスの範囲内で時間をかけて準備されるべきです。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 しかしまぁ冷戦時代のような長く沈鬱な状況が続いた場合は、可能性はあると思います。しかしながら、そのような条件下で憲法改正の発議条件が2/3の場合と1/2の場合で危険性がことさら違うとは思えません。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
kotouraent 確かに改正修正が0回である事を避難することは間違っています。単に修正する必要が無いほど素晴らしいのかも知れませんし。しかしながら問題は、私を含めた国民の一定数が憲法改正なんて『出来ない』と思っていることです。『出来ない』と思い込んだまま現憲法の限界に直面してしまえば、『する』ために大きな賭けをしなければなりません。それは勝ち目はありますが副作用をコントロールできない賭けになるでしょう。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
「主従の逆転」と言いますが、国民が「主」であり、国や政府が「従」であるという大前提の最大の拠り所が「憲法」なわけです。これを国民の代表ではあるが、あくまでも代表に過ぎず、同時に国家権力そのものである議員と議会に対して、憲法改正の条件を安易に開くことのほうが主従の逆転を生みやすい状況ではないでしょうか?
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 軍事力はハード面だけで決まるものでは有りません。法体系や運用を含めたソフト面も重要です。ハード面で負ける事はなくてもソフト、判断や決断で失敗する可能性が有ります。そしてその決断が正しいものだったとしても憲法に反するものだった場合 憲法の正統性を貶めてしまいます。たとえ仕方が無かったとしても総理大臣が憲法を無視するような事態があればその後の正統性は大きく揺らぐでしょう。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 私は大きく違うと思います。まず、1/2以上になっているという事は憲法改正を『した』事がある状況です。少なくとも一度は、 そしてその状況で9条を改正するという事は過半数の日本国民が戦争を戦う覚悟をしたと中国、世界に宣言する事と同じです。戦争は外交の一種であり相手の行動や意思を変化させるために行うものです。そこまで鮮明に意思表示されれば中国でも引かざるを得ないでしょう。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 正直学術的に正しいか自信は無いんですが、国家の最大の根拠は国民それ自身のはずです。国民>憲法>国家ですね。憲法が国家を縛り、どのように国家を縛る憲法を作るかを国民が決める。国家権力の源泉はあくまで我々ですよ。安易に開かれるコストとリスクは確かにあると思いますが、否決されれば実質政権不信任と同じなので乱発はされないでしょう。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 ハード論、ソフト論に異論はありません。両方含めての軍備です。個人的な想定を重ねても仕方ないですが、現状で危機が迫っても日米安保周辺の法整備の問題に回収されるだけだと思いますし、急場で憲法を改正しようとするよりも現実的です。危機を煽って憲法を改正しようとすれば必ずバックラッシュがあるでしょう。私はそのような冷静さを欠いた状況での憲法改正には反対です。それが改正を阻止すかどうかは改正が成立するのかどうかと同じくらい分かりませんが、1/2ならば改正される可能性が高いですね。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 それよりも、総理大臣が憲法を無視する自体があった場合に、憲法の「正当性」が揺らぐなんてことがどうして起こりえるんですか?揺らぐのはその総理大臣への信頼、あるいは憲法を尊守すべき権力機構の腐敗からくる国家への信頼ですよ。かりに無知な人が「憲法を尊守しない国家への信頼のゆらぎ」を「憲法への信頼のゆらぎ」と表現することがあったとしても憲法の「正当性」は揺らぎません。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 9条改正や中国のことと、96条の改正は分けて考えるべきだと思います。たかだか一時期の外交政策に国民主権の拠り所である憲法の「重み」を定める96条を利用するのはいかがなものかと。9条改正に着手する前に憲法改正の実績を作りたいという意図は賛同できませんが理解出来ます。しかしそれが96条である必要は全くありません。やるならば右も左も納得できる「新しい権利」から始めるなどやりようはいくらでもあります。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 国民の権利を国家権力から守るために制定されるルールが憲法です。憲法がなければ国民の主権は保証されません。「国民>憲法>国家」ではなく、「国民>国家」を表す国民が国家にはめる首輪が憲法なのです。道具です。近代以降、国民が手にした王冠・三種の神器、あるいはそれ以上の何かです。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 改正発議の秘訣が内閣不信任案と同じなんていう取り決めはないので、過信し過ぎないほうがいいです。国会議員も国民の一人ではありますから、あまり疑いたくありませんが、しかしながら与党がいつでも憲法を発議できる状況というのは、代議制をとって回避しているリスクと、国民一人一人に対する負担が大きくなります。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 特定政党を出すのはフェアでは有りませんが、例えば民主党政権はそれ以前の自民党よりも良かったでしょうか? 私はハッキリ悪かったと思いますが、日本国民はそれまでの政権に対する失望と不安で民主党を選んでしまった。マスコミの質の低さも有ったと思いますが、◇不安 失望 恐怖が強いと粘り強い知性による判断が出来なくなることは多々あります。軍事衝突はその最たるものでしょう。私もそのような状況での国民投票には懸念がありますが、その時の政権がその状況を利用しない保証はありますか?
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 利用された場合に憲法が都合よく変えられないよう2/3条件を維持すべきと考えます。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 ちょっと回答がおざなりになったので、逐一で答えてみます。まず民主党政権は最終的には失敗だった判断しますが、情報公開等など少ないながらも進んだ点もあります。そして民主党が駄目だったからといってあのまま以前の自民党政権が続いててよかったとも思いません。この国の民主主義はまだまだ幼稚です。民主主義の枠内でこれからたくさん失敗を重ねていくべきでしょう。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 憲法は死文化しえます。ドイツのヴァイマル憲法のように。憲法の正統性は割りと簡単に揺らぐのです。 確かに判断した総理大臣や国家への信頼も揺らぐなり崩れるなりするでしょう。しかし、「憲法違反だが総理の判断の方が正しかった。憲法は間違っていた。」と国民が思った時から憲法の死文化は始まるのです。憲法は死文化しえます。憲法は無効化する事もあるのです。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ はい、確かに。中国等の外交政策や9条は別の事ですね ただ具体例を出しといた方が分かりやすいかな?と思いまして、◇↑でも書きましたが 2/3以上かつ国民投票という高いハードルでは憲法が死文化するリスクを高めていると私は考えているのです。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 「正統性」とは「国民の意志に従い正しい手続きによって定められた法規であること」と理解していますが違いますか?時の判断で憲法を逸脱してしまう可能性はありますが、それはその都度その都度判断していけばいいのでは?総理大臣が仮に「違憲だが正しい選択」をしたなら適切な手続きの下改めて憲法を改正すれば良いでしょう。本当に正しい判断ならそれで済みますし、正統性は担保されます。後の議論で判断が正しくなければ総理大臣にどう罰を与えるかという話になるだけです。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 一部が死文化していたとしても憲法全部が間違っているということにはなりませんし、死文化=正統性の喪失とは思えません。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 勿論、内閣不信任と同じじゃないですよ。それでもこの国で妥当な民主主義が生きている限りは憲法改正の発議を国民投票で否決なんかされたら政権トビますよ。いわゆる重要法案とかでも解散総選挙してるのに。◇それと私は我が国日本の民主主義は十分に成熟していると考えます。勿論さらに進化 成長 高度化 出来るとも思っていますが。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
。 zy773 現状の96条が高すぎるハードルであるとは思えません。それは実際にそうだと思えるほど、改憲に向けて国会議員も国民も努力してきたと思えないからです。ただ、これは私が生きてきた中での印象です。ですので誰か、今まで一体何回、憲法改正の発議が国会で否決されてきたのか教えていただけないでしょうか? 改憲が0回なのは知っていますが、いままでどんな改正案でどれだけの回数否決されてきたのでしょうか?
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 別のまとめでのあなた発言を引用して申し訳ないですが、冗談だとしても「ポピュリズム=民主主義」と言えるようなものが成熟しているのですか?
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ スミマセン。学術的法的に正確かは全く自信がありません。しかしながら 時の判断で憲法を逸脱してしまう事は有ってはならんでしょう。そのための『憲法』ですし、◇イヤ…… 事後立法でも憲法ならOKって話は聞いたこと無いですが……、勘ですけど超マズイと思いますよ…… ◇そもそも憲法に『違反』できるのはその国家だけですので、その国家も縛れないのは憲法って言えないんじゃ……。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 また、貴方自身が最初から懸念の1つにあげておられる圧倒的多数を与党が占めた国民がコントロール出来ない議会の場合、内閣不信任案を握りつぶして政権続行できたりもしますが。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ イヤ…… 憲法の一部分だけが死文化してる状況ってのが存在するのか私は知らないんですが、一部分でも死文化しない方が良いですよね? 改正なり修正なりして
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 「違憲だけど正しい判断」の仮定を最初にしたのはあなたです。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 今までのレスを見直してて思ったのは、あなたは、「違憲だけど正しい判断」を総理大臣がとった場合に憲法の「正統性」を貶めてしまうと言っていますが、私が思うにこれは単に憲法の「整合性」が問われるだけなのではないかと思います。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 改正なり修正なりすればいいと思います。2/3条件で。(死文化の定義がよくわかりません。私はググりました。形骸化するなどの類語かと認識していますが、もし憲法の死文化といった場合かならず憲法全体の無意味化を意味するなら私の間違いでしょうね。言いたかったのは憲法の一部の整合性が取れないからといって憲法全体が死ぬわけじゃないでしょうということです。)
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 恐らく発議自体が0だと思いますが、自信無いな~。戦前の大日本帝国憲法を含めると更に自信無いですね。昔は憲法改正を口にしただけで政治家生命絶たれてましたからね。大体20年ぐらい前はこの10年ぐらいだと思いますよ空気が変わったのは、◇ですので、今 努力してるんじゃないですか、96条の要件をまず満たした上で96条自体を改正しようと
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 言えると思いますよ。更によりよい物に出来るとも思いますが、日本国憲法第15条4項も参考にして下さい。  UMA_k_ そうですよ。ヤバイでしょ。下手したら内閣不信任の発議も出来なくなるかも知れません。一応任期は有りますがね。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
zy773 努力の方向性がおかしいorz 96条の改正なんて斜め上ではなく、本質的な憲法改正議論が右左に限らず協力して、アレルギー無くできるような社会が必要ですね。そういう意味でもまだまだ成熟しきった民主主義社会とはいえません。でも今憲法のことが議論できること自体は評価すべきだと思います。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月5日
所用もありますし、しゃべりすぎてしまったので以降このまとめへの書き込みは控えます。@zy773さん、ありがとうございました。でも日本国憲法第15条4項はそういう意味じゃないというか次元の違う話だと思いますよ、と最後に申し上げておきます。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ ? 「違憲だけど正しい判断」の状態だと憲法は死文化してますが、死文化した中では最良のケースって事です。・憲法は死文化したし、事態は悪化の一途、国民死にまくり が最悪のケースですがそんなの検討する価値ないでしょ。憲法解釈で何とか整合性を保てるかも知れませんが、それだってやり過ぎると憲法に対する信頼を損なわせ死文化するリスクを生むので そう書きました。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 最高法規なのに整合性が無いならそもそも正統性が無いと思うんですが? UMA_k_ ええ、ですから 議会の2/3以上かつ国民投票という高いハードル=96条自体が憲法を死文化するリスクを高めているんじゃないか? っていうのが私の意見なわけです。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ 私は96条の改正自体が極めて本質的な問題だと思います。考えてもみて下さいよ。憲法自身の改正条文なんですから本質的に決まってるじゃないですか。右だの左だのを規定する『軸』自体に関する条文なんですから、この条文を国民投票にかける事自体がアレルギーを克服する事に資するでしょう。例えそれが否決であっても。我が国の民主主義をより良い物にするでしょう。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月5日
UMA_k_ ああ どうも、こちらこそ有難う御座いました。◇最後に日本国憲法第15条4項の件ですがね。こう書かれていますね?「選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。」と、その国の主権者なのに政権を選ぶことすら出来るのに その行為になんら責任は問われないのです。民主主義とはトンデモナイ無責任の上に成り立っているのです。では、『憲法』は?
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月6日
[c1066904] 国民以上に間違えず、国民以上に責任を取れる存在や概念があるんですかね? 私は現時点ではそんなの無いと考えてますが。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月6日
議会制民主主義の否定……
1
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月7日
zy773 ポピュリズムの回避と、議論の深化と共有、この点において直接民主主義あるいはその濫用は問題があると思いますが。議会制民主主義がそれらを完全に担保できるわけではないですがよりマシな糞では?
0
旨い蕎麦神(四国でうどん転向中) @ta1000islands 2013年5月7日
世界の憲法改正条項のうち、国民投票を採用する国は「有権者」の1/2超なのか、「投票者」の1/2なのかも非常に気になる所。前者と後者では改憲難易度が桁違いかと思うので。幸いまとめ中に出展があったので機会があれば調べてみたい。
0
旨い蕎麦神(四国でうどん転向中) @ta1000islands 2013年5月7日
コメ欄は読んでないけど、本文を読めば「いろんな改憲プロセスがあるんだなぁ」という感想を持つわけですが現状の日本の96条改正議論は、「現状維持か、現与党案か」という二択を藪から棒に出してきて世論がびっくりしてるという側面はあると思う。硬軟含めてもっと色んな案を検討してもいいと思うんだよね。そうじゃない二択はなぁと。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月7日
UMA_k_ 濫用の心配は無いと考えます。何故なら憲法が規定するのは 目標 目的 といった価値基準だからです。病気をどのように治すかの手段はプロである医師に任せるしか有りませんが、どんな風に治して欲しいか、治療のリスク コスト メリットといった価値を判断するのは患者である事に似ています。どのような目的目標価値に重きを置くかは主権者たる国民が選ぶのが相応しいと考えます。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月7日
UMA_k_ しかし、個別の法令や行政の作業といった手段にまで民主主義を適用しようとするのはナンセンスです。手術の方法を素人が投票で決めても失敗するのと同じ事です。◇間接民主制を蔑むつもりは全く有りませんが、そもそも間接民主制は共同体の規模が大きくなったために発展したそうです。小規模なら直接民主制でも不都合は生じにくいのは理解しやすいですね?
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月7日
UMA_k_ ところで、近年のIT技術の発展は目覚ましいものがありますよね? 我々が利用しているTogetter等もそうですが、これらによって物理的現実的に間接民主制にせざるを得なかった事情が緩和しつつあります。私は今後直接民主制が復権するとも考えています。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月7日
zy773 憲法が定めるのが目標目的だから濫用しないというのは根拠になりません。ただ、私とあなたではおそらく「濫用」とみなす閾値が違うので続けても議論にならないのでしょうね。なので次の直接民主主義の可能性についての方を掘り下げようと思います。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月7日
zy773 IT技術の発展による直接民主主義の拡大、あるいは完全に直接民主主義によって運営される国家というのは、過去に私も考えたことがあります。しかし、それから十年ほどの間に、911以後の米ブッシュ政権、同時期の小泉政権、最近の民主党政権の大勝と大敗、行き過ぎた小沢一郎バッシングなど、総体としての国民の危うさを示す出来事は幾つも起こりました(人によって評価や解釈は違うでしょうが、いずれにしてもある種の「ムード」が支配的だった出来事であることは同意していただけるのではないでしょうか)。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月7日
zy773 これらの原因を国民全員が自覚し解決策を実行できるようになるか、あるいは解決方法を意思決定の制度の構造の中に組み込まない限り、安易な直接民主制の推進は必ず間接民主制以上の失敗を引き起こすと私は考えます。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月7日
UMA_k_ 濫用しない。では無く濫用出来ない だと考えてます。『目的目標を濫用する。』とは変な日本語でしょ? 具体的な例かザックリとしたイメージ教えて頂けませんか? 私としては混乱が続くエジプトとかギリシャ 戦中の日本のイメージなんですが。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月7日
zy773 あなたの『目標目的を濫用する。』の文言から推測しますが、あなたは私が「憲法が濫用される危険がある」と言ってると勘違いされてませんか?
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月7日
ta1000islands どうぞ、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3 日本フランスの場合は有効投票の過半数らしいです。 ta1000islands 必然二択にならざるを得ないと思いますよ。複数案が出てる時点で民意が割れてるって事ですし、それだけ慎重にしか改正されないって事かと
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月8日
UMA_k_ えー、懸念や不安は多分ほとんど @UMA_k_ さんと同じですかね。例に挙げられた物の個々の解釈は違いますが。非常にザックリと考察を言えば世界情勢や状況の変化がマスコミの対応力を上回り柔軟性を失った。かつネットと言う比較対象が出てきたためマスコミの絶対性が薄れた。ですかね。理想を言えばマスコミとネットが相互補完的に作用し合えば良いのですが……。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月8日
UMA_k_ ま、この夏の参院選が重要な指標になるでしょう。選挙中のネットが解禁になりますし、私の期待は脆くも崩れ去るかもしれない。正直、悲観的なんですがね。 UMA_k_ ああ、「直接民主制の濫用」でしたね。私は直接でも間接でも民主主義での対応が望ましい問題とそうではない問題が有り。望ましい問題なら濫用は有り得ないのでは?と考えています。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月9日
zy773 マスコミの能力不足というのはたしかにありますね、特に日本の場合は。しかしもっと普遍的に言えば、健全な民主主義に絶対に欠かせないのは「議論を尽くすこと」であり、日本ではそれが蔑ろにされているのが問題であり、諸悪の根源だと私は考えています。民主主義は最終的には多数決で意思決定をしますが、その前提として、議論とそれに付随する予習復習が必要不可欠で、それがなければ民主主義は容易く衆愚政治に堕ちます。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月9日
zy773 国民投票を含む直接民主主義は、現在日本に存在するシステムでは国民全員が知識を得て考えを深められるような議論の機会が担保されてません。ある意味当たり前で、だからこそ議会制民主主義をとり、我々は代表者を国会に送り、我々全員ではできない議論を代行させています。(だからといって国民が議論を放棄して政治家やマスコミに投げっぱなしにしていいわけではないですが、ここではひとまず置いておきます)
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月9日
zy773 もし憲法96条が改正され、国会での発議条件が1/2になったとしたら……。安倍政権がそれをするかどうかは個々に予測があるでしょう、しかしながら1/2条件では、この先に国会で過半数をとるすべての与党が、議論を必要とせずに、改憲を好きなときに好きな内容で発議できることになります。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月9日
zy773 「国民投票がある」「国民に憲法を開くべきだ」「重要なことだからこそ国民投票で決めるべきだ」……本質的な意味では同意しますが、残念ながら日本の現在の社会システムでは、間違った考えだと思います。1/2投票で議論なしに発議された先にある国民投票、ここにもまた議論を形成・共有するシステムが無いのですから、民主主義の一番大事な議論無くして、憲法という国の根幹を変質させてしまうことになります。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月9日
zy773 もちろん、国民の間で全く議論がなされないはずはないですし、深い議論に達する人達もいるでしょう。しかしながら、その議論が国民の間に広くに共有・理解されない状態では国家の意思決定には意味をなしません。マスコミが議論を代行したり、ツールとして機能する場合もありますが、現状の日本では期待薄ですし、本質的に危うさがあります。また結果として発議が国民投票によって否決されることもあるでしょう。
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月9日
「必要十分な議論の担保」この一点において@zy773さんは、96条改正と直接民主主義についてどう考えていますか?
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月9日
UMA_k_ まず、貴方の衆愚政治の定義がよく分かりませんね。私は極端に言えば民主制は常に衆愚を含んでいて それが十分に少なければ機能すると思っています。◇発展や開発に極めて抑制的なブータンや皆兵制 永世中立のスイス等、別の価値観からすれば愚かかも知れませんがそれぞれ尊重されるべきです。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月9日
UMA_k_ 他に衆愚の比率が高まってしまう要因として、不正確な認識や 個々あるいは集団で特定の考え方にバイアスがかかってしまう場合が考えられますね。これらの弱点は究極的には個々人が向上しなければ軽減されないでしょう。衆愚政治に容易に傾くとは思いませんが、だとしても私や貴方が注意や努力をすれば良いのでは?
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月9日
UMA_k_ そのような議論の『担保』など過去現在未来何処にも無いと思いますよ? 具体的にあるなら教えて頂けませんか? それに近いモノとしては強制力を伴う武力か、各人の良心と相互の信頼ぐらいだと思いますが。◇日本人が議論を軽視しているのは私も問題だと思いますよ。共感と協調性が高いためでしょうね。それでほぼ最善解が出てしまうのでしょう。精緻な議論をしなくても合意が得られるのならそれで良いのでしょう。合意が出来たと誤解した時が厄介ですがね……。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月9日
UMA_k_ 発議したって国民投票で否決されたら政権の信認が揺らぐので無茶は出来ないでしょうし、ほとんどの国民が通常より慎重な判断をすると思いますよ。 UMA_k_ 普通に選挙の時に議論したり討論を見たり自分で考えませんか? 私は多少なりともしますよ。 UMA_k_ その前提に立つならそもそも選挙や国会が機能してないと思いますよ。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月9日
UMA_k_ そのような「担保」など存在しない。有るとすれば武力か相互の信頼。向上させるには失敗と反省の積み重ね。民主制の弱点は不正確な認識、偏った考え方、硬直した思考。改善策はそのような弱点があると知り注意する事。◇議論の軽視や不成立は問題だが、共感や協調で合意や納得が得られるなら構わない。それで足りないなら議論によって理性と知性を足して調和を目指す。 かな。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月10日
UMA_k_ 私は政治的な問題に対して『戦略の階層」http://geopoli.exblog.jp/19661333/ という考え方を土台に使っているんですが、これを元にして考えると 議論や民主主義とその手続は上位3つの階層までしか有効ではないことが良く分かります。逆に言えば上位の階層の問題は議論や民主主義じゃないと平和的に解決出来ないんですがね。◇まとめの趣旨から話が逸れ始めたので以後ツイッター上で返信します。m(_ _)m
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月10日
zy773 引用URL含めのちほど時間ができたらじっくり拝読します。まとめではなく別の所でやろうという話ですが……私とあなたのコメントでだいぶ埋めているので、心苦しいのは確かですが、「国民投票があるのだから」という論点は、96条改正、直接民主制と深くリンクしたものなのでまとめで続ける意味があると思いますが、どうでしょうか? どうしてもというなら@zy773さんに従いますが。
0
みちばな @mswar777 2013年5月10日
国会の2/3…って、要は「衆議院で161人 or 参議院で81人」どちらかに反対派送りこんどけば、恒久的に阻止可能…って事で、いくら国民の大半が変えたいって思った所でどうにも…なんよね。 まぁ、現行法はアメリカ主導で、その方が良い…ってデザインされたものだからな〜。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年6月2日
[c1076321] 十分に謙虚だと思いますよ。現時点で、 国民に信を問えない現憲法とそれの維持を良しとする人の方が私には傲慢に映ります。 今なら時間制限は有りませんが、有事が起これば時間もマンパワーも制約されます。
0
七七四未満六四以上 @zy773 2013年6月6日
[c1106464] 民主主義の最大最高の特徴は間違えを起こさない事でも、正解を増やす事でも有りません。その基準になる価値観を形成出来ることが民主主義の最大のメリットなのです。そのような民主主義に対する矮小な評価こそが危険だと考えています。上でも貼りましたが、戦略の階層図です。http://geopoli.exblog.jp/19661333/ 上の層での失敗は下の層での成功では取り返せません。
0