「アイヌのお話アニメ」解説

平成24年度 口承文芸視聴覚資料作成事業 「アイヌのお話アニメ オルシペ スウォプ」 http://www.frpac.or.jp/animation/ 北海道大学アイヌ・先住民研究センターの丹菊逸治氏による解説です。
16
前へ 1 2 3 ・・ 6 次へ
丹菊逸治 @itangiku

アイヌの叙事詩(ユカラ)の歌い方。http://t.co/LUQ76syere字幕機能をオンにすると日本語訳がみられます。ただし日本語訳はもとのアイヌ語にかなり忠実な直訳調なのでちょっと分かりにくいかもしれません。

2013-04-23 01:24:31
丹菊逸治 @itangiku

このユカラhttp://t.co/LUQ76syereは往年の名手砂澤クラさんの語り(『現地録音で聴く、東日本の日本昔話』に一部収録)をマレウレウの川村久恵さんが新たに歌いなおしたもの。テキスト全体は『英雄の物語』 (アイヌ無形文化財伝承保存会1982年)にも収録されています。

2013-04-23 01:40:24
丹菊逸治 @itangiku

"Yukar --- Poyyaunpe and Ruroaykamuy". Ainu epic story anime (manga, animation) in Ainu language. made by FRPAC. http://t.co/6X9aWXFxtT

2013-04-23 02:54:31
丹菊逸治 @itangiku

今回のアイヌ語アニメはほんとうはニコニコ動画にあげたいんだよね。あの擬似リアルタイム・コメント機能はすばらしい。罵倒もあるだろうが、一般からの反応も見られるだろうし。

2013-04-23 22:31:00

「アイヌ語・日本語」各種バージョンの閲覧が可能になりました。

丹菊逸治 @itangiku

アイヌ文化財団制作のアイヌ語アニメ集『オルシペスウォプ』の3作品。アイヌ語日本語字幕の有無など各種バージョンがYouTubeから閲覧可能になりました。 http://t.co/IuE9cA2W6G

2013-05-17 02:58:52

60のゆりかご
レホッネ シンタ
の解説

丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語短編アニメ集『オルシペ・スウォプ(話の・箱)』の第一話「子守歌」。 http://t.co/JVEgObkJDF 歌っている川上容子さんの技量に「どこのフチ?」と驚かれる方もおられますが、若い女性です(まじで)。「ニカオプ」という若手中心のアイヌ伝統歌謡集団のメンバー。

2013-04-23 22:45:55
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「オルシペスウォプ」第一話「子守歌」を歌っている川上容子さんが所属するアイヌ伝統歌謡集団「チーム・ニカオプ」 http://t.co/QqMKRNOMrL

2013-04-23 23:57:54
拡大
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「子守歌」http://t.co/JVEgObkJDFには想像上の建物であるカネチセ「金属の家」(ラマッカラカムイの家)が登場する。アニメ化ではデザインが問題となった。参考となる伝承もない。「表に太陽と嵐の絵」というのでアムール地方の別民族の資料を参考にした。

2013-04-26 02:13:50
丹菊逸治 @itangiku

「太陽と嵐の絵」が壁面にある、というのはアイヌ伝統文化としては奇妙。具象図は忌避したから。伝統刺繍も具象模様はない。だが、輸入した事物に具象模様が入っているのはOKだったらしい。「壁面に具象図がある家」のアニメ用デザインを外部(別民族)に求めるという着地点は「あり」ではないか。

2013-04-26 02:24:33
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「子守歌」のカネチセ「金属の家」について続き。家の建材としてカネ「金属」はおかしいとしても、それに近いのは「木の板」ではないか、というのがもう一つの理由。それなら周辺民族にある。日本、カムチャツカ、アムールから参考資料を選ぶことにした。

2013-04-26 02:33:41
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「子守歌」のカネチセ「金属の家」について続き。この家はラマッカラカムイ「魂を作る神」と60のゆりかご(赤ちゃんの魂?)の家である。これはトゥングース諸民族のシャマニズムの「魂の貯蔵庫」観念を想起させる。そこでアムール地方の太陽の絵のある高床式家屋を参考にした。

2013-04-26 02:40:28
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「子守歌」はシニシカント「真の空の天」の上、つまり歌詞では明言していないけどカントリモシリ「天上界」が舞台。カントリカムイ「天上神」は天候神らしいから、この歌で天上界にあるラマッカラカムイの家の壁面の太陽と嵐の図は天候を左右するのだろう。アニメでもそんな演出。

2013-04-26 03:29:33
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「60のゆりかご」がすでに再生回数2000回を越えてる。特に5月21日あたりから倍増してるのはなぜだろう? http://t.co/JVEgObkJDF

2013-05-23 00:57:37

ハツカネズミが酒をつくった(ハンキリキリ)
エトゥチケレ サケカラ(ハンキリキリ)
の解説

丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「ハンキリキリ」。原録音バージョンがアップされました。 http://t.co/hRaXbXXz56 こちらは伝承者によるオリジナル録音。途中で同席者のあいづち(というか呟き)が拾われていたりするのも楽しい。語り手が最後ちょっと笑ってるのもなかなか。

2013-05-12 22:28:15
丹菊逸治 @itangiku

@repunkuratuy ええ、類話はけっこうあちこちで採録されています。人気のあった話なんだろうと思います。スズメ系統とネズミ系統とあるみたいですね。

2013-05-12 22:35:49
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「ハンキリキリ」。今回の語りはかなり「ハードボイルド」な感じ。簡潔で口演時間も短いアニメ向けの録音。神謡だからといってどれもこういうふうにアニメに向いているとは限らない。作品によっては描写が細かすぎたり、定型表現が何度も繰り返されたりする。

2013-05-12 22:42:10
丹菊逸治 @itangiku

@repunkuratuy カラスはウンコ食いますからね。ウンコ放り込んでもらわないと話が成立しません(笑)。

2013-05-12 22:43:36
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「ハンキリキリ」。原音バージョン。 http://t.co/hRaXbXXz56 アイヌ民族博物館の「アイヌ語アーカイブス」にも類話が収められている(アイヌ語原録音の一部に続いて日本語での語り) http://t.co/v9n2kuYHIL 

2013-05-12 22:58:20
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「ハンキリキリ」。アイヌ民族博物館バージョンでは主人公が小鳥になっているなど細部が異なる。また、最後にカラスが「そういうことはするなよ」と子孫に遺言するというタイプの紋切り型になっている。

2013-05-12 23:03:39
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「ハンキリキリ」。アイヌ民族博物館の類話と見比べると、アイヌ口承文学の諸作品における「教訓」なるものが、どういうものかよく分かる。「ウンコを放り込んだカラスが悪い」という教訓は、たぶん後付け。悪いのは明らかにネズミ(アイヌ民族博物館バージョンでは小鳥)。

2013-05-12 23:07:55
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「ハンキリキリ」。もちろん「ウンコを放り込むのは悪い」というオチにしちゃってもいいんだけど、本来の話はたぶんそうではない。「カケスがドングリを放り込む」のも「カラスがウンコを放り込む」のも「自分の好物を放り込む」という点では同じ。これは動物寓話なんだから。

2013-05-12 23:10:28
丹菊逸治 @itangiku

アイヌ語アニメ「ハンキリキリ」。どうすれば悲劇が起こらなかったか。1)カラスがウンコを放り込まない 2)シギが仲裁してやる 3)ネズミがシギも招待しておく 4)そもそも酒宴を開かない

2013-05-12 23:12:37
前へ 1 2 3 ・・ 6 次へ