富士山世界遺産と三保松原:登録か保存か

富士山世界遺産へ 「三保松原」景観改善に努力 http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20130502/CK2013050202000082.html に関して@usa_hakaseさんの連投
_taka51 1540view 2コメント
3
ログインして広告を非表示にする
  • リンク 中日新聞 CHUNICHI Web 富士山世界遺産へ 「三保松原」景観改善に努力  富士山の世界文化遺産への登録を勧告した国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が、登録の条件として三保松原(みほのまつばら&
  • うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-05-03 09:23:58
    三保の松原のある三保半島は「砂嘴(さし)」という地形である。海岸流による土砂の移動と堆積でできる。その形成は西側にある安倍川の土砂供給と密接に関連している。地震や大雨によって安倍川の上流で大規模な崩壊が起き、河口から大量の土砂が供給されるたびに少しずつ成長してきたと思われる。
  • うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-05-03 09:27:54
    続)たとえば安倍川の源流に大谷崩(おおやくずれ)という大規模崩壊地がある。ここは1707年宝永東海地震によって崩壊したと考えられている。大量の土砂が安倍川上流の谷を埋め、せき止め湖が2つできた。そのうちの一つは明治初年まで残っていたことが知られている。
  • うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-05-03 09:33:46
    続)大谷崩ほど大規模でない事件もたびたび起きてきた。1828年と1914年に起きた安倍川の大洪水も、大雨による中流域のせき止め湖の形成とその崩壊に起因する可能性が示唆されている。静岡市街のある安倍川扇状地や三保半島はこうした土砂供給によって作られてきたのである。
  • うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-05-03 09:37:10
    続)こうした洪水を防ぐために安倍川では大規模な砂防・治水工事が国の直轄事業としておこなわれてきた。そのおかげで静岡市民は洪水に悩まされる生活から開放された。しかし、皮肉なことに海岸への土砂供給量が著しく減ったために、静岡から三保にかけての海岸は浸食に悩まされるようになった。
  • うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-05-03 09:41:55
    続)たとえば久能海岸の自動車道は高波のたびに崩壊し、よく通行止めになった。今では安倍川河口から三保半島の先端まで消波ブロックが断続的に設置され、ブロックが設置された場所には徐々に砂が戻り、砂浜が成長し始めている。こうした背景や経緯をまず知るべきである。
  • うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-05-03 09:44:52
    続)つまり三保の松原は海岸浸食によって破壊される寸前であった。それが消波ブロックによって守られ、徐々に砂浜が回復しつつあるのだ。イコモスに言われたからといって消波ブロックを撤去するという発想はあまりに安易である。

コメント

  • K.M@A Wrong Vacation @Slight_Bright 2013-05-03 13:41:56
    んー、趣旨はちょっと異なるかも知れんけど、静岡市はこの三保にあった「シーマック三保」という市民の海洋への関心を高めるとともに、海洋及び海浜を活用したレクリエーション活動の振興を図る目的で活動を展開」http://www.city.shizuoka.jp/deps/seishonen/sea-mac.htmlして来た施設を廃止しちゃったんだよねー。
  • K.M@A Wrong Vacation @Slight_Bright 2013-05-03 13:46:09
    たまたま、この冬にあの一体をまわって通りかかったんだけど、倉庫には何十艇ものシーカヤックがあって、静岡県内だけでなく、横浜市辺りからも学校単位での利用があったらしい。あ、ちなみに廃止の判断のきっかけは、ご多分に漏れず事業仕分け、とか。

カテゴリーからまとめを探す

「思い出」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする