都名所圖會巻之二

簡単な現代語訳。
1
なんでも かんでも @kandemo

都名所図会巻之二 4頁 「誓文(せいもん)はらひ」 http://t.co/Arn0WcEg26

2013-05-02 09:43:00
なんでも かんでも @kandemo

「十月廿日は、誓文(せいもん)はらひとて四条京極(きやうごく)の官者殿(くわんしやでん)に詣て群集(くんしう)し、祇園鴨川(きをんかもかは)の浮女(うかれめ)もここに来ってちかひをはらひ、又、其夜より誓文(せいもん)を立るも,此の神は見ゆるし給ふかや。…」 RT @kandemo

2013-05-02 09:44:07
なんでも かんでも @kandemo

「… 嵯峨山や都は酒のゑひす講  其角 」 RT @kandemo

2013-05-02 09:44:47
なんでも かんでも @kandemo

都名所図会巻之二 5頁 「祇園御旅所(ぎをんおたびしよ) 四條道場(しぢやうだうぢやう)」 http://t.co/2u9BLisTTz

2013-05-02 20:13:15
なんでも かんでも @kandemo

「祇園御旅(ぎおんおたび)所は、四条京極(きょうごく)の辻(つじ)にある。毎年六月七日祇園會(ごおんえ)の神輿(しんよ)が三基(き)、ここに神幸(しんこう)され、同十四日には祭礼(さいれい)があって、本殿へ還幸(かんこう)される。…」 RT @kandemo

2013-05-02 20:18:26
なんでも かんでも @kandemo

「… 両日の山鉾(ほこ)もすべて、この神前(しんぜん)を引渡す。北の社は、素戔男(すさのおの)尊、八王子を祭る。南の社は、少将井(しょうしょうゐ)天皇(ゐてんわう)を祭(まつ)る。初めの二座(ざ)は、大政所(まんどころ)と号(ごう)して、…」 RT @kandemo

2013-05-02 20:20:57
なんでも かんでも @kandemo

「… むかしは、烏丸(からすま)通り五条坊門(ぼうもん)の南に御旅所(おたびしょ)があった。 [今(いま)、大政所(おおまんどころ)町という] 少将井の一坐(ざ)は、烏丸二条の北にある。[今、少将(しょうしょう)井町と名づけられている] …」 RT @kandemo

2013-05-02 20:21:51
なんでも かんでも @kandemo

「… 三坐(さんざの)社[天照(てんしょう)大神、八幡(はちまん)宮、春日明神を祭る] 官者殿(かんじゃどの)[祭神は謎である。世間では、土佐坊(とさぼう)正尊(しょうそん)の霊(れい)を祭るという。大いにあやしい。…」 RT @kandemo

2013-05-02 20:22:51
なんでも かんでも @kandemo

「… 又、誓文払(せいもんばらい)の神として、十月二十日の蛭子講(ゑびすこう)には、諸々の人が参詣に集まる。実(じつ)は、日(ひ)の神(かみ)と素戔男尊(すさのおのみこと)の中にお立ちになって、誓文(せいもん)をなさる神ということだ] …」 RT @kandemo

2013-05-02 20:23:36
なんでも かんでも @kandemo

「… 悪王子社(あくおうじのやしろ)[御旅町(たびしょ)の北側にある。祇園會(ぎおんえ)で、神輿(しんよ)が臨幸(りんこう)される時、烏丸(からすま)通五條の北、悪王子(あくおうじ)町より、古例(これい)によつて神供(しんぐ)を伝える] 」 RT @kandemo

2013-05-02 20:24:22
なんでも かんでも @kandemo

「錦綾山(きんりょうさん)金蓮寺(こんれんじ)は、京極通四条の北にある。[四条道場(どうじょう)と称(しょう)する]  時宗(じしゅう)で、本尊は阿弥陀佛、開基は浄阿(じょうあ)上人である。…」 RT @kandemo

2013-05-02 20:25:31
なんでも かんでも @kandemo

「… 親戀地蔵(おやこいのじぞう)[運慶(うんけい)の作である。初(はじめ)は、鳥辺野(とりべの)の墓所(ぼしよ)にあった] 熊野社(くまののやしろ)[当寺の鎮守(ちんじゅ)で、時宗(じしう)の守護神(しゅごじん)である] …」 RT @kandemo

2013-05-02 20:26:09
なんでも かんでも @kandemo

「… 杜鵑松(とけんしょう) [方丈の東にある。杜鵑(ほととぎす)が洛陽(らくよう)に来ると、先(まづ)、この樹(き)に至(いた)って、啼初(なきはじ)めるという] 」 RT @kandemo

2013-05-02 20:27:03
なんでも かんでも @kandemo

「十住心院(じゅうじゅうしんいん)は、四条道場(どうじょう)の南口にある。真言宗(しんごんしゅう)で、本尊地蔵尊は、弘法(こうぼう)大師の作である。…」 RT @kandemo

2013-05-02 20:27:49
なんでも かんでも @kandemo

「… 染殿皇后(そめどのこうごう)が、常(つね)に尊信(そんしん)なされ、当院(とういん)を建立(こんりゅう)された。それで、染殿(そめどの)地蔵と言う。[額(がく)は、染殿と書かれて、僧正賢賀(けんが)の筆(ふで)である] 」 RT @kandemo

2013-05-02 20:28:24
なんでも かんでも @kandemo

都名所図会巻之二 6頁 「大雲院(だいうんゐん)」 http://t.co/7qJQFnq4YG

2013-05-07 06:37:49
なんでも かんでも @kandemo

「龍池山(りゅうちさん)大雲院(だいうんいん)は、京極四条の南にある。浄土宗で、智恩院(ちおんいん)に属(ぞく)する。本尊阿弥陀佛は、惠心僧都(ゑしんそうず)作。開基は、貞安(ていあん)上人である。…」 RT @kandemo

2013-05-07 06:38:45
なんでも かんでも @kandemo

「… この人、安土論(あづちろん)の時、浄家(じょうけ)の宏才(こうさい=才知のある人)であって、信長公が、厚く帰依(きゑ)された。江州八幡(はちまん)に西光寺(さいくはうじ)を建立(こんりゅう)して、貞安が、ここの住職(じゅうしょく)になった。…」 RT @kandemo

2013-05-07 06:40:37
なんでも かんでも @kandemo

「… 時に、信長公御父子(ふし)が、明智光秀(あけちみつひで)の為に自害なされたのを貞安上人伝(つた)え聞くと、急いで京都に登(のぼ)り、二条烏丸(からすま)の邊(ほとり)に庵室(あんしつ)をかまえ、ひたすら御菩提(ぼだい)を弔(とむら)われた。…」 RT @kandemo

2013-05-07 06:42:08
なんでも かんでも @kandemo

「… 其の後、秀吉公の命によって、天正の末(すへ)に織田信忠(おだのぶただ)卿追福(ついふく)のため、当院は草創(そうそう)された。この卿の法名を大雲院殿(だいうんゐんどの)三品(さんほん)羽林(うりん)仙厳(せんがん)居士(こじ)と言う。…」 RT @kandemo

2013-05-07 06:44:02
なんでも かんでも @kandemo

「… [当院の号は、ここに由来する。信長公信忠(のぶただ)公の回向塔(えこうとう)は、ここにある] 信長公が、安土(あづち)に御在城(ざいじょう)の時、貞安上人に七種(しゆ)の奇物(きぶつ)を賜られた。今、当院の什宝(じゅうほう)となっている。…」 RT @kandemo

2013-05-07 06:46:01
なんでも かんでも @kandemo

「… 其の中に法然(ほうねん)上人の一枚起請文(いちまいきしょうもん)がある。これは、一休(いっきゅう)和尚の筆である。奥(おく)に、繪讃(ゑさん)がある。図は、達磨(だるま)大師の後向(うしろむき)の画(え)である。その讃には、こう書かれている。…」 RT @kandemo

2013-05-07 06:48:04
なんでも かんでも @kandemo

「… 達磨(だるま)悟りたりといふきやつめか胸(むね)に何かす   へんてつもなきあはらほね(=あばらぼね)かな  九年まてさせん(=ざぜん)するこそむやくなれ誠の時は弥陀の一聲   佛御所さま  一休判」 RT @kandemo

2013-05-07 06:53:21
なんでも かんでも @kandemo

都名所図会巻之二 8頁 「祇園會(ぎをんゑ)  鉾に乗る人のきほひも都かな 其角」 http://t.co/Q4xBgc2jSv

2013-05-10 09:25:40
なんでも かんでも @kandemo

「祇園會(ぎおんゑ)の祭式は、そもそも毎年五月朔日の致齊(ちさい)より四条御旅(たび)町に榊(さかき)を立てることから始まる。これは、一の鳥居(とりゐ)の旧地(きゅうち)である。同廿日の吉符(きっぷ)入より鉾の町々では、囃子初(はやしぞめ)がある。…」 RT @kandemo

2013-05-10 09:28:31
残りを読む(768)

コメント